October 27, 2013

これを言うと異性に嫌われる一言


結構いるんだけど、

「異性の前でいい男(女)いないかなと言う奴」

これって、目の前にいる異性に対して失礼だし、それを口にする神経が理解出来ない。

特にコンパでこれを言ったら終わりかな。

これを言った瞬間にどんな美人でも、ああこの人は美貌は優れているけど、中身がダメでサヨナラだ。

| | TrackBack (0)

September 08, 2013

本や映画の感想をネットで探して来る


スマホというのは便利だ。

すぐにネットへ接続してググれるのだから。

それを利用して、異性から本や映画の感想を即座に求められた時に、スマホでググるという行為が今日存在するようだ。

今までそんな事考えも付かなかったわ。

そこまでして見栄を張る意味がよく分からない。

そして、それをやった結果、人としての評価は確実に落ちる。

それでも、ネットの評価をパクる?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 18, 2012

SNS発:好きなコミック「ダイの大冒険」?何それ?

最近、SNSでチョイチョイ見かけるんだけどね。

「好きなコミック:ダイの大冒険」

何それ?

普通にそれは受け入れられない。

しょこたんとか、眞鍋さんのレベルで話せとは言わないけど、私が

「フィンガーフレアボムズ」

とか、

「デスビュートトリンガー」

とか言ったら、普通に返せる?

多分ムリでしょ。

何かタチの悪い女子力アップセミナーの口コミに載っているとしか思えないな・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 14, 2012

やっぱり女性は切り替えが早いよね


ついこの間までグルニャン状態だったのが、後日再度会ったら、普通にあ、こんにちわという感じで、ああ、女性って本当に切り替えが早いんだなと思った。

そして、そういうのって、別に水商売だけの世界だけの話ではないんだなと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 01, 2011

え?休みの日に自宅にいたらオタクだと言い張る低俗な人って、まだいるんですね(呆)

以前、同僚の新築祝いに招かれて自己紹介をしたときの話だ。

私の自己紹介が終わって、同僚側の友人(♀)が、

「休日は何をしているんですか?」

と質問してきたので、

「家でゴロゴロしています」

と回答したら、

「へぇー、オタクなんですか」

という、想定外の発言が返って来た。

え?

21世紀にもなって、そんな低俗な発言をする人って、いるんだなと呆れてしまった・・・。

それに初対面で失礼だろと普通に思わないのかな・・・。

更に呆れる・・・。

そこは同僚の面子は立てなければいけないので、平静を装ったが、普通だったら、首根っこをひっ捕まえて折檻ものだな・・・。


まあ、詳細にはゴロゴロしているというか、私は体力はないので、休日でもムダな体力消費を抑え、月曜日にきちんと仕事を出来るように体調管理に勤めているだけなんだけどね。

休む事も仕事の1つだと思っているし。

大げさに言えば、休日でもプロ意識を持っているという事なんだけど・・・。

それを「オタク」呼ばわりされてもね・・・。

そういうレベルの人だから、わざわざ説明して理解してもらおうとも思わないけど・・・。

あ!

ふと、思えば、

「友人の友人は敵」

みたいな・・・。

やっぱり、そういう星の下に生まれてきたんだな・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 31, 2011

敵の敵は友達とはよく言うが・・・

以前の投稿の焼き直し的になるが、

敵の敵は友達とはよく言うが、それ以上に、

「友達の友達は敵」

というパターンが圧倒的に多かったりする。

え?

何でアンタがあの人の友達なのって・・・。

そして、これが小さくない障害だったりするのだ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 22, 2011

彼氏はいないんだって  十 ヘラヘラ 十

ある日の出来事。

「A:彼氏はいるの?」

「B:・・・。」
「B:いません。」

いや、絶対おるがな。

さすがにニブい私でも、それはバレバレだって。

結局、それから1分も経たないうちに、Bは彼氏の存在を白状するのであった。

| | Comments (0)

October 26, 2010

ビジネス的ヒューマンスキルに長ける人=モテるとは限らない

以前にこんな事を聞いたのだが、

「ビジネス的ヒューマンスキルに長ける人=モテる」

これは一概に言えないなあ。

うお、この人はなんて商談がうまいんだという人も、いざプライベートな場でガックリな人もたまにいる。

「そこでエロ話か!」
「引いてるの分かれ!」


結構います。

こんな人。

で、更に輪をかけてタチが悪いのが、それでもなお、

「オレはモテる」
「オレは空気が読める男」

とか思っている人。

いやいや、君、全然ダメだから。

まあ、ダメなところはダメだと言うのも情けか。

でも、このタイプの人達って、

「聞く耳持ちませんから」

ああ、もう自分に陶酔しているっていうか・・・。

どうしようもねえ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2010

同窓会~ラブ・アゲイン症候群を初めてみる

かなり久し振りに三上博史を見たけど、

「相変わらず、ひねくれていて殴りたくなるような役」

ばかりしているな・・・。

とか思っていたら、本当に殴られたのは傑作だったけど(^ ^)

でも、こういうドラマでは確実に必要な人材なんだろうね。ひねくれ役として。

配役の例を挙げるならば、怖い人なら遠藤憲一,小チンピラなら六平直政とか思い浮かぶね。

しかし、このドラマ、配役がそうそうたるメンバーの割には、今のところ大きな波風が立つことなく、よくまとまっているねえ。

黒木瞳,高橋克典,三上博史,斎藤由貴って、すごい豪華だし・・・。

ラブ・アゲイン症候群・・・。

ああ、ないない。

だって私、

「基本的に男子校(T T)」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 05, 2009

おいおい、自分で草食系男子とか言うなよ

女性が自分の事を「肉食系女子」というのは特に気にならないが、ヤローが自分の事を「草食系男子」というのはなかなか厳しいものがある。

僕草食系なんてほざきながら、送り狼になってしまったってのは結構あるのでは?

最も自分の周りには、そのような痛い人はいないのが幸いだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)