April 06, 2015

笑った、笑ってない

学校とか職場とか色々シチュエーションはあるんだろうけど、笑った、笑ってないという因縁を付けられる事はたまにある。

上司とか先生らがね。

こういう人達を見て、いつも思うんだけど、

「それ、本気で言っているの?」

「少し頭を冷やして考えたら、そうでない事くらい分かるよね?」

「いい年して、その程度が分からない程無能なの?」

「一瞬の思い込みで行動するのはやめて頂きたい」

私も過去に4度くらいあったけど、その因縁の一言で人間関係終了ですよ。

付き合う価値がない。

2つ前の現場でもババアが若手に向かって叱責してたよなあ。

ああいうのが若手が育つ目を潰すんだよ。

分かってないな。

ほんと腹立たしいわ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 05, 2015

人の叱り方

「気づいた時に叱る」

これが基本かな。

過去の例からしても、溜め込んで後で爆発というのは絶対にいい結果は出ないし、人間関係の崩壊にも繋がるから絶対ダメ。

あと、付け加えるなら、場所かな。

基本は少し席を外し呼び出して叱るのが1番ベターだけど、鼻っ柱が強くて、打たれ強いような人は、あえて人前に叱るのがベターか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 17, 2014

自分がリスクを冒さずに詫びを受け入れさせるのは反省のない証拠


言うまでもなく、未だに某所でサイト運営をしている某氏の事なのだが、詫びはしたいけど、リスクを負うのは嫌だというのは一言で切り捨てるならば、反省していない証拠だ。

散々悪事を働いて、自分にまた怒りの矛先が向くのは嫌だから、うちのブラックリストから削除して欲しいとか、根本的に間違っているし。

そりゃあ、本当に周りから受け入れられるまでは後ろ指をさされるなんて当たり前。

反省なんて、そんな簡単なもんじゃない。

そもそも、自分から、

「反省しました」

と口にする事自体がナンセンス。

それと、ブラックリストから削除してと言ってみて、削除してもらったらラッキーぐらいな程度でしょ。

あの薄っぺらい脳みそでは。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 17, 2012

何を言われてもへこたれない人と言えば聞こえはいいが・・・


何を言われてもへこたれない人と言えば聞こえはいいが、そういう人の大半というのは、

「周りの人間の発言の意図が伝わらないコミュニケーションスキルの低い人」

というのが現実ではないだろうか。

要するに、嫌われているのにそれに気づかない、もしくは受け入れないニブい子という訳だ。

まあ、どこの世界でも、この手の人間の取扱は困るわ・・・。

いつかは誰かが意図をピシッと伝えなきゃいけないからね・・・。

もしくは一方的に関係を切ってしまうというのもありか・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 10, 2012

公共の場でのxxxx批判


特に飲食店などの公共の場で次のような話題で批判するのはやめた方がいいね。

  • 国(国籍)

  • 地方(都道府県)

  • 宗教

誰が話を聞いているか分からないからね。

それが原因で、どこの誰かも知らない人に胸ぐらを掴まれて暴力沙汰になってもつまらないし。

結局は不用意にトラブルに巻き込まれる種を撒くなということか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 05, 2012

SNSでふと思ったのだが・・・


ふと思ったのだが、

「自分から承認して後に相手から見切られるのはある程度は仕方ないけど、相手の方から承認して来て向こうの方から繋がりを切るというのは解せない」

そういう事になる前に、もう少し人間観察してから承認しましょうよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 27, 2012

未だに酒の場で酒を飲まないと心を開いていないとほざく輩っているんですね


酒の場における目的に酒を飲みに来るというのがあるのは当たり前だ。

しかし、今の時代だと、それ以上に、

「コミュニケーションの場」

という目的の方が適切ではないだろうか。

だから、私は酒はほとんど飲まないけど、酒の場には顔を出させてもらっているよ。

酒の場で酒を飲まないのは心を開いていないだぁ?

そんな化石的なメンタリティの持ち主は放っておけ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 22, 2012

高級レストランのウェイター


まあ、難しい仕事だね。

普通の飲食店とは異なり、xxはxxですみたいな、メニューに対して、少々長めの説明をしなければいけないわけだ。

しかし、そのせっかく覚えた説明もせっかちな客に対しては無と化する。

「テメーのウンチクはいいんだよ。コッチは腹減ってイライラしているんだよ。ツベコベ言わずに早くオーダーを手配しやがれ!」
「コッチは食事をしに来ているのであり、君のウンチクを聞きに来ている訳ではない」

まあ、こう思うお客さんもいる訳だ。

私もどちらかというと、そういうタイプなのだが。

ここでうまく説明を切り上げてオーダーを手配するか、そうではなく、強引に説明を続けるかで、この店の印象も変わって来る。

これもコミュニケーションスキルだな。

レストランの目的はまず食事を摂る事だ。

そこら辺の空気が読めないウェイターは、たちまち店の評判を落としてしまう事だろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 24, 2012

改めて、子供って、嘘付くのが下手だよね・・・

子供のサル芝居以前にね。

「やった事を別の場所で言ったり、書いたりしていたら、そりゃバレるって」

芝居がうまかったにせよ、それで全部台無しにしているケースというのはよくあることだ。

もう少し考えればいいんだけど、それができないのが子供なんだろうな・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 16, 2011

こういう子が将来、コピペプログラマになるのかな・・・

私の知り合いで子供に数学を教えている人がいて、その中に少し変わった子がいるのだが、いくら教えても、公式や定理を使用せず、常に山カンを張るような感じで無理矢理数字を張り合わせて回答を出す子がいるという話を聞いた。

そして、どうも回答を出さなければという焦りが常にあるとの事。

うーん、その子がもう小学校の高学年くらいというから、その考え方はちょっとヤバいんじゃないのと思った。

私的にはそれ以上に、

「小さい頃から、こういう結果主義で物事の考え方がおぼつかないまま大人になる人がコピペプログラマになるんじゃないの?」

と思った。

ウチの業界でも、既出の子のような考え方の人って、実際いるしね。

ここの部分、結果がメチャクチャなんだけどと問い詰められたら、

「ネットに載っていたから」

と平気で切り返してくる人を見た事がある。

いやいや、ネットに載っていたのは分かるんだけど、それを業務用に加工していないじゃん。

ネット上に載っているコードを変数の名前すらリプレースせずにコピペで使えるわけないじゃん。

こういう変な考え方を持っていると、仕事が出来る出来ない以前の問題になってくるな・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧