March 22, 2014

ゲーセンの消費税分は誰が賄う?


答えは当然、

「店舗側」

3~5%のときはまだよかったけど、今回バータレが増税するから、8%はなかなかキツいようだ。

それが原因で閉店する店舗が出て来るのだとか。

それも何かいたたまれないなあ・・・。

さすがに108円玉とかはムリだから、MANACAみたいなカード制みたいなのはダメなのかなと思ったけど、それは筐体を全部差替える事に繋がるからないか。

そういう事を踏まえると、増税する事でどういう弊害が起こるかをもう少し考えて欲しいな。

それが出来ないのが、日本の低俗な政治家のクオリティ。

ほんと情けないわ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 29, 2012

セルビア、悲願のEU加盟へ


コソボとの関係修復が前提となるが、一応理事会で承認されたとの事。

この決定はコソボ紛争から10年弱経ち、西側諸国もセルビアを許したと見ていいのかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 19, 2011

東日本大震災の復興財源確保のために3年限定で消費税3%増案が浮上

冗談でしょ?

結論としては「反対」である。

「この1ヶ月の政府の働きを見る限り、無駄な支出と分かり切っている」

ので、認められない。

この1ヶ月、お金がないから動けなかった訳じゃないよね?

「有事にドタバタして何もできずに無能を晒しただけでしょ?」

消費税を上げたところで、無駄金を与えるだけだし、原子炉関連の情報抑制の件も含め、現在の政府は信用できない。

それに政府が来る3年間、死に物狂いで復興事業をやれるかと言われれば、答えはノーだ。

「財源確保と言いながらも、その傍では無駄に道路のアスファルトをほじくり返して財源の無駄遣いをしているんでしょ?」

これが日本政府の実態だ。

そんな政府に無駄金を出せますか?

それと、

「3年限定という約束を守るとはとても思えない」
「基本的に1度上がったものは下がらない」

ここらも信用の問題である。

政府も何かしら誠意を見せてくれればいいのだが、見受けられるのは隠蔽,不信とかいうものばかりである。

まず、そういう基本的なところから問題を解消しないと、「東日本の復興のためだから、しょうがないよね」という気持ちにすらなれない。

| | Comments (1)

October 28, 2010

スウェーデンのマルメで移民を狙った銃撃が頻発

事の発端は反移民の思想をもった右翼政党が議席を獲得した事による影響のようだが、反移民→人種差別といえばオーストラリアのポーリン・ハンソンを思い出した。

あの件と同じく時代に逆行するような事をするのかね。

とても理解に苦しむ。


しかし、元々マルメ自体はスウェーデン第3の都市とはいえ、スラム化してお世辞にも治安がよろしいところではないそうな。

マルメ出身のフットボーラー、イブラヒモビッチいわく、あれぐらいの我の強さでないと、あの町では生き残れないとの事。

スラムってのもあるけど、デンマーク,旧ユーゴ,その他イスラム圏の人々が一緒くたにされて同一居住区に住むってどうなんよ。

宗教の相違があり、日本人よりもハンパない信仰心を持ってりゃ、そりゃあいろいろ問題は起こるわさ。

まあ、少なくともスウェーデンがよろしくない方向に進みつつあるのは間違いない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2010

パウル君、iPhoneアプリに。そしてエスパニョーラへ移籍?

やはりというか、予言ダコ?パウル君のiPhoneアプリをブラジルの企業が開発。

でも、なぜドイツじゃなくて、ブラジルの企業が開発?

そしてパウル君だが、この度、ドイツの水族館からスペインの水族館へ引っ越しすることになったようだ。

面目上はドイツ代表の敗北に対する過激なバッシングに対する保護と言われているが、実際はスペイン優勝の陰の立役者の招聘と言ったところか。

しかし、これだけ人気のパウル君だ。

無償での引っ越しではあるまい。

意外と並のフットボーラーの移籍金以上のお金が動いたのでは?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 13, 2010

2010W杯スペイン優勝もその裏では・・・

何やら決勝戦の前日にカタルーニャが独立国家として認められない事を不服とし、一部のカタラン人がカタルーニャ州の州都バルセロナで抗議デモを起こしたんだとか。

うーん、何かスペインの躍進に水を差すよねえ・・・。

せっかく現代表の中心はカタラン人なのに。

別に連中をマドリーの中央政府に手を貸す国賊とか思っている訳じゃないでしょ?

それならば、この大一番は黙って見守れという感じなのだが・・・。

スペインの民族問題の触りぐらいは心得てはいるが、ここは、

「スペイン代表の勝利=中央政府の勝利」

ではなく、

「カタラン人中心のスペイン代表=カタルーニャ代表の勝利」

と、もう少し柔軟に考えられないかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 20, 2010

上海万博PRソング、岡本真夜さんの「そのままの君でいて」の盗作であることを事実上認める

何を考えているんだろうねえ。

こんな国際的イベントで。

幸い、岡本真夜さんとその所属事務所の懐の深さで、今のところは国際問題になっていないけど、正式な謝罪はないんかね?

後で態度を硬化されても知らないよ。

| | Comments (0)

December 24, 2009

今の時代、こういう派遣先に行きたい

ズバリ、

「公共系」

不況でもそれなりに仕事は出てくるし、既に常駐済であれば切られにくいメリットもある。

また、今の不況から立ち直っても、長い目で見て、公共以外の仕事はしたくないという人も出てくるかもね。

登録会社のしがらみで、その手のワガママはそうそうできないだろうが。

こういう時に個人事業主として、公共の仕事をバリバリ交渉できるのであれば、占めたものだが、なかなかそういう人はいまい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 09, 2009

不況は経済だけではなく、人の心をも崩壊させる

ここ1年ばかり周りを見ていてつくづく思うのだが、

「不況は経済だけではなく、人の心をも崩壊させる」

私の周りには、不況になってから人間関係が険悪になったケースは多々ある。

不況前だとまず口にしなかったような事を平気で口走るようになり、それが基で修復不能な人間関係になったり。

決して金銭だけの話ではない。

「不況で物品は安くなっても、一度壊れた信頼関係までお安く修復できるほど甘くはない」

そういう事もひっくるめて、不況が早く終わる事を祈りたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 29, 2009

オーストラリア、自己都合で増やしたラクダを射殺へ

19世紀中頃に砂漠地帯開拓のため、連れてきたラクダがその後に不要となり、野生化し数が増えた。
その野生化したラクダが先月ぐらいから水を求め、市街地を襲撃し水道管や貯水槽を破壊している。
これを受け、州当局はラクダを市街地から追いやった後、「射殺」する計画を立てているとのこと。

へぇー、ほぉー。

鯨の保護とか勝手に正義振り、実は野蛮な海賊行為をしているシー・シェパードの片棒を担ぐする国の正体なんて、こんなもの。

完全に自己都合でラクダを始末しようとする方がよっぽど野蛮ではないか。

散々捕鯨問題では豪米にはいじめられているからねえ。

この事は大々的に糾弾せねば。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧