November 27, 2016

名古屋グランパス J2降格

とうとうというか、既に2年前くらいから兆候が見えていた。

天下のトヨタ傘下がファイナンシャルフェアプレーが何ちゃらで、マスと翔平と石櫃を戦力外?はあ?とかいう目で見ていたけど。

結局、キショーのサイドバックがものになったから、ここ2年はしのいでいたけど、ディフェンスの頭数を増やせばいいものを牟田と本多を放出。

牟田はフィードに難あり、本多は攻守に中途半端と何となく分かったけど、それ以上に残った大武と獲得した安田が酷過ぎた。

で、お金がないとか言っていた割には、いきなりシモビッチですからね。

西野さんの時は散々ケチっていたから、これはブチ切れ案件ですな。

オーマンは何かシモビッチの付録だったみたいだし。

どんだけディフェンスに手を抜いているんだろと。

小倉もとっとと切らな。

5バックとか、腰が引けた時点でジ・エンド。

あそこで小倉解任とトゥが加わっていればな。

そんな感じで、アホなフロントと脆弱な守備で降格した訳で、予算が減るのは分かったけど、トゥ、タケ、ズミ、西村というベテランを切る一方で佐藤寿人を獲るという一貫性のなさ。

バカなのか、こいつら。

なぜか先日川崎を辞めたはずの風間監督が来るとか、もうメチャクチャ。

聞く話によれば、ジェフ千葉みたく、なわばり争いが勃発しているらしく、もうダメだこりゃ感は否めず。

こんなボロカスなチーム状況だ、おそらく、1年では戻って来れんだろうな。

下手すりゃ、5年くらい掛かるんじゃないか。

そこまで酷い状況だとみているけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 26, 2016

宇佐美、アウクスブルク移籍

成功するかしないかと言われれば「No」だ。

ホッフェンハイムでペケを食らい、帰国した直後は愚直にフットボールに取り組んでいたように思ったけど、翌年くらいからはスター気取りで健太監督からも課題の守備で苦言を呈される事もあったが、どこ吹く風。

また、同じ失敗をするんじゃないのだろうか。

守備意識が低い、ドイツ語が分からず、訳の分からない動きをする。

従来の課題が解決されたとはとても思い難い。

海外へのチャレンジといえば聞こえはいいが、ガンバでのサイド起用が不満で逃げ出すようにも見えなくないが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 29, 2016

セリエA ビッグ7復権

90年代のセリエAはスクデットを獲る可能性のある7つのクラブ、

ユベントス、ACミラン、インテル・ミラノ、パルマ、フィオレンティーナ、ローマ、ラツィオ

をビッグ7と呼んでいたが、フィオレンティーナの破産、パルマのPalmalat撤退、カルチョスキャンダル等もあって、この構図は崩れていたのだが、ん?ビッグ7?

ユベントス、ACミラン、インテル・ミラノ、ナポリ、フィオレンティーナ、ローマ、ラツィオ

お!復権してるではないか。

パルマがナポリに替わっているけど。

ただ、今の現状は何とも微妙だな。

ユーべは7年くらいかけて、カルチョスキャンダルから復活したが、それとは対照的にミラノ勢の衰退もあって、現在の構図になっている感は否めない。

確かにビッグ7は復権した。

ただし、それは低レベルでの話なのだ。

ユーべはいいとして、だらしないミラノ勢にもっと頑張ってもらわねば。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 01, 2016

優勝目前のレスター・シティーのミステル、クラウディオ・ラニエリといえば・・・

私もそれなりに昔からフットボールを見ているからね。

ラニエリといえば、フィオレンティーナやバレンシアのイメージが未だに強いのよ。

そう、フィオレンティーナといえば、かつて月刊少年マガジンで連載していたViva!Calcioですよ。

そして、フィオレンティーナがバティストゥータとルイ・コスタを擁した最盛期ですよ。

その中で日本人の椎名燿がスクデットを獲ってしまうんですよ。

で、そのリアルバージョンが今、目の前に起ころうとしている。

マンUとしては、伝統のオールドトラッフォードでの優勝は名門の名に掛けて何としても阻止しなければならない。

レスターはアウェーだけど、レスターはカウンターのチーム。

プレースタイルとしてはやりやすいはず。

4月の時点で首位をガッチリ守っている訳だから、今更プレッシャーはそうはないはず。

プレッシャーに負けていれば、今頃中位に順位を落としている。

今のマンUの監督は私の大嫌いなファン・ハール、そして、日本人としてもマンUから香川真司をゴミクズ同然に追い出したにっくきあんにゃろう。

この野郎に引導を渡す意味でも、マンUの歴史に一生消える事のない泥をブチまけて欲しい。

今日で決めたいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 17, 2016

レスターのユニットの組み合わせって、どこかで見た事があるような・・・

はて、レスターのバーディー、岡崎、マフレズのようなユニットをどこかで見た事があるような気が・・・。

どこだったかな。

あ、カペッロのシステムか。

90年代中盤のレアル・マドリーのシューケル、ミヤトビッチ、ラウール

00年代前半のローマのバティストゥータ、デル・ベッキオ、トッティ

ストライカー、ハードワーカー、シャドーの組み合わせは全く同じだ。

ゲンのいい事にこれらのユニットはすべてチャンピオンなっている。

という事は・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 03, 2015

シニシャ体制のミランで本田は何やってんの?

意外なのは、本田の口から、

「フリーキックの話題が出て来ない」

全盛期のセリエAにおいて、フリーキックだけでトリプレッタを達成した世界的な名手が目の前にいるのに、一体何をしているんだろうねえ。

世界3本指に入る名手から教わるチャンスは最初で最後だ。

自分のキックが完璧だとでも思っているのか。

点が取れない、アシスト出来ない、足が遅い、突破力がない、ハードワークはするけどスタミナが90分持たないでは、本田の生き残る道は意外に強いヘディングを磨くか、フリーキッカーのスペシャリストになる事だと思うのだが。

本田のフリーキック?

2010年がピークで、その後はダメダメだよ。

2010年はシュンスケが調子を落としていたけど、安定感ではシュンスケに遠く及ばない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 04, 2015

日本代表、プレーメーカー不足

何年も前から危惧されていた事が現実になっている。

「プレーメーカー不足」

梶山が順調に成長し、扇原が伸び悩んでいなかったら、こんな事にはなっていなかったのにね。

よほど、柴崎を端正に育てていくしかない。

でも、それを差し引いても、近年、日本人のプレーメーカーって、減ったかなと思う。

香川、清武、宇佐美はホールの資質はあっても、ゲームをコントロールするタイプではなく、あくまでもゴール近くのチャンスメーカーだからねえ。

こればかりはもう時代に乗っていくしかないから、今いる人材にあったフットボールをするしかない。

あ、そういえば、グラに矢田と田口というプレーメーカー候補はいたっけ?

忘れていたけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 25, 2015

トップレベルの試合でパフォーマンスなんか見たくない

トップレベルの空手の試合で、後ろ回し蹴りってどうなのよ。

あんなの当たる訳ないし、見た方も見た方で叩き潰せばいいのに。

ああいうパフォーマンス的なのは、対戦相手にも失礼じゃないの?

あと、過度なクリンチね。

前にも書いたけど。

あれはみっともない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 30, 2015

FC東京 武藤、チェルシーFCより正式オファー

目的によるかな。

冷静に考えれば、ブルーズの中盤は最激戦区なので、万に一つもチャンスはなし。

ただ、プレミア下位へのリースを斡旋してもらえるのであれば、決して悪い話ではないだろう。

チャンピオンシップ1部がリース先なら・・・帰国するべきだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 15, 2015

やっぱり不安、2015年度版グランパス

1節はトゥとノバコのパワープレーで辛くも引き分け、今節は交通事故並の確立のはずの翔平のまさかのリベンジゴールで敗北。

まだ強豪にも当たっていないのに、この体たらくっぷりで大丈夫?

いや、大丈夫じゃない。

まちがいなく優勝はしないだろうな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧