June 27, 2010

デモリーナ様は出なかったよ、怪物くんスペシャル

これだけは言いたい。

「あの怪子ちゃんはマズいよねえ」

まさかのベッキーとは・・・。

少しキャラも違うし・・・。

何かまた変な物を見せられたような・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 14, 2010

最後まで不幸な女だったよ。よし江さん。 by 怪物くん

怪物大王を石化されたことを受け、プリンスデモキンの元を訪れる事にした怪物くん。

てっきり悪魔界へ直々に乗り込むと思いきや、行き先はなんと、

「学校」

って、何だそりゃ?

そんな間抜けなところでプリンスデモキンと謁見し、怪物くんがまず出した答えが怪物界の降伏だったが、それに対しプリンスデモキンが出した条件は、怪物界か人間界のいずれかを跡形もなく滅ぼすというものだった。

そんな究極の選択を迫られ、怪物くんが優柔不断している間にウタコがヒロシを庇って石化され、重い雰囲気になったところで、

「まさかの怪物くんのテーマが流れる」

って何だそりゃ?

空気読もうよ・・・。

先週から裏切りの様子を醸し出していたよし江さんだったが、想定通り子供達を開放し、その代償によし江さんはプリンスデモキンに裏切り者として粛清されてしまう。

傷ついた体で子供たちに続き、怪物くん達までも救出するよし江さんだが、なぜか怪物くん一味の間ではよし江さんで通っている。

あれ?確か怪物くんと初めて直接対決したときに「デモリーナ」と名乗っているよね?

そして彼女も怪物くんの手の中で息絶えるのだった。

その後、怪物くん一味は3人の執事が怪物界のために犠牲になる覚悟をし、怪物君だけを逃がすという判断を下し、三度プリンスデモキンと謁見したとき、3人の執事も変わり果てた姿で現れ、更に目の前でヒロシ君も反逆者として処刑されようとしたとき、身を呈して怪物くんがヒロシ君を庇い、やっと魔力が解放。

いやいや、引っ張ったねえ・・・。

ていうか、怪物くんも酷いねえ。

魔力が解放するまでに6人の犠牲があったのだから。

最終決戦はなぜかその辺の草っ原で、最後の一撃で勝負あり。

結論としては、悪魔界も怪物界も人間界も仲良くしようという事になり、これは原作とほぼ似通っているだろう。

怪物くんの手によって粉砕された魔王石の力により、石化された人たちは復活。

おいおい、よし江さんは?

ひとまず悪魔界との対立に終止符が打たれ、かつ人間界の修業を終えた怪物くんはウタコの作ったカレーを手土産に怪物界へ帰って行き、全員にふるまったのだが、

「カレーをチンすると言っていたが、あの世界のどこに電子レンジがあるんだ」

説明しろ。執事マツジュン。

そうそう、マツジュンのゲストなんて当の昔に忘れていたよ。

ラストには悪魔界の様子も映し出され、プリンスデモキンはよし江さんを守りたいものとして何年掛かっても復活させることを誓う。

あれ?よし江さんだけ死にっぱなしなのね。

何か彼女だけ負け組みたいで、結局最後まで不幸の女のレッテルを撥ね退けるには至らず。

「親に見捨てられる」→
「恋人にハメられる」→
「唯一の肉親(弟)の死」→
「部下に恵まれない(アックマー)」→
「怪物くんに変態呼ばわりされる」→
「ハゲ(Dr.マリス)がたてつく」→
「プリンスデモキンに粛清される」→
「魔王石の恩恵を受けられない」

ああ、絵にかいたというか、それ以上に不幸な女だったよ。

よし江さんは・・・。

怪物大王の再修業宣言とプリンスデモキンの発言を併せると、何やら続編が出てきそうな設定にされているような・・・。

そう思っていたら、オンエア終了の余韻に浸る事もなく、来る6/26日には怪物くんスペシャルの放映が決定。

そういうのをやるということは、やっぱり好評だったとみなしていいんだね。

まあ、そちらも楽しみにしていましょう。

ありゃりゃ。

退屈だったスロベニアVSアルジェリア戦の観戦中に眠りこけてしまったので、リリースが12時を少し過ぎるこーろになってしまった・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 06, 2010

用意周到、正義くん&よし江さん by 怪物くん

私の予想はことごとく外れ、アックマーに続き、Dr.マリスも正義くんの手により粛清される。

ああ、悪魔族って短気なのね・・・。

その一方で怪物界への入口を聞き出すためとはいえ、あそこまで普通溶け込むかあ?

変なところはマメな悪魔族。

あと、よし江さんの実力がどうもよく分からん。

怪物くんを圧倒したかと思えば、いつまでも手を痛めていたり、今回もあまり強そうでないDr.マリスに捕まったりと。

そういやあ、前回のラストでよし江さんの部屋が荒れていたはずだけど、今回また修復していたのはなぜ?

「それはマズいよね」

怪物側は怪物側で鈍感。

正義くんはともかく、よし江さんが黒装束のヒラヒラから顔見せしなかったら最後まで気づかずに終わったんだろうな・・・。

変なところは親切なよし江さん。

今回より最終決戦に入っていくのだが、第一ラウンドは正義くんの圧勝。

あらら。

ゲボハハハ大王が劇場版アニメ怪物くんのヒロシ君みたいに石化しちゃったよ。

次回予告を見る限り、怪物くんの魔力の封印が解けて、なぜか剣で戦っているんですけど・・・。

何か似合わないというか、

「どちらが悪役か分からない」

最終決戦の結果はある程度分かり切っているとして、気になるのはよし江さんのラスト。

コソっと路線変更して人間界せん滅をやめさせたけど、ラストはいかに。

人間に戻るか?それとも哀しみの最期を遂げるか。

TOKIO vs 嵐の最終回から目が離せない。

とりあえず、12時を少し過ぎる頃ーには間に合った・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 30, 2010

よし江さんと正義くんの同棲生活は一話で完結 by 怪物くん

とうとうプリンスデモキン復活。

でも、なぜかデモキン様、記憶がない。

そして、これまた、なぜか素っ裸で人間界へ移動し、移動先は病院か住宅の屋上らしき、洗濯物が干されたビルの上。

おそらく、ここで洋服を調達。

でも、

「これはマズいよねえ」

と檻の中には行く事にはならず。

その後、フランケンがチーマーらしき少年に絡まれているのを助けたことをきっかけに怪物くんと知り合い、アラマ荘を訪れたよし江さんには思いっ切り正体がバレバレ。

結果的に正義くんは、よし江さんに引き取られ、2人の同棲生活が始まる。

何でもいいけど、よし江さんの部屋って、何もないねえ。

なぜか正義くんにご飯まで作ってしまうし。

その作った食事が、

「和食」

というのにはウケた。

スキあらば欲望を注入しようとした、よし江さんだが、結局最後までできず。

これもどうでもいいんだけど、何で欲望注入器?って、あんな痛そうな作りになっているわけ?

ご飯に混ぜるとか、方法が他になかったんかい。

そして、Dr.マリスとのトークにより、

「高杉よし江は偽名ではなく、デモリーナ様の人間時代の本名」

ということも正式に発覚した。

最終的にはマッチの館にまで乗り込む正義くんだったが、デモリーナモードのよし江さんにすら気付かず。

マッチの館崩壊後、自宅に戻った正義くんが欲望を注入され、記憶が戻った?ところで今回は終了。


今日気づいたんだけど、最終回ゲストにマツジュンは置いておいて、あと2回で終わってしまうんだ。

あと2話でプリンスデモキンとのバトルがまとまるんかねえ。

個人的な予想だけど、原作のプリンスデモキンは完全な悪でないから、もしかすると、最終的にはプリンスデモキンではなく、謀反を起こそうとしたDr.マリスを倒すというストーリーもあるかもね。

ラスト2話、楽しみにしてます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 26, 2010

Dr.マリスって微妙・・・ by 怪物くん

「ドクター・イエスでいいじゃん」

マリスは策略家でイエスはいわゆるマッドサイエンティストだから、チト微妙な部分もあるが、

「デモリーナ様」

って、かなりブッ飛んだキャラもいるので、細かい事を気にしちゃいけない・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 23, 2010

よし江さん、魔王石の奪取に失敗 by 怪物くん

「デモリーナ=高杉よし江」

って、ギャップがあり過ぎ・・・。

そんなキレイな顔して実はワルワルなよし江さんがヒロシ君家の隣に引っ越してきたが、何かモタモタして、結局魔王石の奪取に失敗してしまう。

うーん、何モタモタしてるんだか。

「ヒロシ君のお腹を引き裂いて終わり」

じゃないの?

そんなじれったい、よし江さんの過去がまた明らかに。

年の離れた小さな弟がいるみたいだが、

「いや、それ息子でしょ?」


微妙・・・。

ラストでは怪物くんに敗北したせいなのか、人間界にとどまっているためのダメージなのかは知らないけど、よし江さんグッタリでチト心配。

そんな傍らでDr.マリスが謀反を企てようしていたが、前回まで死にそうだったデモキン様がまさかの復活で、

「えーーーーーーーーーーっ」

という感じだろう。

ていうか、何が強引なストーリー展開のような気が・・・。


さて、次回からは、

「ラブコメが始まる」

のかな。

なぜか記憶が飛んでいるデモキン様と1つ屋根の下にいるよし江さん。

「よし江さんを返せ!」

って、もう怪物くんじゃないし・・・。

原作のプリンス・デモキンもかなりブッ飛んだキャラだが、ドラマの方も別の意味でブッ飛んだキャラな気が・・・。

いろんな意味で次回も目が離せない。

ドラマ版怪物くん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 17, 2010

高杉デモリーナ様、「変態」呼ばわりされる

ひでえ・・・。

稲森いずみの長い女優生活で、ヤローに対して「変態」と罵る事があっても、まさか逆に、

「変態」

と罵られるとは・・・。

多分こんな事は最初で最後だろうねえ・・・。

何でもいいけど、あそこは、

「激高するところだから」

あそこでダンマリなのも、何か「変態」っぽい。

実はああ見えて、究極の「M」なのか・・・。


でもなあ・・・。

デモリーナ様の過去は何か「変態」っぽい・・・。

「明らかに時代設定がおかしいし」
「昭和何年だ!」

ああ、かわいそう・・・。

男にハメられたのね。

身投げしようとしていたところをプリンス・デモキン様に見出されたと。

時代背景はおかしいけど、ひとまずデモリーナ様の過去編は完結でいいのかな。


さて、次回はアラマ荘へ高杉さんという、やたらキレイな女性が引っ越してくる事になるのだが、

「絶対デモリーナだ」

ここ数週間、黒装束の稲森いずみばかり見ているので、すごくギャップがある・・・。

でも、これが忘れかけている、本来の稲森いずみである。

ちなみに人間時代も高杉性でいいの?

あと、次回プリンス・デモキン様復活?

ここから話が急展開していくのかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2010

デモリーナ様、出撃! by 怪物くん

あーあー。

前回のラストでデモリーナ様がアックマーを始末したから施設で雑用みたいな人がウロチョロしているよ。

うーん、何ていうか、

「あそこでバアちゃん死ぬかぁ?」

怪物くんだよ?

藤子マンガだよ?

妙にシビアな怪物くんだなあ・・・。

笑ゥせぇるすまんの実写版を作って、それでだれか死んだならまだしもなあ・・・。

「リアルなのは劇場版怪物くんでゲボハハハ大王に石化されたヒロシ君だけで十分」

デモリーナ様は元々人間らしいのだが、

「なぜ着物?」

それ、世界観おかしいから。

もう訳わかんない・・・。

そして、着物の色を見てふと思ったのだが、

「もしかして砂をかける人ですか?」

次回のテーマは「失恋」。

え?まさかデモリーナ様は失恋した腹いせに悪魔界に身を落としたってオチではないよね?

それはそれで肝っ玉がかなり小さいというか・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 02, 2010

デモリーナ様、ヒステリーでアックマーを粛清 by 怪物くん

今回のお仕置きはそろそろ平手打ちかと読んでいたが、まさか殺っちまうとは・・・。

女のヒステリーって怖ええ・・・。

最もアックマーが無能だったのも確かだが。

でも、元々はお子様向けアニメだから、何だかなあ・・・。

その代わり、いよいよ次回よりデモリーナ様大活躍か?

以前に書き忘れたのだが、

「ヒロシ君って、あんな根性悪じゃないよ」

なんかあからさまに歪んだ子だよね。

ドラマ版のヒロシ君って。

ある意味、チーマーの怪物君よりタチが悪い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 25, 2010

デモキンより怖いおしおきだべえ by 怪物くん

日テレ夜9時50分過ぎからの

「デモリーナのおしおきは、もはや恒例行事なのか」

比較的かっこよさげのエンディングテーマ「モンスター」のバックでアレは少し笑えてくる。

そもそも意図はなんだ?

なんか、

「ひょっとして、おしおきされたくて失敗してないか?アックマー」

ところで腹減った―、とか言っていたけど、アニメ版怪物くん(カラー)のエンディングにこんなフレーズがあったよね?

「怪物料理の名コック!」

あれはどうした。

熱湯風呂しかとりえのないオオカミ男はイヤだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧