« April 2016 | Main | June 2016 »

May 29, 2016

セリエA ビッグ7復権

90年代のセリエAはスクデットを獲る可能性のある7つのクラブ、

ユベントス、ACミラン、インテル・ミラノ、パルマ、フィオレンティーナ、ローマ、ラツィオ

をビッグ7と呼んでいたが、フィオレンティーナの破産、パルマのPalmalat撤退、カルチョスキャンダル等もあって、この構図は崩れていたのだが、ん?ビッグ7?

ユベントス、ACミラン、インテル・ミラノ、ナポリ、フィオレンティーナ、ローマ、ラツィオ

お!復権してるではないか。

パルマがナポリに替わっているけど。

ただ、今の現状は何とも微妙だな。

ユーべは7年くらいかけて、カルチョスキャンダルから復活したが、それとは対照的にミラノ勢の衰退もあって、現在の構図になっている感は否めない。

確かにビッグ7は復権した。

ただし、それは低レベルでの話なのだ。

ユーべはいいとして、だらしないミラノ勢にもっと頑張ってもらわねば。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 19, 2016

欲しいのはネコなのか、血統書なのか?

何気に思ったのだが、ペットショップって、いわゆる血統書付きのお高いネコしかいないよね。

ああいうのを見ると、

「ネコというよりは、血統書という自己満足を購入している」

のかなと思ってしまう。

別に日本在来のクロ、シロ、トラ、サバ、キジトラ、三毛でも十分かわいいネコはいるよね?

その子らじゃダメな理由は?

見た目、毛並み以外でアメリカンショートヘアーのよさは何?

と追及したくなるな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 17, 2016

最近、中華料理店に入店した事がない

これもラーメン屋と同じかな。

「味と値段の対価が一致していない」

たいしておいしくもない定食が普通に1000円超なのは頂けない。

昼に1000円は論外として、夕食にわざわざ1000円出して、マズいものを食べようとは思わない。

これは最近というか、リーマンショック位からなのだが、

「定食のご飯が時間が経ち過ぎておいしくない」

これ、本当に致命的。

何だろう?

結構、中国人がやっている店に限って、この傾向が見られる気がするんだよね。

これは全く日本人に対して、ポイントを外していると思う。

いくらおかずがおいしくても、ご飯がマズいとやはり日本人は定食は食べないよ。

そもそも、定食はご飯が好きな人が食べるものか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 15, 2016

都市部のラーメン屋の乱立

うーん、何だろうな、

「味はそこそこのくせに、無駄に高いラーメン屋が多過ぎる」

都市部だから、100円増しなのは分かるとして、それでもこの味にして700~800円も取れるなというのはあるな。

それに追い打ちを掛けるように、炭のような唐揚げ、ベシャベシャの餃子という店もない事はないな。

まあ、そういう店にはよほどの事がない限りは二度と行かんけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 04, 2016

東京ダービーは持田蓮、現役最後の試合? by ジャイキリ

ホンジュラス戦って、明らかに出来過ぎだよね。

不自然過ぎて、もう何だか・・・。

でも、こう考えると、すべては納得出来ないか。

「燃え尽きる前の炎は激しく燃え上がる」
「遂に足首が爆発、持田蓮終了」

代表の中盤って、飽和状態で今から誰か外すのも無理があるしね。

それならば、持田を消す方がよほど自然だ。

まあ、達海猛の衝撃的な引退試合もあったから、あながちないこともないだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 01, 2016

優勝目前のレスター・シティーのミステル、クラウディオ・ラニエリといえば・・・

私もそれなりに昔からフットボールを見ているからね。

ラニエリといえば、フィオレンティーナやバレンシアのイメージが未だに強いのよ。

そう、フィオレンティーナといえば、かつて月刊少年マガジンで連載していたViva!Calcioですよ。

そして、フィオレンティーナがバティストゥータとルイ・コスタを擁した最盛期ですよ。

その中で日本人の椎名燿がスクデットを獲ってしまうんですよ。

で、そのリアルバージョンが今、目の前に起ころうとしている。

マンUとしては、伝統のオールドトラッフォードでの優勝は名門の名に掛けて何としても阻止しなければならない。

レスターはアウェーだけど、レスターはカウンターのチーム。

プレースタイルとしてはやりやすいはず。

4月の時点で首位をガッチリ守っている訳だから、今更プレッシャーはそうはないはず。

プレッシャーに負けていれば、今頃中位に順位を落としている。

今のマンUの監督は私の大嫌いなファン・ハール、そして、日本人としてもマンUから香川真司をゴミクズ同然に追い出したにっくきあんにゃろう。

この野郎に引導を渡す意味でも、マンUの歴史に一生消える事のない泥をブチまけて欲しい。

今日で決めたいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

CopyExtの作者さんが大変な事になっている

ソフトアンテナ経由で知ったけど、重いわ。

かける言葉がない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2016 | Main | June 2016 »