« January 2015 | Main | March 2015 »

February 24, 2015

KISSMINTが時折市場から姿を消すのはなぜ?

何年か前にも消えたけど、また消えているね。

特にリコールがあったわけでもないのに。

謎だ・・・。

ドぎついミントのガムは苦手なだけに、KISSMINTだけが頼りなだけに痛い。

Fitsはあくまでおやつガムだからねえ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 16, 2015

クソブリーダー

おるよな、クソブリーダーって。

少し前に見たのは、ネコが集団で集まっているところにわざわざ突っかけて行くのよ。

普通に考えたら、どうなるか分かるよね?

何故そこまで底意地が悪い事をするのか全く理解出来ない。

まあ、一言で切り捨てるのであれば、

「基地外」

なのか。

それなら、納得だ。

ただ、野放しにしておく訳にはいかんな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 15, 2015

AB型のヤローって、ロクなのがおらんわ

あくまで私の周りの話なので、品行方正なAB型の方は読み飛ばしてもらってもいい。

タイプ的には2つに別れるかな。

  1. 異性の前で極端に態度が豹変する
  2. 瞬間湯沸かし器

1は同性の前では態度がデカいかムッツリしているくせに、異性の前になると滑舌になる。

これだけならいいんだけど、酷いのになると、人に悪口を吹き込むからタチが悪い。

過去にこの手のバカヤローに何度か人間関係を壊された事があり、本当にウンザリ。

一言で切り捨てると、女々しいのだ。

2はよくAB型は冷静沈着という印象があるけど、あれはウソだな。

結構、激昂タイプがいてタチが悪い。

何て言うんだろ、話すときにほぼ100%自分のフォーマットじゃないと、すぐに怒り出し、めんどくさい。

普通の人だったら、意味が分からないとか、聞きたいのはxxということでよろしいでしょうかとか聞き返して来るものだけど。

要するに「聞く能力が低い」のだ。

その一方で、本当は話が伝わっているくせに、怒る事でええかっこしいな事をしている説も根強い。

どちらにせよ、女々しいという事か。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 08, 2015

週刊モーニング リヴィングストン 終了

何かどうにも煮え切れないラストだったね。

ラストがああなら、あそこまで引っ張る必要があったかなと思うし、設定自体がいらなかったかと。

ああいう展開にせず、最後まで1話完結の形でよかったと思う。

その方が読みやすかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 04, 2015

また、何かおかしな事になっているなあ

「出し惜しみ」

何ですかね。

これは。

成果物なんて、

「あくまで自分が好きで作って、その延長として公開されるものなのだが」

スクリーンショットに映っている物すべてがリリースされなきゃいけないというバカげた考えを持っているのなら、目障りだし問題を起こし兼ねないから、正直消えて欲しいな。

これに対して某所では、自分のためではなく、みんなのためにとか、いの1番で抜かしたくせに、当の御当人が限定公開をしている始末。

何ですかね、この支離滅裂っぷりは。

こういう人がいるからダメなんだよなあ。

あと、こういうのもあったな。

某Wikiが整備されていない。新作なんていいから、整備して、誰でも製作が出来る環境を整えろ」

いや、Wikiってユーザ参加型なんだから、

「アンタがやれば」

という感じなんだが。

新作なんていいなんて正気なのか?

ていうか、本当に作者のみなさん総出で製作講座の準備をして新作がリリースされなくなったら、みんな発狂するぞ。

所詮は丸投げの自己チュー考えだな。

アホらしい。

そもそも、今は多くの先生がtwitterアカウントを持っているから、

「分からなければ、聞けばいいんじゃね?」

それやっている人って何人いる?

実質ゼロでしょ。

どの界隈でも、人任せの丸投げでは誰も動きませんよと。

まずは自分が行動しなければ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 03, 2015

出来る限りの事はバッチでやらなければ

なまじWSHを知っているだけに、バッチ処理はWSHに甘えがちだが、改めて勉強してみると、WSHに頼らずとも出来る事っていろいろあるんだよなあ。

FOR文とか引数展開などは本を見ながらになるが、もう少し本を頼らずにスラスラバッチファイルを書けるようになりたいものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2015 | Main | March 2015 »