« 2014 J-LEAGUE総括 名古屋グランパス編 | Main | グラ、まさかのノバコビッチ獲得 »

January 12, 2015

2014 J-LEAGUE総括 その3

甲府 負けない

ここ2シーズン、限られたメンバーで負けにくいチームを作り上げたのは見事。

盛田の1トップも最初は愚行と思うも、結果的にはクリスティアーノの大誤算だったため、助けられる事に。

守備が頑張った分、攻撃には不満が残る。

盛田は年齢的に多くは求める事はないにしても、クリスティアーノ,ジウシーニョの不甲斐なさは無視できない。

彼らがもっと頑張れば、更なる高みを目指せるだろう。

だが、2年連続残留に導いた城福監督が今季限りで退任し、来期からはマリノスの樋口監督が指揮を執る事となるが、うーん、意外に監督が1番のウイークポイントになるかも。


ベガルタ 一度狂った歯車を修正出来ず

まずはアーノルド監督の誤算か。

ポゼッションサッカーを押し付け、マグリンチィという訳の分からない奴をやたら優遇した挙句に1勝も出来ずに解任。

フロントはよく決断したと思う。

この判断を誤っていれば降格していたかも知れない。

アーノルド監督解任を受けて、渡辺監督が就任し、従来の堅守速攻に戻すが、これも最初だけで安定感に欠けた。

昨シーズンは赤嶺がブレーキだったが、今シーズンはウィルソンが大ブレーキだったのは誤算。

守備重視という割には、角田を外し、梁を1列下げてまで野沢を起用したのには首を傾げる。

そこまで野沢が圧倒的な活躍をしていたとは思わないが。

結局それが角田の川崎移籍に繋がった感じか。

今季は辛くも残留したが、FWがウィルソン以外は退団し、ここ数年仙台を支えた角田も移籍し、主力メンバーの高齢化も問題だ。

来期は相当補強しないと、J2降格は免れないだろう。


清水 エースの不振と守備の要の不在

あんな荒っぽくて今1つ信頼に欠けるヨン・アピンが不在なだけで、不安だった守備が更に崩壊したのは痛かった。

むしろヤコビッチが思ったより使えなかったのが誤算か。

前線のエースの大前も大誤算だった。

あそこまでブレーキだと痛い。

ノバコビッチがいなかったらと思うとゾッとする。

来期は年間ヨン・アピンが稼働し、終盤に大怪我から復帰し可能性を示した長澤が活躍すれば、今季のような事にはならないだろう。


大宮 昨シーズンの初敗北以来の不振から抜け出せず

メンバーだけ見れば降格するような組み合わせではないのだが、慢性的な得点力不足に加え、自慢の堅守が崩壊するようでは痛い。

やはり、河本,青木の退団が考えているように効いたか。

外国人も2シーズン同じパターンは頂けない。

最初は得点を重ね、早々に研究されて使い物にならないのは頂けない。

ズラタンを除く主力は軒並み残留するが、J2で圧倒的な成績を残せるかと言われれば疑問符が付く。

磐田,千葉,セレッソとJ1クラスのライバルがひしめく中、1シーズンでJ1復帰が叶わないようだと、意外とJ2で燻る可能性も否定出来ない。


C大阪 Jリーグの歴史に残る屈辱

比較的ベースが整った状態でフォルラン,カカウを擁してまで降格というのは、フロント,現場共に何をやっていたんだと言い訳が出来ない上、Jリーグの歴史に残る屈辱だ。

思えば、ランコが曜一朗ではなく、フォルラン中心のチームを作り上げたのが間違いの始まりか。

2トップやフォルランを下がり目にするという選択肢があったにも関わらず、4-5-1に固執し、曜一朗のコンディションをメチャクチャにした功罪は大きい。

あと、東京時代同様、無理無理アーリアをスタメンにねじ込む姿勢も頂けなかった。

ランコが解任され、ペッツァイオリ監督が就任するわけだが、私的には確かに3勝はしたが、大熊監督の采配を問題視している。

只でさえ苦しいのに、どういう意図があってフォルランを外し、永井や健勇で戦った?

何か変に余裕を見せてかっこつけているような采配は頂けなかった。

カカウのコンディションも実際どうだったのか?

途中出場が多かったし。

本当に90分動けないのであったのであれば、フロントの失態だし、日本人優先であれば既出の大熊監督の緩慢采配だ。

まあ、監督,フロントも酷いけど、個で見ても蛍とカカウ以外は論外という感じか。

山下もカチャルがいなければ、あんなものか。

来期は健勇以外は軒並残留するが、只でさえ高齢化が目立つFW陣に玉ちゃん加入で、まだまだフロントは迷走中だ。

フロントがこのような惨状なので、もしかすると1年でのJ1復帰は厳しそう。


徳島 すべてにおいて未熟

昨シーズンの大分よりはJ1経験者が揃っていただけに、ここまでの惨状となるのは想定外だった。

アドリアーノもあそこまでダメとは思わなかった。

厳しい目で見ると、エステバン以外はJ1の水準には達していないかと。

それでも、私的には小林監督かな。

我慢出来ず、猫の目のように変わる攻撃陣では状況が上向くわけがない。

山形でやりくり上手だったのが、まるで別人のようだった。

そんな小林監督だが、なぜか育成が評価されて続投との事。

え?

プレーオフでJ1経験勢が大コケしない限り、J1復帰は厳しいか。

来期はライバルが強力過ぎる。

|

« 2014 J-LEAGUE総括 名古屋グランパス編 | Main | グラ、まさかのノバコビッチ獲得 »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2014 J-LEAGUE総括 その3:

« 2014 J-LEAGUE総括 名古屋グランパス編 | Main | グラ、まさかのノバコビッチ獲得 »