« 2014 J LEAGUE 展望(その1) | Main | 2014 J LEAGUE 展望 名古屋グランパス編 »

April 15, 2014

2014 J LEAGUE 展望(その2)


新潟 川又次第

堅守とエースの決定力次第というのはもはや新潟スタイル。

川又が研究され、極度の不振に陥らない限りは昨シーズンの順位の維持は出来そう。


FC東京 イタリア人がチームをいじり過ぎじゃないか?

今季の補強の目玉だったエドゥーとサイドでのプレーを受け入れたカズマ、そして東、高橋までもベンチに置くという采配には閉口。

何かこの監督分かってねえなと。

元気なのは、ようやく芽が出つつある河野だけでは・・・。

この状態が続くようであれば、降格争いに巻き込まれる可能性もあるか。


清水 守備の安定とノバコビッチ次第

近年の課題である守備のテコ入れにヤコビッチを補強したが、あまり効果はなく。

前線は私的には年齢的に×だったノバコビッチが今のところ衰えを見せず、健在なのは好材料。

マリノスへ去った伊藤とはタイプが違うが、長澤という面白い素材が台頭しつつある。

中盤より前に若い逸材が揃うだけに本当に守備だけなんだけどなあ・・・。

それでもノバコビッチと長澤に期待し、5~6位くらいにまで食い込めば上出来か。


柏 前線のトライアングル次第

ドミンゲス加入以降は彼の調子が順位を左右しているような・・・。

実際、前線のトライアングルそのものが低調なのが気がかりだ。

工藤は昨シーズンは出来過ぎだった感はあるが、レアンドロの沈黙は意外だ。

ジョルジ・ワグネルが去った今となっては、ドミンゲス以外に攻撃の起点はない。

この低調が続くようであれば、まさかの降格争いもあるか。

|

« 2014 J LEAGUE 展望(その1) | Main | 2014 J LEAGUE 展望 名古屋グランパス編 »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2014 J LEAGUE 展望(その2):

« 2014 J LEAGUE 展望(その1) | Main | 2014 J LEAGUE 展望 名古屋グランパス編 »