« May 2012 | Main | July 2012 »

June 28, 2012

X-GIMPは上書きアップデートは避けた方が無難?


GIMP Portableでは問題ないのだが、X-GIMP2.6系統の後半くらいから、上書きアップデートすると、起動中にエラーが出るような・・・。

X-GIMP2.8の動作がうまくいかないのもそれが原因かも。

これは時間があるときにきちんと検証してみよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 27, 2012

未だに酒の場で酒を飲まないと心を開いていないとほざく輩っているんですね


酒の場における目的に酒を飲みに来るというのがあるのは当たり前だ。

しかし、今の時代だと、それ以上に、

「コミュニケーションの場」

という目的の方が適切ではないだろうか。

だから、私は酒はほとんど飲まないけど、酒の場には顔を出させてもらっているよ。

酒の場で酒を飲まないのは心を開いていないだぁ?

そんな化石的なメンタリティの持ち主は放っておけ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 26, 2012

EURO2012 ベスト4が出揃う


うーん、波乱がないね。

ドイツはベスト8で2列目をほぼ一新するというバクチ?に出たが、これが見事に的中。

というより、ラッキーで勝ち上がったギリシャでは歯が立たないだろうし、何よりベスト8に勝ちあがった国の中では相性が悪かった。

チェコもなあ・・・。

ギリシャ程ではないけど、ポルトガルとの実力差は明白だった。

フランスはスウェーデン戦の敗戦が思ったより尾を引いた挙句に内紛→スペイン戦の消極的な作戦が滑って敗戦と踏んだり蹴ったりだ。

リベリーだけで勝ち上がれる程、EUROは甘くない。

そして、0-0でPKまでもつれた好カードだったイタリアVSスペイン。

厳しい事を言うと、イタリアの決定力不足だったかな。

疲労が取れないままドイツ戦に望むのなら、勝ち目は薄いだろう。

ここまで来たら、10W杯の準決勝の再戦、すなわちスペインVSドイツのカードを見たいかな。

私的には今度はドイツが勝つと見ているが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 25, 2012

なぜかココログ管理画面の記事一覧が開かない


あらかじめ書いておいた記事があったので、今日はそれを公開しようと思っていたのだが、それは無理そうだ。

この間、小さくないサーバ障害があったばかりなので、不安だな・・・。

しかし、記事一覧は開かなくて、単発の記事作成は開くって、どういう仕様なのよ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 24, 2012

X-GIMP2.8はrev.3になっても、Windows XP SP3では正常に動作せず


うーん、少なくともX-GIMPはWindows XP SP3では正常に動作しないね。

初期リリースに存在したエラーダイアログは表示されなくなったのだが、相変わらず、パレットのRGB/HSV選択画面においては、色要素の値が表示されない問題は解決されていない。

そもそも、GIMPはWindows Vista以降が動作条件というのはありえないよね。

現にGIMP Portableは正常に動作している訳で。

仕方がないので、X-GIMPだけは2.7系統にデグレするかな。

完全にGIMP2.8を気にいっているわけではないし、動かない物を置いていても仕方がないし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 22, 2012

高級レストランのウェイター


まあ、難しい仕事だね。

普通の飲食店とは異なり、xxはxxですみたいな、メニューに対して、少々長めの説明をしなければいけないわけだ。

しかし、そのせっかく覚えた説明もせっかちな客に対しては無と化する。

「テメーのウンチクはいいんだよ。コッチは腹減ってイライラしているんだよ。ツベコベ言わずに早くオーダーを手配しやがれ!」
「コッチは食事をしに来ているのであり、君のウンチクを聞きに来ている訳ではない」

まあ、こう思うお客さんもいる訳だ。

私もどちらかというと、そういうタイプなのだが。

ここでうまく説明を切り上げてオーダーを手配するか、そうではなく、強引に説明を続けるかで、この店の印象も変わって来る。

これもコミュニケーションスキルだな。

レストランの目的はまず食事を摂る事だ。

そこら辺の空気が読めないウェイターは、たちまち店の評判を落としてしまう事だろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 21, 2012

コンビニやスーパーの単発の割り箸の数が示すもの


普通に、

「割り箸の数が多いほど、食生活の不健全さを示すバロメータ」

なのかなと。

一時期は自宅の割り箸がポンポン貯まるような状態だったのだが、それがどうだ、外食やコンビニやスーパーの弁当を控え、自炊中心の生活に戻したら、割り箸が増える事もなくなった。

逆に割り箸が蓄積されるようだと、また、食生活を見直さなければいけないのかなと。

しばらく、それはなさそうだけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 20, 2012

EURO2012 ベスト8が出揃う


  • チェコ - ポルトガル
  • ドイツ - ギリシャ
  • スペイン - フランス
  • イングランド - イタリア

私的にはスペインVSフランスが注目かな。

ベスト8に進出した国でスペインを倒す国があるとすれば、それはドイツではなくフランスなのかなと。

ああ、なんかWC2006の時にも同じような事を言っていたような・・・。

フランスは攻撃的なスタイルを持つ国に対してはめっぽう強い。

スペイン以外だとブラジルね。

実際、スペインはここ10年くらいだと、EURO2000,WC2006とビックマッチで対戦した際にはいずれもフランスに敗北している。

守備的といえばまずイタリアなんだけど、フランスはイタリアとはまた異なったいやらしさを持っている。

とは言うものの、メクセス&ラミはテュラムやデサイーといった先人と比べると、やはり守備力のランクは1ランクばかり落ちる。

最もビルドアップは今の選手の方が全然上なのだが・・・。

そのメクセスもスペイン戦はサスペンションで不在なので、代役はガナーズのコシエルニーとなり、更にレベルが落ちる。

これはスペインの方に風が吹いているか・・・。

相性からすると、最悪な相手とマッチアップする事になったスペインだが、この相性の悪さを覆す事が出来るのか注目したい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 19, 2012

INASOFT発、夏場のデフラグにご用心なんだと


ソースはコチラ

うーん、確かに自分のソフトが悪者にされてはたまらんからね。

そういう記述が必要といえば必要だけど、なんか違うような・・・。

ちなみにすっきり!!デフラグはデフラグ環境を整えるソフトであり、デフラグ自体をするものではない。

その辺を勘違いされてもらうと困るのだが・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 18, 2012

EURO2012 ロシアに慢心があったとするのなら・・・


ロシアに慢心があったとするのなら、これかな。

「不調のケルジャコフに拘り過ぎ」

明らかにケルジャコフよりも状態のいいパブリュチェンコをベンチに置き続けたのは失策以外の何物でもないだろう。

ここ1番で点が取れず、敗退に繋がったアドフォカート監督の失策は無視出来ない。

まあ、元来、アドフォカートがあのミケルスの片腕だったとは思えないほど、時に極度の保守的な采配を執る事は気にはなっていたのだが。

それが、EURO2004でのロッベンを下げて守備固めをしチェコに敗戦したり、当時のホープだったスナイデルとファン・デル・ファールトよりも、経験重視というかノーリスクでセードルフとダービッツを重用したりという采配などだ。

そして、今回のケルジャコフへの固執だ。

私的にはもうアドフォカートを微塵も信用する事はないだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 17, 2012

EURO2012 グループA決着


グループA:
チェコ,ギリシャ,ロシア,ポーランド

うーん、ロシアの敗退はどうにも納得いかないような・・・。

グループ内のクオリティは間違いなく決勝トーナメントに行くに相応しいものだと思っていたのだが・・・。

最終節に勝つだけでよかったのに、それができなかった。

結局はロシアがちょっと慢心していたのかなと思った。

ポーランドはドルトムントトリオに期待していたのだが、いかんせん、レバンドフスキがブレーキだと厳しい。

ホスト国というアドバンテージではなく、プレッシャーもあったのかな。

今回、ポーランドは敗退してしまったので、次はワールドカップの予選通過に期待しますか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 16, 2012

知人の離婚


うちの知り合い♀が嫁ぎ先でのゴタゴタが原因で離婚したんだと。

うーん、どこかで聞いた事のある話だな。

でも、こればかりは家に入ってみないと分からないからなあ。

入社してみたらクソだった会社と同じようなもので。

最初の顔合わせでいくらいい人ヅラしていても、嫁いだ3日後には馬車馬のような扱いというのはないこともないし。

とりあえず言えるのは、

「嫁いで来た嫁を義理の娘として受け入れてやれない家にいる必要はない」

話を聞く限りは、今回の離婚に関しては「賛成」だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 15, 2012

フェルナンド・トーレスを「復調した」と評するのはまだ時期尚早だ


未明のアイルランド戦で2ゴールを挙げたトーレスだが、まだ時期尚早だ。

「本来のトーレスのレベルであれば、あれぐらいはやってもらわないと困る」

次節のクロアチア戦も攻撃はともかく、守備はお世辞にも堅いとは言い難い。

よって、トーレスの真価が問われるのは、決勝トーナメントに入ってからだろう。

最も対戦相手のレベルは置いておいて、「得点」という結果を残し、気をよくして、高いモチベーションで決勝トーナメントに望んでもらうに越した事はないだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 14, 2012

EURO2012における各国システム


某誌で読んだのだが、ああ、確かにスペイン代表はバルセロナ、イタリア代表はユベントス、ロシア代表はゼニト・サンクトペテルブルクのシステムをベースにしているわ。

なるほど、なるほど。

言われてみれば、1990年代中盤以降は自国のクラブチームのシステムを露骨に反映した国はあまりなかったな。

しかし、それもUEFAの政策で自国選手の起用を義務付ける事で、そういった風潮も戻ってくるのだろうか。

あと、ドイツ代表もどちらかといえば、バイエルンやドルトムントだろうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 13, 2012

GIMP2.8のBMP出力仕様って、何か変わった?


某ソフトウェアから出力したBMP画像をレタッチして出力するという作業を今までずっとGIMPで行ってきたのだが、GIMP2.8でBMP形式でエクスポートすると、幾つかのビューワやシェルソフトでサムネイルが表示されない事が多々ある。

これはもうBMPの出力仕様が変わったとしか言いようがない。

ただ、BMPファイルも細かい形式がいろいろあるんだよね。

互換性を重視するとかしないとか。

GIMPも元来はWindows専用アプリケーションではないから、それを全部サポートしろというのは酷な話か。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 12, 2012

EURO2012 スペインVSイタリア


スペイン 1-1 イタリア

ビッグチャンスはイタリアの方があったような気がしたが、そこをバロテッリが1つでも決め切れていればイタリアが勝利していただろう。


イタリアはデ・ロッシがDFで先発するという噂は聞いていたが、まさか3バックの中央とは・・・。

そして、相性の悪い1(3)トップトップ相手に機能していたと思う。

ピルロからのスルーパスで抜け出して、確実にフィニッシュしたディ・ナターレは見事。

ただ、その後がよろしくなかった。

従来通り、あそこからはカテナチオでもよかったのでは?

5分経たないうちに失点するのはイタリアらしくなかった。


スペインだが、こちらもセスクを3トップのセンターに置く、バルサ式3トップの採用の噂は聞いてきたが、予想通りの布陣を取ってきた。

ていうか、トーレスはよほど信用されていないのね。

実際、セスクと交代で出てきて、2回ほどチャンスはあったが、ショボいシュートにガッカリさせられた。

あれじゃあ、先発では使えんわな。

そして、ディフェンスは見ている限り、ラモスとアルベロアが劣勢だった場面が多かったような・・・。

前者は変な位置でインターセプトされたり、後者もずいぶんカッサーノに突破され・・・。

フィニッシュが雑で本当に助かった。


初戦からビッグカードだったが、慣らし運転という意味では、お互い勝ち点ゼロを避けられたという結果は悪くない。

次節以降は本領発揮と行きたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 11, 2012

ん?気を遣われている?


ある程度、年を取ったせいなのかな。

人に気を遣うのは相変わらず下手だが、人に気を遣ってもらっているというのは大分把握出来るようになって来た。

最もそういうのは口に出すと思いが台無しになるので、あえて言わないけどね。

そうやって、人の思いに気づくようになったら、ああ、何て私は今までニブい子だったんだろうと、ちょっと自己嫌悪に陥るというか、恥ずかしくなる事がある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 10, 2012

EURO2012 ロシアVSチェコ


ロシア4-1チェコ

アルシャービンの王様っぷりが際立ったゲームだった。

彼って、あそこまで人を使うタイプではなかったよね。

どちらかというと自分で突っかけて行くタイプで・・・。

不甲斐ないケルジャコフを尻目に途中交代で出てきた、これまた前大会で活躍したパブリュチェンコがファインゴール。

彼も前方に電柱の如しつっ立っているイメージがあり、あんなDFをいなしてゴールするのは初めてみた。

次節のCFの先発は彼かな。

ジャゴエフはこの日のように、アルシャービンがお膳立てして上げれば、今大会のニューヒーローの可能性も・・・。


チェコはなあ・・・。

ピラジが可能性を見せてくれたけど、アルシャービンの凄さを差し引いても、ちとディフェンスは不甲斐ないんじゃないのかい?

そんな感じで今後の明暗がハッキリ分かれたゲームだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 09, 2012

日本VSヨルダン


日本 6-0 ヨルダン

うーん、退場者が出たとはいえ、最終予選らしからぬ実力差だったような・・・。

あの内容じゃ、当たり前の事しか書けないです。

本田ハットトリックとか。

さて、次節のオーストラリアだが、2006年を境に実力は下降して行っている。

オーストラリアすらもコテンパンにやっつけるようであれば、最終予選はだいぶ楽になるし、今の日本の真の立ち位置が見えてくるはず。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 08, 2012

マンチェスター・ユナイテッド背番号7継承問題


巷ではシンジ君が今オフ、ユナイテッドを退団するマイケル・オーウェンの後を継いで、ユナイテッドのエース番号7を着用するという噂が絶えないが、いかんせんプレッシャーが大き過ぎる。

そんな感じで私の解決案としてはこうだ。

「ウェイン・ルーニーが背番号10から7へ鞍換えし、空いた背番号10を香川真司が継承する」

そうなると、ルーニーは3度目の番号変更となるが、彼なら背番号7の重圧にも耐えられるであろうし、自他共に認めるユナイテッドのエースで、現状で背番号7に1番相応しい男だ。

背番号7はともかく、背番号10であれば、シンジ君も比較的スンナリ着用出来るのではないだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 07, 2012

開幕前EURO2012展望


    今回はCLの傾向から見て、守備のチームが勝ち上がって来るかな。

    そんな感じで以下予想。

    Group A

                                                                                                                                                                                                         

         
評価
         
ポーランド
         

         
ギリシャ
         

         
ロシア
         

         
チェコ
         
×
         
   

    ポーランドはレバンドフスキら、ドルトムントトリオが好調な事とホームアドパンテージから、本命に推したい。
    次点は守備の堅いギリシャか。

    西欧では実績のないケルジャコフがエースを張るロシアは威力半減、せめてポクレブニャクがエースを張り、その脇をアルシャービンやジャコエフが固     めるのであれば、また話は別だが。
    ピークを過ぎたバロシュが未だにエースを張っているチェコはかなり厳しいか。

   

    Group B

                                                                                                                                                                                                         

         
評価
         
オランダ
         

         
デンマーク
         

         
ドイツ
         

         
ポルトガル
         

         
   

    オランダとドイツが本命なのは、ほぼ間違いないだろう。
    ポルトガルはロナウドの出来次第だが、代表では活躍出来ない過去の実績を引っ張り出すと、オランダ,ドイツには及ばずか。
    デンマークは守備はしっかりしているが、ベントナーとエリクセンの2人だけで列強の守備をこじ開けるのは厳しそう。
    デンマーク戦を落とす国が脱落するだろう。

    Group C

                                                                                                                                                                                                         

         
評価
         
スペイン
         

         
イタリア
         

         
アイルランド
         
×
         
クロアチア
         

         
   

    W杯王者のスペインが本命となるが、攻撃ではビジャ,守備ではプジョールを欠き、万全とは言えない。
    特に攻撃はトーレスがブレーキになるようだと、決勝トーナメントの勝ち上がりは厳しそう。
    イタリアは中盤以下は計算出来るが、FWのバロテッリ,カッサーノは未知数。
    彼らが波に乗るようであれば、優勝の目もありそう。
    アイルランドは守備は固いが、いかんせん攻撃のタレントが小粒過ぎる。
    クロアチアは攻守が噛み合えば台風の目になりそうだが・・・。

Group D


評価
ウクライナ
×
スウェーデン

フランス

イングランド

ホスト国ウクライナはホームアドバンテージを差し引いてもノーチャンスだろう。
実力が違い過ぎる。
目玉はシェフチェンコ引退の花道ぐらいか。
スウェーデンは守備は堅いが、代表ではイマイチなイブラヒモビッチの出来がカギか。
タレントだけで言えば、間違いなくフランスが本命だが、EURO2008やW杯の過去があるので計算しにくい。
イングランドは2節までのルーニー欠場と故障者の続出が痛い。
計算しにくいグループだが、フランス,イングランドが勝ち上がるのではないだろうか。

  さて、優勝だが、本命はドイツ、タレントはホームアドバンテージ,守備の堅実さ,ドルトムント組の好調さを考慮してポーランドか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 06, 2012

Thunderbird 13


アップグレードをすると、フィードのインデックスが死んでいたり、カラムソートの記憶がグチャグチャだったりと気になる点がいくつかあった。

何これ?

大丈夫?

明日には13.0.1がリリースされていたりして。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 05, 2012

またまた風邪に倒れる


面談後の燃え尽き症候群?

それはないわ。

昨日から調子が悪かったし。

そんな感じで頭がボーッとしていたから、社内メールに件名を付け忘れるという失態を犯す・・・。

あえて言うならば、昨日の高速エレベータかな。

あれに乗ってから、すごく気分が悪かったし。

仕方がないので、また地道に治療していきますか・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 04, 2012

高層ビルのエレベータに屈する


元々、高層ビル特有の高速に移動するエレベータは苦手で、内臓が上がるアノ感覚が嫌だ。

本日、久し振りにそのようなエレベータに出くわしたのだが、今回は耳にツーンと来て、客先との商談前というのに、もうヘロヘロ・・・。

ある意味、高層ビルに作業場を構えている現場にはあまり行きたくないな・・・。

毎日、あんなエレベータに乗らなければいけないのかと思うと憂鬱になる・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 03, 2012

日本VSオマーン


日本3-0オマーン

1点目は長友→本田で決めたのはよかったけど、その後はよろしくなかったね。

ヤットが2本くらいチョンボをして。

個人的にはウッチーが走っているのに、パスが出て来ない場面が何度かあってイラっとした。

後半はシンジ君が基点となって、2点取る事が出来て、試合はほぼ決まり。

ウッチーに代わって入った酒井君も見せ場は作ったね。


オマーンはやりたい事が今1つ見えなかった。

考えていた以上のベタ引きではなかったけど、プレスは緩い,攻守の切り替えが遅いではゴールを奪えるはずもなく、結局はシュートゼロという屈辱を味わう事に。

ウィガン野郎の見せ場は最後だけだったね。

プレミアリーグと言っても、所詮は守備がザルで毎シーズン降格争いをしているウィガンの正GKですから・・・。


思った以上の楽勝だったが、長い最終予選に弾みを付けるいい勝利だったと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 02, 2012

誰だ?数日前にsourceforgeをかき回していた奴は?


3日前くらい前だったかな。

結構な数のsourceforgeプロジェクトが空更新のような状態になっていて、バージョンと日付で最新版をチェックしているこちらとしてはいい迷惑だった。

KomporZerとか、明らかに開発が終了しているプロジェクトにまで手が行っているのは閉口だった。

ああいうのはやめてもらいたいものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 01, 2012

主婦同士の痴話ゲンカに旦那が露骨に介入するのはどうなのかねえ・・・


最近、うちの周りでたまに聞くのだが、主婦同士の痴話ゲンカに旦那が露骨に介入するのはどうなのかねえ・・・。

極端に金銭や暴力が絡むわけでないのなら、当人同士に任せるべきかと。

そんな、ケンカの現場に旦那を連れてこられてもねえ・・・。

ガキのケンカにお兄ちゃんを連れて来て、ドヤ顔をしているようなもんだよ。

みっともない・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2012 | Main | July 2012 »