« April 2012 | Main | June 2012 »

May 31, 2012

FFMPEGによるエンコードをするときの注意


FFMPEG、またはその亜種やラッパーソフトを使用してマルチメディアファイルのエンコードを行うときはエクスプローラ、もしくはその互換ソフトは終了させておいた方がよい。

なぜなら、FFMPEGが数秒毎に1ステップの出力を行うとき、エクスプローラは画面をリフレッシュしにいくので、システムにかなり負荷が掛かるからである。

これが数十秒毎のリフレッシュであればいいのだが、どうもそうはいかないようだ。

先日紹介したようにX-Finderもエクスプローラと同様の画面リフレッシュを行うので、こちらも終了させておいた方がいいだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 30, 2012

エクスプローラ互換の画面リフレッシュをするシェルプログラムは何があるか?


ウチだと、エクスプローラ以外のシェルプログラムはX-FinderとCubic Explorerを使用しているが、前者はファイル更新系のイベントが走ると、エクスプローラと同様のリフレッシュ処理を行う事を確認している。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 29, 2012

X-Finderでサムネイル画像が表示されなくなる


備忘録:

X-Finderの縮小版表示でサムネイル画像が表示されなくなる事があるが、これはX-Finderを再起動する事で解決出来る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 28, 2012

よく、カロリーカットするために麺類のお汁は飲まない方がいいと言うが・・・


よく、カロリーカットするために麺類のお汁は飲まない方がいいと言うが、それって、カップラーメンの場合はあまり意味がない気が・・・。

外で食べるラーメンだと、麺に対する汁の量がハンパなく多いが、カップラーメンは結構、麺が汁を吸収しているし、その結果、言う程、汁の量は多くない。

よって、カップラーメンの汁を残すのは、気休め程度のカロリーカットにしかならないかと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 27, 2012

掃除日和


今日は昼からフライパンの掃除,扇風機の掃除,洗濯と大忙しだった。

休みになると、いつもゴロゴロしている誰かさんとは別人だった。

というより、凡人でも、毎週これくらいやるのが普通なんだろうな・・・。

部屋散らかし過ぎだし・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 26, 2012

知り合いの舞台発表会へ行く


以前から何度も念を押されていたし、かつ、どうせ家にいてもゴロゴロ寝ているだけなので、思い切って行ってきたのだが、今までの私の視野にはなかったものだったので、なかなか楽しめた。

今回は他の知り合いが忙しくて、見学者は私1人だったので、できれば今度はもう少し大人数で見たいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 25, 2012

柏の北嶋、熊本へリース


うーん、どうにも解せないな。

柏の象徴ともいえる選手を今のタイミングで出すかあ?

序列的にはロボを出す方が先決だと思うのだが・・・。

これでポストプレーヤーが林だけになるが、イマイチ頼りないなあ・・・。

私的にはどうにも懲罰的な移籍にしか思えないし、デメリットの方が高い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 24, 2012

JSP勉強中


MVCモデルとかは抑えているので、結構スラスラ本は読めてしまうね。

サーブレットの実装でweb.xmlを触るのは少しめんどく感じるけど。

あとは現場での実装方法だったり、どんなフレームワークを採用しているかか。

そこら辺からは場数を踏むしかないな・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 23, 2012

顧客のMicrosoft離れが進む


リーマンショックの影響なのだろうか、ここ2年くらい、顧客の開発言語のMicrosoft離れが顕著だ。

MicrosoftはExpress Editionをリリースしているとはいえ、結局開発で使用するのはProfessional相当だから、結局サポート料が掛かるんだよねえ・・・。

これはJavaをもっとスラスラ書けるようなコーディング力をつける必要が大ありだ。

今の流れだと、いつまでもJavaは本職ではないからとは言っていられない。

元々Web系が長いので、swingは避ける方向で、JSP主体であれば、うまく入れそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 22, 2012

システム屋特有の口調が気に触るらしい→分かる


ウチの知り合いがある施設の開放時間を担当の方に聞いたのだが、その質問に対して、抽象的でよく分からないという回答をしたため、気に触ったんだと。

ああ、双方の言い分が分かる・・・。

おそらく、その担当者は施設構内の開放時間なのか、講習部屋の開放時間どちらという事まで把握したかったんだと思う。

まあ、確かにそれが情報不足である事は分かるんだけど、抽象的でよく分からないと返すのではなく、それは施設構内の開放時間なんですか、それとも講習部屋の開放時間なんですかとか、質問のニュアンスに対する可能性を示してあげるくらいの度量を示して欲しいものだ。

ウチの業界はスキルが優れているんだけど、既出のような、人の話を聞くときの柔軟性に欠け、自分の間合いでしか話を聞けない人が多々見受けられる。

私もこのタイプの人と話すのは好きじゃない。

極端な話、3分で終わる話が30分まで膨れ上がったりする事も珍しくないし。

正直、疲れる・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 21, 2012

遠方からの顧客のおもてなし


遠方から来訪したお客さんが予定時刻よりも早く現地に到着したと連絡が入ったのだが、そのとき、どういう行動をするだろうか。

  1. お客さんを待たせてはいけないので、ごちらも手早に合流する。

  2. まだ約束の時間ではないので、予定時間に合わせて合流する。

常人であるならば、迷わず1を選択するのではないだろうか。

これをうちの人間が何を血迷ったか、2をやらかしてしまってね・・・。

さすがに血の気が引いたわ・・・。

うわ、お客さん、怒っていたらどうしよう・・・。

実際にお客さんと対話するのは私なんですけど、どうしてくれるの?

この空気と・・・。

意外とお客さんは怒っていなくて事無きを得たんだけど、これはやっちゃいけないミスだよねえ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 20, 2012

今日の夕食は天茶


珍しく客車なんてものをこさえてみる。

20120520

治具用のテクスチャをハメているから、色が変なのは当然。

ある程度、パーツは作り貯めしているので、窓をきちんと描けば、それなり動く日も近いか。

最大の敵はモチベーションか。

(熱しやすく、冷めやすい人)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 19, 2012

GIMP2.8


つい先日にYahoo!オークションやtwitterはコロコロとデザインやインターフェースを変えるなと批判したばかりだったのだが、このGIMPもなんかやっちゃているなあ・・・。

全部の機能を使ったわけではないので、すべてのレビューはできないが、気づいた点だけ挙げておく。

  1. アプリケーションの起動が遅くなった。
  2. フィルタメニューの順番と名称が変わった。
  3. ブラシのサイズを拡大、およびサイズを元に戻すときのインターフェースが変わった。
  4. パーセント選択のインターフェースが変わった。
  5. 選択領域の拡大・縮小時にグリッドが表示されるようになった。
  6. 文字描画のインターフェースが変わった。

1はイカンね。

2もイカンね。

幸い、機能を覚えていたので、探すのにそう苦労はしなかったが、いつものツールがいつもの位置にいつもの名称で存在しないのは頂けない。

3,4,6は使いやすいようで使いにくい。

総括すると、現状ではバージョン2.7以前の方が使いやすいかな。

私的には無理にバージョンアップする事はないかと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 18, 2012

精度が高い詳細設計書に囲まれて育つのもどうなのかね・・・


ふと、思ったのだが、精度が高い詳細設計書に囲まれて育つのもどうなのかね。

ビジネスロジックやSQLを自分で構築する力が付かないのかなと思ってしまう。

多少、設計書にアラがある方が自分で考える力は付くと思うのだが・・・。

その辺のギャップは難しいところだね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 17, 2012

ビジャレアルCF、2部降格


要員はいろいろだね。

  1. エースであるジュゼッペ・ロッシの長期離脱。
  2. エースであるジュゼッペ・ロッシの長期離脱にも関わらず、冬にFWの補強を怠った。
  3. サンティ・カソルラの放出による攻撃パターンの減少。
  4. 元来、攻撃的なチームにロティーナという守備重視の監督を招聘した。
  5. 元来、脆い守備。
  6. 珍しいスカウティングの不発。

中でも1~4の影響が大きいか。

リーグは違うが、昨シーズンのセリエAでもUCサンプドリアがほぼ2の要因でセリエBで降格したように、出来た穴を補強、いや、何としても1部に踏みとどまるという野心が欠落していたかのように見える。

4もなあ・・・。

ロティーナの招聘は、うわ、これは相当焦っているな・・・。

クラブのビジョンに全くあってないじゃん。

ヤバいんじゃないの?

それでも、ギリギリ1部に留まるかなと思っていたが、結果は知っての通りだ。

6もセリエAでは屈指の若手と評されたクリスティアン・サパタで外すのはらしくないと思った。

同じく、今期、サパタと同じウディネーゼよりFCバルセロナへ移籍して活躍したアレクシス・サンチェスとは対象的だ。

さて、来期のビジャレアルは2部で過ごすわけなのだが、元々、予算は少なく、主力のジュゼッペ・ロッシやボルハ・バレーロは予算の捻出のため、放出される事が濃厚だ。

元来、ビジャレアルはスカウティングに長けているとはいえ、主力を何人も放出し、実質チームを1から作り直すのはかなり辛いものがある。

スカウティングが昨年だけの失敗であれば、1年での1部復帰を果たせそうだが、この失敗が長引くようだと・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 16, 2012

電車の駅近くのイオン


意外とないねえ。

東海地区で電車の駅に近いイオンってのは。

私が知る限りは、JR南大高駅にほぼ隣接するイオンモール大高と、名城線ナゴヤドーム前矢田付近のイオンモール名古屋ドームくらいか。

千種も富田も弥富も近そうで遠いし。

太閤SC・・・、

あそこもいろいろ揃っちゃいるが、イオンのショッピングモールではなく、マックスバリュー止まりだな。

あそこはあそこで本屋もダイソーもあるので、暇つぶしにはもってこいだが・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 15, 2012

Facebookにおける友達申請拒否は難しい


うーん、Facebookの友達≠リア友だから、友達申請の拒否はなかなか難しい。

友達申請を承認する、しないでゴネるって、それもつまらない話でしょ。

とりあえず申請はして、フィードは非表示という感じでいいのではないだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2012

病院の診察で自分の番が来ないとキレる患者


先日、病院に行った時の話だ。

病院の診察室で待っていると、自分の診察の番が来ないとキレている客がいる。

隣に座っていたオバサンが見かねて、今日は何時に予約したんですかと問いただしたところ、

「11時」

という答えが返ってきた。

え?

まだ、9時半なんですけど・・・。

「自分の番が来なくて当たり前だっての!!」

あいにく、この病院は来院した順に診察するシステムではない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 13, 2012

風邪が治らん


風邪をこじらせて、そろそろ1週間になるが、なかなか治らんね。

一度よくなりかけたのだが、金曜日に病院へ行くときに風でいぶされたのが敗因っぽい。

昨夜も久々に咳で眠れなかったな・・・。

いくらなんでも、そろそろ治るだろという楽観視をしながらも、気長に治癒を待ちますか・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 11, 2012

親もある程度は子供のホビーを把握しておかないとねえ・・・


知り合いの女性から聞いたのだが、何やら娘さんが携帯ゲームの話題についていけずに少々困っているのだそうだ。

そこで私などの周りの人間に助けを求めてきたのだが、うーん、親としても、ある程度、そういう子供のホビーの状態を仕入れておかないとねえ・・・。

いくら勉強が出来ても、勉強一辺倒で遊びを知らず、周りとコミュニケーションを取れず、孤立してしまっても、かわいそうだからね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 10, 2012

子供は若いうちにつくっておけか・・・


以前、昔の同僚♀にこういう事を言われた覚えがある。

「子供は若いうちにつくっておけ」

それは先日の子守で身に沁みて分かったわ・・・。

ああいうのが毎週末、軽いのはほぼ毎日来ると。

確かに子育てというか、子供と遊ぶのは想像以上に体力を使うわ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2012

GK(ゴールキーパー)はド素人がやるポジションじゃない


素人サッカーは前のポジションから希望者というか、強権発動で埋まって行き、最終的には残りッカス的にGKが残り、イヤイヤ誰かがやるハメになるのだが、これはよろしくない。

掌の付け根でセービングするとか、基本的なセービング技術を教授してGKを付かせるのならいいけど、

「何もセービング技術を教授せずにGKやらせたら、高い確立で突き指するからね」

こういうところって、今も昔も学校の先生は生徒任せで全然介入しないからよくないなあ。

ケガ人を出したら、まず、自分が責任を負うというリスクを踏まえれば、もう少し考えるはずなのだが・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 08, 2012

バレンシアCF、エメリ監督は今期まで


理由は順位は好位置につけながらも、バルサとマドリーという2巨頭との差を縮められないからだという事らしいが、それはどうも理不尽だ。

「今のバルサとマドリーは衰退するのを待つしかない」

「バレンシアが弱いんじゃない、バルサとマドリーが強過ぎる」

実際、バレンシアはここ数年、ビジャ,シルバ,マタなど、リーグ屈指のタレントを失いながらも、必ずといっていいほど、毎年5位以内につけている。

これは現有戦力を考えると、特筆する事だと思うのだが・・・。

後任は2000年代前半まで、現役として活躍し、バレンシアのスタイルを熟知しているペジェグリーニだが、この人選はどう出るか。

少なくとも、クーマンのような能無しではないから、最低限の結果は残すものだとは思っているが、実際にはどう転ぶ事やら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 07, 2012

ユベントス、スクデット獲得


2006年のカルチョスキャンダルから、本当に長かった。

私的には1年でセリエAに復帰し、そこから3年もあれば、かつての力を取り戻すと思っていたが、そうは甘くはなかった。

ユーベ伝統の堅守が崩壊し、クラウディオ・ラニエリ,ザッケローニ,デル・ネーリといった、セリエAで実績のある監督がことごとく結果を出せなかったが、ユーベOBであるコンテがまさかの1年で歓喜の日を迎えた。

カルチョスキャンダル・・・。

確かにミランなど、他のクラブも処罰を受けたが、どうもユーベがほぼ罪を被る形になったのは何だかなあ・・・。

そして、セリエA昇格したときに簡単にデシャンを手放したのは失敗だったかと。

来期は久々にユーベがCLの舞台に帰ってくる。

そして、ここ数年は代表レベルでもCLレベルでも成績が思わしくないイタリアに希望の光を与えて欲しい。

イタリアの長い休暇はもう終わりにしなければ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 06, 2012

ほとんど何もイベントがないGWだった


今年のGWのイベントは子守ぐらいだったな。

他にもプライベートでお食事会があったのだが、子守疲れでとてもじゃないが動けなかった。

お金さえあれば、3年前のように神戸辺りに足を伸ばしたんだけどな。

まあ、そこは来年のお楽しみに取っておきますか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 04, 2012

子供のストレスを犠牲にしてまで、芝生の運動場って必要ですか?


これも子守の時に出た話なのだが、ウチの子が通う保育園の運動場に芝生を貼る事になりました。

でも、当然ながら、芝が根付くまでは半年掛かり、その間、園児は運動場で遊ぶ事は出来ません。

その結果、園児は遊び場を失い、ストレスが溜まっているんだと。


結果として見ると、芝生を貼る事自体は悪い事じゃない。

でも、その芝生の貼り付けの節目に当たった園児に我慢を強いるのは何が違うぞと。

それが大人だったら話は別だけどね。

テメエは我慢しろと。

まあ、難しい問題だ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 02, 2012

はて、地デジ化以降、自宅でのワンセグ受信が悪くなったような・・・


そうなのだ。

地デジ化以降、只でさえ、お古の鉄筋コンクリートの団地でワンセグの受信状況がよろしくなかったのに、それに輪を掛けて悪くなったような・・・。

夏のEUROの視聴に響くようなら、怒るぞ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 01, 2012

ママっ子って・・・


昨日の続き。

昨日は知り合いの知り合いの女性も同伴していて、そちらの子がチト大変だった。

ママが常に付いていないと泣き出すタイプだったのだ。

そんな子をトイレなどで席を外すときに預けられたから、さあ大変。

私か抱っこしていると2分も持たず、食堂のど真ん中で泣き出す泣き出す。

私が悪いのか・・・でも、何か違う・・・。

それでも大衆の目は私に注がれる。

ああ、何?

この陵辱感・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2012 | Main | June 2012 »