« バルサの弱点 | Main | 昨日の川崎のシステムは何なの? »

April 28, 2012

鹿島 VS G大阪


鹿島 5-0 G大阪

大迫の3ゴール目でほぼ決まりだったが、もっと得点が入ってもおかしくない試合だった。

鹿島はボールを奪ってからの速い速攻というスタイルがよく出ていたのに対し、ガンバはハーフウェイライン付近ではボールを回せるけど、バイタルエリアではからっきしダメ。

ガンバの交代のカードもなあ、いずれもダメダメだった。

特に倉田とパウリーニョは後半から入って元気なのに、劣勢の守備で奮闘してくれる訳でもなく、何のために入ったんだか・・・。

今野もなあ・・・確かに鹿島の選手のシュートが良かったのを差し引いても、1試合に何本もファインシュートを決められては仕方じゃなく、寄せが甘いからだという厳しい評価になるなあ・・・。

今日の試合で、鹿島はこれから巻き返してくるなという期待を持った反面、ガンバは強豪が相手だと脆さを露呈し、完全に立ち直るまでにはまだ時間が掛かるなという印象を持った。

|

« バルサの弱点 | Main | 昨日の川崎のシステムは何なの? »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 鹿島 VS G大阪:

« バルサの弱点 | Main | 昨日の川崎のシステムは何なの? »