« Firefoxにおける、ココログのアクセス解析画面のバグ? | Main | 本日発売のFRIDAYの地震関連の記事って・・・ »

April 05, 2012

2012 J LEAGUE 展望 その1


柏 外国人が万全ならば連覇も

ドミンゲス,ワグネルの両外国人が昨シーズン通りの活躍で、かつ堅守が保たれれば連覇も堅い。
ただ、今期はACLに参加するため、消耗は避けられないが、大崩れしなければ連覇、悪くてもACL圏には入りそう。
カギとなるのは、新加入の那須とロボか。


G大阪 今野とパウリーニョ次第

攻撃はイ・グノ、守備は山口,高木,下平を放出し、収支としてはマイナスだ。
特にディフェンスに故障者が出るようだと怖い。
寺田,倉田の復帰でMFの層は厚くなったが、前線はラフィーニャは万全として、パウリーニョが攻撃の組織の中で機能するかと言われれば、疑問符が付く。
パウリーニョがブレーキとなるようならば苦しく、トップ5落ちもあるか。


仙台 昨シーズンのクオリティを保つことが出来るならば、もしかすると・・・

ディフェンスはチョ・ビョングクを磐田へ放出したが、C大阪から加入の上本でほぼ埋まりそうだ。
ウィルソンも見ている限りはフィットしそうで、エース赤嶺の負担も減りそう。
ACLの負担もないので、上位陣が揃ってコケるような事があれば、もしかすると優勝という事も十分ありえるだろう。
唯一ケチが付くのならば、サッコーニはハズレっぽい。


横浜M いつまでもベテラン頼みでは・・・

前線にマルキーニョスが加入したが、アーリア,カズマの退団は痛い。
マルキも年齢的に過剰な期待は禁物だ。
昨シーズンのようにシュンスケが離脱した途端にコンディションが大きく崩れたり、前線がブレーキになるようだと厳しい。
今期は攻撃サッカーを掲げているようだが、マリノスの歴史で攻撃的に行ってうまくいった試しはあまりない。
戦術が裏目に出るようだと、順位を大きく下げる可能性は否定できない。


鹿島 守備は計算できるが、前線がブレーキになるようだと・・・

野澤,田代の放出はあまりにも痛い。
前者は実質の攻撃の中心人物、後者は出場機会に恵まれずもチーム得点王、この2人を残留させる事が出来なかったフロントの責任は重い。
システムは4-4-2と変わらないが、中盤がボックスからダイヤモンドに変わり、これに関して、ジョルジーニョ監督はパスが回りやすいからとコメントしているが、実際は野澤,ガブリエルという突破が出来る選手を欠くため、ダイヤモンドにせざるを得なかったと見るべきだろう。
何よりダイヤモンドだと、サイドバックはウイングの役割もしなければならないので、負担が大きい。
個人的にはアレックスを1列上げて、新井場を左サイドバック,西を右サイドバックの方がいいと思うのだが・・・。
田代の穴はジュニーニョが埋める事になりそうだが、ピークは過ぎ、コンディション維持もままならないので、過剰な期待は出来ない。
昨シーズン、期待を裏切った大迫と興梠が2桁得点出来ないようだと、相当苦しそうだ。

|

« Firefoxにおける、ココログのアクセス解析画面のバグ? | Main | 本日発売のFRIDAYの地震関連の記事って・・・ »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2012 J LEAGUE 展望 その1:

« Firefoxにおける、ココログのアクセス解析画面のバグ? | Main | 本日発売のFRIDAYの地震関連の記事って・・・ »