« October 2011 | Main | December 2011 »

November 30, 2011

芸人さんだからって、本当にバカなのはちょっと・・・

ある情報番組を見ていた時の話。

ひな壇にはある芸人さんがいたのだが、この芸人さんがバカ過ぎて呆れる。

確かに芸人さんは笑いを取るためにいるとは思うが、

「フリに対する回答が全部ボケかよ!」

ああ、ボケてるんじゃなくて、本当にバカなんだ・・・。

空気を読めないにしても、教養がないにしても、もう少しマシな回答があるだろ・・・。

現場もバカじゃないので、案の定、この芸人さんはまもなくレギュラーを降ろされた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 29, 2011

天然ねえ・・・

プライベートで天然なのは構わないんだけど、ビジネスの1シーンだと、

「質問に対して、適切な回答が返せない痛い子」

に成り下がるからね。

でも、その線引きが難しいんだな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 28, 2011

いやいや、そんな下心丸出しの幹事なんて、無理にやってもらわなくてもいいですから

適任者がいないのならともかく、マネージメント能力の低い人が場を仕切りたいとか、オレは面倒見がいいぜ的にポイント稼ぎ目的で、コンパや飲み会の幹事とか、本当に勘弁して欲しい。

そういう人って、

下心 > マネージメント能力が稚拙である事の露呈

なんだろうな。

そこまで自分主導がいいですか?

ポイントを稼ぎたいですか?

それって、ただの、

「自己満足」

ですよね?

大事なのは、

「参加メンバーに楽しい時間を提供する」

事なんじゃないんですか?

そこら辺を履き違えている人って、結構いらっしゃって困る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 26, 2011

ココログにおける生ログの解釈

ココログの生ログって、厳密には生ログではないよね。

ココログの生ログは、あくまで

「アクセス解析対象外のフィルタが掛かったログ」

である。

よって、アクセス解析対象外とされたログは生ログでも閲覧する事が出来ない。

私的には、その除外されるログも欲しいんだけど。

既出の縛りがなければ、アクセス解析対象外に登録する項目も増やしたいのだが、それをすると、裏で何をされているか把握出来なくなるので怖くて、とても実行には移せない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 25, 2011

何でもかんでも情報公開するアホに腹が立つ

別にあなたの知識自慢なんて聞いちゃいない。

まず、あなたが公開した情報が周りにどんな影響を与え、どんな迷惑を被るのか考えないのかな。

ブログとかtwitterが普及してきたけど、そういう事を考えずに投稿するのはいかがなものかと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 22, 2011

ChangeMaterial / テクスチャの反射光

最後はテクスチャへ反射光を与える方法を紹介する。

ChangeMaterial {
  MaterialID = 0, 1, 2;
  Specular = 0.4, 0.4, 0.4;
  Power = 8.0;
}

MaterialIDは変更対象となるテクスチャ番号(0から開始)、SpecularはDiffuse, Ambientと同様に1.0MaxのRGB値(Red, Green, Blue)で示す。

PowerはSpecularを指定するときは必須で、反射の強さを表し、0に近くなる程反射が強くなる。

私のプラグインではだいたい8前後で使用しているが、作者さんによってもマチマチで25~30くらいのパラメータを使用する方もいる。


Specularの用途は、アイゼントランザの表面で使用されているように、

「ステンレスなど、光沢を与えたい材質」

に対して使用する事が多い。

あまり大きな声では言えないが、反射光で光沢を出す事により、ヘタクソなテクスチャでも、それなり見えるという効果もあるな・・・。

注意事項としては、AlphaZeroTestやTransparentとの兼ね合いもあるが、あまり多用すると、透過処理がうまく行かなくなる場合がある。(特にプラグインビューワ,プレイ画面?)


3回に渡って、ChangeMaterialの使用方法を紹介して来たが、少しは役に立ったかな?

参照:
ChangeMaterial / テクスチャの着色
ChangeMaterial / テクスチャの発光

| | Comments (0)

November 21, 2011

ChangeMaterial / テクスチャの発光

前回の続きで、今回はテクスチャの発光方法を紹介する。

ChangeMaterial {
  MaterialID = 0, 1, 2;
  Emissive = 0.4, 0.4, 0.4;
}

MaterialIDは変更対象となるテクスチャ番号(0から開始)、EmissiveはDiffuse, Ambientと同様に1.0MaxのRGB値(Red, Green, Blue)で示す。

大まかには、Emissive = 0.0, 0.0, 0.0で消灯、Emissive = 1.0, 1.0, 1.0で点灯となる。

だが、実際に使ってもらえば分かると思うが、物によっては0.4程度の値を指定すれば、発光らしき効果は得られるので、発光に当たり、必ずしもEmissiveの値に1.0を使用しなければいけない事もない。

ChangeMaterial / Emissiveによる発光は、ChangeAlphaでは実現できない発光の強度、そして色付の発光も可能なので、ChangeAlphaの上位版という位置付けで見てもいいだろう。


さて、このChangeMaterialの発光機能だが、どこで使われるのか。

1番多いと思われる用途は、

「内装付車輌の夜間発光」

である。

別に内装でも外窓と同じように2重テクスチャにして、あらかじめ自己発光を指定したマテリアルをChangeAlpha / NightAlphaで夜間発光させてもいいのだが、簡易内装ならともかく、ガッツリと作った内装で夜間発光させるに当たってはポリゴンの枚数が単純に2倍となり、大きな無駄が発生し、プラグインのレスポンスにも影響して来る。

そこで登場して来るのが、ChangeMaterialの発光機能で、こちらの方法を使用すれば2重テクスチャを施す事なく、単純に内装で使用したマテリアルに対して、ChangeMaterial / Emissiveすればいいだけである。


そうそう、よく忘れるのだが、メタセコのマテリアルに直接着色した場合や、ChangeMaterial / Diffuse, Ambient等で着色したマテリアルを発光させたい場合は、既出の

ChangeMaterial {
  MaterialID = 0, 1, 2;
  Emissive = 0.4, 0.4, 0.4;
}


ではダメだ。

これでは色が脱色してしまうので、色も同時に指定した上で発光させなければならない。

例えば、オレンジで着色したマテリアルを発光させたい場合は、

ChangeMaterial {
  MaterialID = 0, 1, 2;
  Deffuse = 1.0, 0,5, 0.0, 1.0;
  Ambient = 1.0, 0,5, 0.0;
  Emissive = 0.4, 0.4, 0.4;
}


となる。

こんなところでよろしいかな。

参照:
ChangeMaterial / テクスチャの着色

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 19, 2011

ChangeMaterial / テクスチャの着色

以前から出そうとは思っていたのだが、このタイミングで出そうか。

昨日の必須技術+必要な技術かと思うので。

ChangeMaterialなんだけど、提供される機能はザックリと次の3つとなる。

  1. テクスチャの着色
  2. テクスチャの発光
  3. テクスチャの反射光

まずは1番目のテクスチャの着色から行こうか。

00000607

00000608

2種類の113系の違いが分かるだろうか。

1番目の画像だと左、2番目の画像だと右手前の車輌は床下の色を暗めにし、旧国鉄/JR東日本バージョンという事を強調している。

それに当たり、テクスチャをもう1種類用意したわけではなく、ChangeMaterialで色調に補正をかけている。

決して、簡易シャドウの見間違いではない。

今回の場合だと、次のような感じになる。

ちなみにこれは台車の部分だ。

ChangeMaterial {
  MaterialID = 0, 1, 2;
  Diffuse = 0.2, 0.2, 0.2, 1.0;
  Ambient = 0.2, 0.2, 0.2;
}

サラッと説明すると、MaterialIDは変更対象となるテクスチャ番号(0から開始)、そして、Diffuseが色調変更になるのだが、形式は1.0MaxのRGBA(Red, Green, Blue, Alpha)となる。

今回の場合だと、透過は全く必要としないので、Alpha値は1固定で構わない。

RGBは床下(グレー系)ぐらいなら目感覚で出来るが、103系のルーバなど、カラフルな着色をしたい場合は、ペイントソフトで欲しい色を作るか、スポイドで抽出した状態でパレット画面等で表示される、色変更のスライドバーの状態が255MAXから何パーセントあるかを見て、それを把握したら、そのままDiffuseに書けばよい。

残ったAmbientだが、ウチではDiffuseとセットで使用し、だいたいはDiffuseのRGBと同様にする場合が多い。

Diffuseのみだと、着色の度合いが薄い傾向となるので、補助的にAmbientを使用する形だ。

それで色が強過ぎる場合はAmbientのRGB値の半分にするという工夫を取っている。


ちなみにDiffuseとAmbientを駆使してテクスチャの色調を変更するという明確な意図があるならば、テクスチャは白に近い色で作成しておく事を強く推奨する。

GIMPの色調変更などを使ってもらえば分かると思うが、あれと同じで、強い赤,緑,青に着色が隔たっていると、色調変更の制約が大きいが、白系でテクスチャを作っておけば、赤系,緑系,青系どんな色でも対応できる。

極端な話が、デフォルト地形は冬バージョンのテクスチャ1枚さえあれば、既出の方法で他の春,夏,秋を表現できるよね。


これもあえて指摘しておこう。

へぇ~こんなに簡単な方法で着色できるんだ、でも、

「車輌のルーバはともかく、車輌本体の着色には全く不向きですので、あしからず」

車輌テクスチャはだいたいは車輌本体と窓は同一となっているので、既出の方法で着色しようとすると、本来は着色非対象としなければならない窓枠や窓ガラスにも色がかかってしまい、とんでもない事になる。

そんな感じで、ChangeMaterialの着色関係は以上という事で。

| | Comments (0)

November 17, 2011

急に携帯にメールが届かなくなったと聞く事があるが・・・

急に携帯にメールが届かなくなったと聞く事があるが、それって、

「スパム等の受信でメールボックスの許容量を越えていませんか?」

実は私もPCからのメール受信をしたかったので、設定によりスパムフィルタが弱体化する事により、既出の現象が起き、家族からのメールが全然届かず、迷惑を掛けた事があった。

とりあえず、PCメールからの用件は済んだので、携帯のデフォルト設定には戻したけどね。

そもそも、携帯のメールボックスの仕様って、どうなっているんだっけ?

PCで使用するEメールは一定期間経ったら削除する設定ができるけど、携帯の方はよく知らん。

許容量を超えたら、ログのように古い物から削除されるという事でいいの?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 16, 2011

ボロアパートの上層に住む住人の掟

ええ大人なんだし、階下の住民の迷惑になるから、これぐらいは当然のように守ってもらわなきゃ困る。

  • フロアをペタペタ歩かない → 考えているよりも階下に響く
  • 午後9時以降の洗濯機稼動の禁止
  • 午後9時以降は大量の水を流すような作業をしない
  • 休日の朝っぱらから掃除機をかけない

実際、上の住人がこれらをやるからたまらんし、結果、険悪な仲になり、頭が痛いんだよな・・・。

アパートの管理事務所は事務所でksだから、相談も出来んしな・・・。

頭が痛い・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 15, 2011

iPad版の太鼓の達人で音が出ないんだと


ネットの書き込みを見ていると、iPad版の太鼓の達人で音が出ないとブーブー文句を垂れているが、

いや、それって、

「単純にiPadの音声出力がミュートになっているだけじゃん」

詳細には、まずiPadの外側にある、音声のOn/Offスイッチを押してミュートを解除し、必要であれば、音声のOn/Offスイッチの横にあるボリュームで音量を調整してやればよい。

正しいボタンを押しているのなら、設定変更を示すマークがディスプレイに表示されるはずなので、すぐに確認出来るはずである。

こんなレベルの事を解決出来ずに、iPad版の太鼓の達人は音声が出ないからクソだとか、バンダイ・ナムコはダメだとか言ってはいけない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 14, 2011

ダイエットでよく1.5ℓのペットボトルで水を携帯している女性を見かけるが・・・

ダイエットのポイントとして、水の大量摂取というのがあり、それに伴い、よく1.5ℓのペットボトルで水を携帯している女性を見かけるが、あれって、水の摂取で痩せるというよりは、

「重いペットボトルを携帯している事で体に負荷が掛かり、それによって代謝がよくなって、ダイエットに繋がるって感じなんだけど・・・」
「もし、本当にそうだとしたら、水を何ℓ飲むとか関係なくね?」

傍から見ていて、重い物で負荷を掛けるドラゴンボール的な理論のような気が・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 11, 2011

僕の作ったVBAマクロを勝手に使うな、ソースを見るな → 十 ヘラヘラ 十

システム開発では、ほぼ100%ないけど、普通のオフィス関連だと、たまにあるらしいね。

ご大層なExcelのVBAマクロをもったいぶるって。

システム開発の現場だと、VBAというか、VB6なんて出来て当たり前の言語だから、そんなものを隠蔽したり、出し惜しみしている時点で「痛い子」として処理される事、間違いなしである。

更にソースを見られて、そのソースの程度が低かったら、恥の上塗りだろう。

まあ、もったいぶって隠蔽している事に限って、中身はたいした事はない、ってのはよくある事である。


私的には普通のオフィスでもありえないんだけどね。

そういう行為は。

どんなものをもったいぶっているか、だいたいはレベルが分かるので。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 10, 2011

ここは私の店ですからキリッ → 十 ヘラヘラ 十

この間、聞いた話なのだが、ある女性が某フランチャイズの店長を任されて有頂天になって、ここは私の店ですからキリッ、ってノリで好き勝手していたら、本部に睨まれて、当然ながら店舗は廃れたとの事。

へぇ~。

そりゃあ、私の店である事には間違いないよ。

でも、それって所詮は、

「フランチャイズという掌の上で転がされているだけじゃん!」

それと前にも同じような事を書いたと思うけど、

「フランチャイズは他店舗とスタイル(外食系だと特に味・メニュー)を変えてはならないのは鉄則」

である。

ここまで勘違いというか、世間知らずだと呆れて失笑すら漏れてくる。

そりゃあ、そんな事をしていたら、当然ながら店も傾きますわ・・・。

ちなみにこの某フランチャイズは既出の世間知らず店舗のおかげで、フランチャイズもろ共廃れていったんだとさ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 09, 2011

社長が社内業務に関与しない企業は必ず傾く

社長が社内業務に関与する事なんて、常識といえばそれまでだけど、私のキャリアの中で4人中3人が道楽的でえーかげんな社長だったので、私的にはイヤな裏づけがある。

まあ、ババを3回引いたとも言えるが・・・。


やっぱりね、社長の仕事は接待ゴルフにいく事じゃない。

きちんと社内業務に参加しないと。

それをおざなりにし、工場長や部長などに業務を任せっきりの企業は必ず業績が傾く、もしくは引き抜きや会社分裂の憂き目に合う傾向にある。

もっと言ってしまうと、その業務を任せた工場長や部長が裏切ると言ってもいいかな。

だから、この傾向は企業HPでは教えてくれない、企業を見極める1つのバロメーターと言ってもいいかな。

再就職に自信があるのなら、既出の傾向が見える企業はスパッと退職してしまってもいいかも知れない。

少なくとも、将来性はない事に間違いはないのだから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 08, 2011

モウリーニョ以降のチェルシーの基本戦術

  1. 堅牢な守備
  2. 鋭いカウンター
  3. 審判囲い込み

まーた、この間も3で罰金をもらっていたな・・・。

もはや、チェルシー名物というか・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 07, 2011

恐怖の裏丑三つ時

時計をみると、時刻は昼の2時半。

思い起こせば、小さい頃、この時間は恐怖の時間帯だったな。

本来、保育園だと、この時間帯はお昼寝の時間なのだが、それを叩き起こして、恐怖の予防接種が始まる・・・。

ああ、いやだ、いやだ。


何気に視点を変えると、ちょうど保育園ぐらいの男の子がいる。

おっと、こんな話をすると泣き出すだろうから、それはやらない方針という事で・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 04, 2011

ジャイアントキリングの方針?

ジャイアントキリングって、監督が主人公という割には、

「露骨にフォーメーションがどうたらという話はあまりしないよね?」

コミックでみると、大阪ガンナーズ戦では、お互いのシステムとメンバーが露骨に記されていたけど、それ以外には見受けられないし。

となると、これは執筆サイドの方針というか、意思なのかなと推測している。

私的には、もう少しシステムについてツッ込んでもいいのかなと思うけど、そこは幅広い読者層を得るための1つの戦略なのかなとも思った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 02, 2011

ジャイアントキリング20&21巻

左に20巻、右に21巻を並べると、おお、1枚絵になるではないか。

スゲー、スゲー。

ちなみに大阪ガンナーズ戦の7巻と8巻を並べても、何も起こりませんでした。

チーン。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 01, 2011

え?休みの日に自宅にいたらオタクだと言い張る低俗な人って、まだいるんですね(呆)

以前、同僚の新築祝いに招かれて自己紹介をしたときの話だ。

私の自己紹介が終わって、同僚側の友人(♀)が、

「休日は何をしているんですか?」

と質問してきたので、

「家でゴロゴロしています」

と回答したら、

「へぇー、オタクなんですか」

という、想定外の発言が返って来た。

え?

21世紀にもなって、そんな低俗な発言をする人って、いるんだなと呆れてしまった・・・。

それに初対面で失礼だろと普通に思わないのかな・・・。

更に呆れる・・・。

そこは同僚の面子は立てなければいけないので、平静を装ったが、普通だったら、首根っこをひっ捕まえて折檻ものだな・・・。


まあ、詳細にはゴロゴロしているというか、私は体力はないので、休日でもムダな体力消費を抑え、月曜日にきちんと仕事を出来るように体調管理に勤めているだけなんだけどね。

休む事も仕事の1つだと思っているし。

大げさに言えば、休日でもプロ意識を持っているという事なんだけど・・・。

それを「オタク」呼ばわりされてもね・・・。

そういうレベルの人だから、わざわざ説明して理解してもらおうとも思わないけど・・・。

あ!

ふと、思えば、

「友人の友人は敵」

みたいな・・・。

やっぱり、そういう星の下に生まれてきたんだな・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2011 | Main | December 2011 »