« September 2011 | Main | November 2011 »

October 31, 2011

敵の敵は友達とはよく言うが・・・

以前の投稿の焼き直し的になるが、

敵の敵は友達とはよく言うが、それ以上に、

「友達の友達は敵」

というパターンが圧倒的に多かったりする。

え?

何でアンタがあの人の友達なのって・・・。

そして、これが小さくない障害だったりするのだ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 29, 2011

ドラフトは憲法違反 by ナベツネ

は?

「ドラフトなんて、巨人主導で作ったシステムでしょ?」

どの口がそういう事を言うんだ。

そこまで言うなら、江川事件以降の優勝タイトルをすべて返還していただけますか?

読売巨人軍は憲法違反でした。そして、自分らの都合のいいように球界をコントロールした事を詫び、すべてのタイトルを返還しますということで。

ジジイが黙っていれば、ああ、空気を読めない日ハムのせいで原監督お気の毒様と丸く済んだものを、余計な奴がしゃしゃり出てくるから、またややこしい事に・・・。

モバゲーの件といい、隠居者かつ邪魔者は引っ込んでてくれよ。

本当にややこしくなるから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 28, 2011

プロジェクト手当?

プロジェクト手当は何かしらどこかのプロジェクトに所属している状態で、もらえるものなのだが、おかしいな。

「複数のプロジェクトを掛け持ちしているのであれば、支払われるプロジェクト手当は、担当しているプロジェクト数分じゃね?」

そこは公共とか普通のサラリーマンの手当てではないんだから、納得いかんな・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 27, 2011

Cublic Explorer のツリー表示が崩れる

Cublic Exploer を使い続けていると、ツリー表示が崩れる事があるが、その問題はアプリケーションを再起動する事で問題を解決できる。

長い期間、放置されている不具合なので、そろそろ解消してくれないかな・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 25, 2011

いや、それ、ネズミ講と変わらないですから

とりあえず、仕事は簡単だよと勧誘しておいて、入社してもきちんと育てないって、それ、

「ネズミ講と何ら変わらないじゃん」

追い詰められたソフト屋の営業って、怖いねえ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 24, 2011

今時の女性が求めるコミュニケーションスキルは想像以上に高い

知り合いの女性と子供のアルバイトの話をしていて、アイコンタクトで子供をおだてちゃダメ光線を出して来たので、慌てて答えを構築して、思っているのと実際にやるのとでは違うよという70点くらいの回答をその子に振りました。

少し前だったら、間違いなくベタにおだてていただろうな・・・。

そして、その行為はある意味、業務並に辛いわ・・・。

基本的に職人でコミュニケーションスキルはさほどでもないので、こういうムチャ振りはほどほどにして下さい・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 23, 2011

妖怪人間ベム

怪物くんと同様で、思ったより悪くない。

一応、妖怪化はするのね。

ストーリー的には、刑事に正体がバレたときにどうなるかってのが焦点になってくるんだろうな。

ところで、ベラって、あんなドライなキャラだったっけ?

アニメなんて、再々放送とかのレベルですら見ていなかったし、あまり覚えていないけど。

どうでもいい事だけど、「妖怪」っていうポジションは鬼太郎で確立されているから、「妖怪」じゃなくて、「怪人」というのが妥当だろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 22, 2011

ココログのアクセス解析がきちんと機能していない

おかしい。

ここ数日、検索ワードのデコード失敗があまりにも多過ぎる。

そこで、デコードに失敗している検索ワード文字列をエディタに貼り付けた結果、検索ワード文字列の各所に全角文字が混入している事が判明した。

そんなんじゃ、デコードがうまく行くわけないわな。

アクセス解析において邪魔な、お子様検索除外効果もこれじゃ台無しだよ。

一応、Googleの方も確認したが、特に検索結果のURLとクエリ文字列群の仕様変更はない模様である。


んで、このバグはいつ直るの?

くだらないチュートリアルを作っている場合じゃないよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 21, 2011

本当に中小企業の自社開発は儲からないか?

うーん、私がザックリ見ている限りでは、短納期以外だと、いろいろ問題があると思うんだけどね。

  • 訳分からない奴がプロジェクトマネージャをやっている
  • プロジェクトマネージャがチームの統率をし切れていない
  • プロジェクトマネージャが絶対納期に間に合わない無茶なスケジュールを組んでいる
  • プログラマのスキルが見合っていない
  • 開発環境が貧弱
  • 本職の片手間で開発をやっている

ってな感じでいろいろ列挙してみると、ああ、結局は、

「プロジェクトマネージャがクソ」

なのが1番の要因なのか・・・。

悪いけど、それ当たってるわ・・・。

でも、それって、自社開発だけじゃなくて、すべてのプロジェクトに言える事だよね・・・。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 20, 2011

へぇ~データをDVDに焼くだけでお金を取るんですね

え?データをDVDに焼くだけでお金を取るの?

それって、

  1. ブランクのDVD-Rをドライブに挿入
  2. ライティングソフトを起動
  3. エクスプローラ経由でライティング対象のファイルをドロップ
  4. ライティング開始

だけの作業でしょ?

それだけでは申し訳なくて、ようお金は取れませんわ。

VOBでない動画ファイルをコンバートし、ノイズを取ったり、トリミングしたり、チャプターを付けた上でライティングして金額が発生するなら分かるんだけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 19, 2011

発売中のNumberにおける7人の監督特集について

じゃあ、私的にもちょっとコメント。

とりあえず6人。

ファーガソン:

  • 20年以上、安定した実績。
  • 上記に加え、数年に何度かある小さくない戦力放出にも動じない。(ベッカム,ロナウド,テベスなど)
  • 戦術的に柔軟性がある。

マッツァーリ:

  • ナポリを年々レベルアップさせ、昨シーズンはとうとうリーグ戦2位に滑りこみ、CL出場権を手に入れた。
  • プランデッリ,スパレッティ,デルネーリ,ドナドーニはプロビンチア的な感は否めず、マンチーニに至っては論外で、今1番セリエAで期待しているミステルである。

モウリーニョ:

  • UEFAカップ(現EL),CL,ポルトガルリーグ,プレミアシップ,セリエA,コパ・デル・レイ優勝と年の割には実績豊富である。
  • 戦術的にはつまらないけど、一応結果は付いて来る。
  • 人間的に傲慢。
  • 攻撃は個人任せ。

グァルディオラ:

  • 就任以来の好成績は誰もが認めるが、あくまで現チームの下地はライカールトが作った物であり、そこまでドヤ顔される筋合いはない。
  • 何だかんだでメッシに依存している。
  • 選手の好き嫌いが激し過ぎる。
    本職の選手でなく、好みの選手を起用するのはマネージメント面で大きなマイナスである。
  • ポゼッションにばかり目を奪われがちだが、守勢に入るとかなり脆い。ディフェンスそのものは意外とたいしたレベルではない。

ビラス・ボアス:

  • UEFAカップとリーグ戦を取っただけですが・・・。
    しかも2ランク程劣るポルトガルリーグで。
    モウリーニョの再来とか夢を見ているのなら、痛い目を見る。
  • プレミアの中堅どころの就任なら理解出来るが、どうにも大抜擢過ぎるような・・・。
    名称と詠うには時期尚早である。
  • アンチェロッティ同様、トーレスに固執し過ぎ。

マンチーニ:

  • インテルでのキャリアは当時八百長疑惑でミラン,ローマは勝ち点剥奪、ユーベに至っては2部降格させられ以後チーム力は大きく衰退したので、単純に実績を評価はできない。
    あれだけハンディキャップがついて優勝は当たり前。
    驚くべき事はない。
  • インテル時代は2位ローマと勝ち点20くらいの差があったにも関わらず、カウンターサッカーを実践。
    つまらない、退屈、大人げない、セコいの4拍子。
  • 結局攻撃は個人任せで攻撃の組織を構築出来ているとは思い難い。
    いかにもブロビンチア的でハッキリ言ってダサい。
  • コイツがアッズーリの監督に就任するようじゃ終わり。
  • あそこまで古典的なフットボールがしたければ、スイスかギリシャの監督でもやればいい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 18, 2011

ヤバいぞ、ゼリコ・ペトロビッチ

自分が長く在籍したクラブにおいて、選手と監督両方で優勝した人というのは何人かいるが、その逆バージョンで選手と監督両方で降格を経験しようとしている人がいる。

それが浦和のゼリコ・ペトロビッチ監督だ。

弱小クラブならともかく、それなりの規模があるクラブだと、両方の立場で降格を経験している人はそうそういないのでは?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 17, 2011

東京支社?

東京支社って、弱小なシステム屋において、会社を少しでも大きく見せようという、1つのトレンドなのかな?

いや、明らかにオマエらの会社規模で東京支社はないだろって会社でも、会社ホームページには東京支社って堂々と謳っているからね。

まあ、会社が支社と言えば、貧相なビルの1室でも支社なんだろうけど、第3者が見たら納得するだろうか?

それは微妙だな・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 14, 2011

FFFTP、Sourceforge.JPへ開発が引き継がれる

原作者が開発終了を宣言したので、これまでかと思いきや、ある意味、1番いい形で開発が引き継がれる事となり、めでたし、めでたしと。

と言いつつも、私はここ何年もFileZillaユーザなんだけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 11, 2011

System Idle Process

Windows XP 以降、System Idle Process がタスクマネージャのメータ以上に負荷が掛かっているような気がしてならないんだが。

負荷が掛かってないふりして掛かっているより、まだ、Windows 2000 以前のように、タスクマネージャのメータへ負荷が正直に報告される方がいい。

System Idle Process って、名前が付いているからには、やっぱり実体は Process なんだろうが、あの負荷の掛かり方はスレッド処理のような気が・・・。

以前、業務で画面裏で走るスレッド処理のプログラムを作った事があり、それがちょうど、System Idle Process と似たような負荷の掛かり方をするのだが・・・。

怪しい・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 06, 2011

コピペプログラマの1つの終点

VB6でない、いわゆる.NET系のVBも大分定着してきていると思うのだが、それでも、作り方は2種類あるかと思う。

  • .NET系のVBは使用しているが、極めてVB6的な設計をしている
  • 完全にオブジェクト指向的な設計をしている

前者はそれなりのスキルがあればソースを触れるかと思うのだが、後者はどうだろうか。

後者だと、例えば画面1つ取っても、おそらくWindows.Formsから継承して、それを現場にあったカスタマイズをしたクラスを用意しているかと思うのだが、そういう継承関係が理解出来ていなければ、無意味にネットへ検索しに行き、情報がないとアタフタしているという現象が実際に起きているかと思う。

そう、やるべき事が間違っているのだ。

そこで把握していなければならない事は

  • オブジェクト指向を理解している
  • 画面がWindows.Formsからの継承から成っている事を理解する
  • 調べる先はネットではなく、NDoc等から生成されたAPIドキュメントである

である。

こういう事が出来なければ、コピペプログラマなんて、とてもじゃないけど、今の時代はやっていけないんじゃないかなと思うのだが・・・。

ある意味、終焉を迎えているのかなとも思う。

コーディングに関しては、間違いなく、昔より敷居が高くなっているのは確かだろう。

それとも、昔に戻ろうとしているのか。

ネットもなく、Microsoftのドキュメントだけが頼りだった、本当に実力のある者だけが生き残る時代へ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 05, 2011

Firefox7の安定性が酷過ぎる

厳密には今に始まった話ではないのだが、Firefox6以降はアップデートの度になぜかFirefoxがコケる。

これ、非常に迷惑である。

別にFirefoxはネットブック上のWinXP SP3は非推奨というわけではないのにね。

Firefox7はそれに加え、普通にブラウジングしているときでも結構コケるし。

言うならば、

安定度に関しては、Firefox2にも劣るかも知れない。

Google Chomeのサルマネをして、短期スパンでアップデートするのはいいんだけど、安定性に著しく欠けたり、突然アドオンがブッ飛ぶとか、致命的なバグを包含した状態でリリースするのだけはやめてもらいたいものだ。

リリーススパンは長くなっても、いいものをリリースしてもらいたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 04, 2011

GIMPにおけるドッキングウィンドウの仕様


ツールウィンドウからサブウィンドウを切り離すのは、単純にサブウィンドウをドラッグして、ツールウィンドウの外でドロップすればいいだけの話なので問題はないだろう。

ただし、切り離したサブウィンドウをツールウィンドウへ戻したいときはどうだろうか。

Windowsの常識で考えれば、サブウィンドウのタイトルバーをドラッグして、ツールウィンドウへドロップすればいいのだが、GIMPでは少し異なり、サブウィンドウをドラッグするときは、タイトルバーの少し下の方を摘まなければならない。

もしかすると、LinuxのX上で使用する事が前提でああいうインタフェースなのかも知れないけど、Windowsにベッタリだと、あのインターフェースは少し分かり辛いよね・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 03, 2011

久々に腰を痛める

原因は分かっているんだけどね。

先週末にムリな動きをしたもんで。

しかし、まあ、痛くて動けなくなるくらいの腰痛なんて、何年振りだろ・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« September 2011 | Main | November 2011 »