« 大阪府守口市花博記念公園でアメショーが大量放置 | Main | J LEAGUE 2011 展望(名古屋グランパス編) »

March 03, 2011

J LEAGUE 2011 展望(後編)

山形

田代と増田の鹿島復帰は痛い。
そこは長谷川の復調と船山でカバーすることになるのだが、前者は2シーズン前の実績があるとはいえ、どの程度できるかは未知数、大久保もいるが、こちらにしてもJ1での実績が皆無、後者は増田と比較すると小粒な感は否めない。
それ以外でも不安材料は山積である。
古橋もまだ復帰に時間がかかりそうだし、ウーゴ,マイコンはまたしても外れっぽい。
ほんと山形は外国人を取るのがヘタ・・・。
唯一の明るい話題がオサマが思いの他フィットしていることくらいか。
長谷川とオサマでシーズン20点くらい稼がないと、また残留争いに巻き込まれるだろう。

仙台

実は結構期待している。
チョ,マックス,梁,赤嶺と縦のラインが確立しつつあるので、攻守の歯車が噛み合えば1桁順位も夢ではない。
おそらく梁の得点は半減するだろうが、それでも赤嶺,マルキ,ヤナギのFW陣でお釣りは来るだろう。
その前線だが、あくまでマルキ,ヤナギのピークは過ぎているので、長い目で見て新しいFWは発掘しておきたい。

神戸

羽田とホジェリーニョ以外に目立った補強をしていないのが気になる。
羽田はともかく、ホジェリーニョを獲得した意味が分からない。
ヨシトを左ハーフで起用するのであれば不要な選手だろう。
獲るべきはセンターフォワードの選手ではないのか。
都倉に過剰な期待をしているのであれば痛い目を見るだろう。
戦力的には攻守まずまずなのだが、昨シーズンにギリギリで降格を免れた危機感を感じないので、私的には降格候補に挙げたい。

守りはある程度計算できそうだが、サイドバックは村上がレギュラーを取るようでないと迫力不足か。
攻撃は現状のメンバーだとレアンドロが抑え込まれると手詰まりになりそう。
ワグネルとホジェルは役立たずっぽいというか・・・。
兵動をどのポジションで起用するかは知らないが、彼が入れば大分中盤は締まりそう。
よって、春先は我慢のフットボールになるか。
降格争いはするかもしれないが、実際に降格はないかと。

甲府

ここ何年も攻撃的なフットボールをしてきたクラブが、三浦監督の手堅いフットボールを受け入れられるかが最大の課題か。
パウリーニョとマイクはある程度計算できそうだが、やはり守備が不安である。
ディフェンスラインの前に立ちはだかるであろうフジネイがフィットせず、ダニエルもポカが多いようで頭が痛い。
2トップが得点を荒稼ぎすれば残留くらいはしそうだが、彼らが抑え込まれるようだと・・・。

福岡

磐田から成岡と松浦の2本釣りで2列目は格好がつき、ディフェンスラインもある程度計算できそうだが、不安は中盤の底と1トップか。
城後は嫌でも2桁得点のノルマが課せられるが厳しいだろう。
昨シーズン、東京で一時期平山からレギュラーを奪取した重松にしても多くを望むのは酷である。
せめて高橋が熊本時代の爆発力を取り戻せば残留も見えてくるかと思うのだが・・・。
悪いが、多くの人の予想通り、私も降格候補の本命に挙げさせてもらう。

|

« 大阪府守口市花博記念公園でアメショーが大量放置 | Main | J LEAGUE 2011 展望(名古屋グランパス編) »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 大阪府守口市花博記念公園でアメショーが大量放置 | Main | J LEAGUE 2011 展望(名古屋グランパス編) »