« ACチェゼーナの長友佑都、FCインテルナツィオナーレ・ミラノへ移籍 | Main | ショボい新入社員のような戯言は聞きたくないわ »

February 01, 2011

キャシュリー・コールの次はフェルポンド・トーレス誕生

あーあ、あれほどリバプール愛を語っていたのに、とうとう札束攻撃に屈したか。

しかし、まあ、やっていることはかつてのエース、マイケル・オーウェンと同じだ。

オレはやることはやっているのに、これ以上の成績が望めないのなら出て行くという行動は。

両人に言える事だが、

「ケガばっかりして、チームに迷惑を掛けている奴が何ぬかしてやがる」

と。

まあ、とりあえずシティの手に渡らなかっただけマシと思うべきなのかな。

さて、トーレスの移籍により、リバプールには移籍金がガッポリ入ったはずなのだが、この後がまたよろしくない。

既存のメンバーでトーレスのポジションだったCFが出来るプレーヤーはエンゴク,カイトといないわけではないが、やはり心もとない。

そこで後釜にニューカッスルのキャロルに白羽を立てたのだが、足元を見られて明らかに適正価格以上の移籍金を吹っかけられ、結果獲得している。

これには商売ベタだなあと。

それにいくらクラブのシンボルを取られたからって、他クラブのシンボルを横取りというのは頂けない。

そんな感じでもうリバプールにはトーレスはいない。

しかし、プラスに考えれば、キャロルとスアレスが期待通りに働いてくれれば何とかトーレスの穴は埋まるのかなと。

少なくとも2人ともトーレスよりは頑丈でしょ。

あ、キャロルといえば問題児として有名。

ああ、またリバプールに新しい悩みの種が・・・。

|

« ACチェゼーナの長友佑都、FCインテルナツィオナーレ・ミラノへ移籍 | Main | ショボい新入社員のような戯言は聞きたくないわ »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ACチェゼーナの長友佑都、FCインテルナツィオナーレ・ミラノへ移籍 | Main | ショボい新入社員のような戯言は聞きたくないわ »