« 林家三平と国分佐智子が結婚 | Main | レアル・マドリー、マンCのアデバヨールを獲得 »

January 26, 2011

2011アジア杯カタール準決勝 日本VS韓国

日本2(3)-2(0)韓国

勝ちはしたものの、いろいろ課題の残る試合だった。

試合開始前は先発落ちがささやかれた川島だが、相変わらず連携がグダグダ

もう4試合になるのにここまで連携のマズさが解消しないのはどういう事?

今日敗北していれば間違いなく先発剥奪だったと思う。

岩政もマヤのサスペンションで出番が回って来たが、彼の持ち味である1対1での強さは発揮されず。

あれが本当に鹿島のレギュラーなのか呆れてしまった。

ヤットのコンディションの悪さ、ウッチーの腰抜けアーリークロスは相変わらずか。

そして今日も出た、本田のスタンドプレー。

もう見たときからPKは入る気がしなかった。

得点が欲しい?

PKを腹の足しにしているようでは情けない。

それにPKは1番確実な人が決めるもの。

ハードワークは認めるものの、あれだけは頂けない。

チームの和を乱す。

確かに持っているね。

「悪運の強さ」を。

一方、決勝の相手となるオーストラリアはウズベキスタンにまさかの圧勝。

私的にはこの大会よさげなウズベキスタンを見たい気がしたので、ちょっとガッカリ。

オージーもう見飽きた。

尻上がりに調子を上げているオーストラリアだが、未だにキューエル頼みとは・・・。

今日の延長でずいぶん消耗してしまったが、2006年を境に下降線を辿っているオーストラリアには負けたくないな。

|

« 林家三平と国分佐智子が結婚 | Main | レアル・マドリー、マンCのアデバヨールを獲得 »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 林家三平と国分佐智子が結婚 | Main | レアル・マドリー、マンCのアデバヨールを獲得 »