« 今時のスタースクリームって・・・ | Main | 仙台、充実の補強 »

December 30, 2010

2010年Jリーグ総括 後編

新潟

序盤は降格圏に沈み、今年はいよいよヤバいかと思いきや、中盤以降は立ち直った。
元々守備はそれなりに安定しているので、復調のベースはあったと考えてもいいだろう。
キショーの移籍による影響も心配されたが、特に目立った数字を残していなかったので、影響はそれほど長引かなかった。
キショーの代役の大島も相変わらず低調で。ピークは過ぎたと見るべきか。
頼りない前線を尻目に2列目の2人は充実したシーズンを過ごした。
チョは一時期得点王争い上位まで進出し、マルシオは尻上がりに銚子を上げ、最高のシーズンを過ごした。
財政面を踏まえると十分合格点の出せるシーズンだったが、永田,マルシオが浦和へ移籍し、来シーズンはまた苦しそう。
更に西,チョにも移籍の噂があり、彼らまで引き抜かれるようだと来季はいよいよ本格的に降格争いに突入か。

浦和

フィンケ監督の2シーズンは何だったんだろう。
以前名古屋を率いたフェルフォーセンのように育成を掲げながらも、翌年には更に低迷した点は被る。
高橋,宇賀神の抜擢は認めるが、外国人の失敗は頂けない。
トゥーリオの代役として期待されたスピラノビッチはコンディション不良が続き使い物にならず、フィンケ監督の秘蔵っ子と言われたサヌは守れない上、攻撃も中途半端でどうしようもなかった。
既存の外国人にしても、エジミウソンは未だフィットしてない感が・・・。数字ほど活躍している風には見えない。
ポンテはベストコンディションを保つのは難しくなっていたが、出場すれば、やはり格の違いを見せつけた。
彼の戦力外はペトロビッチ新監督のプランを聞いてからでも遅くなかった感が・・・。
来季は彼の姿を見る事が出来ないのは惜しい。

新戦力では柏木の起用方法にも疑問が残った。
開幕前にポンテとの共存問題を指摘したが、中盤の底に下げても問題は解決せず、何か才能を持て余しているように見えた。

守備もなあ、無理がある山田のストッパーコンバートに衰えた坪井では・・・。おまけに高さがないから、そこが思いっ切りウイークポイントになり・・・。そんな惨状だったから、新潟から永田を獲得したのだろうが。

オジェック監督以降、チームは混とんとし、クラブのビジョンが見えず、今季は観客動員が思った以上に伸びなかった。
来季は最低ACL圏に入らないようだとサポーターは更に減るだろう。間違いなく勝負の年となる。

磐田

ナビスコ杯こそ制したが、リーグ戦では平凡な出来だった。
それでも前田の2年連続得点王,ジウシーニョ,ヨシカツの復活と明るい話題がなかったわけではないが。
前田は結果的に得点王を獲得したが、前半戦はあまりにも決定機を外し過ぎだったような・・・。悪いが絶対得点王は無理だと思っていた。今年の得点王争いのクオリティの低さに助けられてのタイトル獲得の感は否めず。
マーケティングではイ・グノの売却は正解。昨シーズン後半はスピードを切られた途端、凡庸なFWに成り下がるという欠陥を露呈していただけに。
逆に獲得した古賀と菅沼はそれ程でもなかった感が。
前者は守備を立て直したという評価もある半面、要所での警告が気になった。
後者は柏でのピークを知っているだけに期待外れだった。まさかスタメンすら取れないとは思わなかった。ちなみに彼の適性は左サイドだ。彼の右はピレスの右と同じだ。
今季は一応ナビスコ杯を制したが、来季は何を目指すのだろうか。ここまで特に目立った補強はなく、クラブとしてのビジョンが見えないような・・・。

大宮

開幕時は塚本パワーで今季こそとは思ったが、やっぱりそうクラブとしての体質は変わらず。
前半降格圏を彷徨いチャン監督を解任し、新潟で結果を残した鈴木監督に代えるというバクチに出たがこれは結果的に正解。軒並み外国人が低調だった点を考慮するとよくやったと思う。
マトの不振は計算外だったな。それでも守備が大崩れしなかった点は評価できる。
ドゥドゥ,アン・ヨンハ,イ・ホ,なべやかんと4人もペケなのは頂けない。
韓国代表とかKリーグ得点王とか過去の実績ばかりで獲得し、使えない,フィットしない,もしくは使いこなせない外国人を連れてくるのはもはやお家芸か。
いつまでも立っても成績が向上しない一因として、補強の失敗という点は外せないだろう。
いい加減、そのスパイラルから抜け出さないとサポーターからも見放されるだろう。
失敗だらけの外国人で唯一輝きを放ったのがラファエルなのだが、私、あまりこの選手を腰を据えてじっくり見ていないので、イマイチよさがまだ分からない。ソコソコ数字を出している割には地味?石原のよさを引き出した点は評価できるが。でも、ブラジル人なんだから、最低2ケタは取って欲しいような・・・。

来季へ向けて・・・。毎度毎度のことだが、外国人で失敗しない事。まずそれなのでは?

山形

戦力を踏まえると、2年連続残留というのは成功なのではないだろうか。
昨シーズンの得点源だった長谷川のコンディションが整わなかった中、鹿島からリースの田代が予想以上の結果を残し、チームを救った。もし、彼をリースしていなかったら、降格もあっただろう。
もう1人のエース、古橋が万全だったならば、もう少し上を目指せたのでは?。

来季は田代と増田がリース終了で鹿島へ戻る。まず、その穴を埋めることが先決だろう。
長谷川が復活しないと来季は厳しそう。

仙台

守備が弱くも、前線も基本的に日本人オンリーと見通しの甘さを露呈したが、リャンのここ1番の1発とFC東京の自滅で辛くも残留を決めた。しかし、FC東京の送った塩(赤嶺)が結果的にFC東京を地獄(J2)へ叩き落とす事となるとは・・・。サッカーというのは分からない。
リャンは5得点5アシストくらい残せば御の字だと思っていたが、それをはるかに上回る活躍で1年にしてJ2屈指の王様からJ1屈指の王様へ昇格した。
チーム状況を踏まえれば、新潟のマルシオ並の評価を与えてもよいのでは?
来季を見据えると、FWとDFの格となれる外国人が1人ずつ欲しいか。
トータルではまだまだ他クラブと比べると見劣りする感は否めないので。
前回の昇格時のように2年でJ2へ逆戻りというのは避けたい。

神戸

守備はそれなりに機能しているのだが、いかんせんFWの得点力不足でまた苦しんだ。
都倉,大久保がまともに働けないようでは苦しい。ポポも柏時代同様、相変わらず浮いていて数字ほど活躍したとは思えない。
最後は吉田の執念で残留したようなものだ。
FWの補強は急務である。

FC東京
開幕前には優勝候補に挙げたが、ここまで酷く最悪の結果を招くとは・・・。
言うほど数字は悪くないのだが、いかんせん得点力不足とここ1番の勝負弱さが仇となったか。
特に森重はその勝負弱さを露呈した。間違いなく今季の戦犯に挙げられる。
前線では平山が相変わらずイマイチ。いい加減彼を見切るときが来たのではないかと思うのだが。
どの監督も平山を重用し、最終的には赤嶺を腐らし、その赤嶺が仙台でベストフォームを取り戻しつつあるのは今期の大きな失態の1つだろう。見る目がなかったと。
中盤も情けないな。米本1人がいなくなっただけでここまでガタガタになるとは。補強ポイントが間違っていたとしか言いようがない。
ふと気づけば、中盤のフィルター役が米本以外にいないではないか。急遽徳永をコンバートして急場をしのぎはしたが。
補強も戦術の森重,松下,リカルジーニョと立て続けに失敗したのは痛い。
森重は昨シーズンはあまりよくなかったのであんなものかとは思っていたが、松下の失敗は大きい。まさかあそこまでチームにフィットしないとは思わなかった。
采配面も前半は城福監督の攻撃サッカーから大熊監督の堅実なサッカーといういきなりの方針転換では選手もなかなかフィットしないだろう。
特に大熊監督のここ1番で大黒を外し、平山の1トップという弱気な采配には失望した。

来季はかつて浦和が降格したときのように基本的に放出はしない模様で、これはFC東京としては大バクチではないだろうか。
もし1年でJ1に復帰できないようだと財政面で大きなダメージを被る事は避けられない。
まして今季苦しんだ攻撃面に対し、まず守備を固めてくるJ2では意外な苦戦を強いられそうなのだが・・・。
平山が20点くらい取る意気込みでないと、J2でも苦戦は必至だろう。

京都サンガ

ビジョンの誤りがすべてではないだろうか。
猫の目のように選手をコロコロ代える加藤監督に成長の跡は見られないし、ましてはそんな監督に長期契約を提示していたのはビジョンが間違っているとしか言いようがない。
攻撃もディエゴ次第だった。
更に酷いときにはドゥトラとの2トップのような形を取り、とりあえず個人技に勝る選手を前線に並べる、まるでウイイレレベルの采配だと呆れたもんだ。
守備も昨シーズンまではそれなり安定していたのだが、イ・ジョンスが抜け、代わりにやって来たカク・テヒが大外れ。2匹目のドジョウはならずか。彼も戦犯の1人だ。
秋田監督は気の毒だった。
前任者のビジョンなきチームを丸投げされた揚句に補強もない。こんな状況で結果を出せというのは辛い。ただ、3バックだけはないと思った。

来季はどうするのだろうか。
またディエゴ頼みのチームを作るようでは、悪のサイクルから抜け出せないと思うのだが。
長期的ビジョンで強化したいのなら、ディエゴは残すべきではないだろう。

湘南

アジエルとジャーンが年間を通して使えなかったとはいえ、監督が監督だけに結果が変わったとは思い難い。
田原はあんなものとして、代表候補に選出された事もある村松もそう光るものはなかったような気が・・・。
私的にはFC東京のスーパーサブのイメージが強かった阿部のまさかのブレイクのみが明るい話題だった。彼のステップアップはないのだろうか。

|

« 今時のスタースクリームって・・・ | Main | 仙台、充実の補強 »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今時のスタースクリームって・・・ | Main | 仙台、充実の補強 »