« November 2010 | Main | January 2011 »

December 31, 2010

大分トリニータ、ほぼ枯渇

昨シーズンはC大阪へ上本と高橋と清武、そしてレンタルバック経由で家長も移籍,大宮へ深谷が移籍,神戸へエジミウソンが移籍,FC東京へ森重が移籍,そして広島へ西川が移籍と草刈り場状態の大分だったが、今季も更に刈られ、藤田が磐田,菊池が新潟,東が大宮,そしてキャプテンの高松もFC東京へのリースが噂される。

ここまで引き抜かれると、もはや別のチームの感は否めないし、再びJ1に上がろうとしたらハンパなく時間が掛かるだろう。

この引き抜かれっぷりは10年位前にプレミアで一世を風靡したリーズ・ユナイテッドと微妙に被るな・・・。

| | Comments (0)

仙台、充実の補強

DFはC大阪移籍が濃厚と言われていた角田を京都より獲得し、MFはFC東京より松下をリースし、FWは今期FC東京よりリースしていた赤嶺を完全移籍した。

うーん、J1では今1番実りのあるオフを過ごしているね。

赤嶺は今期の実績があるのでともかく、あとの2人がフィットするようだと、1桁順位も夢ではないのでは?

ただ、松下だけが心配だ。

今季はまさかの不振だっただけに。

| | Comments (0)

December 30, 2010

2010年Jリーグ総括 後編

新潟

序盤は降格圏に沈み、今年はいよいよヤバいかと思いきや、中盤以降は立ち直った。
元々守備はそれなりに安定しているので、復調のベースはあったと考えてもいいだろう。
キショーの移籍による影響も心配されたが、特に目立った数字を残していなかったので、影響はそれほど長引かなかった。
キショーの代役の大島も相変わらず低調で。ピークは過ぎたと見るべきか。
頼りない前線を尻目に2列目の2人は充実したシーズンを過ごした。
チョは一時期得点王争い上位まで進出し、マルシオは尻上がりに銚子を上げ、最高のシーズンを過ごした。
財政面を踏まえると十分合格点の出せるシーズンだったが、永田,マルシオが浦和へ移籍し、来シーズンはまた苦しそう。
更に西,チョにも移籍の噂があり、彼らまで引き抜かれるようだと来季はいよいよ本格的に降格争いに突入か。

浦和

フィンケ監督の2シーズンは何だったんだろう。
以前名古屋を率いたフェルフォーセンのように育成を掲げながらも、翌年には更に低迷した点は被る。
高橋,宇賀神の抜擢は認めるが、外国人の失敗は頂けない。
トゥーリオの代役として期待されたスピラノビッチはコンディション不良が続き使い物にならず、フィンケ監督の秘蔵っ子と言われたサヌは守れない上、攻撃も中途半端でどうしようもなかった。
既存の外国人にしても、エジミウソンは未だフィットしてない感が・・・。数字ほど活躍している風には見えない。
ポンテはベストコンディションを保つのは難しくなっていたが、出場すれば、やはり格の違いを見せつけた。
彼の戦力外はペトロビッチ新監督のプランを聞いてからでも遅くなかった感が・・・。
来季は彼の姿を見る事が出来ないのは惜しい。

新戦力では柏木の起用方法にも疑問が残った。
開幕前にポンテとの共存問題を指摘したが、中盤の底に下げても問題は解決せず、何か才能を持て余しているように見えた。

守備もなあ、無理がある山田のストッパーコンバートに衰えた坪井では・・・。おまけに高さがないから、そこが思いっ切りウイークポイントになり・・・。そんな惨状だったから、新潟から永田を獲得したのだろうが。

オジェック監督以降、チームは混とんとし、クラブのビジョンが見えず、今季は観客動員が思った以上に伸びなかった。
来季は最低ACL圏に入らないようだとサポーターは更に減るだろう。間違いなく勝負の年となる。

磐田

ナビスコ杯こそ制したが、リーグ戦では平凡な出来だった。
それでも前田の2年連続得点王,ジウシーニョ,ヨシカツの復活と明るい話題がなかったわけではないが。
前田は結果的に得点王を獲得したが、前半戦はあまりにも決定機を外し過ぎだったような・・・。悪いが絶対得点王は無理だと思っていた。今年の得点王争いのクオリティの低さに助けられてのタイトル獲得の感は否めず。
マーケティングではイ・グノの売却は正解。昨シーズン後半はスピードを切られた途端、凡庸なFWに成り下がるという欠陥を露呈していただけに。
逆に獲得した古賀と菅沼はそれ程でもなかった感が。
前者は守備を立て直したという評価もある半面、要所での警告が気になった。
後者は柏でのピークを知っているだけに期待外れだった。まさかスタメンすら取れないとは思わなかった。ちなみに彼の適性は左サイドだ。彼の右はピレスの右と同じだ。
今季は一応ナビスコ杯を制したが、来季は何を目指すのだろうか。ここまで特に目立った補強はなく、クラブとしてのビジョンが見えないような・・・。

大宮

開幕時は塚本パワーで今季こそとは思ったが、やっぱりそうクラブとしての体質は変わらず。
前半降格圏を彷徨いチャン監督を解任し、新潟で結果を残した鈴木監督に代えるというバクチに出たがこれは結果的に正解。軒並み外国人が低調だった点を考慮するとよくやったと思う。
マトの不振は計算外だったな。それでも守備が大崩れしなかった点は評価できる。
ドゥドゥ,アン・ヨンハ,イ・ホ,なべやかんと4人もペケなのは頂けない。
韓国代表とかKリーグ得点王とか過去の実績ばかりで獲得し、使えない,フィットしない,もしくは使いこなせない外国人を連れてくるのはもはやお家芸か。
いつまでも立っても成績が向上しない一因として、補強の失敗という点は外せないだろう。
いい加減、そのスパイラルから抜け出さないとサポーターからも見放されるだろう。
失敗だらけの外国人で唯一輝きを放ったのがラファエルなのだが、私、あまりこの選手を腰を据えてじっくり見ていないので、イマイチよさがまだ分からない。ソコソコ数字を出している割には地味?石原のよさを引き出した点は評価できるが。でも、ブラジル人なんだから、最低2ケタは取って欲しいような・・・。

来季へ向けて・・・。毎度毎度のことだが、外国人で失敗しない事。まずそれなのでは?

山形

戦力を踏まえると、2年連続残留というのは成功なのではないだろうか。
昨シーズンの得点源だった長谷川のコンディションが整わなかった中、鹿島からリースの田代が予想以上の結果を残し、チームを救った。もし、彼をリースしていなかったら、降格もあっただろう。
もう1人のエース、古橋が万全だったならば、もう少し上を目指せたのでは?。

来季は田代と増田がリース終了で鹿島へ戻る。まず、その穴を埋めることが先決だろう。
長谷川が復活しないと来季は厳しそう。

仙台

守備が弱くも、前線も基本的に日本人オンリーと見通しの甘さを露呈したが、リャンのここ1番の1発とFC東京の自滅で辛くも残留を決めた。しかし、FC東京の送った塩(赤嶺)が結果的にFC東京を地獄(J2)へ叩き落とす事となるとは・・・。サッカーというのは分からない。
リャンは5得点5アシストくらい残せば御の字だと思っていたが、それをはるかに上回る活躍で1年にしてJ2屈指の王様からJ1屈指の王様へ昇格した。
チーム状況を踏まえれば、新潟のマルシオ並の評価を与えてもよいのでは?
来季を見据えると、FWとDFの格となれる外国人が1人ずつ欲しいか。
トータルではまだまだ他クラブと比べると見劣りする感は否めないので。
前回の昇格時のように2年でJ2へ逆戻りというのは避けたい。

神戸

守備はそれなりに機能しているのだが、いかんせんFWの得点力不足でまた苦しんだ。
都倉,大久保がまともに働けないようでは苦しい。ポポも柏時代同様、相変わらず浮いていて数字ほど活躍したとは思えない。
最後は吉田の執念で残留したようなものだ。
FWの補強は急務である。

FC東京
開幕前には優勝候補に挙げたが、ここまで酷く最悪の結果を招くとは・・・。
言うほど数字は悪くないのだが、いかんせん得点力不足とここ1番の勝負弱さが仇となったか。
特に森重はその勝負弱さを露呈した。間違いなく今季の戦犯に挙げられる。
前線では平山が相変わらずイマイチ。いい加減彼を見切るときが来たのではないかと思うのだが。
どの監督も平山を重用し、最終的には赤嶺を腐らし、その赤嶺が仙台でベストフォームを取り戻しつつあるのは今期の大きな失態の1つだろう。見る目がなかったと。
中盤も情けないな。米本1人がいなくなっただけでここまでガタガタになるとは。補強ポイントが間違っていたとしか言いようがない。
ふと気づけば、中盤のフィルター役が米本以外にいないではないか。急遽徳永をコンバートして急場をしのぎはしたが。
補強も戦術の森重,松下,リカルジーニョと立て続けに失敗したのは痛い。
森重は昨シーズンはあまりよくなかったのであんなものかとは思っていたが、松下の失敗は大きい。まさかあそこまでチームにフィットしないとは思わなかった。
采配面も前半は城福監督の攻撃サッカーから大熊監督の堅実なサッカーといういきなりの方針転換では選手もなかなかフィットしないだろう。
特に大熊監督のここ1番で大黒を外し、平山の1トップという弱気な采配には失望した。

来季はかつて浦和が降格したときのように基本的に放出はしない模様で、これはFC東京としては大バクチではないだろうか。
もし1年でJ1に復帰できないようだと財政面で大きなダメージを被る事は避けられない。
まして今季苦しんだ攻撃面に対し、まず守備を固めてくるJ2では意外な苦戦を強いられそうなのだが・・・。
平山が20点くらい取る意気込みでないと、J2でも苦戦は必至だろう。

京都サンガ

ビジョンの誤りがすべてではないだろうか。
猫の目のように選手をコロコロ代える加藤監督に成長の跡は見られないし、ましてはそんな監督に長期契約を提示していたのはビジョンが間違っているとしか言いようがない。
攻撃もディエゴ次第だった。
更に酷いときにはドゥトラとの2トップのような形を取り、とりあえず個人技に勝る選手を前線に並べる、まるでウイイレレベルの采配だと呆れたもんだ。
守備も昨シーズンまではそれなり安定していたのだが、イ・ジョンスが抜け、代わりにやって来たカク・テヒが大外れ。2匹目のドジョウはならずか。彼も戦犯の1人だ。
秋田監督は気の毒だった。
前任者のビジョンなきチームを丸投げされた揚句に補強もない。こんな状況で結果を出せというのは辛い。ただ、3バックだけはないと思った。

来季はどうするのだろうか。
またディエゴ頼みのチームを作るようでは、悪のサイクルから抜け出せないと思うのだが。
長期的ビジョンで強化したいのなら、ディエゴは残すべきではないだろう。

湘南

アジエルとジャーンが年間を通して使えなかったとはいえ、監督が監督だけに結果が変わったとは思い難い。
田原はあんなものとして、代表候補に選出された事もある村松もそう光るものはなかったような気が・・・。
私的にはFC東京のスーパーサブのイメージが強かった阿部のまさかのブレイクのみが明るい話題だった。彼のステップアップはないのだろうか。

| | Comments (0)

December 29, 2010

今時のスタースクリームって・・・

初代スタースクリームもちょうど今年、コンボイとの死闘でボロボロになったメガトロンを宇宙空間に投げ捨て、冠かぶってヘラヘラしていたら、ガルバトロンとして復活したメガトロンに粛清されるという、なかなか痛いキャラだったが、今のスタースクリームは「イケメン」って・・・。

「オマエは狩野英孝か!」

| | Comments (0)

感じわるー、アジア杯の日本代表、10番は香川

序列からすると本田なのだろうが、以前から噂通り、

「10番はAdidasを使用している香川で決定」

うわー、感じわりい。

ほんと、大人の事情って奴は・・・。

日本代表を夢見るサッカー少年的にはどうなのよ。

「サッカーがいくらうまくてもダメなんだよ。Adidasのスパイクを履かなきゃね」

今回の1件はそれが実証されたと言っても過言ではないだろう。

| | Comments (0)

December 28, 2010

大丈夫か名古屋?ACL制覇へ暗雲

杉本に続き、巻を湘南へリースって、来季のFWの層がスカスカなんですけど。

ジョシュアがお休みのときは誰がセンターFWを務めるの?

ビジョンが見えないな。

あと、大卒の永井に過度な期待は禁物だ。

こんなオフを過ごしているようじゃ、来季はヤバいんじゃないのと不安は隠し切れない。

一度優勝して満足しちゃったの?

更なる野心はないのかと。

| | Comments (0)

December 27, 2010

テメエの好みや完璧主義なんてお呼びでない

どうも私の周りには細かい事に対してうるさく、何に対しても完璧を求める人が多い傾向にある。

さすがにビジネスにおいて、会社に残すようなドキュメントとかは誤字,脱字がないよう、完璧に仕上げなきゃいけないよ。

そうではなく、ささいなミスをイチイチ指摘し、それをいつまでもネチネチと言い続けたり、特に他人に害しないような癖,しぐさを1から100まで直せという態度は我慢ならない。

前者は、

「自分が完璧な人間だとでも言いたげ」

で非常に気に障る。

それにウンザリしてシカトしたら、それはそれで喚き出して始末が悪い。

私的にはこういう人間がミスしたときは日頃してきた事に対してキッチリ代価を払わせるようにしているけどね。

いやいや、日頃から紳士的な態度を取っている人に対しては優しく接しているよ。

これ当然。

後者は一言で切り捨てると、

「子供」

なんだよ。

人の気になる癖やしぐさなんて目を凝らして探せば1つや2つは出てきて当たり前。

それに対して我慢できず、イチイチ口にしているようでは世の中やっていけない。

今時の大人って、それを会社にまで持ち込むからな・・・。

疲れる・・・。

最近の子供は・・・ってよく言うものの、大人の精神年齢が低いんじゃ、責任転嫁もいいところだろう。

何ていうのかな。

結局、そういうのって、コミュニケーションやフィーリングだと思うんだよね。

お互いを理解し合っていれば、多少の事でムカついたりしない。

うわ、またヴァンプ様的発言で締めるのか・・・。

だから一方的に自分の好みや意見を押し付けたり、それに対して一方的に突っぱねたりしてはいけない。

まあ、私の方にも改善点があるのは承知だけど、そこの線引きがまた難しいんだよね。

悩む・・・。

何か昔にも同じような事を書いた気がするが、まあいいや・・・。

| | Comments (0)

December 26, 2010

2010年Jリーグ総括 前編

ガンバ大阪

よくここまで立て直したという声もあるが、私的には外国人で惨敗したみすみす優勝を逃した感は否めない。
ゼ・カルロス,ペドロ・ジュニオール,イ・グノと立て続けに外れを引いているようでは・・・。
これはフロント、そして西野監督の選手とのコミュニケーションの甘さがあったとしか思えない。
特に西野監督は何度選手とぶつかっているんだ?もう、いい加減にしろと。
順位の割に暗い話題ばかりだが、そんな中、平井と宇佐美のブレイクは明るい話題だった。
前者は外国人で外れを連発した中、監督のクビを繋いだと言ってもいいだろう。
彼のブレイクがなければ、今季のガンバの前線は大変な事になっていた。
後者は年齢に似合わない大胆なドリブル突破と果敢なシュート意識が目に付いた。
7得点は十分合格点を与えられるが、今後セカンドトップで起用するのか、左攻撃的MFで起用するのかはハッキリした方がいいだろう。
彼ほどの才能を持つ選手を便利屋的に起用するのは愚行以外の何物でもない。
前線には若い血が入りつつあるが、中盤は相変わらず老朽化したままなのは気になる。
特に明神のところは彼の故障を機に思い切って武井を抜擢するようなサプライズがあってもよかったような気が・・・。

来季に向けてだが、今年は外国人で惨敗し、唯一計算できる存在したルーカスも退団し、外国人はほぼ総替え状態になるだろう。
そこで今季と同じ失敗は決して許されない。

セレッソ大阪

ガンバの2位とは違い、実りのある3位だろう。
昨年まではJ2に在籍し、10位前後ぐらいの成績を残せれば御の字かと思っていたが、まさかの好成績だった。
香川,家長,乾に目が行きがちだが、私的には茂庭をMVPに挙げたい。
かつてはFC東京で鉄壁の守備を築いていた人材だが、ここ数シーズンはくすぶっており、獲得したセレッソとしても、ソコソコ計算できればいいかなぐらいの気持ちで獲ったかと思うのだが、それが完全復活を象徴する出来だった。
クルピ監督の英断も見逃せない。
開幕当初は3バックを採用していたが、勝ち切れないと見るや、ある程度想定内ではあるが、アッサリと4バックに移行した。
ここで3バックの固執していれば、また結果は違ったものとなっていたと思う。
ただ、4バックの採用で高橋をサイドバックで起用しているのは何とも歯がゆい気が・・・。彼の攻撃力を考えると・・・。

来季はACLに参戦するが、いかんせん選手層が薄いだけにリーグ戦が心配である。
伝統的に浮き沈みの激しいチームだけにACL参加の代償としてJ2降格という事だけは避けたい。

鹿島

ここ数年連覇こそしてはいるものの、マルキがコンディションを崩したらどうなるかなと思っていたら、やっぱり成績が落ちた。
夏場にマルキが離脱してからというものの、何か勝ち切れなくなり、結果的に名古屋へのアシストとなってしまった。
鹿島としてはマルキをどのように見ていたのだろうか。
私的には基本的に長身FWの周りを動き回るセカンドトップ的に見ていたのだが・・・。
まさか今季も20得点ぐらいしてくれると思っていたのなら、大きな見込み違いだろう。
よく、ウッチーやイ・ジョンスの退団が原因という意見を聞くが、守備自体は伊野波が入ってからの方がいいだろう。
あくまで原因は前線の得点力不足だ。得点を中盤の野澤にあまり頼られても困る。
前線があまり得点できなかった分、フェリペ当たりが7点ぐらい取ってくれたら大分楽になったと思うのだが・・・。
可もなく不可もなくのフェリペを起用するぐらいなら、今季は遠藤を我慢して起用して欲しかった気もする。

例年と比べると低調ながらチーム得点王だったマルキを放出し、来季は新しい外国人FWを獲る事が濃厚だが、失敗は許されないだろう。今季は得点力不足に悩んだだけに。

川崎

川島,テセの移籍、序盤のケンゴ,ジュニーニョの離脱を踏まえればよくやった方ではないだろうか。
ただ、レナチーニョの増反,イナの可もなく不可もなくの成績は後悔が残る。
前者は前半にジュニーニョが欠場する穴を十分埋めていたが、突然のシステム変更でポジションを失った。
これは高畠監督がきちんとレナチーニョとコミュニケーションを取っていたら増反は防げたような気がしてならない。
後者は今期の補強の目玉だったが、これといって圧倒的なパフォーマンスは示せず。
あの出来ならば谷口の方にチャンスを与えた方がよかったような気が・・・。
レギュラーを失った谷口は結果的にマリノスへ移籍する事になるが、これはチームの将来を考えると痛い。
谷口は移籍してしまうが、若手の田坂や楠神が経験を積めたのはプラス。何とかこの2人で本来の谷口の得点力をカバーできれば・・・。

優勝を目指す上でトップとハーフは比較的人材は揃っているが、やはり不安は寺田,佐原が引退し層が薄くなったストッパーか。
現状で特に目立った補強ができていないのはとても気になる。
かつては川崎山脈というストロングポイントがいつの間にかウイークポイントに。

清水

何か夏場前の失速はお約束のパターン化した感が・・・。相変わらず夏場前と後では別のチームだ。
前線は恒例のフローデの夏バテこそあったが、年間を通して高いクオリティを発揮したが、守備は・・・。
岩下は昨シーズンは比較的安定していたが、今季は天然系のミスを連発する元のダメな岩下に逆戻り・・・。あれでは退団した青山の方が全然いい。
守備の強化は急務だろう。

今オフはフローデ,テル,市川,西部という比較的ベテラン層の戦力外が目立つ一方で、シンジ,そして今オフの高原の獲得とマリノス程ではないが、クラブとしてのビジョンが不透明なところが気になる。
そんな混乱に乗じて、岡崎,ジュンゴ,兵働,枝村,本田という主力選手に移籍の噂が絶えない。
この中で半分ぐらい抜けようものなら、クラブとしてのダメージは甚大なものとなるだろう。

広島

ACLは早めの敗退でリーグ戦への影響は小かと思いきや、今度は故障者に悩まされた。
しかし、そんな中、横竹,丸谷が経験を積めたのは大きい。これからは彼らが森崎和の後継者になっていくのかな。
主力ではストヤノフ,ヒサトという攻守の大黒柱の欠場があったが、中島,李というバックアッパーが遜色ない働きを見せた。
特にここ数年燻っていた李はまさかのブレイクでヒサトの復帰後もポジションを渡さなかった。
今年は残念ながらACL圏には入れなかったが、逆にリーグ戦に集中できるのは強み。
来季は再びACL圏を目指して欲しい。

横浜マリノス

監督の手腕と凡庸なシュンスケの出来でこの順位なのか。
とりあえず和司監督が精神論ばかりで無能というのはよく分かった。負けたら露骨に選手のせいにするのはよくない。
選手間の競争心を煽るのはいいが、露骨にベンチから外すのはやり過ぎ。特にカズマのメンタルコントロールはどうかと思った。
カズマの代わりに起用した小野もプレー自体は年齢的を考慮すれば合格点を出せるが、主得点源としては失格である。
シュンスケもなあ、数値程働いたようには見えなかった。一応大金で雇われているのだから、格の違いを見せつけるプレーをしてくれないと困る。あの出来ではリストラされたベテラン勢に申し訳が立たない。

今シーズンも凡庸な成績に終わったが、今オフのビジョンの見えないベテランの解雇でまだまだ迷走は続きそう。
谷口,小林の獲得は決まっているが、問題の攻撃陣の補強が出来ていないのは気になる。
今シーズンのFC東京のように得点力不足から来る不振で来季はまさかの降格争いをしているかも。

| | Comments (0)

December 25, 2010

横浜マリノス、甲府へリース中のマイク・ハーフナーが完全移籍

また、ビジョンの矛盾を突っ込まれそうだな。

若返りを語る一方でこういう放出を認めてしまうと。

悪いけど、バスティアニーニとかいうポンコツを高年棒で雇うよりも、マイクの方が全然使えるんじゃないの?

| | Comments (0)

何だ?あのチャチぃトランスフォーマーは?

過去に「トランスフォーマー2010」という作品があり、その節目の年なのに、あのアニメイテッドというチャチぃトランスフォーマーって一体・・・。

今更オプティマス・プライムなんていう聞き慣れないワードをサラっと並べられてもなあ・・・。

いかにもトランスフォーマームービーで感化されたみたいでヤダ。

日本ではコンボイで定着してきたんだから、コンボイでいいじゃん。

今日は最終回だったのだが、なぜかプロール1人だけ死亡という、何とも微妙なエンディングだった。

| | Comments (0)

2010年Jリーグ総括 名古屋グランパス編

例年に比べると執筆が遅いな・・・。まあいいや・・・。

まずは優勝おめでとう。
ただ、チームのスタイルはスマートとはお世辞にも言えなかった。
中央からの攻撃参加がイマイチのため、両ウイングを抑えられると手詰まりになり、思った以上に点を取れなかったが、そこはトゥーリオを上げてのパワープレーなどで乗り切った。
私的には露骨に高さに頼るスタイルはあまり好きではなかったな。
あと、鹿島と清水の自滅にもずいぶん助けられた感も否めずか。

元々守備はそう悪くはなかったが、トゥーリオの加入はやはり大きい。
今までは相手の終盤の猛攻に耐え切れず、勝ち点を逃す事が多かったが、トゥーリオの加入により、その勝負弱さは払しょくされた。

他チームが主力選手を欠くとガクっと戦力が落ちる中、トゥーリオや金崎が欠場しても、それを千代反田やズミが遜色なく埋める選手層の厚さも目立った。
特に千代反田は影のMVPと言ってもいいのではないだろうか。
トゥーリオ自体、故障の多い選手で年間フルにやれるとは思っていただけに彼の獲得も大きかったと思う。

得点王はジョシュアが獲得したが、やはり前線の核は玉ちゃんかな。
ピクシー就任当初は、柏から移籍してきてから、たいした結果を残していないのになぜピクシーがそこまで肩入れするのか首を傾げたものだが、年々故障も少なくなり、それと共に個人成績も年々上昇し、今年はプロ入り最高の結果を残した。
もしかするとジョシュアにPKキッカーを譲っていなければ、得点王もあったのではないかとも思う。
私の中では柏から移籍してきてから、たいした結果も残していなかった玉ちゃんを「よその人」とどうも認めていなかった感があったが、優勝を決めた湘南戦のゴールでやっと「おらが町のエース」と認める事が出来た。純粋に苦しい場面での得点、ありがとうと。

そんな感じで優勝を決めた名古屋だが、マギヌン,杉本と去る人は決まってはいるものの、永井以外の目立った補強が決まっていないのが気になる。
来季はACL制覇も目論んでいるかと思うが、それを踏まえると今のところはチト不安なオフを過ごしている気が・・・。

来季以降も今年の優勝に満足することなく、野心を持ってリーグ戦に臨んでもらいたい。

| | Comments (0)

December 24, 2010

未だ完全に解消されないFirefoxの意外な弱点

Firefox2.0の頃に比べるとかなり安定してきているが、

「URL欄からドロップしてのショートカット作成時にクラッシュ」

の弱点は未だ完全には解消されず。

ChromeはChromeでダウンロード時にフリーズしたりで、結局はセキュリティにアレながら、IEは1番安定していると言えるのかな。

| | Comments (0)

December 22, 2010

今度は勧誘を撃退してみようか

さっきはとりあえず相槌を打つ事で人の心を掴もうという話だったが、逆に相手を否定しまくる事でイヤな人を演じる事もできるな。

おお、たまに来るしつこい勧誘とかで練習してみようか。

こんなノリで。

「勧誘員:新聞取って下さい。」
「Me:間に合っています。」
「勧誘員:キムタクに似ていますね。」
「Me:むしろ草薙君に似ているって言われます。」
「勧誘員:新聞取ってくれたら洗剤あげちゃいますよ。」
「Me:どうせ安物の洗剤でしょ。結構でーす。」
「勧誘員:おじゃましました・・・。」

| | Comments (0)

とりあえず相槌を打ってみようか

上司から以前に指摘された事があるのだが、

「君はよく否定するよね?」

「君のやり方は間違ってるよ!」とかいうノリじゃなくて、

「Aさん:あれはxxですよね?」
「Bさん:いや、そんな事ないですよ」

言うまでもなく、私がBさんね。

こんなノリ。

確かに商談とかだと、とりあえず意見を合わせて同じ価値観を持っていますよ的な事をアピールするのは必要かも知れないな。

以前にも書いたけど、後で自分のボロが出るようなヒューマンスキルはダメだけど。

例えば、こういうのは避けたい。

「A社長:確か君はゴルフが好きだったよな。どうだ、次の休みに一緒に行かんか。」
「B社員:いや、私ゴルフ全然ダメなんです。」
「A社長:・・・。」

でも、めんどくさいな。

イチイチ自分のついたウソを覚えておく、もしくはそのウソを周知の事実として脳に刷り込むというのは・・・。

| | Comments (0)

December 21, 2010

料理中に手を火だるまにされかかる

昨日は「プログラマやSEは手が命」なんてかましていたら、何気に思い出した。

少し前の話なのだが、休日の朝ごはんに袋入りのコンビーフを痛めていて、うっかり袋ごとフライパンに落としてしまい、その袋を取ろうとしたら、袋に残留していた油が引火し、右腕1本火に包まれた。

何度か火傷の類はしたことはあったので、そういう免疫はあるつもりだったが、何かこの時は動揺して火から手を抜くのが遅れてしまった。

しかし、油とか鉄板とか、いろいろな火傷はした事はあるが(どういう人生過ごしてんだ!)、それとはまた別の熱さがあったな・・・。

何かちょっとトラウマになりかかっているし・・・。

ふと我に返ると、

「げっ!腕の産毛がない!」
「脱毛か!」
「何プレイだよ!」

火傷したら熱いのはともかく、ほんと脱毛扱いになるのがこっ恥ずかしてヤダ。

何か火傷以前の問題のような・・・。

| | Comments (0)

December 20, 2010

プログラマやSEは手が命

かつて、「芸能人は歯が命」なんて言葉があったが、プログラマやSEは「手が命」である。

とか言いつつも、アンタ、

「今でも巻き割りで拳と手首鍛えているじゃないですか!」

ああ、それはそれで。

もちろん仕事にさし障りのない程度にやっていますから。

| | Comments (0)

December 17, 2010

ばっかり食いも侮れんな

食事のときに様々な品目を突きながらではなく、1つの品目を集中して食べるばっかり食いは比較的子供に見られる傾向だが、きちんと摂取順を考えているのであれば、決して侮れんな。

某誌に載っていたが、鍋は理想の食物摂取順なんだとか。

野菜などの食物繊維→肉→うどん,米などのたんぱく質という順に摂るのは、とてもいいのだそうだ。

ただ、このような事は最近よくTVでもやっているな。

何かそれに踊らされているように見えるのは少しイヤだ。

| | Comments (0)

December 16, 2010

使ってはいけないパスワード

ソースはコチラ

どれも使おうとは思った事はないな。

なぜかAdministratorがないのには驚きだが、これも危ない。

ここにはないけど、誕生日とか家族,恋人の名前はよくないとよく聞くが、それも使わないな。

じゃあ、どういうパスワードを使っているかって?

それは秘密・・・。

| | Comments (0)

X-Flock 2.5 におけるYahoo!ツールバーはブックマーク登録後、登録画面のポップアップが閉じない

おそらく通常版のFlockも同じ挙動を取ると思うが、どうもブックマーク後に登録画面のポップアップがうまく閉じてくれないようだ。

と言っても、ポップアップを手動で閉じてしまえば、ブックマークのリロードが始まり、ツールバーにてブックマークが登録されている事が確認できる。

要はFlockだと手動でポップアップを閉じないといけないので、1アクション増えるという事だ。

| | Comments (0)

December 15, 2010

人や自分の窮地にこそ人の真価や本音が現れる、そして飲み会のシーズンは気をつけろ

少し昨日の続きみたいになるけど、正にコレ

実はコレ、私の体験談なのだ。

前に勤めていた会社の忘年会で、私は元々アルコールがダメなのに散々酔わされて、とうとう身動きが取れなくなってしまった。

でも、身動きは取れないだけで、人の言う事は聞こえていた。

そんな状況の中、会社の連中、いろいろ私に言ってくるのよ。

入社3ヵ月目にして、信用できる人間と信用できない人間をしっかり仕分けさせてもらいましたよ。

私に聞こえているとも知らず、いろいろひっどい事言われたねえ。

人の心配より、

「雰囲気が乱れる」

とか、

「こんな奴置いていきましょうよ」

とかいろいろかまされましたよ。

今でも覚えているけど、シンプルに

「お前ら殺す」

と思ったもんだ。

ヘルウルフ君じゃないけど。

当然、実際殺していないけどね。

一部の信頼できる人たちは二次会をすっぽかしてまで私に付きっきりでタクシーに乗せられ、そこで私は意識を失い、朝目覚めたら、自社の台所に捨てられていた。

そんな感じで人間関係が崩壊したのもショックだったけど、2分差でお気に入りの時計がゲロで破壊されたのもショックだったな・・・。

そこは笑うとこなのか。

後日、ある程度復調したら、体はもう大丈夫なんて気遣いの言葉もなしになぜかお説教

何だそりゃ?

これでますます会社への不信感を募らせる事となった。

というより、人としての不信感か。

ちなみに私はこの1件以来、アルコールをほとんど摂取しなくなった。

酔いつぶれで醜態さらして恥ずかしかったとかじゃなくて、この時の体へのダメージが酷く、以後4年位は少し多めに食べては吐くという状況が続き、次こういう事をしたら確実に死ぬなと思った危機感からである。

元々アルコールが嫌いな人なので、アルコールを断るという証文としては大助かりという面もあるのだけど。

当然、もう飲めないなんていう悲壮感もない。

あえて言うなら、飲み屋とかバーには行けないから、必然的に女性との出会いの機会は減るけどね。

ただ、飲み会の場で食ってばかりというのは少々気が重いという事もない事はないが・・・。


まあ、愚痴になっちゃったけど、それくらい人や自分の窮地には人格や本音が現れるということ。

だから、

いくらいい人を演じていても、窮地が来たら化けの皮が剥がされる。

絶対に。

| | Comments (0)

December 14, 2010

強引に酒を勧めて来るのは不快

確かに勧められてあまりにも断っていると雰囲気が悪くなるというのは認めるよ。

それでも私のように体を壊して飲めないという人も中にはいるのだから、ある程度勧めて尚断られるのなら、そこは何か理由があると察して欲しい。

韓国では3回断られて飲まないのは失礼に当たるということを聞いた事があるな。

美味しんぼの受け売りだけど。

そもそも飲み会の場って何?

ただお酒を飲むだけなの?

「コミュニケーションの場」

というのが正しい答えじゃないの?

私の場合は飲めないけど、それが目的で参加している。

実際、参加する事に意義があると褒めて下さった方もいたし。

前にも書いたような事だけど、コミュニケーションを取ってお互いの事を知っていれば、多少の相手の失態は許す事が出来るから、私の後輩にもその辺の事は説いている。

コミュニケーションは大切だから、出先の飲み会はできるだけ出席しなさいよと。

| | Comments (0)

December 13, 2010

忘年会の場にしたくないところ、それは焼き肉,鍋

「焼き肉、もしくは鍋」

この2つって、モロ人格が出るな。

実際に焼き肉奉行や鍋奉行なんて言葉があるくらいだし。

食べ物の恨みは怖いとも言うな。

特に焼き肉では、いろいろトラブルを経験しているのでトラウマというか・・・。

親交を温めるはずが人間関係崩壊みたいな・・・。

しかし、気を遣っての焼き肉ほど不味いものはないな。

焼き順がどうたらとか,オレのエリアに手を出すなとか,コイツは食ってばかりで焼かねえ、肉を取りに行かねえとか、ああ、ネガティブなことばっか。

焼き肉はよほど仲がいい人、もしくは大人の人としか行きたくないな・・・。

となると、家族と食べに行くのが無難か。

イヤな思いをしてまで、焼き肉を食べたいとは思わない。

| | Comments (0)

会社の席替え

人事異動とかならまだ分かるけど、過去になぜか請負業務が変わるわけでもないのに、外注の人間まで巻き込んだ席替えがひんぱんにある会社もあった。

何ていうかなあ、

「子供じゃあるまいし、席替えが楽しい年頃はとっくに過ぎている」
「時間のムダ」

私、枕が変わっても眠れるけど、あまり頻繁に席替えとかビルを移ったりとかで環境が変わるのはあまり好きじゃない。

何か落ち着かないというか。

あえて席の希望を出すならば、出入口と対面で後ろが壁だったら、あとはどうでもいいや。

| | Comments (0)

December 12, 2010

怖いよドリトル

ひぃ~犬がアイスピックで串刺しに。

今夜うなされそう・・・。

安楽死マンセーのまんじゅう頭とキチガイ長男。

もうイヤ・・・。

| | Comments (0)

December 11, 2010

ヴァンプ様風に女性の歩きタバコをつぶやく

「歩きながらタバコを吸うなんてガラの悪い。」
「困る。あのポニーテールの怪人がウチの知り合いだと困る。」

とか思っていたら、思わずプッと吹いた揚句にその怪人に振り向かれ、何とも微妙な空気に・・・。

つぶやくのは勝手だけど、人に悟られないようにしましょう。

| | Comments (0)

December 10, 2010

横浜マリノス中澤、グダグダ強化担当に憤慨

この時期にユウジが質問した強化ビジョンに対して明確な答えが出せないというのはどういう事よ。

とりあえず選手は切って、ある程度のお金は確保したけど、使い道を全然考えていないんだ。

一応、清水を自由契約になった青山の獲得は決まったけど・・・。

もうこの時点で下條は無能晒しているな・・・。

ユウジの契約も金額以前に強化方針に対して明確な答えが出るまで終わりそうにないな。

最悪越年もあるか。

年明けにアジア杯もあるというのに・・・。

日本代表の足まで引っ張る気か、横浜マリノス。

| | Comments (0)

Softonic日本語ページ

新しいソフトウェアサイトという事で拝見させてもらったのだが、

「無難」

というか・・・。

特に目新しさが見受けられなかったというのが本音だ。

| | Comments (0)

December 09, 2010

名古屋、マギヌンと杉本が退団。そして新戦力と契約合意間近?

マギヌンと杉本の退団はおそらく、ジュンゴと永井の入団を見越しての退団だと思うが、少々タイプが異なるだけに不安がないわけでもない。

今季のマギヌンのポジションは本来天職ではなく、ブラジル人には珍しい?ハードワークなど、彼のセンスで勤めていただけに今度はスペシャリストが欲しいところだったが、その後釜はインサイドハーフの経験があるとはいえ、またまた天職とはいえないジュンゴというのはどうなのかなと。

ダニルソンを半列上げて、アンカーのスペシャリストを探してもよかったような気もしなくはない。

杉本の方だが、彼はどちらかというとチャンスメーカーで、その後釜になるかも知れない永井はストライカーの印象がある。

現在の右サイドは杉本のような本職ではないものの、ムウ,ズミ、そしてジュンゴが入団するのであればチャンスメーカーは飽和状態となり、ストライカータイプの永井は貴重な存在となる気もしなくはない。

だが、今の名古屋のシステムは日本ではまだ数少ない3トップシステムを採用しており、そのシステムに永井がスンナリ順応できるかは疑問符が付く。

2トップでないとダメだとか、サイドはダメだとか言うのでは困る。

彼がダメだったときの保険として、接触しているという噂のある、マリノスのカズマ当たりを釣り上げる事が出来れば締めたものだが・・・。

来季は本気でACL制覇を狙えるチーム作りをするために、今オフの補強は的確に行い、失敗がないようにしてもらいたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

何が長持ち電球だよ

「従来品より暗いよ」

そりゃ発光電力を抑えりゃ長持ちもするわ。

「ア ホ か !」

| | Comments (0)

December 08, 2010

一太郎2011 創 スーパープレミアムで遂にジャストシステム主要アプリケーションがポータブル化

とうとう一太郎や花子がポータブル環境で動作するようになるかって、よくよく考えたら、一太郎Ver3や花子Ver1はフロッピー1枚で動いていたのだから、やっとお手軽な動作環境が戻ってきたのかという方が正しいか。

しかし、実物はどんなもんなんだろうね。

ジャストシステムのアプリケーションって、Microsoftの競合製品と比べると、要求されるスペックも高め、かつ起動時間が長い。

それを踏まえると、実際USBメモリに入れて使い物になるかと言われれば、少々疑問符が付く。

もしかすると、高速読み書きができるUSBメモリでないと、実用には耐えられないのかも。

| | Comments (0)

December 07, 2010

歴史は繰り返す。PS2とPS3の関係


性能はPS3に劣るけど、購入人口が多いPS2。

性能はいいけど、初期生産分のマシンでしかPS2のゲームは遊べず、万人受けしないPS3。

この構図って、

「ほぼPC88とPC98の関係じゃん」

歴史は繰り返すというか・・・。

| | Comments (0)

久し振りにネットオークションをチェックする

この手のバータレって、まだいるのね。

「入札単位を守らない」

あれはホントにムカつくな。

2,500円の品を2,501円とかでかっさらって行く。

酷いときには殺意すら湧いてきそうだ・・・。

| | Comments (0)

December 06, 2010

名古屋グランパス、グダグダ優勝報告会

汚ったねー。

地元紙は悪い事は書かんなあ。

中スポと日スポじゃエラい違いだよ。

ピクシーが病欠でドタキャンしたのはしょうがないとして、実はDJとオグちゃんがKYでかなりグダグダな優勝報告会だったんだとか。

甘く言えば優勝慣れしていないというのもあったのかな。

| | Comments (0)

横浜マリノス、今度は松井にオファーか

は?

ドリブラーが欲しいなら、山瀬切る必要ないじゃん。

お寒いくらいグダグダだねえ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おとなしい子は手が掛からない子か

私的に答えはノー。

実際、ケガとかして、泣いたりすることで親が病院に連れて行ったりするが、あまりにもおとなしすぎて感情表現がないばかりに病院へ連れて行くのが遅れたケースというのもある。

だから、おとなしすぎるのも考えものである。

ペットでも同じような事が言える。

ペットだと言葉が話せないからなおさらかも。

私もちょっとケースは違うのだが、歯医者で歯を削っていて麻酔されるのイヤでポーカーフェイスをしていたら、先生に「痛そうな顔しないから麻酔するタイミングが分からないだろ」と叱られた事がある。

ああ、ハイハイ、私が悪うございました・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 05, 2010

横浜マリノス、嘉悦社長が来季はACL出場圏3位以内宣言

思わず、

「バカ?」

って思ってしまった。

ビジョンがないってのが丸出しというか・・・。

冷静に考えれば、3位以内なんて無理なのは誰にも分かる事。

正しいビジョンを持っているのれあれば、

「2年後に5位以内,3年後に優勝」

とかなら、まだ理解できるんだけどね。

マリノスの将来は暗そうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

FC東京、J2降格

あらら、結果的に悪い予感が当たってしまったようだ。

大黒はケガではないんでしょ?

この日は最初から布陣で守りに入っていたのが敗因か。

年間を通して見ると、数字ほどチームは悪くなかったとは思うが、平山を中心とした前線の決定力不足から来る効率の悪さが目立った。

石川もなあ・・・。

昨シーズン、あれほど得点したから、来シーズンの分は残しておけよなんて思っていたら、本当にスランプに陥っているし・・・。

さて、J2降格となったFC東京だが、主力選手の去就はどうなるのかな。

ザックがジーコのように2部でプレーする選手は代表に呼ばないとかコスい監督であれば、今野や徳永は移籍しなければならないだろう。

平山はいらないかな。

ここ数年、FWの軸に据えている割には明らかに物足りない。

いくら適性がポストプレーヤーでも得点力不足な感は否めず。

J2降格を機に思い切って放出して、攻撃陣の再構築を図るのも手だろう。

積極的な補強に対し、成果が上がらなかった今シーズンだったが、1年でのJ1復帰は当然の目標であり、2年連続の失敗は許されない。

そう、ジェフ千葉のような事は絶対に避けなければならない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 04, 2010

天体戦士サンレッドのコミックが見つからない

うーん、うちの周りだと、どうも売っていないな。

結構マニアックだから、あまり需要がなくて置いていないのか?

BOOK OFFでも、なぜか1,2巻しか置いていないし。

困った・・・。

| | Comments (0)

December 03, 2010

川崎フロンターレ、FC東京へ謎の差し入れ大作戦

ソースはコチラ

差し入れ元が川崎という場所もあるし、FC東京のユニフォームが半分赤いからって、

「フロシャイムか!」
「FC東京とは友好的な敵対関係を築きたいってか!」


おもしれえ・・・。

でも、万が一降格したら降格したでバナナで滑ったって、思いっ切り叩かれそうだな・・・。

実際降格を争うライバルはJ2降格経験があるのに対し、FC東京はJ1昇格以来、降格経験がないだけにこういう局面で普段通りの力が出せるかは疑問符が付く。

なーんか私的にはFC東京が降格しそうな気がしてならないんだけどな・・・。

それが杞憂に終わればいいけど・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018年W杯開催国はロシア,2022年W杯開催国はカタールに決定

今回の決定はいろいろ不満だな・・・。

そこでポイントを3つ挙げてみることにする。。

・最近はFIFA内部の不正がささやかれ、お金の力で勝ち取った開催という陰口を叩かれる。

日本はクリーンと言われているが、そこまで予算を投入しなかったのもまた事実。

前回開催が2002年と間隔が短いという不利が働いたようだ。

・会場交通アクセスの確立

カタールはお金はあるのかも知れないが、そこまで交通が発達しているとは思い難い。

そんな状況で大丈夫なのか。

ロシアはご存知世界最大の国土を持つ国で会場の選定などはどうするのか。

極端な話、今節はモスクワで試合して、次節ウラジオストクなどで試合というのはありえないだろう。

交通費もバカにならないし、会場による極端な環境の変化(南アフリカのときは標高)はあまり好ましくない。

かといって、あまりに会場を西側に集中させると、それはそれで不公平感が出て問題だろう。

・ナショナルチームとしての実力

ロシアはEURO2008を沸かせたくらいでここ数年の実績は寂しいものがあり、カタールに至ってはW杯最終予選まではコマを進めているものの、他国の草刈り場状態な感は否めない。

そんな国がW杯を開催するのってどうよ。

どうにも納得できないのだが。

最低2014年大会くらいは出場しないと赤っ恥だろう。

最もカタールは2018年にもチャンスはあるが。

そんな事ではホスト国枠でないと出場できないというレッテルを貼られる。

1994年に開催したアメリカのように、次回大会でキッチリ穴埋めできれば1番いいのだが・・・。

ホスト国でなくても、きちんと実力はつけていますみたいな。

そして今年は南アフリカが初めてホスト国でグループリーグにおいて敗退しているので、絶対決勝トーナメントに行かなきゃならないというプレッシャーは若干薄れ、それに対する危機感の低下も懸念される。

ロシアはソコソコやれそうな雰囲気はあるが、カタールは南アフリカ同様、無様な姿を晒すような気がしてならない。

あと、カタールなんだけど、

「南米からの帰化選手による、カルロス,サンチェスとかパッチワークみたく、かつ愛国心ゼロのナショナルチームを送り込む事だけは勘弁して欲しい」

中東って日本より全然帰化の敷居が低いから、2018年くらいになったらW杯に出たい選手が殺到しそうだな・・・。

帰化選手ばかりの愛国心のナショナルチームなんてあっという間に崩壊する事は1998年のジャマイカ(そんな国に日本は敗北したが)が証明しているでしょ。

以上、文句タラタラでした。

正直、あまり期待はしていない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 02, 2010

コウモリな奴は信用できない

ウソばかりつく奴は論外として、ケモノと鳥の間を行き来するコウモリのような、

「物事の結果やその時の状況に応じて発言がコロコロ変わる人は信用できない」

結果オーライでも、物事の過程がダメだと思えば、その場でハッキリ言えばいい。

それを忘れかけた頃に証文を持ち出してガミガミ言われるのは気に障るし、物事の考え方に一貫性がないという点では人として信用できない。

以前、出先で仕事をしていて、どうにも進捗がよろしくなく、相方の方が僕の指示が悪いのかなと最初は言っていたくせに、上司からの風当たりが悪くなった途端に全部私のせいにされた事がある。

もうこういうのは本当にドン引きするし、人として信頼できないし、本当の人格を見ちゃったという感じである。

本音はそれかいと。

「そういうのは臨機応変とかTPOとは言わない。単純明快に汚い奴。それだけだ!」

あと、私自身、職業柄なのか、よく分からないけど、結果的に何となくプログラムが動いちゃったってのは嫌う。

そういった場合は必ずその要因を調べるようにしている。

自分のためにもならないしね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 01, 2010

渦中の横浜マリノス、大黒にオファー

え?

チームは若返るんですよね?

主力を4人切った結果がそれですか?

サポーターをバカにしていますよね?

こんなグダグダなビジョンで不退転の決意とは笑止千万。

もう呆れてものが言えない。

今日明日にみなとみらいのクラブが焼き討ちに合わない事を祈る事にしよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

横浜マリノス、松田直樹のかつての名言

確か以前の契約の場でこんな事を言っていたっけ?

「契約条件として、レンタル中の吉田孝行(現神戸)をチームに戻してくれ」

と。

うわ、今思い出しても、かっけー。

自称「Jリーグ一の問題児」と語っていたけど、ただの問題児にこの発言は出来んよ。

ああ、今のこのピンチに誰かこういう事言ってくれないかな。

ボンバーな人とか、キノコな人とか。

性格的にそういう事を言うタイプじゃないのは知っているけど、そこはあえて。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

空中分解寸前横浜マリノス(後編)

下條も若返りとか抜かしている割にはシュンスケを獲得するという蛮行を犯している。

これは若返りに対して全く対になる補強なのだが。

もうこの時点でクラブにビジョンがない事は明らかだ。

放出したベテランの穴はトライアウトで埋める?

で、それでまた30歳前後のベテランを獲るんですか?

バカにしていませんか?

悪いけど、こんなグダグダなクラブにジュンゴは来ませんよ。

思い返せば、マリノスの異変はクラブハウスをみなとみらいに移してくらいからだな。

あの辺からよくお金がないとか言い出すようになったし。

その割にはムダな補強があったりとかしたけど。

シュンスケとかバスティアニーニとか。

プロフェッショナルとして施設を改める事は悪い事じゃない。

しかし、良質な練習環境を構築して、それに対して成績に結果が出ないのでは本末転倒だろう。

和司監督も酷いな。

「今回の件はフロントにまかせてある」

うわ、信じられん。

もう聞き飽きた、

「戦えない選手がいる」

発言同様、

「また人のせいですか」

だから選手もついてこないの。

彼の采配や振舞を見ていれば、狩野,田中,カズマが不信感を抱くのは別に驚きはない。

ところで今の采配も何なの?

故障者がいるのもある程度分かるんだけど、切るはずの松田,山瀬,河合,清水がずっと出ているのはどういうこと?

チームは若返るんでしょ?

別にもうACL出場の可能性もないのなら、来季に備えて若手に切り替えればいいじゃん。

これもまたビジョンのない証拠だよな・・・。

もう何ていうか、和司監督って、

「人としても戦術的にも無能」

なんだよね。

悪いが、来季もこの人にチームを預けるのは非常に危険である。

こんな惨状を見ていたら、来季の「降格」という大きな文字が見えてきたな。

ただ、降格するとヤバいだろうね。

日産のゴーン社長が絶対大幅に予算を削って来るだろう。

その行き先は、

チーム予算縮小 → 主力選手の放出 → 成績低迷

のループでヴェルディみたく、親会社(日産)がクラブを手放すだろうね。

もしかすると、5年後には公園のグラウンドで練習するようなクラブに成り下がっているかも。

ああ、それじゃまるで横浜FCだ・・・。

10年後には横浜FCと合併していたりして・・・。

某誌にはマリノスは静かなオフを迎えると既に載せちゃっているけど、かつてない騒々しいオフになるだろう。

しかし、それも今はまだほんの序章に過ぎない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

空中分解寸前横浜マリノス(前編)

マツに続き、山瀬,清水,河合,坂田,浦田,梅井,斎藤陽も解雇となった。

マツが切られるぐらいだから、年齢的に清水,河合,そして坂田当たりも危ないかなと思っていたら、あらら本当に切られてしまったという感じだ。

年齢を踏まえれば、マツ,清水,河合が切られたのはある程度理解するとして、山瀬が切られる意味が分からない。

山瀬って毎年のように故障がちだったけど、今年は若干得点不足な感はあったけど、よくやってくれたと思ったのになぜ?

彼の放出は絶対後悔するし、欲しがるクラブはいくらでもある。

「バーゲンとしか思えない」

そうそう、忘れちゃいけない。

解雇通告も酷いな。

代理人からって・・・。

テメエで切るくせに顔も合わせないなんてどういうことよ?

坂田もなあ、少しかわいそうな部分がある。

故障もあったんだろうけど、前木村浩吉監督が当時大島(現新潟)が不甲斐ないばっかりに1トップ起用したくらいから、フォームを崩し始めた。

それを踏まえると何とも言えない。

マツもまた追加で下條が火に油を注ぐような事を言っているよね。

引退後にスタッフとして戻って来る可能性とか。

はぁ?そんな事を言うくらいなら契約して下さいよという感じだろう。

今のタイミングでその発言はありえない。

KYにも程があるだろう。

こんなんだから、未だに井原や小村もスタッフとして戻ってこないんだろうな。

この人事に対して、とうとうユウジが口を開いたね。

タイミング的に少し遅くて少しムッとしているが。

もう1人コメントがあってもよさそうな人がいるけど、執筆時点ではシカトしている。

そもそも今回の大量解雇は君の高年棒も一枚絡んでいるんだと思うのだが。

少なくとも、

「シュンスケさえいなければ、2,3人の選手の首は繋がった」

だろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Google Cloud Connect for Microsoft Officeプラグイン でMicrosoft Office より Google Docs へアクセス可能に

へ?

Googleさん、前に Microsoft Office 2010 を買わないで Google Docs を使用しましょうとかアピールしてませんでしたっけ?

何とも解せないな・・・。

便利そうではあるけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2010 | Main | January 2011 »