« あれ?この日の嵐にしやがれの内容って、そんなんじゃなかったよね? | Main | AdobeもJWordレベルに落ちたと思っていいの? »

July 04, 2010

2010W杯 パラグアイVSスペイン

パラグアイ 0-1 スペイン

意外とスペインをフルで見ていなくて、悪いというのは聞いていたが、確かにこの日見ている限りではトーレスは我慢の限界だろう。

交代も今までより早く、これがトーレスへの最後通告だったと思いたい。

そして、ドイツ戦の試合開始時にはセスクの名前があることを願いたい。

セスク投入後は前半のグダグダさがウソのようだった。

システム的には、ブスケもお仲間に入れてあげた、quatro jugones ではなく、cinco jugones でいいの?

さて、試合展開だが、最初はパラグアイ。

20分くらいまでは、スペインもパスミスが多く、ハッキリ言ってグダグダだった。

ある意味、エンジンの掛かりの悪いスペインは次節、最初の20分をどう持ちこたえるかがカギだろう。

最初のドラマは後半10分頃に訪れる。

パラグアイにPKが与えられるが、これをスペインGKカシ―ジャスが完璧なPKストップ。

このとき、PKをしくじったパラグアイFWオスカル・カルドーソの試合後の号泣の原因はおそらくこれ。

あれは見ていて気の毒だったし、泣き崩れる193Cmの大男をなだめて帰るパラグアイのスタッフはさぞ大変だっただろう。

このとき、なだめに入ったセスクやイニエスタの姿に何か人柄を見たね。

前日に下品な舌戦を繰り広げていた下品なドイツ人とは違うものを。

さて、試合展開に戻ると、カシ―ジャスのPKストップ後、3分もしないうちに今度は逆にスペインにPKが与えられ、キッカーはPK職人シャビ・アロンソ。

これを落ち着いてPKを沈めたかに見えたが、バカタレー、何2人くらいキック前にペナルティーエリアに入ってんの!

この2人ほどのバカ者のせいで仕切り直しとなったPKを案の定シャビ・アロンソが想定内の失敗。

あそこで決めるのが超一流なんだけど、あの雰囲気でシャビ・アロンソを責めるのはお門違いか。

それ以降はスペインのペース。

高速ダイレクトパスというボディーブローが効き始めたか、パラグアイは以前にも増してボールを拾えなくなる。

そして、83分、前半は時折3人寄せという「メッシ待遇」を受けていたイニエスタが個人技で中央突破し、ペドロがイニエスタからのラストパスを落ち着いて流し込み・・・と思ったら、バーにクラッシュ。

あ、そっか。彼は左利きだから多少多めにみなきゃいけないか・・・。

しかし、ペドロのクラッシュをビージャが落ち着いて流し込み、待望のgolazo。

こういう苦しいときにゴールを決めてくれるのが真のエースだよねえ。

あの人や・・・あの人みたいな紛い物ではない、真のエースだね。ビージャは。

結局、この得点が決勝点となり、試合終了。

ドイツの優勝を8,9割確信したと言ったが、スペインも後半のようなクオリティをコンスタントに出せるようならば侮れないな。

おそらく、ドイツVSスペインの勝者が優勝するんじゃない?

ウルグアイはスアレスのサスペンションは1試合じゃ解けそうになく苦しそうだし、オランダはあのクオリティで優勝しようなんておこがましいでしょ。

次節はファン・デル・ヴィールとデ・ヨンクが出場停止。

スアレスの不在で苦しいウルグアイだけど、守備が多少手薄になったオランダに対し、まさかのジャイアントキリングで決勝に来たりしてね。

|

« あれ?この日の嵐にしやがれの内容って、そんなんじゃなかったよね? | Main | AdobeもJWordレベルに落ちたと思っていいの? »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2010W杯 パラグアイVSスペイン:

« あれ?この日の嵐にしやがれの内容って、そんなんじゃなかったよね? | Main | AdobeもJWordレベルに落ちたと思っていいの? »