« 2010W杯 決勝戦展望(スペイン編) | Main | 2010W杯スペイン優勝もその裏では・・・ »

July 12, 2010

2010W杯はスペインが初優勝

オランダ 0-1 スペイン

W杯の歴史を振り返ると、1番魅力的なフットボールをしていても優勝できないチームが
多いが、今回はそれが覆ったので素直に嬉しい。

いくつか、この日のポイントを挙げていこうか。

「ファン・ペルシーと心中したファン・マルワイクとフェルナンド・トーレスと心中しなかったデル・ボスケ」

まず、これが1つのポイントかな。

明らかに機能していないファン・ペルシーを起用し続けたファン・マルワイクの戦術には大きな疑問を残した。

それと共にあんな大きな戦術的なアラがありながらファイナリストまで勝ち上がったのは、組み合わせに比較的恵まれ、何か偽りありみたいな感は否めなかった。

案の定、後半終了近くにロッベンの走力が落ちてくると、チャンスの数が激減した。

あれがオランダらしからぬ、スナイデルとロッベンの個に依存したフットボールの限界だろう。

一方でパラグアイ戦で一向に調子の上がらないフェルナンド・トーレスを見切ったデル・ボスケの判断はやはり正しい。

それでもベスト8まで我慢したのだから、正直動くのが遅いぐらいか。

「監督の力量の差」

スペインのデル・ボスケ監督のフェルナンド・トーレスは×だったけど、ナバス,セスクの投入は確実にオランダにダメージを与えた。

しかし、ファン・マルバイク監督の投入したエリア,ラフィ,ブラーフハイトはまるで機能しなかった。

投入の意図は感じられたけどね。

エリアは過大評価なのかな。

予選リーグぐらいだと通用しても、トップクラスではまだ辛いのかも。

そもそも長友にキッチリ抑えられるようでは・・・。

ラフィの投入は中盤でリズムを作りたかったのとスナイデルのマークを緩くしたかった意図があったと思うが、これがサッパリ・・・。

ブラーフハイトというか、左サイドバックの修正はあれだけナバスに崩されていたのに遅過ぎる。

本気で勝ちたかったのなら、あそこは今1つ守備に信用のならないブラーフハイトではなく、オーイエルだったのではないか。


「決勝戦を台無しにしたイングランドのハゲブタ野郎」


何だあの家本のコピーのような審判は。

決勝戦の雰囲気に呑まれて試合を全然コントロール出来ていないではないか。

この試合が荒れたのは間違いなくこの人のせいだ。

それと付け加えるならば判定がオランダ寄りに見えた。

天下のイングランドがあのようなパフォーマーを派遣するようでは終わっている。

あんなだから、試合終了後にスナイデルやファン・ボメルに詰め寄られるんだ。


「記録づくしのW杯」

いろいろあったねえ。

  • 「スペイン初優勝」
  • 「欧州王者と世界王者のダブル」
    (前後はいいのかな?一般的にはW杯後のEUROで判定する事が多いようだが)
  • 「GL初戦敗退チームは優勝できないというジンクスを跳ね返す」
  • 「欧州国は欧州国以外で優勝できない」
  • 「初の4人同時得点王」

最後の得点王だが、トロフィーは得点以下はアシスト,出場時間が優先されるのは初めて知った。

その結果、トロフィーを持ち帰ることになったのはミュラーとなった。

これは何だかなあと思った。

何か不平等というか・・・。

あと、MVPはなぜフォルラン?

異議ありとまでは言わないが、個人的にはビージャかカシ―ジャスに上げたかった気が・・・。


ショぼい審判,ジャブラニを最後までモノに出来ない選手達,無様だったフランス,イタリアといろいろネガティブな話題があったが、私的にはスペインの優勝という最高の結果で幕引きしたので、今まで見たW杯では1番楽しめたような気がする。

今はただただ「おめでとうスペイン」だね。

|

« 2010W杯 決勝戦展望(スペイン編) | Main | 2010W杯スペイン優勝もその裏では・・・ »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2010W杯はスペインが初優勝:

« 2010W杯 決勝戦展望(スペイン編) | Main | 2010W杯スペイン優勝もその裏では・・・ »