« 2010W杯 6/18 | Main | 何で日テレは日本が決勝トーナメントへ進む事を前提に話を進めているの? »

June 20, 2010

日本VSオランダ

日本 0-1 オランダ

思ったより恥ずかしい試合にはならかったが、ここ1番の決定力が勝負を分けた。

大久保のシュートが1つでも枠に飛んでいれば・・・。

オシムさんは大久保のエゴイスティックなプレーを批判していたが、シュート意識は日本人には足りないところなので、むしろあれぐらいがちょうどいいのかも知れない。

岡崎もなあ・・・。

あの決定機で疲れているのならともかく、出場して数分の選手があれをフカすようではダメ。

本田は論外。

ベンチワークにも不満が残った。

シュンスケは案の定、何もできなかった。

周りの動きだしが悪いという声もあるようだが、あれが今の彼の実力でしょ。

短絡的に石川というカードを選ばなかったから、あんな貧相なカードを切ったに過ぎない。

次の交代で岡崎と玉田を投入したけど、岡崎はともかく、点が本当に欲しいなら森本でしょ。

こんなところで代表の序列など見たくない。

このときにアウトになったのが大久保と長谷部だったが、まかりにも長谷部はキャプテンなのだから、最後までプレーさせるべき。

この交代でキャプテンマークを巻いているのは長谷部だけど、本当のキャプテンは中澤なんだなと再認識した。

これも代表の序列か・・・。

あと、エリア投入時にコマキチ君と長友のポジションが入れ替わったが、あれも想定内だった。

でも、何だかなあ・・・。

チームの勝利とは言え、

「コマキチ君の守備は信用できない」

という事を自ら証明してしまった。

逆にファン・マルバイク監督はもっと日本に研究熱心なら、もっと大差が付いただろうね。

今日の布陣はコレだったけど、

     ペルシー

 ラフィ スナイデル   カイト

     デヨンク ボメル

ジオ 魔大戦 ヘイティンガ ヴィール

        ステケレンベルク

次の布陣でウイングが左右のポジションチェンジを繰り返していたら、どうなっていた事か。

      カイト

 エリア  スナイデル   ペルシー

     デヨンク ボメル

ジオ 魔大戦 ヘイティンガ ヴィール

        ステケレンベルク

左右のポジションチェンジはやっていたけど、突破力の劣るカイトとラフィだったから助かったようなものだ。

結果的には敗戦し、今節カメルーンに勝利したデンマークと決勝Tの切符を争う事になった。

デンマークはオランダより劣るものの、高さを押し出す日本としてはあまり得意ではないタイプ。

結果はあまり期待していないが、最後まで悔いを残さず恥ずかしくない試合をしてもらいたい。

|

« 2010W杯 6/18 | Main | 何で日テレは日本が決勝トーナメントへ進む事を前提に話を進めているの? »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本VSオランダ:

« 2010W杯 6/18 | Main | 何で日テレは日本が決勝トーナメントへ進む事を前提に話を進めているの? »