« 韓国VSギリシャ | Main | 最後まで不幸な女だったよ。よし江さん。 by 怪物くん »

June 13, 2010

アルゼンチンVSナイジェリア

アルゼンチン 1-0 ナイジェリア

ナイジェリアのGKエニュアマの好セーブがなければ、4点くらい取られてもおかしくはなかっただろう。

エニュアマの好セーブが目立った一方で、攻撃陣は大ブレーキ。

初戦という事で気負いがあったのかな。

あと、前線がスピード系統の同じようなタイプの選手ばかりなので、選手交代に効果があるとは思えなかった。

唯一、高さで勝負できるカヌーを前線に入れて、彼のポストプレーで流れを変える事もできたのではないだろうか。

さて、アルゼンチンだが、早い時間帯にまさかのエインセのゴールで先制。

DFのゴールは大きいかな。

トーナメントにおいてシブ目な選手がゴールを一度あげると、その期間中はノッってくれることが多いし。

アルゼンチンは勝利こそしたが、気になる点が2つある。

1つめは、

「必要以上にメッシに預け過ぎ」

あれではパターンが読まれてしまうし、本人もプレッシャーになってしまう。

特にテベスはもっと自分で打ちに行ってもいいのではないだろうか。

何かメッシにばかりパスを送っていたような気がする。

後半のカウンターの場面は自分で行くべきだと思った。

2つめは、

「右サイド」

この日のシステムは、登録上は次のような感じになるのだろうか。

結構変則的にポジションが変わっていた感はあるが。

       テベス イグアイン

         メッシ

 ディ・マリア         ベロン

       マスチェラーノ

エインセ サムエル デミチェリス ホナス

          ロメロ

攻撃はメッシの中央突破がメインに、時折左サイドからのアタックを混ぜていたが、右サイドはマッチアップするタイウォに押されまくっていたような気がする。

ホナスもあそこまで押し込まれては気の毒であったし、もっと早く修正をしてもよかっただろう。

今日の出来を見る限り、おそらく次節は従来通り、右SBにはオタメンディが入るはず。

それプラス、この日はイマイチだったイグアインに代わり、メッシが前線の一角に入り、空いた中盤の一角にはマキシ入る選択肢もあるかも。

あれだけ攻撃的な選手ばかりでは守備が厳しいのは分かっただろう。

この日の勝利はナイジェリアの決定力不足に助けられた事を忘れてはいけない。

|

« 韓国VSギリシャ | Main | 最後まで不幸な女だったよ。よし江さん。 by 怪物くん »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アルゼンチンVSナイジェリア:

« 韓国VSギリシャ | Main | 最後まで不幸な女だったよ。よし江さん。 by 怪物くん »