« 覇気なきフランス代表、GL敗退の危機 | Main | 日本VSオランダ »

June 19, 2010

2010W杯 6/18

ドイツ 0-1 セルビア

クローゼの退場が響いたとはいえ、まさかのドイツの敗退だった。

私的にレーウ監督には目先の勝利ではなく、将来性も考えたベンチワークをして欲しかったかな。

特にミュラーを下げる采配にはガッカリだった。

将来を見据えるならば、エジルとミュラーは残して、決定機を逃し続けたポルティを代えるべきだったと思う。

こういう所で何か代表の序列が分かってしまうというか・・・。

さて、ドイツが2位通過する事で迷惑を被る国はどこになるのか。


アメリカ 2-2 スロベニア

スロベニアが2点を先制し、勝負ありかなと思ったが、まさかのアメリカの同点劇だった。

正直、退屈な試合になるかと思っていたが、ベストマッチの部類に入るかな。

ドノバンのゴールはマイコンほどじゃないけど、素晴らしいゴールだった。

やっぱりアメリカはこの人が活躍しないと締まらない。

スロベニアは次節がイングランド戦だけに何としても勝ちたかったが、現実的に考えて1勝2分でのGL突破は厳しいか。

1勝2分というのはアメリカも同条件だが、こちらは何とか大差を付けてアルジェリアに勝たないと・・・。

|

« 覇気なきフランス代表、GL敗退の危機 | Main | 日本VSオランダ »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2010W杯 6/18:

« 覇気なきフランス代表、GL敗退の危機 | Main | 日本VSオランダ »