« April 2010 | Main | June 2010 »

May 31, 2010

フレンドリーマッチ イングランドVS日本

イングランド 2-1 日本

セットプレーから先制も、

「ストッパーのオウンゴール×2で名手ランパードのPKをストップするなど健闘した川島の奮闘も台無しとなる」

相変わらず体力がないなっていうか、ペース配分ができない時点で、

「小学生並」

プレスの掛け方については、いろいろな人から指摘を受けているよねえ。

なぜ、修正しないの?

「監督の知能もハエ並なのかねえ」

選手交代も何をしたいのか分かり辛かった。

点を取りに行くのか、守りに行くのか。

岡崎と森本が交代した時間帯はボールをキープできていなかったので、ボール狩りをする選手を投入したいって・・・

あれ?ボール狩りができる今野と阿部がもう出ている・・・。

げっ!ベンチには守れないサイドバックが2枚残っている・・・。

ボール狩りができる選手がいねえじゃん。

使えねえ・・・。

だから徳永を連れてくればよかったのに・・・。

ビハインドになって、点を取りたいときに玉ちゃんって何それ?

玉ちゃんの資質はあくまでセカンドトップなので、露骨に点を取ってこいというのは酷。

あーあ、スタメンで使わないにしても、

「おとなしく前田遼一を連れてくればよかったものを・・・」

このように、現時点で、

「メンバー選考は完全な失敗」

というのが分かるだろう。

「切りたいときに切れるカードが切れない、もしくはないというのは論外」

戦術変更したくても、

「バカみたいに同じような選手ばかり集めた」

ので、それもままならない。

この観点からも、日本の予選リーグ敗退は50%は決まったものだろう。

もしかすると、「えっ?50%もあったの?」という考えの方もいらっしゃると思うが、今、それは置いておけ。


後半にバテたのはともかくとして、布陣に関してはある程度答えが出たのではないだろうか。

      岡崎

大久保       本田

    遠藤 長谷部

      阿部

長友 闘莉王 中澤 今野

      川島

これが昨日の布陣だが、少なくとも、

「シュンスケがいなくても、それなりにやれる」

相手が本気でなかった事を踏まえても、これは言えるだろう。

そして、本番もおそらくこの布陣がベースになるのではないか。

迷うのは右サイドバックとGKだろう。

前者はおそらく守備に関しては無能なサイドバックを見切って守れる今野なんだろうが、少なくとも、

「サイドバックとしての資質は皆無」

だろう。

「そんな今野を頑なに起用し続ける監督はハエ脳」

それにしても、今野って、かつては守備のスペシャリストという感じだったけど、原監督に攻撃力を開花させてもらった頃からバランスの悪い選手になったよねえ・・・。

あーあ、徳永いれば大分守備が安定するんだけどなあ・・・。

もう遅いか・・・。

後者のGKはメンタル的な事を踏まえて、もしかすると代えてくるかなと読んでいたが、私が読んでいたのはヨシカツだったので、少し驚いた。

おそらく次のコートジボワール戦に出場するGKが本番の正GKとなるだろう。

こればかりは楢崎か川島か半々だなあ・・・。

川島が想像以上によかっただけに。


本番まであと1戦となったが、できることはきちんとやってもらいたい。

それが3戦全敗無得点得失点差-10以上という無残な結果になってもだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

昨日のハガレン

あのイカれた錬金術師が持っている構築式でマスタングに真理の扉を開けさせるというのがよく分からなかった。

え?なんかそれって、強引じゃない?

そもそも、中央の研究所を練成陣に見立てたのはいいとして、何でそれだけで真理の扉を開いた錬金術師を呼び寄せる事ができる訳?

これもチトよく分からない。

お父様がいる場所って、てっきり異次元みたいなところかと思いきや、

「ただの地下かよ」

これもガクガクと来てしまった。

最近は最終回が近いせいか、それとも忘れようとしていたグロ系統復活なのか、

「ハガレンを見ていると、気分が悪くなる・・・」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 30, 2010

よし江さんと正義くんの同棲生活は一話で完結 by 怪物くん

とうとうプリンスデモキン復活。

でも、なぜかデモキン様、記憶がない。

そして、これまた、なぜか素っ裸で人間界へ移動し、移動先は病院か住宅の屋上らしき、洗濯物が干されたビルの上。

おそらく、ここで洋服を調達。

でも、

「これはマズいよねえ」

と檻の中には行く事にはならず。

その後、フランケンがチーマーらしき少年に絡まれているのを助けたことをきっかけに怪物くんと知り合い、アラマ荘を訪れたよし江さんには思いっ切り正体がバレバレ。

結果的に正義くんは、よし江さんに引き取られ、2人の同棲生活が始まる。

何でもいいけど、よし江さんの部屋って、何もないねえ。

なぜか正義くんにご飯まで作ってしまうし。

その作った食事が、

「和食」

というのにはウケた。

スキあらば欲望を注入しようとした、よし江さんだが、結局最後までできず。

これもどうでもいいんだけど、何で欲望注入器?って、あんな痛そうな作りになっているわけ?

ご飯に混ぜるとか、方法が他になかったんかい。

そして、Dr.マリスとのトークにより、

「高杉よし江は偽名ではなく、デモリーナ様の人間時代の本名」

ということも正式に発覚した。

最終的にはマッチの館にまで乗り込む正義くんだったが、デモリーナモードのよし江さんにすら気付かず。

マッチの館崩壊後、自宅に戻った正義くんが欲望を注入され、記憶が戻った?ところで今回は終了。


今日気づいたんだけど、最終回ゲストにマツジュンは置いておいて、あと2回で終わってしまうんだ。

あと2話でプリンスデモキンとのバトルがまとまるんかねえ。

個人的な予想だけど、原作のプリンスデモキンは完全な悪でないから、もしかすると、最終的にはプリンスデモキンではなく、謀反を起こそうとしたDr.マリスを倒すというストーリーもあるかもね。

ラスト2話、楽しみにしてます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 29, 2010

漫画「ジャイアントキリング」の夏木陽太郎って・・・

あのキャラって、もしや・・・、

「夏木ゆたかがモデル?」


トークは速くないけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 27, 2010

Chrome系ブラウザでダウンロードして保存後にブラウザが反応しなくなった

備忘録という事で。

解決方法は基本なのだが、

「キャッシュをクリアする」

これだけ。

これで直らない人は、うーん、ごめんなさい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 26, 2010

Dr.マリスって微妙・・・ by 怪物くん

「ドクター・イエスでいいじゃん」

マリスは策略家でイエスはいわゆるマッドサイエンティストだから、チト微妙な部分もあるが、

「デモリーナ様」

って、かなりブッ飛んだキャラもいるので、細かい事を気にしちゃいけない・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 25, 2010

破滅のフィナーレへ進行中、サッカー日本代表

日本 0-2 韓国

「開始6分で終了」


日本代表は点が取れないので、失点は論外。

あんな失点、確かテセ相手に数年前にもしているよね。

数人で囲むだけで誰も止められない。

「情けない」
「不甲斐ない」
「へたくそ」


と罵られてもしょうがない。

チソンは確かに超が付くが一流クラブでやっているよ。

それでも、

「チソンを止められないようでは、ペルシーやロッベンを止めるなんて土台無理」

本番へ向けて大敗の予感がいよいよ漂ってきた。


この失点以上に気に食わなかったのが、

「闘争心の欠如」


昨日のピッチで戦っていたのは、

「長友だけ」

精神論を説くのはあまり好きでないが、これでは勝てるはずもない。

だから球際でも負ける。


言うまでもないが、フリーランニング,連動,フィードの質の悪さも相変わらず論外。

それと、

「韓国のJリーグコンビのストッパーからすらも得点を奪えないとは・・・」

「日本代表はJFLのクラブにも劣るような攻撃力しか持ち合わせていない」

とにかく最低である。



ベンチワークもなあ・・・。

監督が最低なのはまず置いておいて、これまた最低の出来のシュンスケの交代までは納得だ。

しかし、ケイスケ,ヤットと主力が次々に交代していくのを見る限り、

「自暴自棄状態」

なのかと思った。

この惨状ではさすがに試合後のお約束である、

「ベスト4」

の言葉はなかったなあ・・・。



この惨状では戦術をいじるのは目に見えている。

でも、戦術を変えるぐらいなら、

「監督を代えれば?」

まだ本番に間に合う。

望み薄だが、英断に期待したい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 24, 2010

外国アップローダサイトに存在するファイルを安直に紹介する神経が理解できない

sourceforge.netなどはある程度信用があるからいいとして、特に外国のアップローダなどで便利そうなソフトを見つけて、それを安直にブログやQ&Aサイトで紹介する神経が理解できない。

「ダウンロードしたものをきちんとウイルススキャンしてますか?」
「ダウンロードしたものが結構ウイルススキャンで引っかかるんですけど!」

こういった事をQ&Aサイトで平気で自信満々に回答し、

「最高の回答」

として評価されていると、もうこれは失笑するしかない。


そういう私は?

ファイルの存在は認めつつも、危なそうなファイルはハナっから紹介なんてしない。

仮にちょっとヤバそうなところを教えるにしても、

「ダウンロードしたものをきちんとウイルススキャンして、問題がないものしか紹介しない」

これ、当然。

確かにダウンロードしたものはある程度自責で使用はするんだけど、

「最低限の責任感」

を持った上で紹介してもらいたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 23, 2010

よし江さん、魔王石の奪取に失敗 by 怪物くん

「デモリーナ=高杉よし江」

って、ギャップがあり過ぎ・・・。

そんなキレイな顔して実はワルワルなよし江さんがヒロシ君家の隣に引っ越してきたが、何かモタモタして、結局魔王石の奪取に失敗してしまう。

うーん、何モタモタしてるんだか。

「ヒロシ君のお腹を引き裂いて終わり」

じゃないの?

そんなじれったい、よし江さんの過去がまた明らかに。

年の離れた小さな弟がいるみたいだが、

「いや、それ息子でしょ?」


微妙・・・。

ラストでは怪物くんに敗北したせいなのか、人間界にとどまっているためのダメージなのかは知らないけど、よし江さんグッタリでチト心配。

そんな傍らでDr.マリスが謀反を企てようしていたが、前回まで死にそうだったデモキン様がまさかの復活で、

「えーーーーーーーーーーっ」

という感じだろう。

ていうか、何が強引なストーリー展開のような気が・・・。


さて、次回からは、

「ラブコメが始まる」

のかな。

なぜか記憶が飛んでいるデモキン様と1つ屋根の下にいるよし江さん。

「よし江さんを返せ!」

って、もう怪物くんじゃないし・・・。

原作のプリンス・デモキンもかなりブッ飛んだキャラだが、ドラマの方も別の意味でブッ飛んだキャラな気が・・・。

いろんな意味で次回も目が離せない。

ドラマ版怪物くん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 22, 2010

UEFA CL決勝迫る

うーん、何というか、今年は

「どうでもいいや」

なぜかって、

「モウリーニョもファン・ハールもいけ好かない」
「どちらのフットボールもつまらなし、完成度が低い」

前者はご存知鼻たーかだかの自分大好き人間。既に国内リーグ,国内カップ戦を獲得しており、CLを制すると3冠達成となる。

うう、3冠なんか達成すると、このオッさん、また調子こくからイヤだ。

後者は一度はビッククラブの指揮を投げ出した人。

AZで結果を出して調子よく、またビッグクラブに戻ってきたお調子者。

こんな人のどちらかがチャンピオンになるの?

はぁー、何だかなあ・・・。

あえて注目点を挙げるならば、昨シーズン、バイエルンのDFの崩壊の責任を押し付けられ、インテルに去ったルシオとしては最高のリベンジの舞台となるだろう。

というより、負けられないよね。

さて、私的な予想としては、

「結構大差がつくかな」

と思っている。

ハッキリ言うと、

「どちらのクラブもDFが欧州トップレベルかと言われれば疑問符が付く」

という訳で、

「インテル・ミラノ 4-1 FCバイエルン・ミュンヘン」

バイエルンサポには申し訳ないけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 19, 2010

VB De FilMtn

作者サイトに訪れなくなって久しいが、今でもバージョンアップしているんだ。

すばらしい(^ ^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 17, 2010

日本語の保健所の動物の殺処分は実に情けない

ココを読んでいると、日本の保健所のシステムは遅れているし、実に情けない。

少なくとも、この手に関しては、日本は後進国と言えるね。


でも、生類憐みの令クラスになると、やり過ぎかとは思うが・・・。

| | Comments (0)

高杉デモリーナ様、「変態」呼ばわりされる

ひでえ・・・。

稲森いずみの長い女優生活で、ヤローに対して「変態」と罵る事があっても、まさか逆に、

「変態」

と罵られるとは・・・。

多分こんな事は最初で最後だろうねえ・・・。

何でもいいけど、あそこは、

「激高するところだから」

あそこでダンマリなのも、何か「変態」っぽい。

実はああ見えて、究極の「M」なのか・・・。


でもなあ・・・。

デモリーナ様の過去は何か「変態」っぽい・・・。

「明らかに時代設定がおかしいし」
「昭和何年だ!」

ああ、かわいそう・・・。

男にハメられたのね。

身投げしようとしていたところをプリンス・デモキン様に見出されたと。

時代背景はおかしいけど、ひとまずデモリーナ様の過去編は完結でいいのかな。


さて、次回はアラマ荘へ高杉さんという、やたらキレイな女性が引っ越してくる事になるのだが、

「絶対デモリーナだ」

ここ数週間、黒装束の稲森いずみばかり見ているので、すごくギャップがある・・・。

でも、これが忘れかけている、本来の稲森いずみである。

ちなみに人間時代も高杉性でいいの?

あと、次回プリンス・デモキン様復活?

ここから話が急展開していくのかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2010

同窓会~ラブ・アゲイン症候群を初めてみる

かなり久し振りに三上博史を見たけど、

「相変わらず、ひねくれていて殴りたくなるような役」

ばかりしているな・・・。

とか思っていたら、本当に殴られたのは傑作だったけど(^ ^)

でも、こういうドラマでは確実に必要な人材なんだろうね。ひねくれ役として。

配役の例を挙げるならば、怖い人なら遠藤憲一,小チンピラなら六平直政とか思い浮かぶね。

しかし、このドラマ、配役がそうそうたるメンバーの割には、今のところ大きな波風が立つことなく、よくまとまっているねえ。

黒木瞳,高橋克典,三上博史,斎藤由貴って、すごい豪華だし・・・。

ラブ・アゲイン症候群・・・。

ああ、ないない。

だって私、

「基本的に男子校(T T)」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鹿島の内田、シャルケ04へ移籍

ひゃー、今度はウッチーかよ。

彼のプレーは鹿島の試合をなかなか見ることができないので、どうしても代表での評価になりがち。

そこから思うのは、ヤットがPK職人であるのに対して、ウッチーは、

「PK与え職人」

の感が・・・。

でも、185センチクラスのいかつい大男がゾロゾロ徘徊するブンデスリーガだと、ウッチーが倒そうと思ってもなかなか倒せないのかも・・・。逆にハッ倒されそう・・・。

そんな感じで、まず彼の課題は、

「守備力・フィジカル」

かな。

特にフィジカルは心配している。

いや、それ以前に、

「ラフィーニャ」

という強烈なライバルの存在か。

攻撃が持ち味で守備はそれほどでもないという基本特性が被っているのはマイナスか。

マイナス面ばかり挙げてきたが、これも1つのカギである。

「フェリックス・マガト監督」

そう、昨シーズン長谷部が所属するヴォルフスブルクを優勝へ導いた名監督である。

そして、

「若手の育成にも定評がある」

ただ、

「フィジカルトレーニングがメチャ厳しい」

長谷部やクラニーもこのマガト式のスパルタフィジカルトレーニングで1人前になっている。

ウッチーはこのトレーニングに耐えられるかな。

それを乗り越えれば、欧州での道が開けてくるのかも知れない。


そうそう、先に移籍が発表されたC大阪の香川の移籍するドルトムントとはコーレンポット・クラシカー、英語で言うならば、ルールダービーにおける強烈なライバル関係にある。

もし、ルールダービーで2人が対決するような事があるならば、それは嬉しい事であるし、歴史に名が刻まれるだろうが、難しいかな。

ウッチーの目標は、まずは地道にチーム内で居場所を確保する事だろう。

健闘を祈りたい。


これも大事な事だが、鹿島の右サイドバックの後釜はどうするんだろう。

新井場を右に回してジウトンを左に入れるのかな。

ただ、ジウトンの守備は怖いな・・・。不安・・・。

伊野波もできるけど、鹿島に来てからはセンター専なので、あまりそちらの線はなさそう。

それとも新戦力の獲得もあるか。

こちらの動きも見逃せない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 13, 2010

C大阪の香川、ボルシア・ドルトムントへ移籍

うーん、何か実感が湧かない。

まかりにも、

「10数年前に世界一になったクラブ」

だからね。

それもすっかり過去のものだが、それでもこのような伝統あるクラブに日本人が易々と入団してしまったいいものなのかなと。

それと、

「過大評価」

の感は否めない。

確かに昨シーズンのJ2で数字は残したけど、それはフロックではないか。

J2で数字を残してもJ1でダメだった選手は何人もいるよ。

1,2年J1でしっかり実績を作ってから移籍してもよかったのではないか。

そんな思いがしてならない。

数年前だったか、仲間内で話をしていて、私だけ当時の香川と柿谷を認めなかったので、少々異様な空気を漂わせた事があったが、やはり今でも評価は変わらずかな。

まあ、セルティックで燻っている千葉のスーパースターの二の舞だけは避けたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Googleのサイドバーはジャマ!

うーん、何であんなインターフェースにするんだろう。

「明らかに使わないし」

ユーザとしてはブラウザのクライアント領域は広く使いたくない?

そんな感じで不評なインターフェースなので、次の方法でとっととサイドバーを抹殺する事にしよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 12, 2010

キショーの選出について

新聞やネットを見ていると、W杯メンバーにキショーが選出されたのはサプライズと言われているが、

「監督のお気に入り」
「地味かつコンスタントに代表へ選出されていた」

だから全然サプライズではないのでは?

この際、実力は度外視してね。

むしろ、既出の現状があったため、サプライズというのは、

「失礼」

な感も否めない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ラコルーニャやバイエルンで活躍したマカーイが引退表明

時の流れは速いもんだ。

マカーイも引退する歳になったのか。

オランダのいわゆる3大クラブ経由ではない、たたき上げのキャリア。

この辺は比較的歳の近いファン・ホーイドンクやハッセルバインクと同じか。

スペインでもエレベータクラブの印象の強かったテネリフェがスタートだったね。

そこからラコルーニャ以降は世界的ストライカーの地位を築く事に。

ただ、彼に足りなかったのは代表でのキャリアで、常にFW最後の枠をハッセルバインクと争い、落選の連続だった。

プレースタイルもポゼッションよりはカウンターで生きるタイプなのも皮肉だったか。

生まれがポーランドやウクライナなど、カウンターサッカーの国に生まれていたら、もっと地位が高まったのかも。

長い間、お疲れ様でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 11, 2010

2010W杯日本代表発表

あらら、徳永と森本が入れ替わっただけで後は当たりだよ。

まあ、素人の私にこれだけ当てられるようではサプライズも何もないな。

今更ながら、このメンバーなんだけど、

「勝つ気ある?」
「バカにしているの?」

そう思われてもしょうがないメンバー選考だろう。

岡田監督が信念を貫いたと言えば聞こえはいいけど、

「自己満足」
「どうしようもない低俗な戦術オタク」


というのが正しい解釈だろう。


さてさて、これで本戦で大敗したら、どういうバッシングを受けるんだろうねえ。

約3年間大きな修正らしい事はセンターハーフの組み合わせを変えた事のみ。

というより、

「約3年間をほぼ無策でムダに過ごして来た」

これで勝てないのなら、かつてないバッシングを受けるのではないだろうか。

ここで日本のメディアは決して甘やかしていけない。

W杯ベスト4なんて吹いているんだから、結果が出なかったら惨敗,無能というのが妥当な評価だろう。

まあ、いくらバッシングを受けても岡田監督はどうせW杯後に退任するから、堪えないだろうね。

退任と言えば、こんな無能な監督を強引に押し続けたバカ犬会長もW杯で結果が出なければ、当然退任だろうねえ。

ていうか、続投は絶対に許さん。


さあ、こんなバカな代表は放っておいて、日本を除くグループEの各国のスターたちが日本から何点取るか楽しみますか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 10, 2010

SharpDevelop 3.2 Release

やっと正式版がリリースされたけど、やっぱり.NET Framework 4.0 は使えず。

とほほ・・・。

ポータブル版はまだRC版っぽいけど、置き場所が移動されているようだ。

こちらも今日、明日ぐらいに動きがあるかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010W杯日本代表発表目前

「サプライズは特になし」

もし、あるとすれば、

「ヤットかシュンスケのいずれかが落選する」

まあ、何だかんだで無難にこういうメンバーじゃないかな。

GK
楢崎
川島
川口

DF
トゥーリオ
中澤
岩政
内田
長友
徳永
駒野

MF
長谷部
阿部
今野
稲本
中村俊
中村憲
遠藤
松井
本田

FW
玉田
岡崎
大久保
矢野

私の理想はこちらだけど。

GK
楢崎
川島
川口

DF
トゥーリオ
中澤
岩政
内田
長友
徳永
駒野

MF
長谷部
阿部
稲本
中村俊
中村憲
遠藤
石川
本田

FW
玉田
岡崎
大久保
前田遼
森本

石川,前田,森本と点の取れる選手を入れてみた。

悪いけど、今の代表には岡崎,中澤,トゥーリオ以外に得点の匂いのする選手はいない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2010

デモリーナ様、出撃! by 怪物くん

あーあー。

前回のラストでデモリーナ様がアックマーを始末したから施設で雑用みたいな人がウロチョロしているよ。

うーん、何ていうか、

「あそこでバアちゃん死ぬかぁ?」

怪物くんだよ?

藤子マンガだよ?

妙にシビアな怪物くんだなあ・・・。

笑ゥせぇるすまんの実写版を作って、それでだれか死んだならまだしもなあ・・・。

「リアルなのは劇場版怪物くんでゲボハハハ大王に石化されたヒロシ君だけで十分」

デモリーナ様は元々人間らしいのだが、

「なぜ着物?」

それ、世界観おかしいから。

もう訳わかんない・・・。

そして、着物の色を見てふと思ったのだが、

「もしかして砂をかける人ですか?」

次回のテーマは「失恋」。

え?まさかデモリーナ様は失恋した腹いせに悪魔界に身を落としたってオチではないよね?

それはそれで肝っ玉がかなり小さいというか・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 06, 2010

Vectorのソフトウェア評価は愚劣極まりない

ソフトウェアとしてのユーザインターフェースが悪くて、低評価を付けられるのは分かる。

だが、

「たまたま自分の使うニーズに合っていなかっただけで、最低評価を付けるとは何事だ!」

明らかにそれは間違っているでしょ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 04, 2010

エールディビジ、トゥベンテが初優勝

ここ数年のフェイエノールトの不甲斐なさとは対照的に、エールディビジを盛り上げてくれていたので、優勝は素直に嬉しい。

実力からすると、AZより先に優勝してもおかしくなかった気もするが・・・。

優勝はしたものの、ベテランのエンクフォとぺレスの去就が気になる。

毎年のように有力選手を引き抜かれているが、この両ベテランが退団、もしくは引退するようなら、来季への影響は小さくはないだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 02, 2010

デモリーナ様、ヒステリーでアックマーを粛清 by 怪物くん

今回のお仕置きはそろそろ平手打ちかと読んでいたが、まさか殺っちまうとは・・・。

女のヒステリーって怖ええ・・・。

最もアックマーが無能だったのも確かだが。

でも、元々はお子様向けアニメだから、何だかなあ・・・。

その代わり、いよいよ次回よりデモリーナ様大活躍か?

以前に書き忘れたのだが、

「ヒロシ君って、あんな根性悪じゃないよ」

なんかあからさまに歪んだ子だよね。

ドラマ版のヒロシ君って。

ある意味、チーマーの怪物君よりタチが悪い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2010 | Main | June 2010 »