« January 2010 | Main | March 2010 »

February 26, 2010

J LEAGUE 2010 展望(後編)

大宮
北野と深谷の加入は大きいが、このクラブの最大の課題は決定力不足じゃなかったっけ?何でそのセクションに補強がないかな。
今年も降格圏の少し上を彷徨いそうだ。

神戸
何か都倉にとても期待が集まっているが、あくまでJ2の成績ベースなので過度な期待は危険。
現に新居,石原,藤田が壁にぶつかったではないか。シーズンの半ばくらいに6点ぐらい取って、それっきりの可能性も。
中盤はエジミウソンは計算できそうとして、ポポは微妙。個人技,プレースキックは認めるが、いかんせん組織プレーが・・・。
よくて10位くらいかな。

山形
下村,増田,田代と身のある補強を行ったが、それを差し引いても守備の要レオナルドの穴は大きい。
彼の代わりはキムだが、FW兼用のどっちつかずの選手でとても守備が計算できるとは思い難い。ましてディフェンスリーダーなんてとんでもない。
ベースの守備が崩れるようだと苦しい。

仙台
J1経験者が何人かいるが、攻守ともに苦しそう。
まずは新加入のレイナウドが2桁は取ってくれないと厳しそう。
元磐田の太田の能力は買うが、フェルナンジーニョはバクチだ。

C大阪
守備はJ1経験者が名を連ねるが、全般的に攻撃的な選手が多いので守備に負担がきそう。
このチームは守備から崩れがちなので、まずは守備。攻撃のカギは香川と言いたいが、1トップを務めるであろうアドリアーノ。香川と乾の得点は確実に減るので、彼がいかに得点するかがカギ。
個人的に家長,バンドの古巣対決に注目したい。と言っても家長はまだ籍はガンバにありか。

平塚
守備のジャーンは計算できそうだが、前線の田原は・・・。横浜M,京都と壁にぶち当たっているからなあ・・・。まかりにもエースの彼が2桁は取ってくれないと厳しそう。
でも、意外と監督が1番の穴だったりして・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ソフトアンテナはトラブル?

昨日はソフトウェアの更新ニュースがゼロだったのだが、よそのサイトを見る限り、キッチリ更新はあったしね。

大物どころだとGraniとか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 25, 2010

ポータブルソフトウェア、リリースラッシュ 2010/02/25

何やら Portableapps.com が好調だ。

今日だけでも、以下のソフトウェアがリリースされている。

  • DVDStyler Portable 1.8.0.1
  • Filezilla Portable 3.3.2
  • GoogleChrome Portable 4.0.249.89
  • GoogleChrome Portable 5.0.335.0
  • Miranda Portable 0.8.15
  • Notepad++ Portable 5.6.7
  • PeaZip Portable 3.0
  • SeaMonkey Portable 3.0.3
  • Stellarium Portable 0.10.4
  • WinSCP Portable 4.2.6

私的に注目はSeaMonkey Portableで、遂に標準で日本語対応となった。

初リリースから苦節何年だろ。

長かったなあ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

J LEAGUE 2010 展望(中編)

清水
熟成してきた4-4-2を捨ててまで4-3-3へ移行は今年へかける意気込みが感じられる。
それと共に昨シーズンはバックアッパーに成り下がったジュンゴの再生というのもあるのだろう。
中盤はテル,兵働,シンジかな。枝村や山本も見たいが。
最終ラインは青山が復帰するまでボスナーが埋めることになるが、こちらはチト不安。どうせなら、元名古屋のバキを取れれば・・・。
バランスは悪くないので、青山の復帰まで何とか持ちこたえれば、優勝の目も。

新潟
北野,千代反田,松下,ジウトンと主力がゴッソリ抜けたのは痛い。
今までは守備で何とか持ちこたえていたが、それが崩れるようだと残留に黄色信号が灯る。
中盤はミシェウ,小林,西を補強したが、それよりもエジミウソン退団以降、穴埋めの出来ていないストライカーの補強の方が急務だったのではないか。大島,キショー共に決定力は心許ない。

名古屋
4-3-3と今の戦力だと微妙なシステムを採用しようとしているが、結局スタメンはどうなるのだろう。こんな感じか。

マギヌン  ケネディ  玉田

    中村   小川

     ダニルソン

阿部 千代反田 闘莉王 田中

      楢崎

うーん、ズミはアウトサイドで見たい気もするんだけどね。それならば決定力が今1つな玉ちゃんにどいてもらおうか。今のシステムなら、それもありだろう。
意外とシーズン半ばには元の4-4-2に戻っていたりして。
最終ラインは千代反田,増川という旧アビスパコンビを見てみたいが、実力の序列上、それをシーズン通して見るのは難しいだろう。
ケネディと玉田は純粋なストライカーではなく、今年も得点力不足に悩まされそう。
それでも、トゥーリオがトップスコアラーになるようでは情けない。
そんな感じで大型補強はしたけど優勝はない。行っても5位前後か。

横浜M
木村監督を迎えて今期にかける割には補強は地味。
波戸は計算できるとして、藤田,バスティアニーニは未知数。前者は小宮山の穴埋めだが、バランスはともかく総合力では下。後者は図体からするとポストプレーヤー?となると、カズマの役割が変わってくるのだが大丈夫?
それでもディアスやビスの時代以来のアルゼンチン人プレーヤーなので期待してしまう。
中盤は狩野を頂点としたダイヤモンド型の中盤になりそうだが、そんな中、インサイドでプレーしそうな山瀬ってどうよ?まかりにも代表で10番を背負った事のある選手がインサイドとは・・・。
昨シーズンはカズマが頑張った割にはなぜかグラより成績は下。うーん、効率が悪かったのかな。選手個々の能力を踏まえると、もっと上を狙えるはず。

磐田
2トップは計算できそうだが、相変わらず守備が穴。那須&茶野がどうこうじゃなくて、誰がやっても変わらなそうだ。
どうやら今季も前田&グノ&ジウのトライアングルで肉を切らせて骨を断つサッカーになりそうな予感。
今季も10位前後が指定席か。上位を狙うには守備があまりにもお粗末過ぎる。

京都
何か毎年のようにシステムが変わって一貫性がないな・・・。ユウトにソッポを向かれたのも頷ける。
補強も微妙。カクは前任者のイ・ジョンス同様ある程度計算できればいいのだが・・・。
ドゥトラは「王様」ディエゴとポジションが被る。昨シーズンもディエゴとパウリーニョが共存できなくて、後者が退団したんじゃなかったっけ?何か成長がないな・・・。
好材料と言えば、ダイゴウの復活とシンゴの加入でサイドアタックが充実した事ぐらいか。
前線もチームの将来を踏まえるならば、キムがスタメンを取ってくれるくらいじゃないと困る。
チーム作りがどうも毎年グダグダだから、もしかするとそろそろ降格もあるかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 24, 2010

J LEAGUE 2010 展望(前編)

鹿島

毎度毎度の優勝候補。
ただし、田代,増田のリースは痛いかな。ただでさえ選手層は薄いのに。
本気でACL制覇を考えるなら、少数精鋭というのは考えないと。
昨シーズンは優勝したものの、中盤のカルテットが軒並み三十路に差し掛かっているのが気になる。
今のところ、誰一人衰えを見せていないが、中盤のカルテットを脅かす存在がいないのはよろしくない。その第一候補は増田だったのだが・・・。
中盤の層が気になる一方、DFラインは京都からイ・ジョンスとジウトンが加入。
しかし、この2人、鹿島でプレーできる程のクオリティを持っているのかは疑問符が付く。
前者はたまに目に付く軽い守備、後者は守備が不安。
バックアッパーとしてならいいが、ただ、バックアッパーで貴重な外国籍枠を使うのはいかがなものかと。

川崎

今オフの補強の目玉は稲本と小宮山。
前者はここ数年はアンカーが板についているが、本来は攻撃力を併せ持っているので、それが生きるような起用方法をしてもらいたい。
後者は攻撃力が魅力な反面、守備に不安。現在のチーム構成では逆サイドの森も同じく攻撃力が売り。
両サイドがこんなに攻撃的でバランスが取れるのかは少々疑問である。
バランスを考えるのであれば、前任者の村上も決して悪くはなかっただろう。
監督は関塚監督が去り、再び高畠監督が就任。2年前にも実績を残しているので、それに関しては不安がない。
前任者と比べ、3トップを好む辺りは好感が持てる。今年の目標は当然優勝以外ないだろう。

G大阪
2年前のACL出場を境にチームはマンネリし、ピークを過ぎた感も。
そして、スタメンを固定し過ぎて、何人かの若手,主力が腐って出ていった感は否めず。そして選手層はダウン。
そんな中、ゼ・カルロスを補強したが、コンディション不足は明らかであまり期待は出来なさそう。これはルーカスとペドロが相当頑張らないと・・・。
ガンバも鹿島同様、中盤のカルテットが軒並み三十路に差し掛かるのが気になる。年間通して故障者が出ない事を祈りたい。
選手層を踏まえると、5位前後ぐらいが妥当か。

広島
柏木が浦和へ去ったが、山崎,山岸の2人の加入で何とか穴を埋めたい。
既出の2人の加入もあるが、何より昨シーズンあまり働けなかった森崎兄弟の復帰が大きな補強とも言えるだろう。
選手層は決して厚いとは言えないが、複数ポジションをこなす選手が多いのは強み。
何とかACLとの掛け持ちを乗り越えていきたい。
それでもACLの負担を踏まえると、今季は7位前後か。

FC東京
今オフに大分より森重,新潟より松下と実に実りのある補強を行った。
平山とリカルジーニョの2トップが爆発するようなら優勝も十分あり得る。

浦和
守備の要であり精神的支柱だったトゥーリオの放出は痛い。彼に変わり、スピラノビッチは不安定でJで通用するかは疑問。
フィンケ監督の愛弟子のサヌも起用法が見えず、こちらも不安。
補強で唯一好印象を見せているのが広島から加入の柏木ただ1人。ただ、昨シーズンまで中盤を仕切っていたポンテとの共存は気になる。
ポゼッションを掲げているが、昨シーズン同様、結局はエジミウソンの決定力頼みになりそう。
5位に入れれば上出来か。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 23, 2010

ジャストシステム、IBMよりホームページビルダーの権利を取得

何でもいいけど、「ホームページビルダー」というブランド名は残してほしいな。

xx郎とみたいな名前にされると萎えるわ。

多分やんないとは思うが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 19, 2010

Unlockerを使用してUSBメモリを取り外す

USBメモリ取り外しソフトはいくつか存在するが、Unlockerがインストールされているのであれば、その手のソフトは必要ない。

Unlockerはファイルやフォルダに対して使用するものだと思っていたが、実は、

「ドライブに対しても使用できる」

のだ。

よって、USBメモリがロックされているのであれば、USBメモリのドライブに対してショートカットメニューを表示させてUnlockerを実行させると、USBメモリをロックしているプロセスは一目瞭然。

あとはプロセスを殺した後、タスクトレイからUSBメモリを取り外すとよい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 18, 2010

今日、明日辺りにPortable Opne Office Org 3.2、Abiword Portable Release?

昨夜、ソースが上がっていたので、そろそろかなと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 17, 2010

オマエはただの炎でオレはマグマだって何だそりゃ? by ONE PIECE

先週号を蒸し返すようだけど、何かまた強引だなあ・・・。

意味が分からん。

ああいうことされると、パラミジア系の意味ないじゃん。

その結果である、今週のネタバレはよしとくけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 16, 2010

ooo(Opne Office Org)ファミリー達 2010/02/16 版

備忘録程度という事で。

いっぱいあるねえ。oooファミリー。

Open Office Org
http://www.openoffice.org/
http://ja.openoffice.org/

Portable Open Office Org
http://portableapps.com/apps/office/openoffice_portable

X-Open Office Org
http://www.winpenpack.com/main/download.php?view.1035

OxygenOffice Professional
http://sourceforge.net/projects/ooop/

OOo4Kids
http://wiki.ooo4kids.org/index.php/Main_Page

X-OOo4Kids
http://www.winpenpack.com/main/download.php?view.1274

Go-oo
http://go-oo.org/

Lotus Symphony
http://symphony.lotus.com/software/lotus/symphony/home.nsf/home

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 15, 2010

軽くて負荷を感じさせないフォルダ容量計算ツール、TreeSize Free

ダウンロードはココから。

この手のツールはいくつか試しているのだが、どうも今まで満足できるものが少なかった。

インターフェースが分かりにくかったり、なぜかドライブ指定から始めなければいけなかったり、CPU負荷が大き過ぎて使い物にならなかったりと。

そこで見つけたのが、今回紹介するTreeSize Freeで、使っていて動きがとても軽く感じた。

インターフェース、初動の親フォルダの一覧表示の速さ、CPU負荷の少なさ、どれも満足している。

容量計算も他のソフトとトータル時間では同じくらいなのかも知れないが、計算結果の反映時もCPU負荷を掛けない辺りはとても気に入った。

久々に私の定番ソフトコレクションへまた1つ加わりそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 12, 2010

窓の手が開発再開

窓の手2004以降、開発が止まっていたが、この度、Windows7対応で開発が再開されるようだ。

元々定番ソフトだったので、この決定は嬉しい。

開発は止まっていても、人気は衰えずで、その点からも、このソフトの完成度の高さがうかがえるだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 10, 2010

Apache Web Server 1.3.14 Release、そしてこれが1.3系統最後のバージョンとなる

これで1.3系統のApacheは終了となるのか。

Apacheなんて、普通に2.0系統を使えばいいとも思うが、私の先代のWin2Kマシンはどうも2.0系統とは相性が悪く、度々1.3系統のお世話になっていただけに少し寂しい思いは否めないな…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 09, 2010

マルウェアによってFTPアカウントを抜かれたFTPクライアントたち

参照記事はコチラ

うーん、これを見る限り、FFFTPだけが危ないとは限らないね。

有名なクライアントばかりだし。

ブラウザ部門では、IEはともかく、Operaが入っていたのは意外に感じた。

私の勝手な印象だが、Operaって、比較的セキュアな印象を抱いていたからね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 02, 2010

サニーサイドアップに挑戦

別に中田英寿の所属事務所にケンカを売る訳ではない。

目玉焼きの焼き方の話である。

実は自宅で生まれてこの方、サニーサイドアップの目玉焼きを食べたことがないのだ。

物心がついたとき、既に我が家では蒸し焼きが主流となっていた。

そんな感じで何気に自宅でも食べたくなったので、作ってみることにした。

確か以前読んだ本によると、弱火で焼けばいいというのを見たことがあるので、手探りながら実際に焼いてみると、見事に成功。

黄身はアメリカ流に両目で焼いていたのだが、片目は松屋で出てくるような突けばドロドロ状態だったが、もう片目は見事にいい塩梅になっていた。

実際にサニーサイドアップで焼いてみての感想だが、

「時間が掛かる」

だが、両面焼きや蒸し焼きにはない、

「見た目の良さ」

がある。

うーん、ここは究極の選択だな。

「口に入っちまえば一緒だ」

と言われると、元も子もないし。

今回はある程度結果こそ出したが、いかんせん焼くのが遅過ぎなのはイヤだ。

1番いい火加減に関しては研究の余地があるだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2010 | Main | March 2010 »