« November 2009 | Main | January 2010 »

December 28, 2009

WinMerge Portable 改造版

これはおすすめ。

私もWinMerge Portableのnsiスクリプトの修正に着手していたのだが挫折。

しかし、数日前のsourceforge.jpの記事を見ていると、WinMerge Portableのパッチの記事を発見し、さっそく試してみることにした。

その方法とは、

  1. 公式サイトより、WinMerge Portableをゲット。
  2. sourceforge.jpより、パッチをゲット。
  3. WinMerge Portableを適当なフォルダへインストールする。
  4. パッチを適当なフォルダへ展開する。
  5. パッチのWinMergePortable.exeをWinMergePortableフォルダへ上書きコピーする。
  6. パッチのWinMergePortable.nsiをWinMergePortable\Other\Sourceフォルダへ上書きコピーする。
  7. WinMerge Portableを起動する。
  8. 言語を変更する。
  9. WinMerge Portableを再起動する。
  10. 先程変更した言語を記憶していれば成功。

そう、以前にも書いたが、PortableApps.com版のWinMerge Portableは設定を記憶しないことなのだ。

それが問題でずっとX-WinMergeに浮気していたが、少しヨリを戻してみるかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 27, 2009

2009年Jリーグ総括(後編)

横浜M:
すっかり中位が指定席になった感が・・・。
それでも個々の能力は悪くないだけに、この成績が定着しているのも疑問ではある。
個人に目を向けると、渡邉の成績には脱帽だった。
正直、大卒の新人にそこまで期待できるのかという大きな疑問符があったが、終わってみれば城の新人記録を上回った。
エアバトルだけでなく、意外にスピードもあるので、今後に期待したい。
渡邉の躍進の反面、山瀬は昨シーズンくらいからピークを過ぎた感は否めずか。
狩野,兵藤という攻撃の起点が下の年齢層に控えているだけに、来季は目の色を変えてやらないと。
来シーズンは意外にも監督初就任となる木村監督に期待したい。

磐田:
前田,李の2トップの得点力が目立つ半面、守備は非常に脆い。要はバランスが極端に悪い。それが成績に反映されている。
序盤の李の活躍は目を見張るものがあったが、中盤以降は沈黙気味。Jリーグもいつまでもいいようにしない当たりは甘くないということか。
前田の開幕欠場は年中行事になりつつあるが、終わってみれば数字は残してくれる。
彼が長期離脱しなかった事は非常に大きいだろう。
ディフェンスはサイドバックは若いが、それ以外は川口,那須,茶野とネームバリューこそ揃っているが、どうも名ばかりとなっていた。
来季に向けては、まずディフェンスの整備だろう。

京都:
ディエゴありきのシステムは限界があったか。
その弊害で柳沢が慣れない1トップやサイドで起用され、パウリーニョは10番を取り上げられた挙句に柳沢同様、起用方法が定まらず、その挙句に退団と失うものの方が多かった。
数少ない光明としては、金の潜在能力か。
彼が常時スタメン出場し、ディエゴとのホットラインが確立するようであれば、チームの未来は明るい。

大宮:
序盤は好調→中盤以降は急降下というのはもはや年中行事か。あと、外国籍選手の使い方がドヘタなのも同じく。
予想に反し、ラフリッチ,マルケスの2トップではなく、石原,藤田の和製2トップは期待を抱かせたが、シーズン中盤以降は研究され、年中行事の得点力不足に逆戻り。
外国籍選手は伝統的に守備の選手はすばらしいが、前線の選手を使い切れない。
ラフリッチ,マルケスは大宮という粗悪な環境が問題であり、環境を変えればきちんと活躍できそうな感はあるが・・・。

神戸:
外国籍選手がハズレ、監督が中東へトンズラではこの成績も致し方なしか。ガナ,ツネ,ヨシトもカンフル剤にはなり切れず。
終わってみれば、無難なサッカーをする三浦監督で辛くも残留ではいつも通りの成績というか情けない。

山形:
チーム財政を踏まえると、残留というのは大成功と言えるのか。
しかしながら、長谷川,古橋いずれかを欠くと極端に落ちる得点力、フィットしない外国籍アタッカーと課題は少なくない。
せめて攻撃の外国籍人が1人でもフィットしてくれていれば、もっと簡単に残留できたはずだが・・・。

柏:
監督が代わっただけでここまでダメになるものなのか。首を傾げる出来だった。
そんな中、ネルシーニョ監督との確執で放出した李はチームの未来を踏まえると、特に大きな痛手だったのでは?

大分:
FWの得点力不足もあるが、やはり原因はホームである九石ドームの整備だろう。
あそこまで故障者が続出すると原因はスタジアムである事は明白で、その整備を怠ったフロントの責任は大きい。
そして降格だけでなく、財政面もピンチ。
現実路線としては、J2云々ではなく、まずはクラブの存続が目標となるだろう。

千葉:
今シーズンはJ1での寿命が伸びたに過ぎなかったか。
中でも監督の人事には非常に疑問が残る。
昨シーズンで既に限界だった名ばかりの「リバプールFCのコーチ」という肩書を持つミラー監督、そして精神論ばかりの「自称オシムの弟子」の江尻監督という無能監督を2人も引き当てているようでは降格も当然か。
あと、巻をバカにしたような同タイプのバイアーノの補強も大きな疑問符が残る。そもそも同時に起用される場面は少なかったし。
こんなビジョンが見えない現場では選手も残留もしたくないだろう。
J2で迎える来シーズンは予想以上に厳しいものになる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 26, 2009

2009年Jリーグ総括(前編)

今年はだいぶ遅くなってしまったが、とりあえず載せることにする。

鹿島:
夏場に調子を落とし、どうなるかと思ったが、さすがそこは鹿島。底力を見せつけ、貫禄の3連覇を果たした。
ポイントは青木に代えて中田のスタメン起用か。あそこからまたチームは持ち直した。
終盤の大事な場面でゴールを量産した野澤の活躍も軽視できない。
今シーズンは優勝を果たしたが、気がつけば黄金の中盤はほぼ30代となり、下からの突き上げがないのが気になる。そんな中、増田の移籍は頭が痛いのでは?
あと、Jリーグでは貫録を見せながら、ACLの成績はイマイチ。こちらもそろそろタイトルが欲しいところだ。

川崎:
2位だらけのシーズンだった。
地力はあるのだが、ジュニーニョと鄭の確執があったり、肝心なところで勝負弱いところはまだまだという事なのか。
そんな中、菊池とレナチーニョの成長は収穫となっただろう。そして、それを布石に来季こそは何かしらタイトルを獲りたい。

G大阪:
序盤の躓きが高くついたか。
あと、序盤の得点源であったレアンドロの移籍,曹の不振は痛かった。
曹に関してはガンバのポゼッションサッカーに適応できるのかなと疑問符を付けていたが、それが的中する形になった。
攻撃サッカーを掲げている割にはヤットがチーム得点王というのはあまりにも情けない。
相変わらずルーカスの起用も中途半端なのも気になる。
播戸の退団は決定、曹の退団も濃厚だろう。それを踏まえると、得点力不足の解消は急務。
ジュニオールが終盤フィットしてきたのは好材料だが。

広島:
薄い選手層、かつシーズンの大半を森崎兄弟を欠き、この成績は立派。
ガンバの天皇杯での成績次第ではACLの出場もありえるが、選手層の薄さを踏まえると、さすがにそうなると手放しでは喜べないだろう。
欲を言えば、もう少し李がフィットしてくれれば・・・。
来季は研究もされる上、生え抜きの柏木が抜け、川崎から山岸がやってくる。
果たして今シーズンのクオリティが保てるのか。

FC東京:
石川,米本,長友の活躍は目立ったものの、成績は昨シーズンとあまり変わらず。
それでもMFながら得点を重ねる石川の得点力は目を見張るものがあった。
石川が得点を重ねる一方、FWの不甲斐なさが目立った。
カボレ,平山は物足りない。赤嶺ももっとチャンスを与えてあげれば・・・。私的にスタメンは平山よりも赤嶺を推したい。

浦和:
開幕数試合は好調を保ったが、だんだんメッキが剥がれていく形となる。
原口,山田,エスクデロの成長は好材料だが、それが現有戦力との結合ができていなかった感は否めない。
来季はトゥーリオが名古屋へ移籍し、阿部の移籍もあるかも知れない。
その上、坪井もピークを過ぎた感もあり、ディフェンスは非常に不安がある。
サポーターもこれ以上の醜態は許さないだろうし、正に勝負のシーズンとなる。

清水:
一時は鹿島を抜いて首位に立つも、プレッシャーなのか夏バテなのか、以降は成績が急降下。
それでも高木が抜け、私的にはそう期待はしていなかった岩下が急成長。
それを踏まえると、予想以上に踏ん張ったと言えるのか。
終盤はDFリーダーである青山も離脱するというハンデもあった訳で。
成績は7位に終わったが、バランスは取れているので、来季こそは何かしらタイトルを狙いたい。

新潟:
序盤は上位争いを繰り広げたが、ジュニオールをガンバに引き抜かれてからは、お約束の得点力不足を露呈した。
キショーはともかく、大島には復活を期待していただけに失望感は否めない。
そんな中、昨シーズンは開幕前の故障の影響で低調だったマルシオの復活は好材料だった。

名古屋:
サイドアタックを研究されて成績が落ちるのは分かっていたが、正直、ここまで急降下するとは思っていなかった。
序盤はダビィが数字を残しても連携が取れず、中盤はブルゾーとアレックスの補強で彼らに合わせたシステムを取るなど、ピクシーが何か自分を見失っていたのかなと思う程だった。
現にACLの準決勝も竹内の退場後、彼らしくない守備を固める戦術が完全に裏目に出ていたし。
あと、外国籍選手の活躍も物足りなかった。
バキ,ブルゾーはレギュラーではない、マギヌンは故障が多い、ケネディは得点力が物足りない。
来季に向けてテコ入れの必要のあるセクションだろう。
ディフェンスもメンタル面の弱さは相変わらず。
一度失点すると落胆するのか、連続して失点する悪癖を今シーズンも露呈した。
ディフェンス&メンタルの改善に関しては、浦和からやってくるトゥーリオが共に解決してくれることを期待している。
しかし、伝統的におとなしい選手が多めの名古屋に取って、トゥーリオは劇薬か。
若手が伸び悩んだ中、マヤの成長は来季に向けてはいい収穫となっただろう。
トゥーリオが加入するとレギュラー争いは厳しくなるが、ぜひこの厳しい環境に揉まれて成長して欲しい。海外はそれからでも遅くはない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 24, 2009

今の時代、こういう派遣先に行きたい

ズバリ、

「公共系」

不況でもそれなりに仕事は出てくるし、既に常駐済であれば切られにくいメリットもある。

また、今の不況から立ち直っても、長い目で見て、公共以外の仕事はしたくないという人も出てくるかもね。

登録会社のしがらみで、その手のワガママはそうそうできないだろうが。

こういう時に個人事業主として、公共の仕事をバリバリ交渉できるのであれば、占めたものだが、なかなかそういう人はいまい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Microsoft、i4iの特許侵害裁判で敗訴

これにより、米国ではWord2007の中で特許侵害に当たる機能の削除が行われるらしいが、新規ユーザは納得するのか。

機能の削除の不満と、その機能が削除された分、価格を下げないと今後Word2007を購入するユーザは納得しないだろう。

あと、執筆時点では情報がなかったが、日本語版Word2007の今後の動きも気になる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 21, 2009

ミスター味っ子Ⅱ6巻

中断前の最後ら辺を読んでなかったので、やっと話が追いついた。

でも、結局、日の出食堂が崩壊した理由が明らかになったのは極々最近だった訳で・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 20, 2009

喰いタンの仕事屋

仕事屋も結局はミスター味っ子の味将軍グループと同じように、立場があやふやなまま連載が終了してしまったなあ。

ボスすら出てこなかったし。

あと、付け加えるならば、狩野光子との決着も着かずか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 18, 2009

おかしい、この短期間になぜ同じようなソフトウェアがリリースされるの?

対象ソフトウェアはGoogle日本語入力とBaidu Type。

何かおかしいよね?

Googleから情報でも漏れた?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 17, 2009

最近、変な時計が増殖中

av-tokei

hamuTokeiMini

あーあ、もう何でもありだな・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 16, 2009

Firefox 3.5.6 & SeaMonkey 2.0.1 Release

なぜかSeaMonkeyのリリースにはすぐに気付いたが、Firefoxのリリースに気付いたのは結構後で、ムダにFTPにアクセスしに行くのが少々めんどかった。

あと、3.5.「6」が紛らわしい。

てっきり、3.6の正式版と思いきや、そうではなかったのでガッカリ。

Thunderbirdはメジャーバージョンがアップしたので、何とかFirefoxも年内に3.6をリリースして欲しいものだ。

| | Comments (0)

これはいい。Scott Hanselmanの開発者とパワーユーザーのための究極のWindowsツールリスト2009

Microsoft Tech Netのフィードを読んでいたら、こういうのがあった。

全部読破して個々に試すのは大変だが、日々ツールを追い求めている私に取ってはありがたい資料だ。

やっぱり、ここでもWinMergeは人気なんだとニンマリ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 15, 2009

この頃、おやつの摂り方が変わってきた

この頃、あんなに大好きだったポテトチップスがどうにもくどくて食べ切れない。

だから最近は筒や120円くらいの袋物を避け、40~50円のものをいくつか購入して少しずつ食べるようになった。

筒を買う場合でも、それをいっぺんに平らげることはなく、1週間ペースだ。

まあ、健康上から見ると、間食が減るのはいいことなのだろうが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 14, 2009

大分トリニータ、フロントが相次いで辞任

責任を取ってと言えば多少響きはいいが、それは建前で、やはり火中の栗を拾うのはゴメンというニュアンスの方が強く感じるのは私だけ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 13, 2009

名古屋、大分の金崎を獲得

今の名古屋には彼の本職であるトップ下のポジションはないけど、スタイルとしては名古屋が1番合っているかなと思っていたら、本当に来てくれた。

やはり、津市出身というのとピクシーの大ファンというのがダメ押しだったか。

この補強で来季の中盤はどうなるかな。

まず、ズミもレギュラー安泰ではないだろう。

来季は目の色を変えてやらないと。

もしくは以前にも言ったように、最近は故障の多いマギヌンを放出する手もありだろう。

あと、気になるのがトゥーリオの獲得。

中東の話も出ていたが、名古屋が獲得レースに参加した時点で多分来るかなと見ている。

こちらも彼が来るようならば、控えに甘んじているバキ、もしくは海外移籍を望んでいるマヤの放出も考えられるだろう。

今オフの名古屋の補強は目が離せない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 10, 2009

阪神、赤星引退

以前から体が悪いとは聞いていたが、それが選手生命を脅かすものとまでは知らず、昨日の引退発表は少々ショックだった。

最近は40歳を超える現役選手が多い中、30代前半での引退はあまりにも残念。

不本意ではありますが、今までお疲れ様でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 09, 2009

Thunderbird 3.0 Release

受信データの消失が1番怖いので、まずデータをバックアップし、その後にThunderbirdを上書きインストールしたが、特にデータに関して問題は発生しなかった。

私の受信データ量が多いこともあり、メールのインデックスの作成がなかなか終わらない。

細かい検証はそれからになる。

あえて、今1つだけ言うならば、

「メールヘッダがデカくて邪魔」

Thunderbird 2.0 の頃と比べると、一回りくらい大きくなっている。

| | Comments (0)

不況は経済だけではなく、人の心をも崩壊させる

ここ1年ばかり周りを見ていてつくづく思うのだが、

「不況は経済だけではなく、人の心をも崩壊させる」

私の周りには、不況になってから人間関係が険悪になったケースは多々ある。

不況前だとまず口にしなかったような事を平気で口走るようになり、それが基で修復不能な人間関係になったり。

決して金銭だけの話ではない。

「不況で物品は安くなっても、一度壊れた信頼関係までお安く修復できるほど甘くはない」

そういう事もひっくるめて、不況が早く終わる事を祈りたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 08, 2009

話に一貫性がない人は信用を失う

一貫性がない人って、次のようなタイプの人なのかな。

  • すぐに感情に走る
  • 余裕がない
  • いいかげん

正直、こういう人って、つき合っていると疲れてしまうし、信用できない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 07, 2009

Lhaz 2.0.0 Release

ん?見た目が変わった?

そう。左側にツリービューが追加されたのが今回のバージョンアップにおける大きな特徴だ。

むしろ、今までなかったのが不思議だとちょっと思ってみたりするが。

あと、今まであまり意識していなかったが、UNICODEにも対応したとのこと。

これでUNICODE文字の変換の手間が省けるが、長い目で見ると、CD-RやDVD-Rのデータディスクのことを踏まえると、やはりUNICODE文字は抵抗があるなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

December 05, 2009

2010W杯予選リーグ組み合わせ決定

あらあら、これは・・・

  • 圧倒的なテクニックを誇るオランダ
  • 圧倒的なフィジカルを誇るデンマーク
  • 圧倒的なフィジカルとスピードを誇るカメルーン

ベスト4どころか、ブービー4が見えてきたような・・・。

救いはいずれも守備はそれほどでもないので、何とか得点ぐらいはできそうか。

最も日本の得点以上にボコボコにされる可能性も大ではあるが・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 03, 2009

マウスカーソルを画面端に寄せると、逆からワープしてくるソフトって何だそりゃ?

どこかのソフトウェア公開サイトで見かけたのだが、うーん、それって一言で、

「X-Mouse」

じゃダメなの?

時代を遡れば、ひと昔前のWindowsのPowertoysにも付いていた機能なのだが・・・。

更に遡れば、

「PowertoysのX-Mouseは、UNIXのXの同名機能のパクリ」

である。

私も Windows3.1 の時代にVB2を使って作ったことがあるが、WinAPIを駆使すれば簡単にできてしまう。

まあ、あまり役に立つとは言えないが、忘れた頃にふと使うと意外と新鮮な機能なのではないだろうか。

| | Comments (0)

December 01, 2009

名古屋、山口,新川,広野に戦力外

うーん、厳しいな。いずれも名古屋で育った選手なのだが。

でも、何となく分からなくはないけど。

山口はオーソドックスの4-4-2システムの「ボランチ」としてはまずまずだけど、今のプレミア流のフラットな4-4-2のセンターハーフとしてはパワー不足,得点力不足かな。
それを差し引いても、バックアッパーとしては優秀な選手だとは思うのだが。あと、ナオシと吉村が高齢なので、本当に放出していいのか疑問符が付く。

新川はFWとしては厳しかったかな。序列としては5番手以下だし。ブルゾーが前線に入る時もあったので、そうなると序列は更に下がるし。
彼に関してはまだ若いのでJ2にリースして経験を積ませるという方法もあったのではないか。

広野はACLで長谷川に経験を積ませた時点でもしかしたらという予感はあったかな。
その時点で広野の経験よりも長谷川の将来性を取ったわけで。

今回、この3人が戦力外となったわけだが、私的には、

「ケネディ以外の外国籍選手は総替えでもいい」

ブルゾーは得点はソコソコ挙げているが、いかんせんムラっ気と守備をしない割には出場時間当たりの警告が多い。

バキは外国籍選手としてバックアッパーはあり得ない。現状はマヤのまさかの移籍に備えたキープ君か。

マギヌンはいい選手なのだが、近年ケガがあまりも多過ぎる。中東から巨額のオファーが来たら放出はありかも。

リーグ戦は凡庸な成績で終わる事が確定な名古屋だが、来季に向け、今期、層の薄さを露呈したCB、高齢のセンターハーフの補強は急務となるだろう。
特にセンターハーフは心配している。ここ2年、このポジションの補強がきちんと出来ていない。
1番いいのは、花井君か福井君がレギュラーを取ってくれることなのだが、なかなか甘くはないだろう。

| | Comments (0)

« November 2009 | Main | January 2010 »