« 2009 Jリーグ展望(グランパス編) | Main | ヤッターマン、日曜7時へ放送時間を変更 »

March 05, 2009

2009 Jリーグ展望(後編)

京都

東京Vから獲得したディエゴ次第か。
しかしエース格のパウリーニョのポジションをわざわざ動かしてまで獲得するような選手かは疑問符が付く。組織立ったチームに王様然のディエゴがあっさりフィットするとは考えにくい。正直、パウリーニョも故障から戻ってきたらエース№を取り上げられておもしろくないのでは?
まあヤナギと豊田の良さが殺されないことを祈ろう。

G大阪

昨シーズンは地味な補強だった半面、今期はクラブ創設以来の大型補強となった。
しかし、チョやレアンドロはポゼッションに適応できるのかは少々不安が残る。チョとレアンドロの加入により、サイドでプレーするルーカスも微妙。彼はもっとゴールの近くでプレーすべき選手だろう。
スピード不足な感のあった最終ラインには清水から高さと速さを兼ね備えた高木が加入し、山口も中澤もうかうかできないだろう。
ゼロックス杯は散々だったが、戦力を考えると、リーグとACLのダブルを求められるのは必然。西野監督に取っても勝負の年になるだろう。

神戸

マルセウ,ツネと攻守の軸が固まり、ブレイクの予感。しかし、ウイングが少々頼りないか。

広島

現在の寿人の1トップがJ1でも通用するかは疑問符が付く。寿人の下に付く2シャドーもJ1レベルだと得点力不足は否めない。なぜ大型のCFを獲得しなかったのか。慢心していないか。久保?今の彼のフィジカルはスタメンでは無理だろう。
守備は計算できそうだが、寿人が徹底マークに合い、沈黙するようなら苦しい。
まさかの1年でのJ2逆戻りもありえなくはない。

大分

昨シーズンとほぼ同じ顔ぶれで望むことになりそうだが、まずは深谷の穴を坪内で埋められるかが課題。
その次はナビスコ杯以外は印象薄で終わった高松の復調とウェズレイが衰えないことがカギか。
今期はマークされることが予想されるので、若干順位は落ちるか。

|

« 2009 Jリーグ展望(グランパス編) | Main | ヤッターマン、日曜7時へ放送時間を変更 »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2009 Jリーグ展望(後編):

« 2009 Jリーグ展望(グランパス編) | Main | ヤッターマン、日曜7時へ放送時間を変更 »