« Jリーグ、本日最終節、グランパス初優勝なるか | Main | 2008年グランパス総評 »

December 07, 2008

Jリーグ最終節

昨日は札幌VS鹿島を見ていたが、さすが鹿島というところを見せつけられた。
内容的には点を取った後は無理をしないイタリア的で決しておもしろいものではなかったが。
勝ちはしたが、マルキーニョスの点が入ってはいけない病がかなり気になった。あれはスランプであり、年齢的な衰えでなければいいが・・・。

大分VS名古屋はドロー。この結果、川崎に抜かれて3位に転落してフィニッシュは残念。

千葉VS東京はまさかの千葉の大逆転。
0-2のときはこれは命運尽きたかと思ったが、まさか4点取ってしまうとは。
元々降格圏の常連であり、意外に磐田と東京Vよりプレッシャーが少なく、何か起こるとすれば、このチームかなとは思ってはいたが、驚きの結果だった。しかも、入れ替え戦どころか、残留確定というおまけ付き。残留争いの歴史を見ても、最終節に逆転で残留したクラブは初めてではないだろうか。
スタメンを見た限りは今まで試したことのない、ミシェウとレイナウドの同時先発だったため、これはとうとうミラー監督もやけっぱちになったかと思ったが、見事にだまされた。

浦和VS横浜Mは浦和がまさかの大敗。しかもホームで。
ここ数試合で4バックへシステムチェンジし、クラブのゴタゴタあるとはいえ、やる気のなさしか感じなかった。やる気がないのなら、J2行きを立候補すればいいのでは?

東京V VS 川崎は東京Vのサヨナラゲームとなった。
わざとではないだろうが、チームを去る福西から半月早いとんだクリスマスプレゼントをもらうことになった。
まあ降格は妥当だろう。前半はフッキに頼り、この試合もディエゴをサスペンションで欠いて、何もできずにジエンド。勝っているうちはいいが、負けが込み、組織の未熟さを露呈した。

今年は上位も下位もダンゴ状態でなかなかおもしろいシーズンだった。ACLで消耗した浦和やG大阪は低調だったが、名古屋,大分,FC東京が躍進し、リーグを盛り上げてくれた。

来期もまたおもしろいシーズンになるといいな。

|

« Jリーグ、本日最終節、グランパス初優勝なるか | Main | 2008年グランパス総評 »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Jリーグ最終節:

« Jリーグ、本日最終節、グランパス初優勝なるか | Main | 2008年グランパス総評 »