« 2008年グランパス総評 | Main | Firefox 3.1 Beta2 リリース »

December 09, 2008

2008年Jリーグ総括(前編)

鹿島

さすが鹿島という戦いぶりだった。
小笠原が戦線離脱してどうかなと思ったが、中後が見事に穴を埋めてしまう当たりはさすが。
あと、どうもケガが多い印象の強いマルキーニョスが1年間フルに働けたのが大きい。田代が不振に陥ったため、マルキーニョスの活躍がなければ正直危なかっただろう。
来期に向けてだが、なまじ小笠原抜きで優勝してしまったため、これからの処遇が難しいのでは?下手にベンチに置こうものなら、空気を乱しそうである。中田浩二もしかり。

川崎

あれよあれよという間に順位を上げ、最後は2位でフィニッシュした。
関塚監督の療養、両サイドハーフの故障など、小さくないアクシデントがあっただけに
よくやったシーズンかと思う。
今期のシステムはおもしろくはあったが、サイドバックに伊藤が入ることで左サイドの攻撃力が落ち、ヴィトールがホールをすることにより、中村,谷口の両看板がある程度守備に重きを置かないといけないのは、少々歯がゆいか。両人ともすばらしい攻撃力を持っているだけに。
来期に向け、既に関塚監督の復帰が決まったが、高畠監督の心境はいかに。
確かに今のチームのベースは関塚監督が作ったものだが、高畠監督がダメだったわけではないので、このまま続投でもよかったのでは?

大分

今期はナビスコ杯を取り、リーグ戦でも最高の成績を残し、実りのあるシーズンだった。
しかし、守備は計算できることはよく分かった。その反面、36歳のウェズレイに頼り切りだったのはあまりにも情けない。ウェズレイや金﨑の去就次第では攻撃力の底上げは急務となるだろう。
惜しくもACL圏は取れなかったが、プラスに考えれば、鹿島,川崎,名古屋がACLで消耗仕切った上、浦和やG大阪が調子が悪いならば、来期はもしかすると・・・。

清水

前半は調子が今1つだったが、後半は岡崎の好調で順位を上げることが出来た。
しかし、連携がいつまでも合わないフェルナンジーニョにハズレだったWマルコスという
外国人日照りだったところにメスを入れなかったのは、あまりにも歯がゆい。
外国人が総崩れでなかったら、更なる高みを目指せたことだろう。

FC東京

前半は赤嶺、後半はカボレが攻撃陣を引っ張り、なかなかおもしろいフットボールをしていたが、シーズン終盤は度々守備が崩壊して星を取りこぼしたのは残念だった。期待の羽生も今1つ。
タレントは揃っているだけに、終盤に息切れしなければもっとやれるのでは?ブルーノは論外、エメルソンもイマイチだったのも痛かった。

|

« 2008年グランパス総評 | Main | Firefox 3.1 Beta2 リリース »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2008年Jリーグ総括(前編):

« 2008年グランパス総評 | Main | Firefox 3.1 Beta2 リリース »