« 勝利という結果以外何も残らず。天皇杯4回戦 名古屋VS岐阜(中編) | Main | Sysinternals, NirSoftブランド製品向けのランチャー、Windows System Control Center(wscc) »

November 03, 2008

勝利という結果以外何も残らず。天皇杯4回戦 名古屋VS岐阜(後編)

覚えている範囲で岐阜の評価

GK
日野 6.5 終始安定。惜しむらくは悲劇のロスタイムのみか。

DF
吉村 6.0 島田がサイドに張り気味だったので攻撃参加は少なく。それでも右サイドを守りきった評価は小さくない。兄弟対決は実現せず。

菊池 6.0 杉本の判断の悪さにも助けられたが、見事に完封。また小川も抑えた。

川島 6.0 相手のストロングポイントであるヨンセンを抑えきったのは大きい。

奈須 6.0 逆サイドの嶋田とのバランスの兼ね合いもあるのだろうが、マッチアップが前に出てこない三木だったので、もっと押し切れたのではないだろうか。

MF
北村 6.5 インターセプトが冴え、再三チャンスの基点となっていただけに負傷退場は残念。

梅田 6.5 彼も北村同様、インターセプトが冴えた。

嶋田 6.5 本当にJ1の経験がないの?再三名古屋の左サイドを切り裂き続けた。強いて言うならば、カットインからのシュートも欲しい。

薮田 6.5 チャンスに再三顔を出していた。しかし惜しむらくはフィニッシュが雑。彼が1つでもチャンスを物にしていれば、まさかの大勝もあったかも。

管 6.0 キャプテン北村の負傷退場によるスクランブル出場だったが、最低限以上の仕事はこなした。

FW
相川 6.0 シュートの積極性は買えるが、薮田同様、雑。終盤はシュートを三木の顔面にクリーンヒットさせ、負傷退場に追い込む。

小島 6.0 要所でのいやらしいドリブルはガンバでレギュラーを務め、日本代表候補だったときの片鱗か。ただ、もっとガンガンシュートを放った方が相手は怖い。

片桐 6.0 チャンスを作るも、フィニッシュまでは至らず。

|

« 勝利という結果以外何も残らず。天皇杯4回戦 名古屋VS岐阜(中編) | Main | Sysinternals, NirSoftブランド製品向けのランチャー、Windows System Control Center(wscc) »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 勝利という結果以外何も残らず。天皇杯4回戦 名古屋VS岐阜(後編):

« 勝利という結果以外何も残らず。天皇杯4回戦 名古屋VS岐阜(中編) | Main | Sysinternals, NirSoftブランド製品向けのランチャー、Windows System Control Center(wscc) »