« 磐田の新監督にオフト | Main | Google Chrome は Windows2000 では使えず »

September 04, 2008

へえ~あるもんだねえ、SharpDevelop Portable

ダウンロードはココから。

言うまでもなく、Visual Studio .NET 互換の開発環境である、SharpDevelop のポータブル版である。まさか、こんなものまでポータブル環境であるとはねえ・・・。1.1版と2.0版の2種類用意してあるのが泣かせる。汎用性を考えると、常備するなら 1.1版か。

で、少し使ってみて気づいたことがあるので、列挙しておく。

まず、フォルダ構成を見て、PortableApps.com の作りに合わせている事にすぐに気づいた。小さなことではあるが、これはブランド的に何か安心感がある。

次は環境周り。

構文ヘルプのデータベースはログインユーザのプロファイルに作るとポータブルの意味がなくなる上、環境が変わる毎にデータベースを作り直さなくてはならなくなるので、Sharp Develop のアプリケーションフォルダに作るのが正解。このアプリケーションフォルダはログインユーザ下のアプリケーションフォルダではなく、正真正銘の SharpDevelop の実行パス下のフォルダなので、その辺は心配ない。
データベース作成後に SharpDevelop の再起動が掛かり、再起動後にどうもデータベースの位置を把握し切れていないようなので、データベースの場所を指定してやる必要がある。場所の指定はフォルダダイアログで行うが、これではフルパスの入力となってしまうので、後で「..\data\CodeCompletionData」と相対パスで入力し直すこと。

次にデフォルトプロジェクトの場所だが、ポータブル環境では未指定でも構わない。私は元々通常版の Sharp Develop をインストールしていたので、アプリケーションデフォルトのマイドキュメントの直下の SharpDevelop Projects フォルダ下のソリューションの内容が表示され、少しビックリした。

あと、NAnt のパスもデフォルトだとフルパスになっているので、「nant\nant.exe」と修正しておこう。そうそう、ポータブル版でも、しっかり NAnt と NDoc まで付いてくるのがまた嬉しい。意外とこちらのツールの方が使用頻度が高かったりして。

そんな感じで、SharpDevelop Portable の環境設定完了。

|

« 磐田の新監督にオフト | Main | Google Chrome は Windows2000 では使えず »

Software New Release」カテゴリの記事

Software Portable」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

プログラム」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.