« マンチェスター・シティがビッグクラブを目指す?あのチーム作りで? | Main | Oh! Crazy!! このクラスを作った人は本当にプロですか? »

September 07, 2008

2010W杯アジア最終予選 バーレーンVS日本

バーレーン 2-3 日本

正直勝つとは思っていなかったが、それでも勝つんだったらスッキリ勝てという内容だった。

3-0になり、相手も退場者を出し10人なって、今日は終わりかと思いきや、まさかの2失点。相変わらずの試合運びの悪さにイライラを募らせた。

そんな中、パス回しに酔いしれるバカ共を横目に、まさかのケンゴのミドルは良かった。彼は確か前にも同じく途中出場からこんな感じで決めていなかったっけ?

この日、1番のイライラは長谷部のインターセプトからの場面。あの場面はどうあっても決めなきゃダメ。なぜ無難に逆サイドを付けない?なぜ、わざわざ難しいニアを狙う?とてもブンデスリーガでプレーしている選手のソレとは思えなかった。
直後に玉田も右足でバーにぶつけたが、彼はレフティーという専門職なので不問としよう。

そんな感じだったのだが、一応、今日の相手はグループで最弱クラスという事を忘れてはいけない。その相手を完全に息の根を止める事が出来ず、次に繋がる収穫を与えてしまった。そして日本も試合運びのマズさという課題は今日も解決出来なかった。今日の勝利は本当にただ勝っただけ。今後を考えると、不安を感じずにはいられなかった。

|

« マンチェスター・シティがビッグクラブを目指す?あのチーム作りで? | Main | Oh! Crazy!! このクラスを作った人は本当にプロですか? »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2010W杯アジア最終予選 バーレーンVS日本:

« マンチェスター・シティがビッグクラブを目指す?あのチーム作りで? | Main | Oh! Crazy!! このクラスを作った人は本当にプロですか? »