« Firefox3 RC1 がリリース | Main | ACパルマ、遂にセリエAと別れ »

May 18, 2008

浦和 VS G大阪

私的にはまず、

「両キャプテンである、ケイタとサトシを咎めたい」

かな。

普段通り握手して別れたのなら、こんな事にはならなかったはず。

ガンバの儀式は別に問題ない。そこにトゥーリオが子供じみた言い掛かりを付けたのがピッチ上での事の始まりだった。
ケイタも翌日の新聞に儀式を控えるようにというコメントが載っていたが、これにはガッカリした。
確かにレフェリングが「スーパー」だった岡田主審にも問題があり、浦和サイドとしては鬱憤が溜まっていた所ではあったが、あそこは大人になって欲しかった。
更に言うならば、

「チャンピオンとしての余裕と懐の深さがない」

サポータはどっちもどっちかな。こちらはガンバ側のサポータが投げた水風船が浦和サポータの子供に直撃したのが事の発端であり、その後、子供じみた発言もあったが、浦和サポータの数に物を言わしての横断幕と太鼓の破壊、そして取り囲み行為は許されるものではない。昨年末に世界と戦ったクラブとしては本当に恥ずる行為だと思う。あとガンバサポータの元ガンバの選手である都筑へのペットボトル攻撃も頂けない。

そして問題が隠れがちになっているが、誤審。
バレーのスローインに浦和がプレーを止めた事もあるが、間近にいなければいけないはずの線審は何やってんの?
そして後半開始直後に明神がいないし。これはビデオで確認を取ったとか言い訳しているけど、どこに目をつけてるのって話。

新聞でも大きく取りざたされているが、ここまで酷いと勝ち点没収もしくは無観客試合は避けられない状況だろう。
Jリーグとしてもきちんとした処分を下さないと、今度は犬飼Jリーグ専務理事(元浦和社長)は浦和の犬だとか叩かれかねないだろう。ここは納得できる処分を待ちたい。
もし勝ち点剥奪となると、我らが名古屋が首位に立つがあまり素直に喜べないな…。

今回の問題はまだ終わらない。

後半のガンバホームでの試合が無事に終わるまでは予断を許さない。

|

« Firefox3 RC1 がリリース | Main | ACパルマ、遂にセリエAと別れ »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 浦和 VS G大阪:

« Firefox3 RC1 がリリース | Main | ACパルマ、遂にセリエAと別れ »