« ホワイトカラーのメンタリティーは情けない | Main | 勝手にバーレーン戦採点 »

March 27, 2008

プルチーニジャパン、バーレーンごときに敗れる

バーレーン -0 日本

急にシステムを変更して不安も囁かれていた中、本当にバーレーンに敗れてしまった。まあ内容を見る限り妥当な結果だろう。

「バーレーンもショボかったが、それ以上に日本はショボかった」

何か今日は勝ち点3を取りに来たと言っていたが、それはあまりにもおこがましいだろう。

まず第一に岡田監督の4-4-2から3-5-2への変更。練習で中澤がやりにくいと漏らしていたのに、そこまでした強行した意図は?フバイルごときにビビって3バックに変更したのだろうか?それでは10年前の本戦のチキン3バックと何ら変わりはない。前半のロングボール一辺倒の攻めも気になった。ピッチが悪いとはいえ、あれはないだろう。

次に覇気のない選手たち。やる気があるのだろうか?右のストッパーがオーバーラップしていた時は独走状態でマークの受け渡しもへったくれもなかった。そしてヨシカツのファンブル。バーレーンのハンド?そんな事は関係ない。起こるべきして起こったミスだった。元々Jリーグでもそんなに出来はよくなかっただけに、いよいよ衰えてきたのかなとも思えてきた。今日のような不安定さが続くようなら、調子のいい楢崎を使うことも考えてもらいたい。

あと、松木さん。いつまでもハンド、ハンドって女々しい。


今日の試合を一言でまとめると、かつてJドリームである方が言っていたあの言葉がお似合いだ。

「あまりにもヘタクソでプルチーニ(ひよこ・子供の意)かと思ったぜ」 By アレッサンドロ・ロッシ

|

« ホワイトカラーのメンタリティーは情けない | Main | 勝手にバーレーン戦採点 »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference プルチーニジャパン、バーレーンごときに敗れる:

« ホワイトカラーのメンタリティーは情けない | Main | 勝手にバーレーン戦採点 »