« 外来語で永遠の別れを告げないのは常識 | Main | 2008年Jリーグ展望(中編) »

March 03, 2008

2008年Jリーグ展望(前編)

札幌

まずは日本人のみで構成されるDFラインがJ1で通用することが条件か。その次にダビィが15点取ること。J1経験者も何人かいるが、やはり個で劣るため、そのくらいやらないとJ1に留まるには辛いだろう。


鹿島

ご存知、昨期Jリーグチャンピオン。しかし前線に不安を感じる。田代,マルキーニョスは共に故障がちの選手。ACLにも参戦し過密日程となる今期、彼らが戦線離脱するようだと苦しい。
中盤以下は伊野波,青木,新井場など複数ポジションをこなせる選手がいるので、やりくりしていけるだろう。それでも消耗度を考えると、リーグ戦の優勝は厳しいか。


浦和

こちらも昨期アジアチャンピオン。
前線はワシントンが去り、高原,エジミウソンという屈指のストライカーを獲得したが、共に調整遅れが気になった。
中盤は復帰のアレックスは計算できそうだが、ポンテが復帰するまでトップ下に入るであろう梅崎がどのくらいやってくれるのかは全く未知数。もし彼がダメなようなら、ブッフバルト政権時代に経験のある山田が入ることになるだろう。ディフェンスは例年通りの出来なら心配はないだろう。
既出の通り、前線がブレーキにならない限り、今期も優勝候補の筆頭だろう。


大宮

昨期はギリギリJ1に残留したが、慢性的な問題が解決されていない。ズバリ得点力不足。そのために外国人ストライカーを獲得しなければならないはずだが、それを怠っている。
私的にはデニス・マルケスは純粋なストライカーとは思わないし、そこまでチームにフィットしているとは
思い難い。ドリブラーの外国人はもう散々失敗しているではないか。私は降格候補に挙げる。


千葉

今更私がグダグダ言うまでもないが、主力が大量流出し、台所事情は本当に苦しい。
馬場,谷澤,苔口こそ補強したが、それはただの応急処置程度にしか思わない。
そして監督のクゼだ。私的にこの監督はG大阪での実績を見る限り、前線は個人任せの感があり、不安を感じる。それを踏まえると、シーズン後半には、新居,レイナウドという2トップになっているのかも知れない。こちらも2トップが相当頑張らないと、降格候補となってくるだろう。


非常に充実した補強をし、優勝争いも期待できるだろう。
私的にはセンターハーフの大谷が入っていた左サイドバックには、福岡のアレックスを補強し、
左サイドは昨シーズンの序盤こそ活躍したが、研究され沈黙した菅沼に代わる、甲府でエース格だった茂原を獲得、そしてフランサ不在時にはダメージが大きくなるトップ下にはポポを補強した。
私的にはポポは未知数な感があるが、彼がダメでもアレックスをトップ下に入れるというオプションも
あるだろう。というより、アレックスを今更サイドバックで使うのはもったいない感がある。
自慢のディフェンスさえ崩れなければ問題ないだろう。


FC東京

財政難なのか。若手のホープだった馬場,伊野波,鈴木を放出したのは大いに不満。ルーカスに関しては2桁得点しても、なお決定力に不満があったようだが・・・。ブルーノは故障さえしなければ計算できそうだが、ホールのエメルソンは未知数。
1トップの外国人選手を滑り込みで獲得しているが、彼がルーカス以上やってくれる保障は何もない。
新加入の羽生は2トップなら、左サイドが定位置になるか。降格争いもありそうだ。


東京V

久々の名門の復帰だが、前途はあまり明るいものではないだろう。まずはフッキの離脱は大きい。未知数のレアンドロにそこまで期待するのは酷だろう。それだけにディエゴが残ったのは大きい。
攻撃のこともあるが、私的にはまずはディフェンスだろう。ここ2年半ほどJ2以下のレベルだったディフェンスがボロを出さないか、序盤戦は心配だ。それが崩れるようだと・・・。それさえ解決すれば、さすがに優勝争いはないだろうが、中位ぐらいは確保しそうだ。


川崎

まずはフッキの使い方だろう。昨期得点王のジュニーニョが少し下がり気味にプレイするようだが、
前線の組み合わせは楽しみだ。
昨シーズンはACLとの兼ね合いで苦しんだが、今シーズンはJリーグに集中できるので、
2シーズン前のような好成績が期待できる。強いて言うならば、そろそろ川崎山脈を脅かす選手が出てきて欲しいか。

|

« 外来語で永遠の別れを告げないのは常識 | Main | 2008年Jリーグ展望(中編) »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 外来語で永遠の別れを告げないのは常識 | Main | 2008年Jリーグ展望(中編) »