« ここが許せない、Express 2005 シリーズ | Main | 韓国という国にはスポーツマンシップとか仁義という言葉はないのか!(後編) »

December 04, 2007

韓国という国にはスポーツマンシップとか仁義という言葉はないのか!(前編)

2日遅れなので、もう出尽くしたネタだが、先日の北京五輪の野球のアジア予選における、韓国のスターティングメンバードタキャン変更問題である。まあ、普通に見て、

「仁義知らんのか!」

と思ってしまう。最も日本の野球における、

「敬遠して打率キープ大作戦」

とか

「55本越えさせないよ、ソフトバンクベースボール」

というのも、もちろん問題だが、今回の1件はあまりにも酷い。韓国の監督もルールに触れていないからと言って開き直る始末で全くどうしようもない。まあ相手が日本だから、まだいいものの、相手がアメリカなら、

「全員ビーンボール」

でも文句は言えない。アメリカといえばメジャーリーグ・ベースボール、メジャーリーグベースボールは特にその手の流儀を大切にする。例えば、

「ホームランを打っても派手にガッツポーズを取らない」
「大差のゲームで盗塁しない」

こういう事を守らないのなら、次打席はぶつけられるのはもはやお約束だ。

|

« ここが許せない、Express 2005 シリーズ | Main | 韓国という国にはスポーツマンシップとか仁義という言葉はないのか!(後編) »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 韓国という国にはスポーツマンシップとか仁義という言葉はないのか!(前編):

« ここが許せない、Express 2005 シリーズ | Main | 韓国という国にはスポーツマンシップとか仁義という言葉はないのか!(後編) »