« お土産に栗きんとんだけは勘弁して欲しい | Main | BBS作りましたー »

November 16, 2007

浦和レッズ、アジア制覇

浦和 1-1 セパハン
    2-0
     (4-1)

2日遅れになったが、書く事にしよう。

貴重なアウェーゴールを奪ってホームに戻ってきた浦和だが、ペースを握ったのはセパハン。再三浦和の左サイドを突破していたが、正確なクロスを上げるまでには至らず、強引な切込みで再三チャンスを潰し、あまり得点の予感はしなかった。

そんな中でワンチャンスを物にしたのが永井。あれよあれよという間にフリーになったが、あそこは日本人なら簡単にGKにぶつけてコーナーキックというのがお約束なのだが、その予想に反して逆サイドのゴールネットにボールが突き刺さり、浦和先制。これにはビックリ。

その後はお互いこう着状態が続いた。浦和はポンテが守備に忙殺され、カウンターの場面では数的有利にも関わらず、ミスパスのオンパレード。対するセパハンも、もはやワンパターン化したサイドアタックに精度の低いミドルシュートを交えるのみ。ミドルシュートはだんだん精度があってきてはいたが、その頃には残り時間を大分切ってしまっていた。3度ほどスルーパスで完全に浦和ディフェンスを崩した場面もあったが、オフサイドに泣いた。
そんな事を言っていたら、チャットをしながら、ちょうど今日の阿部はパスミスはするし、クロスの精度は低いと文句をたれていたら、あれあれ、阿部が2点目を決めちゃったよ。サッカーというのは本当に分からないものだ。結局セパハンの決定力不足に助けられながらもタイムアップ。歓喜のときは訪れた。

いやー、日本はアジアでも屈指の強さを持っているとはいえ、意外に時間がかかったねえ。アジア制覇。そもそもACLは予選リーグの方が厳しいからねえ。1チームしか勝ち抜けないから。そこでことごとく、ガンバやマリノスは飲まれていた訳で・・・。

浦和もかつては私の地元の名古屋同様、Jリーグの赤いお荷物仲間だったから、ここまで成り上がったのは素直に嬉しいねえ。

ところで試合終了間際に、かつてレアルが重鎮サンチースにトロフィーを掲げさせるために粋な交代をしたように、ワシントンに代わって、これまた浦和の重鎮、岡野が出てきたけど、まさか戦力外通告前のご褒美とかじゃないよねえ?後からふと思ったのだが・・・。

|

« お土産に栗きんとんだけは勘弁して欲しい | Main | BBS作りましたー »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 浦和レッズ、アジア制覇:

« お土産に栗きんとんだけは勘弁して欲しい | Main | BBS作りましたー »