« 日本VSオーストラリア(前編) | Main | 初めてのネコカフェはなぜか家族でご入場(その1) »

July 22, 2007

日本VSオーストラリア(後編)

日本の攻めもマズかったが、それ以上にオーストラリアにガッカリだった。

「ピークを過ぎたベテランたち」

個で見ると欧州の中堅クラブながらいい選手がいるのだが、ワールドカップがピークだったのかな。ビドゥカはヨレヨレ。シュワルツァーはキャッチできず、弾いてばかり。とてもミドルスブラの堅守に貢献している選手の1人とは思えなかった。今の彼の力量なら3点は取らなきゃダメ。しかし1番ガッカリなのはキューエルだった。なんかキレはないし、すぐに倒れてカッコ悪い。阿部のイエローの場面も微妙。かつてギッグスを凌ぐプレミア最高の左サイドと呼ばれた面影はどこにもなかった。あとグレッラの退場というハンデがあったとはいえ、駒野に再三押し込まれたエマートンもガッカリだった。

「ラフプレー」

グレッラの退場前も全体的にガツガツきて汚い印象があったが、結果それが致命的になった。ラフプレーやキューエルのダイブを見逃さなかった審判を褒めたい。

「アロイージの交代」

あれはダメでしょ。削るなら中盤かDFだと思うのだが・・・。攻める意思を見せないと・・・。それともよれよれキューエル1人で日本を崩せるとナメていたという考えもありか・・・。ヒディンクだったら、こういうことはしないだろう。

|

« 日本VSオーストラリア(前編) | Main | 初めてのネコカフェはなぜか家族でご入場(その1) »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本VSオーストラリア(後編):

« 日本VSオーストラリア(前編) | Main | 初めてのネコカフェはなぜか家族でご入場(その1) »