« June 2007 | Main | August 2007 »

July 31, 2007

同じチャンスは2度来ない

オシムの故郷のサラエボの言葉で、2度のチャンスを与えて、ものにできなかった人にはもう巡ってこないかもしれないという意味らしい。今回の場合、アジア杯で結果を出せなかった選手のリストラを意味している。なるほどね・・・。でも、それはオシムさん、あなたにも言えることですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 30, 2007

すべてがダメ。オシムジャパン(その4)

ちょい息抜き。

「サポータのみんな聞いてくれ。実はオレたちゴール前に近づくと、持病のゴールを入れてはいけない病が・・・」

ああ、もう全然否定できんね・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

すべてがダメ。オシムジャパン(その3)

今日はゆうべのTIさんのコメントへのレスを載せてしまいます。何せ長文になってしまったので。

> サイドバックはスタミナだけだし、中盤は疲れからなのかそれ以前の問題なのかスピードは無いし、
> フォワードは高原以外にまともな選手がいないし、ほとんどの選手が代表レベルとは思えない技術を
> 見せてくれたりと散々なアジアカップでしたね。

うーん、オシムジャパンの中盤は蒸し返すようですが、絶望的です。プレースキック以外に見るべきものはなし。トップはやはり前田遼一の落選が痛かったです。彼は病み上がりとはいえ、結果を残していましたし、得点力をいうまでもなく、トップ下出身のテクニック,心肺能力を生かしたチェイシング。サブでもいいから、キショーを外して彼をメンバーに入れるべきだったのではないでしょうか。

> まず、メンバーではジェフ枠をはじめ、純粋な左サイドバックを一人も入れなかったことは理解しかねます。

左サイドバックですが、これはオシムだけの問題ではないかと。ここ5年以上、Jリーグでは3バックが流行していましたが、気がつけば世界的には4バックが流行し、今期から4バックに取り込むクラブがようやく増えてきました。そういう事情もあり、サイドバックはまだ人材不足気味なのではないでしょうか。特に問題の左サイドは。こればかりはあと2年ぐらい問題は解消されないかも知れません。そもそも代表のシステムに左右され、システムを合わす事自体が問題かとも思いますね。その点、鹿島やFC東京は
ほぼ4バックの伝統を守っているのは非常にいいことだと思います。その代償として、当時鹿島の名良橋,相馬の両名はシステムの関係で2002W杯のメンバーから落選することとなったのはあまりにも哀しく・・・。

いろいろ物議をかましている新旧千葉枠ですが、山岸を入れるぐらいなら、今期から新潟に移籍した坂本隊長を入れるべきだったのでは?積極性はともかくとして、左サイドの経験値が高いので、少しは役には立ったかと。

> そして、交代枠もお約束のメンバー、タイミングで使い、試合の流れに見合った交代とは思えません。

これは誰もが言っていることですね。

> あと、今大会のオシム、どうでしょう?個人的には彼のフィロソフィーは好きですし、日本向けではあると
> 思うのですが、なんかどこか頭が固い気がしないでもないです。

選手のアドリブが効かな過ぎだと思います。何か言われた事しかやらない気の利かない無難なサラリーマンのようですね。私の仕事であるプログラマ的に言うと、バグは見つけたけど、これは今回の仕事じゃないから直さないみたいな・・・。ちなみにル・マンの松井は監督から曲芸的なプレーをするなと言われてもどこ吹く風だったようですが・・・。松井という勝負する人材も欲しい。そして彼のような遊び心を持たないと・・・。

> 果たしてこのオシムが率いるチームは今までの日本代表を超える素晴らしいチームになることはできるのでしょうか?

今の見通しだと、戦術的にも選手個人も深いメスを入れないと、W杯どころか、W杯一次予選すらヤバいかも・・・。悪いけど、98,06に当たったオマーンにさえ勝てるかは怪しい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 29, 2007

すべてがダメ。オシムジャパン(その2)

次は選手個々について見てみよう。

川口 7
うーん、甘いかな。それでも水準以上の働きはしてくれたと思う。
それだけにサウジ戦のファンブルは惜しい。

加地 4.5
勝負しない,判断が悪い,遅い,クロスにアイデアなし。ふんにゃかクロス。カッコつけた左足クロス。
スタミナ以外は最低の右SB。はっきり言っていらない。

中澤 6.5
人には強いが、スピード系には脆さを見せた。

阿部 6.0
思ったよりボロが出なかったが、それでも適材適所とはとても言い難い。
彼の特性上、F・デ・ブールやミハイロビッチのような最終ラインからの組み立てをしないのなら、はっきり言って存在価値なし。前線へのロングボールの配給を加地がやっているようでは困る。

駒野 6.5
多分代表で1番勝負する人。そして数少ない未来を感じさせる人。
勝負する姿勢は買うが、カットインとクロスの判断はキッチリしたいところ。

今野 6.0
出場試合が少なかったので、可もなく不可もなくといったところではないだろうか。今大会は本職のセンターハーフではなく、サイドバック起用だったので、守備という最低限の仕事はしてくれたと思う。オーバーラップして左足でクロスを上げるのは彼の仕事じゃない。いっそ加地の故障が治らなきゃよかったのにと思ったのは私だけ?

中村憲 5.0
Jリーグの彼とは別人。ミドルは打たない、凡庸なショートパスにサイドチェンジ。プレーメーカとしてもチャンスメーカとしても失格。これなら今野を入れて守備を固めた方がマシ。
(実際、今野は攻撃もしてくれるが・・・)

鈴木 6.0
時折見せるチョンボはよろしくない。今野と競わせる方が吉。絶対的レギュラーの器ではないのは確か。

遠藤 6.0
もちろんプレースキック込みで。プレースキック以外は見るべきものはない。プレースキックなしなら、5.0が妥当。彼もJリーグとは別人。左足の精度の悪さ,オーストラリア戦延長のカッコつけたループシュートもどきが気に食わない。

中村俊 5.0
期待を考えると、ここまで厳しい評価にならざるを得ない。流れの中での貢献度は皆無。右サイドを放棄し、ポジションを守らない,相手を脅威に晒すスルーパスもクロスもシュートもなし。加地が上がったスペースの後ろで淡々とボールをさばいている印象しか残らなかった。その加地がシュンスケの背後をフリーランニングするのを再三無視していたのも気に入らない。

山岸 5.5
キリン杯のときよりはマシだが、ロングボールの背後を突くなら、他にも選手はいるはず。それでも基本技術は著しく低く、少なくとも代表のレベルではない。

羽生 6.0
再三惜しいシュートを放ったりしていたが、流れを変えるには至らず。2シャドーのときは山岸ではなく、彼の方が適任。

水野 -
出場時間が少なく、判断材料がなかったので、評価なし。

高原 7.0
最後の2試合は沈黙したが、彼がいなかったことを考えるとゾッとする。彼の得点は技術,局面は最高だったのは間違いない。相方が最低限の仕事をしてくれればもっとやれた感が・・・。

巻 5.0
高原が前を向いてプレーするには必要な存在だったと思う。しかし、それだけ。思ったよりチェイシングも出来ていなかったように見えたし、もっと貪欲にプレーしなきゃダメ。

佐藤 5.5
期待していた1人だが、見せ場はなし。彼がいるときに限って裏を付くロングボールが来ないのは気のせい?使う側にも大いに問題あり。

矢野 5.5
出場時間の少なさはあるが、ジョーカーとしてはとても物足りない。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

すべてがダメ。オシムジャパン(その1)

日本0-0韓国
(PK 5-6)

何がダメだったかって?

「全部」

韓国の露骨な規則違反が霞んでしまう程のダメっぷりだった。それでも韓国は罰金 or W杯予選の勝ち点剥奪は妥当かと思うがね。
まず、オシムのスタメン選考が気に入らない。この日の目的は何?レギュラーは休ませるんじゃなかったの?アジア杯のシード?そんなものはいらない。予選なんて楽勝で勝ち上がれるし。アジア杯を見ていて思ったけど、大学生にも苦戦する訳が分かった。

「メリハリがない」

ドリブラーや飛び出す選手がおらず、似たようなパサー的な選手ばかり。こういう起用はしないって90年W杯ユーゴ代表で実証したんじゃなかったっけ?そして攻撃が1本調子。これなら相手はさぞ守りやすいはずだ。

あと選手を適材適所で起用しないも×。阿部を4バックのセンターバックに起用したり、1トップ下の山岸はありえない。あれでは控え選手も腐る。

次はオシムのカードの切り方が気に入らない。状況はいつも違うはずなのに、なぜかいつも切るカードは一緒。キショーを入れるも遅いし、代えるならサイドバック1枚削って、露骨に点を取る姿勢を見せないとダメ。何より相手が疲れているのに、水野,太田というJ屈指のドリブラーを使わないのは論外。
解説で松木さんがオシムは選手の故障に備えて3枚目のカードを温存しているという事を再三言っていたが、それは買い被り過ぎ。仮にそうだとしても、そんなことは90分過ぎたら関係ない。

まあここまで収穫がなかった大会も珍しい。あえて言うなら、監督を含めてダメな人が誰かよく分かったのは収穫と言えそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 28, 2007

ん?君、ゴハンの心配はあまりないみたいね

最近周りでどうも太ったネコにまで「メタボ」というのがはやっている。で、何気に気になったのが、駅近辺をうろつくいつものノラネコ君。いつも擦り寄ってくるばかりで、抱き上げたことがなかったっけなあ・・・。そういう訳で、抱き上げてみると、

「重っ!」

下手すると、うちの実家のネコより重いな。ということは4Kg以上あるということになるな・・・。伝統的にうちの実家のネコはヘビー級で、その感覚に慣れて気にも掛けなかった。ん?よく見ると、君、

「腹出てるし・・・」

たまにゴハンをあげようとしても食べないのは、短絡的に普段からご近所の家でもらっていて、お腹いっぱいと思ってよさそうだ。まあ、1つ心配の種が減ったので、よしとするか・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 27, 2007

より学習出来ない方が負けた

日本2-3サウジアラビア

忙しかったので、TVを横目に見る程度だったが、どちらも酷い試合だった。

「オーストラリアに勝って慢心したか?」

「日本の両センターバックの自作自演」
「まるでCLにおけるバイエルンのルシオとバン・ブイデン」

お互い失点がワンパターン。

「学習能力がなさ過ぎ」

日本は集中力がないのか、短絡的に1対1に弱いのか、同じようなパターンで失点し、サウジはセットプレーに対する守備がザル。得点がたくさん入ったから面白いという声もあるが、私はそれ以上に

「レベルが低いな」

と思った。あと阿部への批判もあるが、

「彼の本職はセンターハーフ」

ということを忘れてはいけない。DFも出来るが、そこの適正は、

「3バックのリベロ」

だ。それを踏まえると、まだ同情の余地があるのでは?特に最終ラインでフィードを生かすでもなく、何となく起用し続けたオシムが悪い。
で、決勝はレベルの低いサウジとイラクでは何か盛り上がらない。唯一盛り上がったのは、思ったより醜態を晒さなかった開催国の戦いぶりか。日本代表については、いろいろ言いたい事はあるが、とりあえず今日はここまで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 26, 2007

初めてのネコカフェはなぜか家族でご入場(その3)

と、もう少し書こうか。
「マーシュ」で撃沈したので、今度は無難?に「モッサ」を抱こうとしたが、少し持ち上げた瞬間に第6感?が働き、

「コイツはヤバい」

と思ったら、やっぱりその通り。怒られてしまった。「モッサ」はあと少し早く来店していれば、長毛の姿を拝めたんだけどね・・・。長毛種はこの時期だと暑さ対策で散髪するので仕方ないか・・・。思い出せば、うちにいたこのコも夏バージョンしか見たことがなかったな・・・。
結局後は「ひげちゃびん」を無難になでなでし、「へんこ」ちゃんと記念写真を撮って帰るのだった。

小ネタだが、うちの姉的に1番人気は「マーシュ」ではなく、「しめじ」。入店してしばらく気付かなかったが、上の足場で昼寝していた。残念ながら、このコはうちらが帰った後に降りてくる。タイミング悪し。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 25, 2007

初めてのネコカフェはなぜか家族でご入場(その2)

トイレから出たらアイスティーを時折口にしながら、無難に寝ている「ひげちゃびん」と「くま」を撫でていると、奴は出てきた。トイレにいた「マーシュ」だ。ネコ好きな人はやはり長毛種には目がないようで、他のお客さんが抱き上げると、

「激怒ー」

機嫌を害した「マーシュ」はまたトイレに戻ってしまうのだった。で、数分してまた戻ってきて、無謀にも「マーシュ」にチャレンジ!そして返答は

「フーッ」

あらら、まだ怒っているのね。ついでに更にチャレンジした姉も牙を剥かれ撃沈。実はこの少し後に写真を撮ったのだが、

「キバ剥いてこわ!」

最後まで機嫌は直らなかったようだ。こればかりはしょうがないね。これがキャバクラなら、

「なんだ、あの接客は」

って感じになるんだろうけどね。というか、これを割り切れない人はネコカフェには来れないだろう。それにしてもネコは楽だなあ・・・。八方美人する必要はないからね。休みが終わると、また現実に戻る。そして今日もアホ課長に怒れる「マーシュ」のような形相を取りながら仕事するのだった・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 24, 2007

初めてのネコカフェはなぜか家族でご入場(その1)

そう、なぜかオカンと姉でご入場。という訳で、先日、こちらへおジャマしてきた。
入って最初の印象は

「思ったより、ネコが少ないなー」

しかし、それはすぐに甘かったという事を思い知らされることになる。入店直後、アイスティーを頼んでトイレに入って用を足しているときにふとトイレのドアを見ると、スイッチの下に何やらモップのような物体が・・・。ん?モップにしてはきれい過ぎるし、何よりフカフカ過ぎる。

「ネコのぬいぐるみ?」

いやいや、それにしては精巧過ぎる・・・。もしや・・・

「本物ー」

ネコスタッフを照合した結果、「マーシュ」らしい。このマーシュとはもう一悶着あるのだが、またそれは後程ということで。
更にこれだけでは終わらなかった。トイレを出ようとしたときに気付いたのだが、ん?便器の下に黒い物体が・・・

「またネコー」

こちらは「まぐろ」。涼しいからといって、なぜトイレに溜まる・・・。以上、おばけ屋敷より驚いたトイレでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 22, 2007

日本VSオーストラリア(後編)

日本の攻めもマズかったが、それ以上にオーストラリアにガッカリだった。

「ピークを過ぎたベテランたち」

個で見ると欧州の中堅クラブながらいい選手がいるのだが、ワールドカップがピークだったのかな。ビドゥカはヨレヨレ。シュワルツァーはキャッチできず、弾いてばかり。とてもミドルスブラの堅守に貢献している選手の1人とは思えなかった。今の彼の力量なら3点は取らなきゃダメ。しかし1番ガッカリなのはキューエルだった。なんかキレはないし、すぐに倒れてカッコ悪い。阿部のイエローの場面も微妙。かつてギッグスを凌ぐプレミア最高の左サイドと呼ばれた面影はどこにもなかった。あとグレッラの退場というハンデがあったとはいえ、駒野に再三押し込まれたエマートンもガッカリだった。

「ラフプレー」

グレッラの退場前も全体的にガツガツきて汚い印象があったが、結果それが致命的になった。ラフプレーやキューエルのダイブを見逃さなかった審判を褒めたい。

「アロイージの交代」

あれはダメでしょ。削るなら中盤かDFだと思うのだが・・・。攻める意思を見せないと・・・。それともよれよれキューエル1人で日本を崩せるとナメていたという考えもありか・・・。ヒディンクだったら、こういうことはしないだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本VSオーストラリア(前編)

日本1(4-3)1オーストラリア

日本は勝利こそしたが、勝者に値する試合をしたかと言われれば疑問符が残る。高原がいなかったらと思うとゾッとする。イライラする試合運びは相変わらず。

「駒野以外は1対1で勝負しない」

駒野が積極的だっただけに加地の不甲斐なさが目立った。それ以前に2列目(遠藤・シュンスケ)がいずれも中に入り、ウイングプレーヤーが皆無なため、サイドアタックはサイドバックの力量に委ねられる。それを踏まえると、あまり加地を攻めるのは酷か。

「ケンゴの凡庸な展開力」

今に始まったことじゃないが、もうお腹いっぱいという感じか。3列目からの飛び出しはない。フンニャカした別に対戦相手が嫌がるでもない変哲もないサイドチェンジ。サイドチェンジを意識するのは分かるけど、もっとビシっとしたサイドチェンジをしないと・・・。代表の得点力不足は意外とこの人が原因なのでは?

「メリハリのない攻撃」

これも今に始まったことじゃないけど、いつも攻撃が同じ調子。巧手の切り替えが悪い。カウンターも遅い。イライラする。走れー。しかし2トップがカウンター向きじゃないのも確かか・・・。

「工夫のないクロス」

解説でも言っていたけど、背の高い相手にフンニャカしたクロスを放り込まれてもねえ・・・。デカいのには少し低くて速いクロスが有効だと思うのだが・・・。

「よれよれキューエルに3人マーク」

ありえん・・・。全盛期のキューエルならまだしも、こんなよれよれキューエルを2,3人掛かりで止めようとするとは・・・。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 20, 2007

ステーキに当たる

昨日サーロインステーキを食べてからというもの、恐ろしく具合が悪い。最初は食べ過ぎによる下痢かと思ったが、体がだるく寒気がする。ああ、ステーキなんて、しばらく見たくない・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 18, 2007

ペットと育児は通ずるものがある

現在、有給を使って実家へ帰ってきているのだが、その実家で昼間はおとなしいネコ達が夜中になるとじゃれ合ったり、家のインテリアをかじって本当にやりたい放題。

こいつらが私たちを困らせるのと、赤ちゃんが夜鳴きして親を困らせるのも何だかあまり変わらんな・・・。

意外と将来の子育てのいいシミュレーションになったりして・・・。

でも毎日暴れられるのはカンベンだな・・・。

| | Comments (0)

July 17, 2007

日本VSベトナム

日本4-1ベトナム

立ち上がりの悪さは相変わらず。それとも集中力がないのか。オウンゴールの失点は少しハラハラした。しかしそれも巻の得点であっさりと帳消しとなる。後は追加点もあり、楽勝という結果に終わった。さて、感想だが、

「ベトナムはスピーディーだった」

まあなかなか見ることが出来ない国ということもあるが、何か新鮮だった。前半は左からの崩しがよかった。あと実力差は歴然だが、勝負に行く姿勢は褒めたい。日本はドリブラーがいないということもあるが、ファウルを誘発するプレーが少なすぎる。その結果があの情けないバックパスなのだろうか。

「巻の活躍」

冷静に見て対戦相手のレベルを考えると疑問符が付くのかも知れないが、やはり国際舞台で2得点は大きい。Jリーグでも沈黙していたので、もしかするとこれが起爆剤になるのでは?これからは高原が更に厳しいマークに晒されるのは容易に予想できるので、巻にある程度目処が付いたのは好材料だろう。

「セットプレー」

昨日でヤットがJリーグでも決めているようなフリーキックを初めて?代表で見せてくれた。これは対戦国を悩ますだろう。

「シュンスケクラスのプレースキッカーがもう1人いる」

ということで。それにしても歯がゆいのは、シュンスケもヤットも引っ込んでいるのに、阿部にフリーキックを蹴らせないこと。彼はヘディングが強い(ポジショニング系か)ので、あえてコーナーキックを蹴らせないのは分かるが、フリーキックも蹴らせないのはどうかと・・・。日本で3本指に入るプレースキッカーをおめおめダメにするのはあまりにも哀しい。やはり蹴らないと勘が鈍るはず・・・。水野もケンゴも悪くないけど、阿部にはまだまだ及ばない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2007

マズいラーメン屋に出くわす

現在帰省中で姉と共にあるラーメンに入ったのだが、これがとんでもないハズレだった。泣きそうだった・・・。何がダメだったって?うーん、

「すべてがダメ」

だった。メンなんて日清の「らうめん」に余裕で負け負けだし・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 15, 2007

2GBのSDカードが認識されない

先日1980円で購入した格安のSDカードを私の携帯であるV601Tでフォーマットさせようとしたところ、何度やってもフォーマットが進まず。うーん、なぜ?携帯のフォーマットって短絡的にフォルダ構成を作っているぐらいに過ぎないと思うのだが・・・。あとはメーカー?容量?原因は未だはっきりせず・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 14, 2007

日本、UAEに勝利

日本3-1UAE

立ち上がりはよくなかったので、どうなるかと思ったが、終わってみれば3-1の勝利。特に高原の活躍が目立った。2点目はファインゴール。1トラップしてコースへ打ってGKは動けず。一見教科書通りのシュートだが、なかなかアジアでは見られないシュートだろう。なんか98W杯日本VSクロアチアでクロアチアのシューケルの決勝ゴールがあんな感じだった。利き足は違うけど(シューケルは左)。3点目のPKはあれあれという感じ。UAEとしては訳の分からないPKを食らい、裏でハンドしている高原は見過ごされ、たまったもんじゃないだろう。しかし、この1点がだいぶ試合展開を楽にするゴールだったのもまた事実だが・・・。しかしその後がよろしくなかった。UAEの中央突破にケンゴが振り切られて、そして誰もプレスに行かず、スルーパスで決定機を作られ失点。1人少なかったUAE相手に何してんのって感じ。結局そのままスコアは動かず、3-1で勝利した訳だが、結果はともかく、決して満足できる内容ではなかった。

「結局は高原頼み」
「なぜゴール前のチャンスが気付けばバックラインでボールを回している」
「パススピードが遅い」

特に後2つは見ていてイライラした。なぜ勝負しない。あのチキンなバックパスはありえない。そしてパススピードが遅い。芝の関係もあるのだろうが、見ていてあのふんにゃかパスは酷い。何回パスカットされているんだ。次はベトナム戦。普通にやれば勝てる相手だが、ホームで勢いづく相手だけに油断は出来ないだろう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 13, 2007

虫刺されに悩まされる

何だろう。ここ1年蚊に刺されただけで、すぐに刺し口が大きく腫れるようになった。これはしばらく蚊に刺されたことがなかったので蚊に対する抵抗力が落ちているのか、それとも短絡的に体が弱っているのか。謎だ・・・。このように大きく腫れた箇所を掻きむしったりすると、カサカサになった後にシミみたいになるから、これがまたイヤだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 12, 2007

Windows Vista デスクトップサーチ問題

結局Microsoftが認めたねえ。

「Microsoftってやっぱり悪どい」

という印象は否めないだろう。何やら次のサービスパックで直すとかいう話だけど、

「それってサービスパックごときでチョイチョイと直るものなの?」

逆に言うと、そんな簡単にチョイチョイと細工して他社製デスクトップサーチの妨害ができちゃうんだ・・・。

「やっぱりMicrosoftってチンピラだねえ・・・」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 11, 2007

Windows Vistaのスタンバイ推奨って本当に大丈夫なの?

「Windows Vistaはシステム終了時にシャットダウンではなく、スタンバイを推奨している」

実際、私はVistaを導入しているわけじゃないので、あまり分からないのだが、これだけは言える。

「スタンバイはまだまだ未熟な技術」

以前のWindowsよりはだいぶ良くはなっているはずだが、それでも、

「スタンバイ前の設定を記憶しない」
「一部のソフトが不安定になる」

「アイコンが化ける」

というような悪いイメージは拭えない。特に前者2つって完璧ですかあ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 10, 2007

牛肉偽装問題は今に始まったことじゃない?

またまた牛肉偽装ネタだが、思い出せば、かなり前に

「某ファーストフードショップのハンバーグにはミミズ肉が入っている」

というウワサがあったが、あれは結局、

「高橋名人が逮捕された」

というのと同じレベルのガセネタに過ぎなかったのだろうか。でも、一昔前の料理マンガを読み返すと、

「給食のハンバーグはいろんな肉が混ざってて当たり前」
「食堂のハンバーグはクズ肉の塊」

とか平気で載っているのだが・・・。ああ、またハンバーグ恐怖症になりそうだ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 09, 2007

パソコンを始めて以来の粗悪なソフトに遭遇する

某ダウンロードサイトからカスタマイズ系ソフトを試用したのだが、これがとんでもない外れだった。名前はちょっと出せないが・・・。このソフト、インターフェースは洗練されていないし、使い方をReadmeで読んでも訳が分からない。そこまでなら、私のニーズには合わなかったでそれまでなのだが、この使い方以降のReadmeがよろしくなかった。

「不安定です」
「落ちるのは仕様です」

なんじゃそりゃ?特に2項目目は頂けない。そりゃあプログラマがよく使う言葉だが、本当に濫用するのは問題。ここまで読んだ限りでは、このソフトの作者は

「不誠実」

だと思った。しかし、それに追い討ちをかけるように、

「自責使用」

なんですと。この出来で自責はないでしょ。明らかな欠陥品に対して自責ではお話にならない。これはあくまで私的考えだが、

「自責というのは、最低限の動作をする上で成立する」

と思うんだけどねえ・・・。

ちなみにこのソフト、スタートアップ絡みのレジストリを触るんだけど、明らかに関係ないところを削られているし・・・。試用後、オフにした覚えがないAVGとOutpostが起動してこなくなった。今回はスタートアップが削られた程度で済んだけど、これがもっと起動絡みのディープな部分だったら、どう落とし前をつけるんだろう・・・。

私も将来的にはオンラインソフト作家デビュー(スクリプトだったら、もう1つのブログでささやかに配っているが・・・)を果たしたいと思っているんだけど、こういう事だけはやっちゃいけないなと思ったね。この事から、

「ソフトは誠意を持って作る」

「デバッグはきちんとやろう」

という事を改めて学ばせてもらったよ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 08, 2007

私はレンタルビデオ店の敵?

最近どこかの週刊誌でこのような記事が載っていた。

「レンタルビデオ店は延滞金によって成り立っている」

え?ということは期限内にキチンと返却する私はレンタルビデオ店の目の上のタンコブ?とか何とか言っていたら、ゆうべビデオを返しに行ったとき、私の横の人が1500円も延滞金を取られていた。ははあ、これがレンタルビデオ屋の資金源なんだなあと・・・。でもやっぱり私からすると、こんな金額をおめおめレンタルショップに払う奴は

「アホだなあ」

と思うのだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 07, 2007

1人焼肉

1人暮らしなので必然的にそうなってしまうのだが、これがなぜか腹にたまらない。スーパーでソコソコ量の多い奴を2パック平らげてもだ。原因の1つとしては食に集中できないからか。そういう事が続いてからというもの、自宅ではほとんど焼肉をしなくなったな・・・。決してキライではないのに・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 06, 2007

やや!あなた17番着けるんですか?

先日、FCバルセロナの入団が決定したコートジボワール代表ヤヤ・トゥーレ。何気に彼の背番号に目が行ったのだが、

「あーっ、17番着けてるし・・・」

前回アンリのときのオマケで17番もダメだって言ったのに・・・。知らないぞ・・・。シーズンが終わって

「だから言ったのに・・・」

という事にならないことを祈ろう・・・。意外と来るシーズンは傷心のシーズンで来々シーズンは兄のコロ・トゥーレのいるアーセナルでプレーしていたりして・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 05, 2007

疲れっぽい

そう、どうも最近疲れっぽいのだ。帰りの電車では毎日、死人のように爆睡する始末で・・・。で、ふと思ったのだが、疲れっぽくなったのとGAVAを食べなくなった時期が微妙に重なっているような・・・。以前ほど甘いものを食べなくなったので、GAVAというか、血糖値が下がっているのかも。という訳で、あまりお茶やサラダばかりのダイエット食的なものばかりなのも問題だと思うのだった・・・。対策としては・・・炭酸飲料とかはよろしくないので、カフェオレで糖分補給しています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 04, 2007

Firefoxのバグ?

もしかするとプラグインの絡みもあるのかも知れないが、結構な頻度でスペースキーによるスクロールが効かなくなる。なんなんでしょ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 03, 2007

バレンシアと比べると、インテルは情けないの一言

昨日のバレンシアのように、今期のインテルのスタメンを見てみると・・・、

       

      イブラヒモビッチ   クレスポ

            スタンコビッチ

     サネッティ          ビエラ

            カンビアッソ

マクスウェル
 マテラッツィ コルドバ マイコン

            セーザル

何じゃこりゃ?マテラッツィ以外にイタリア人がいない。こんなクラブにチャンピオン面されても何だかなあ・・・。まだトルドとグロッソが頑張っていれば、もう少し面目が保たれただろうに・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 02, 2007

スペイン純血主義へ舵を切りながら

先日購入したWSD著のシーズン終了ムック本中でバレンシアについて述べていた言葉だ。うっ、確かに言われてみればバレンシアは圧倒的にスペイン人が多い。で、これが今シーズンの基本スタメンだ。

        ビージャ モリエンテス

  シルバ               ホアキン

       マルチェナ アルベルダ

モレッティ アジャーラ アルビオル ミゲウ

           カニサレス

青色以外はスペイン人で外国籍選手は3人のみだ。ボスマン裁定以降、西欧のクラブは他国の有力選手を買い漁っている現実を考えると、これは凄い事なのでは?何となく気になったので、前回バレンシアが優勝したときのメンバーを引き出すと・・・、

         ミスタ
               アイマール
  ビセンテ               ルフェテ

        バラハ   アルベルダ

カルボーニ アジャーラ マルチェナ トーレス

           カニサレス

こちらもかつてのリーガ・エスパニョーラの外国籍枠4人を守り、優秀だ。今時の列強のクラブにしては極めて珍しいが、これが本来クラブチームのあるべき姿なのではないだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2007

カリカリベーコンを楽に作る

以前にカリカリベーコンの作り方について紹介したことがあるが、実はもっと楽な作り方があった。それは

「グリルにベーコンを入れるだけ」

こちらの方がきれいに仕上がる。最もグリル付のコンロがなければお話にならないが・・・。でもって調理スペースの小ささも相変わらずで・・・。私のコンロでは同時に作るのは3枚、無理やり詰めても4枚が限界だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2007 | Main | August 2007 »