« December 2006 | Main | February 2007 »

January 31, 2007

このチョイ悪プログラマが!

あるアンケートサイトで感想を100文字以上求められ、困っていた。80文字ぐらいまでは何とか書いたのだが、どうしても後が続かない。で、ふと思った。

「後ろにスペース詰めたれ」

スペースはスペースでも、サーブレットやスクリプトなら、半角スペースぐらいはトリムしてしまうだろうと思ったので、ここは用意周到に全角スペースで埋めることにした。で、送信ボタンを押したら、見事に送信完了。これにはバカ受け。やってみるもんだなあ・・・。

参考までに、空白処理の仕様はサイトによってマチマチ。半角スペースでもOKのところもあれば、全角スペースさえトリムするサイトもある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 30, 2007

ゴミ捨てどころか、タバコすらも満足に吸えないのか!

昨日の話には続きがあり、ひょんなことから、派遣先のFさんから聞いたのだが、ゴミ捨て問題だけではなく、タバコにも同じような問題があるようだ。

「タバコは自分のナワバリで吸わなきゃいけないらしい」

何でも吸殻当番があるから、

「当番やらず者、吸うべからず」
「よそ者は吸うべからず」

らしい。だから同じように、私のゴミの件も

「仕分けボックス当番をやらず者、捨てるべからず」
「よそ者は捨てるべからず」

のようだ。私はタバコ吸わないからいいんだけど、離れで開発を行う喫煙メンバーはわざわざ自分のシマまで戻らなければいけないらしい。ああ、なんてバカなしきたりなんだ。アホ過ぎる・・・。普通に

「携帯灰皿持参したら文句ないよね?」

とも思うが、普通に

「よそ者は出ていけ!」

ってノリなんだろうなあ・・・。実は先日、自社の営業の方がこられたのだが、なぜか外で青空トーク。すぐそばにリフレッシュルームがあるのにおかしい。あらかた過去に

「よそ者はリフレッシュルームを使うな!」

とでも言われて追い出されたんだろうな・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 29, 2007

変なナワバリ意識はカンベン

今いるブルーカラー系の派遣先でのことだ。休憩所で弁当の廃プラのゴミを捨てただけで、なぜかイチャモンを付けられた。

「ここに捨てるな。外に捨てて来い」

と。

え?ゴミはゴミ箱に捨てるんじゃないの?

はぁー、イヤだねえ。

私も前職がブルーカラーだったから分かるんだけど、ブルーカラー系の人って変にナワバリ意識を持ってイチャモン付けたがるんだよねえ・・・。

前職でも見事に工程ごとに派閥が出来ていたし。

レーザー,プレス,溶接で。

その場は

「ハイハイすいませんでした」

と誤ったが、本音は

「おまえらの腐ったナワバリ意識なんて知るかー」

だ。

こういうのは派遣で来る人間にとっては大迷惑だ。

純粋なホワイトカラー1色のプログラマさんやSEさんは戸惑うよ。

絶対。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 28, 2007

チャットを始める

最近プライベートでチャットを始めた。なかなか難しいね。会話のタイミングとか。チャットをやる上で欠かせないのが、ブラインドタッチ。私は出来るのだが、いかんせんパソコンを離れていた時期もあるので、全盛期と比べるとスピードも落ちた。それでも何とか適応できるレベルではあるが・・・。あとチャットのメッセージを見ていると、私を含めて誤字の多いこと、多いこと。しかしこれは入力者というよりも、IMEが悪い。そう、みなさんMS-IMEを使っているのがミエミエなのだ。円滑なチャットをしたいのならば、ジャストシステムのATOKを使った方が賢明だな・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 26, 2007

知られざるWikipediaの世界

最近Yahooの記事で読んだのだが、Wikipediaって奴はカテゴリによっては結構ドロドロらしいね。偏屈というか俗物根性丸出しというか。詳細には最初にカテゴリを作った者が他人に編集させない。他人が編集しても元に戻し、カテゴリを私物化する。ここまで来ると、ただの自己満足かつ自分の知識をひけらかしたいだけ。もはやWikiの意味なし。こういうのはイヤだね。でも、詳細にはどういうタイミングで書き直しているんだろう?毎日監視しているんだろうか?
ここまで書いて難だが、私自身はWikipediaで実際に既出の事例には出くわしていない。私が見たことあるのは、芸能人とかTV番組のカテゴリで、そこら辺は特に問題なかった。となると、政治・宗教や昔の偉人とかのカテゴリになるのか・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 25, 2007

SEってそんなに偉いのかね?

ある日、仕事をしていると、私の後ろであるSEが、

「33歳なのに、まだPG?」

という思いっきり人を小バカにした会話をしていた。はぁ?SEってそんなに偉いのかね?確かにSEになれば給料は上がるのだろうけど、今までの経験上、SEとは、

「中身のない打ち合わせの連続のつまらない仕事」

という印象が強い。話を聞いている限りでは、キャリアアップというよりは、とりあえずPGの上に立って優越感を味わいたいだけの

「ただの俗物根性」

にしか聞こえなかった。まあ、私とは対照的に、技術が嫌いな人はさっさとPGからSEに昇格したいんだろうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 24, 2007

久し振りにチャトラン君(仮称)に出くわす

先日の休みにSHOP99に買い出しに行った帰りに、ここ半年ぐらい姿を見せなかったチャトラン君(仮称)に出くわした。さすがネコは成長が早い。最後に見たときはまだ小さな子ネコちゃんだったが、だいぶ大きくなっていた。しかも黒ネコの彼女連れ。頭を撫でると気持ちよさそうにし、更には足元にしがみついたり、ネコパンチでじゃれ付くという手荒い?祝福まで受けてしまった。この辺はまだお子ちゃま入っているのかな。また近いうちに会えるといいな。やっぱりネコはいい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 23, 2007

今も昔も子供のケンカの仕方は変わらない

何気に子供のBBSを見ていたら、話がこじれて「謝れ」という言葉が目に留まる。

ああ、今の子供も根本は変わらないんだと思った。

私も小さい頃にそんな事を口走ってケンカしたのを覚えている。

ケンカの原因は何だったかは忘れたが・・・。

しかし、何でそう相手を屈服させて満足だったのだろうか?

それはまるで覚えがない。

幼さゆえに何も考えていないだけだったのか。

とりあえずワガママで生意気な小僧だったのは認めざるを得ないな・・・。

今はネットが普及したばかりに、こういうケンカが第3者にまで丸見えになってしまう。

ああ、恥ずかしいったらありゃしない。

ある意味、少し大人になってから、ネットが普及し始めたのはタイミングとしてはよかったのかも知れない。

まあ、ネットで幼稚な争いをしているうちは「子供」と言われてもしょうがないかな。


しかし、

「大人になると、謝りたくもないのに、謝らなくてはいけなくなるケースが多々ある」


そこで躊躇っているようでは、社会でやっていけない。

そういう点では以前在籍した会社はてんでダメだった。

「弱小会社のくせにプライドだけムダに高い」

私が電話先で客に謝ったら、下手に出るなと怒るような先輩達がいたからね。

何だそりゃと。

他にも以前の派遣先でこんな事を口走る人がいた。

「謝ったら負けなの!」

は?

30前の大人が言う事ですか?

ダメだこりゃ。

はいはい、人生棒に振って下さいと。


いつの時代でも最近のガキはとはよく言うものの、

「今の大人も全然ダメだっての!」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 22, 2007

SHOP99から納豆が消えた

私の地元のSHOP99だけだろうか。先週ぐらいから納豆が店頭から消えた。で、今朝の中スポを見ると、あるあるの納豆ダイエット捏造の記事が。もしかして原因はこれ?やれやれ、こっちはダイエットだけではなく、血行をよくするために食べているというのに、いい迷惑だ。おかげで少し先のスーパーまで買いに行かなくてはいけない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 21, 2007

技術系は強いねえ・・・

私のもう1つの技術系ブログがここ数日でなぜかやたらアクセス数を伸ばし、すっかりここを圧倒するようになってしまった。短絡的にアクセスを伸ばしたいのなら、日記や雑学とかではなく、1つの事にテーマを絞った方がいいのかもね。でも逆に芸能人とかではなく、一般の人が日記で相当アクセスを伸ばしているならば、それは相当人間的に魅力がある人なんだろうな・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 20, 2007

Microsoft Accessのクエリデザイナ

Microsoft Accessのクエリデザイナだが、慣れてくるとJet SQLって奴は煩わしい。ある程度熟練してビルダを使用せずに手書きをするようになると分かるのだが、

「家庭用の癖にやたら文法にうるさい」

特にテーブル結合時のカッコにはうるさい。どうやら複雑な結合は苦手のようだ。更に輪を掛けて、Accessはフィールド表現や問い合わせ条件を冗長に表現するので、テーブル結合した後は一般ユーザに取っては呪文のようだろう。手書きなら、OracleやSQL Serverの方がラク。SQL ServerのEnterprise Managerにもデザイナの機能はあるのだが、Accessと同じように表現が冗長なので、少し使用して即離れていった。
現在、業務で一般ユーザが使用するAccessをカスタマイズしているのだが、既出の事もあって、クエリのSQLソースも気を使って記述しなければならない。基本的に一般ユーザはデザイナしか使わないので、デザインの中で直せるようにSQLを記述しなければならない。ダイレクトにサブSQLを記述するのは厳禁だ。そこは少々ドンくさいけど、新しいクエリオブジェクトを作ってそれを参照するようにしている。それならデザイナからも編集できるので、私の手から離れた後も問題ない。このような場面で、腕自慢は何の意味もなさないのだ。
思い返せば、私もSQLをAccessからしか作れない時期もあったな。厳密にはDBはOracleなんだけど、AccessのOracleへのODBCリンクテーブルをデザイナから参照することでしかSQLを組めなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 19, 2007

期待のAVG Anti Spywareだったが・・・

パターンファイルの更新頻度が高いのはいいのだが、最近やたらにOSをフリーズさせるのは大きなマイナス。よくありがちなCPU100%ではなく、本当にOSが固まってしまうのだ。期待のソフトだったのにガッカリ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 18, 2007

エッチしようか・・・

しつこいようだけど、ラテン語の「H」はサイレントで、発音しない消えている存在感のない音。これと任侠映画の

消す=殺す

をかけると、エッチするがとんでもない意味に。実際には使われているのかな・・・。コロンビアのモルグ街当たりで使われていたらシャレにならんね・・・。英語のEraseはこのような使われ方をしているのを何かの洋画で見たような覚えがあるが・・・。

「あそこのきれいなお姉さんがエッチしてくれるんだって」

いえいえ、そのエッチは結構ですから・・・。

いやらしい事を期待してこのコンテンツをクリックした方はごめんなさい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 17, 2007

もうベッカムは起用しない by ファビオ・カペッロ

レアルのカペッロ監督がやっちまった。こういう事をマスコミに漏らすのはタブー。ベッカムの方が最後までレアルの一員として戦うことを明言しただけに、この失言は痛過ぎ。元々人徳のないカペッロがまた1つ男を下げた瞬間だった。このカペッロ、戦術的に妥協しないと言えば聞こえはいいが、あまりにも選手と揉め過ぎ。現在もベッカム以外にも、ロナウド,カッサーノという不満分子がいて、ここまで度が過ぎると、現場と監督の意思の疎通が取れていないだけではなく、カペッロ自身にも人間的に問題があるとしか思えない。

さて、レアルを去ることになったベッカムだが、私としてはタイプ的に「走れる・守れる」というカペッロ好みだと思っていただけに、これほど出番がないのは意外だった。少なくとも、欧州屈指のストライカーから、攻撃の便利屋に成り下がったラウールよりは起用する価値はあるかと思うのだが・・・。単純にカペッロが

「目立ち過ぎるスターは嫌い」

としか思えない。あと、

「オレの戦術さえ忠実に守れば勝てると思っているナルシスト」
「監督のクセに目立ちたがり屋」

ああ、情けないね。更にイチオシ、

「守備は計算出来るけど、攻撃はタレントまかせでアイデアに乏しい」

これが正にカペッロの永遠の課題であり、現在のレアルの問題である。悪いけど、カペッロごときでチャンピオンズリーグが取れるほど欧州は甘くない。現在のレアルは

「ファン・ニステルローイを封じられるとお手上げ」

ここにベッカムのセットプレーとクロスが合わされば、もうちょっと勝ち点を稼げるのに、バカだよねえ・・・、仕事の現場に個人の好き嫌いを持ち込むなんて・・・。こんな人が会社の上司なら、即刻会社なんてやめてやるね。それぐらいイヤ・・・。こんな監督だから、レアルは今期も無冠で終わりそうだ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 16, 2007

ブログも国際化

私のもう1つのブログの話なのだが、結構な頻度で外国からもアクセスが来る。ドメインから確認した範囲では、フランス,チェコ,ベネズエラ,エジプトという国からのアクセスがあった。そこでお詫びのお知らせを複数の言語で出すことにした。このサイトは日本語オンリーなのだよと。と言っても、チェコのチェコ語、エジプトのアラビア語はさすがにカバーし切れなかったが・・・。そこで久々にスペイン語の調査も行ったのだが、実はスペイン語については

Perdon

という言葉を知っていた。しかし、翻訳サイトで翻訳すると、その自信が砕かれることになる。翻訳サイトの翻訳結果は、

Lo siento.

だった。ええっ、じゃあ私がスペイン語の本で勉強したのはいったい何?しかし、その問題はすぐに解決した。後者の方がより丁寧な表現らしい。更に

Lo siento Mucho.

とすると更に丁寧な表現になるようだ。Muchoは英語でいうVeryみたいなイメージになるのかな。何はともあれ、1ついい勉強になった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 12, 2007

心とスキルが疎かな状態でネットへ進出するのはやめて欲しい

ここ数年でパソコンの普及率が高くなったが、それと共にネットマナーいわゆるネチケットの守れない人間も激増してきたように思える。例えば、BBS等でレスが付かないことにキレるということは、5年位前なら考えられなかったことだ。あと、BBSとチャットの使い分けが出来ないetc・・・。しかし、マナーが悪いというのもあるが、それ以上に

「スキルがメチャクチャ」

ということを思わずにはいられない。某掲示板を除くと、2chばりだが、いかにも付け焼き刃的なド汚い言葉を使ったり、バカの1つ覚えのアスキーアートをコピペする割には、ググるという言葉を知らないのには閉口した。じゃああなたたち、どうやってここにたどり着いたの?それが不思議でならない。2chというよりは、ネトランとかのおいしいところ取りだけして、肝心なところはちゃんと分かっていないのかも知れない。だから平気でP2Pソフトで問題を起こしたりする。あと、今の学生とかにどういう人間が教えているのかも気になる。もはやパソコンは工業高校のマニアックなものという時代は終わり、普通の学校にも普及している。そういった点を踏まえると、

「ろくにパソコンが分からない人間が教えているのではないか」

そうでないと既出の惨状は起こりえないと思うのだが・・・。あと2ch。アスキーアートの本は見たことはあるが、最近は2chの解説本は見たことがない。(古い本でもあることはある)となると、教える人間がおもしろ半分に2chを見せているとしか思えない。まさかとは思うが、

「2chに詳しい=パソコンができる奴」

とか、

「アングラに詳しい=パソコンができる奴」

なんて認識があるのではないだろうか。だとしたらとんでもないことだ。その辺のBBSで悪態をつく奴はもちろん悪い。しかし、教育担当者のスキルのアップも急務だと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 11, 2007

横浜M、福岡から吉村、仙台から高桑を獲得

高級取りのベテランを大量解雇したと思ったら、ピークを過ぎたベテランを安値で獲得。この頭の悪い補強には首を傾げる。既にキャンプを行ってもいないのに、早野新監督の評判は最悪。そしてチームのイメージも最悪。これは99年の浦和のように、まさかの降格を果たすかも。いや、「古豪」ヴェルディに後を追い、降格か・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 10, 2007

名古屋、古賀が柏へ移籍

チームではベストのメンバーの布陣の1人でも、決してレベル的にはベストの人材ではなかったが、層が薄い名古屋のディフェンス陣としては痛い。来期は増川がスタメンか。一応、角田を京都からレンタルバックするようだが、層の薄さは否めない。しかし柏も古賀を取らずとも、清水の斉藤や森岡という選択肢もあったろうに。なぜ古賀?それが疑問だ。金がない?ああ、そうかも・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oracle OLE DB Providerで大苦労

職場で勤務部署の引越があり、それに伴い、私の開発端末も変わり、開発目前のASP.NETアプリがなぜか新しい環境ではコケまくりだった。問題のあったSQLを取り出し、SQL PlusやCSEにかけてみたが、特に問題はない。まず疑ったのが、プロバイダ接続文字列。これはDB管理の専門家がいたので、接続文字列を少し修正することである程度は落ち着いたのだが、動かしてみると、動く画面と動かない画面が極端だ。そこでムダに現行プロジェクトを触るのはやめ、VBScriptで簡単なADO接続テストを行い、それで検証してみることにした。先程取り出したSQLをスクリプトでも実行したのだが、やはり結果は同じで動かない。じゃあダメ元でSQLを簡略化してみようと試してみたら、おやおや動いてしまった。ん?SQLをよく見ると・・・

「CASE WHEN」

まさかコイツか?いや、そのまさかだった。CASE文を取っ払うとあっけなく動いてしまった。ということはデータプロバイダがおかしいということか。CASE文が使えないということはOracle8.x系統で動いているということになる。まず思い立ったのはMDACだったが、こちらはMicrosoftのソフトウェアが対象のようで、Oracleは関係ないようだった。少し古かったので、結局はインストールしてしまったが・・・。次にデータソースの一覧を見てみると、ないはずのOracle OraHome81が中途半端な状態で入っている。こいつか?とりあえず、この古いプロバイダの関連キーをレジストリから検索して削除した。それでもスクリプトは動作しなかったので、現行のOracle OraHome92を入れ直すことにした。対象パッケージはOracle OLE DB Provider 9.2。これはOracleにユーザ登録(無料)することで、誰でもダウンロードできる。パッケージを入れ直したところ、スクリプトは見事に動作。それならば、ASP.NETも大丈夫だろうと動かしたら、こちらももちろんOK。やれやれ、2,3年も放置されているマシンは当てにならない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 09, 2007

シャア・アズナブルの正体

「キャスバル・レム・ダイクン」

違う。違う。何気に夜中にTVを見ていると、シャルル・アズナブールの公演があるというCMをやっていて、これにはピーンと来て、慌ててネットで検索してみると、予想通り、ガンダムのシャア・アズナブルはアルメニア系フランス人のシャンソン歌手兼俳優のシャルル・アズナブールをもじったもののようだ。何でも富野由悠季氏がファンなんだとか。しかし何気につけているTVもバカにはできないな・・・。惰性でTVを付ける?とんでもない?TVはやはり貴重な情報源だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 08, 2007

AVG Anti Spyware Free を導入する

既にAd-awareやSpy-botというスパイウェア除去用のソフトウェアを導入しているのだが、やはりメーカごとにスキャンエンジンが異なり、よって検出結果も異なるので、どういう結果が出てくるのか見てみたくなったため、導入することにした。英語だらけで圧倒されそうだが、基本的に使用するタブは2つで、UpdateとSnannerだ。Updateでパターンファイルの更新を行い、Scannerでスキャンを行う。スキャンは Fast System Scan で十分。Complete System Scan は相当長いので、頻繁にやるのには適さない。さて、検出結果だが、1度目は私の予想をはるかに超えた数のスパイウェアを拾ってきた。これは他のソフトがスキャンし切れなかったのか、スパイウェアとはみなしていないのかは微妙なところだが・・・。Ad-awareはアップデータが実質動作せず、未更新も同然のため、このAVGを第2のスパイウェア除去ソフトにすることにしよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 07, 2007

AVG 7.5 を導入する

ポップアップから催促されていたので、AVG AntiVirus Freeを7.1から7.5へアップグレードすることにした。といっても、そうたいしたことをするわけではなく、関連サービスを止めて、インストーラを実行するだけ。インストールが終了し、リブート後、起動してきた画面を見ると、何やら懐かしい画面が・・・。そう、インターフェースが AVG 6 ライクに戻ったのだ。私はAVG7のインターフェースはあまり使いやすいものとは思っていなかったので、これは嬉しい変更だ。あとはプログレスバーがカッコよくなったぐらいか。変更点は。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 06, 2007

鉄道模型は金持ちの趣味?

イメージとしては、本気でやろうとすると、場所と金が掛かる。でも、まず場所。庶民の子持ち家庭じゃかなり辛い。短絡的にただ電車を走らせたいだけなら、ベッドの引き出しを潰 して、あらかじめ線路を敷いておけばいいような気もするが・・・。1人暮らしの定番、6畳の部屋でも、本格的にレイアウトを作ろうものなら、居住スペースの半分くらいは潰され てしまうだろう。それでも本当に好きな人はそんな居住スペースでも作ってしまうんだろうな・・・。金持ちの趣味じゃなきゃ、1人暮らしの特権にでもなるのかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 05, 2007

まだTVゲームで遊んでくれていた方がマシ

年末に名古屋ヒルトンへ行った時に、バカデカいレイアウトの上を鉄道模型が走っていたのだが、あれは相当値が張るよ。さすが高級ホテル、やることが違う。その辺のデパートやおもちゃ屋で販売されているNゲージではなく、それの3周りぐらい大きいHOゲージクラスと見た。実は自宅にも同じクラスのかつて阪急京都線で走っていた3000系が今でも眠っている。多分。あれが確か3万くらいだったはず。昔の3万だから、今の価格にすると、数倍するだろう。それを踏まえると、あのヒルトンの車両とレイアウト達は・・・、マニアよだれものの品だろう。そんな代物だから、将来、下手に子供に興味を持たれると困るな・・・。経済的にはTVゲームの方が健全で・・・。鉄道模型に興味を持つのは構わないけど、せめてプラレールで勘弁してくれ・・・。ソフト名は忘れたが、確かフリーで車両やパーツを作れる鉄道模型ソフトもあったっけな。しかし、それはそれで週末に夜な夜な子供に車両とパーツをねだられるのもイヤなような・・・。経済的にはいいんだけど、自分の時間が欲しい・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 04, 2007

現物より、運送料がかかるのはどうかと・・・

ネットで見かけたのだが、電車の廃棄車両は100万ぐらいで購入できるらしい。しかし、輸送費が恐ろしくかかり、すべて込みで1000~2000万ぐらいなんだとか。こういうケースは私が前にいた会社でもあり、その会社ではバカデカい浴槽を作っていたんだが、私が退社してしばらくして、やはり輸送費の絡みで浴槽作り自体をやめてしまっている。もっと身近なところでは、前にネットオークションで、趣味用に Visual C++ 1.0 を安値で購入したことがあるのだが、この当時の開発ツールは標準で頼みもしないのに、分厚いマニュアルが4~5冊入っていて、やたら重い。おかげで落札値以上に送料が掛かった経験がある。今となっては部屋の肥やしと化しているが・・・。このように、品物の原価以上に輸送料がかさむのはガックリくる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 03, 2007

SPを適用すると、OSそのものが変わるのは本当

SPを適用すると、OSそのものが変わるのは本当のようだ。どノーマルのWin2Kで使用していたキャプチャカードがあったのだが、ある日、OSがクラッシュして再インストールしたのだが、イチイチSPを適用するのは面倒だと思い、SP+メーカーでSP4適用済のCDを作って再インストールしたのだが、これが大きな落とし穴で、従来は普通に認識していたキャプチャカードを全く認識しない。PCIスロットを変えてもダメ。これにはやられた。SP適用済だと、SPの解除も出来ないので、打つ手なし。どうしてもキャプチャカードを使用したければ、もう一度OSをどノーマル状態でインストールするしかない。OSのインストールは手間だし、それと共に付属アプリケーションのレジュームも頭が痛いところで、今回はあきらめた。後から気づいたのだが、もしかすると、キャプチャカードのドライバもCDに放り込んでおけば問題ないのかもね。やれやれ、SP+メーカーもいいことづくめでもないらしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 02, 2007

年始から胸クソ悪い

なぜか年始から妙齢の女性が聖書を持ってやってくる。はぁ、正月から寂しいねえ・・・。とっとと追い返したけど・・・。家庭を放ったらかしで、こんなときに布教活動するわきゃないから、訳ありの人なんだろうねえ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2007

5年ぶりくらいに年越しそばを手作りする

ここ数年は「緑のたぬき」に逃げていたが、せっかく近所にSHOP99という便利なものがあるので、一念発起して久し振りにそばとそばつゆを買って手作りしてみることにした。まずそばだが、そばを茹でる位なら、誰でも出来る。しかし、1つだけ気をつけなくてはいけないのは、茹でたそばはすぐに食べなくてはいけないということ。そばは茹でて放っておくと、すぐにカチカチになって、とても食べられたものではない。これだけは気をつけよう。

そして、そばだけではどうも味気なかったので、更に推し進めて、天ぷらを作って天そばにすることにした。天ぷらといっても、ごくスタンダードなごぼうとにんじんのかき揚げなのだが。天ぷらの材料も同じくSHOP99で購入。最近の天ぷら粉は卵が不要のものがあるので、便利だ。どうも揚げ物は卵を買うのがめんどうなので、どうも避ける傾向があったので、これは収穫だ。具となるごぼうとにんじんは刻むのが面倒なので、きんぴらごぼう用の水煮の奴があったので、それを使うことにした。あとは衣を水でといて揚げるだけ。以前、唐揚のときにも言ったと思うが、油の火加減に気をつけて、自分の技量にあった大きさで揚げよう。あと一度にいっぱい揚げない事。これも大事。今回はうまく揚がったつもりだったが、わずかながら、生焼けの部分が残ってしまった。これは後日、また練習してちゃんと揚げられるようにしよう・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2006 | Main | February 2007 »