« 私なりに06シーズンJリーグ総括 名古屋(後編) | Main | バルセロナVSアメリカ »

December 15, 2006

私なりに06シーズンJリーグ総括(中編)

大分:
戦力を考えたならば、りっぱな成績ではないだろうか。ただG大阪へ移籍したマグノ・アウベスの代役として獲得したオズマールが空振りでなければ、もっと上を狙えた事だろう。しかしプラスに考えると、オズマールが空振った事により、梅崎や松橋のチャンスも広がったとも言える。このチーム、前線は和製ですばらしい。しかし、ボランチは2人ともブラジル人なのはマイナス。来期はこのポジションに日本人が割って入れるようになれば、将来は明るいだろう。

横浜M:
ガッカリの一言。あの戦力でこの成績は失望以外の何物でもない。やはり槍玉に上がるのは岡田前監督と久保。前者は昨シーズン限りでいっぱいいっぱいだったのではないだろうか。ムリに引っ張ったため、今シーズンも不本意な成績に終わってしまった。後者はしつこいようだけど、限界。試合に出れない,点が取れない,動けないの3拍子ではお話にならない。私的にはベテランをリストラするのなら、彼も含んでよかったと思う。さて、このリストラと言うのがよく分からない。クラブハウスの移転ごときで飛ばっちりを食う方はたまらない。確かに試合に集中できる環境を作る事は大切だが・・・。そこまでして、来シーズンも無様な成績を残すのなら、サポーターが許さないだろう。リストラ要員の中でドゥトラと奥は痛いだろう。前者は長年のレギュラー。しかも前回の降格のピンチを防いだ功労者だけに、やはり寂しさが残る。来期は若手を起用すると言っているが、簡単ではないだろう。後者はまだ十分やれる。むしろ残る山瀬の方が心配だ。彼のヒザはまたいつ爆発するか分からない。それを考えると、奥をバックアッパーとして残す手段もあったかと思う。

広島:
あらら、降格圏を彷徨っていたと思ったら、ここまで順位を上げていたのね。前半は守備がガタガタで2トップが取る得点以上に失点する悪循環だったが、途中から就任したペトロビッチ監督が見事に立て直した。特に急造の森崎和,戸田,森田のDFラインはよく頑張ったと思う。しかし冷静に見ると、森崎のストッパー起用はもったいない。来期はもっと構成を考えるべきだろう。多分2年もあのメンバーは通用しないと思う。何と言っても今期は2トップの貢献度は最高だった。佐藤はここ数シーズンの活躍で完全に1本立ちした。それが今年の日本代表定着にも繋がっている。そしてウェズレイ。2シーズン前の後半の故障でもう終わったかなと思ったが、今期は見事な復活だった。それと共にあっさりと彼を手放した名古屋のフロントの無能を感じた。これは横浜Mのマルケスにも言えることだ。

千葉:
ナビスコ杯は連覇したものの、今1つ乗り切れないシーズンだった。それも川淵という厚顔無恥なオジサンのせいだ。オシム監督を代表に強奪されて以降はチームはガタガタ。息子のアマル監督がコンセプトを引き継ぐも、差は明らかだった。あと薄い選手層,使えない第3の外国人は相変わらず。来期はオシムサッカーを支えたハースが退団し、もしかすると阿部も移籍するかも知れない。オフにはよほどいい補強をしない限りは待つのは降格あるのみだ。しかし、巻,阿部,佐藤,羽生,山岸,水本の6名を代表に送り込んだのは明るいニュースだった。

大宮:
そこそこ組織が成熟していたのにも関わらず、大量補強。これはうまくいかないだろうと思っていたら、やっぱりコケた。新戦力はW小林以外は見るべきものはあらず。特に外国人の補強は無様だった。明らかにフィットしないと分かっている外国人を獲得してしまったのはフロントの無能以外の何物でもない。マルティネス,アリソン。明らかにチームカラーに合っていない。

|

« 私なりに06シーズンJリーグ総括 名古屋(後編) | Main | バルセロナVSアメリカ »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 私なりに06シーズンJリーグ総括(中編):

« 私なりに06シーズンJリーグ総括 名古屋(後編) | Main | バルセロナVSアメリカ »