« 2006年グランパス、事実上終戦(後編) | Main | パサーが一流でもねえ・・・ »

October 25, 2006

テクニックは及第点でも・・・

素人レベルの球技において、球さばきを及第点以上に出来る奴は腐るほどいる。しかし、今流行りのオシム流ではないが、

「走る」

ということを付け加えると、ガクっと評価を落とす者は多いのではないだろうか。例えばパスの出し手がパスコースに困っているときでも、棒立ちの人って結構多かったりする。マークを外す動きがないのね。特に私のようなテクニックがない者がパスの出し手だと、もう致命的。

「動け。アホー。」

と言いたくなった事が何度あった事か・・・。結構こんな小さな事だけで、プロと素人って切り分け出来てしまうのではないだろうか・・・。

|

« 2006年グランパス、事実上終戦(後編) | Main | パサーが一流でもねえ・・・ »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference テクニックは及第点でも・・・:

« 2006年グランパス、事実上終戦(後編) | Main | パサーが一流でもねえ・・・ »