« September 2006 | Main | November 2006 »

October 31, 2006

WindowsVistaってそんなにいいのかね・・・

WindowsVistaは金額の事を考えると、一般家庭では少々つらいのかな。今回から64bit環境で動作する事により、動かないソフトが多々出て来る訳で、その辺のパッケージソフトの買い替えという事を考えると頭が痛い。オンラインソフトの環境では着々と64bit版のアプリケーションをリリースしている物もあるが、これも全部が全部されているわけではなく、こればかりは作者のさじ加減になってしまう。既存コードで動作するアプリケーションは構わないが、動作しないアプリケーションはオープンソースでない限り、作者に作ってもらうしかない。結果、作ってもらえないソフトは64bit環境からは弾き出されてしまう。私の愛用ソフトではダウンローダのIrvineが今の所動作しないようで、これにはちょっとショックだ。

ところでWindowsVistaの魅力って何かある?うーんないな・・・。ん?1つだけあった。それは、

「ブートが速い」

それだけかな。ただブート1つのために多大なリスクを背負うのはどうかと・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 30, 2006

設定系のインターフェースは大事

コメント欄にもあるように、親切な通りすがりさんの指摘により、FFFTPでもIniファイルに設定を保存する事により、USBメモリでソフトを持ち回れることが発覚した。そのためには設定を変更すればいいのだが、その設定項目は細かい設定が出来る反面、どこにどの項目があるか分かりづらく感じた。どこにどの項目があるかを把握するのは慣れがいるだろう。実際Iniファイルの項目に辿り着くまでには時間が掛かったし、少々見づらい所にあったのは少々不満に感じた。このようなインターフェースだと、私のようなせっかち者は人に指摘してもらわないとみすみすオイシイ機能を見過ごしてしまう事だろう。ユーザ誰しもが几帳面かつマメな方とは限らない。このような小さな事でユーザを別ソフトに奪われてしまうのはあまりにも哀しい。私の場合は誤解があったにせよだ。そんな事を知ってか知らずか、FileZillaをインストーラからインストールした場合は保存形式をレジストリにするかXMLファイルにするかを聞いてきた覚えがある。これらの事を踏まえると、設定系のインターフェースは大事だなという事を痛感した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 29, 2006

このままでは平山相太は確実に消えるだろう

ゆうべのスーパーサッカーで平山のインタビューがあったが、もう頭から

「覇気がなさ過ぎ」

話を聞いていると、ヘラクレスがイヤだとか、オランダ語より免許が大事だとか、一言で言ってしまうと、

「プロ意識の欠片もない」

平山がヘラクレス契約解除の報を聞いた時はちょっとは同情したけど、今はそんな感情は微塵もない。巷ではジャパンマネーが思ったほど転がり込んでこなかった事が契約解除の原因とも言われていたが、1人の人間としてみると、あれ程覇気のない人間がいると、チームの士気に関わるというものだ。ヘラクレスの会長が取った判断はあながち間違いではないだろう。
来期からFC東京は岡ちゃんが監督に就任する。今のままでは平山は間違いなく起用されないだろう。来期は勝負の年になる。しかし、私は平山の実力には期待しない。平山ではなくて、岡ちゃんが性根が腐ったガキの根性をどう叩き直すかを期待したい。
あと別に平山は消えたければ消えてもらっておおいに結構。別に大型FWなら大分の高松がいる訳で・・・。彼の方が平山よりすべてにおいて1枚も2枚も実力は上だ。平山がA代表に飛び級?バカなマスコミの戯言だ。本人がそんな事を考えているのなら、勘違いも甚だしい。A代表へ飛び級じゃなくて、地域リーグへ飛び級の間違いでは?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

名古屋は意味不明なことばかり

名古屋がおかしい。ドラゴンズでは日本一は逃したものの、リーグ制覇したのにも関わらず、長嶋コーチと秦コーチが解任,グランパスでは、もはや限界を示したあのダメ監督が留任の模様。特に後者は納得いかない。熟成路線というのは能力がある人に対してやるもの。はっきり言って時間のムダ。私としては、来期の暑くなる頃にはサヨナラしていると思うんだけどねえ・・・。そうなったら、いい加減名古屋の無能なフロントも総辞職してもらいたいものだ。でないと、グランパスは絶対いいチームにはならんよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 28, 2006

突然ですが・・・

Vectorさんのmaglogを間借りして、こことは別にソフトウェア公開用のブログを立ち上げました。よかったら、たまに覗いて見てください。今後は開発系の話はほとんどそっちに飛んで行ってしまうかも・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 27, 2006

ナンバーポータビリティ

私、この精度には全く興味なし。そもそも

「キャリアを変更する気がないから」

それに番号は引き継げても、

「メールアドレスはダメ」

ある意味、これが致命的ではないだろうか。こういう時に全キャリアにスカイメールがあればいいのになと思うのだった。この口調からも分かるように、私のキャリアはソフトバンクモバイル(機種はまだVodafoneだけど)だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 26, 2006

松阪牛せんべいはマイナー?

先日職場で松阪牛せんべいをお土産にもらい、その旨を松阪在住のOさんに話した所、あっさりと「知らない」と返されてしまった。なるほど、地元民でも知らないお土産ってのもあるもんなんだなあ・・・。でも、知らない所で露骨にご当地キティちゃんやドラえもんが増殖していたら、何かイヤだなあ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ネコもオヤジ汁は苦手

いつもの食堂で夕食を取りながら、中日新聞を読んでいると、ネコの記事を発見。何でも飼い主のダンナさんが顔を近づけるとかなり嫌がるんだとか。ああ、オヤジ汁か・・・。ネコでもイヤなんだ。これは初耳だ。あと、道路で跳ねられて死んでいるネコを見つけたときは、保健所が来るまで、ダンボールを用意してそれに入れてあげるといいんだとか。これはいい事を知った。私もネコが死んでいるのを見て、どうすればいいか迷った事があるので、これは参考になった。最もそういう悲しい場面にはあまり遭遇したくはないけどね・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 25, 2006

パサーが一流でもねえ・・・

サッカーにおいて、マークを外す動きが粗悪だという事ではこんな事があった。
場所はEURO2000、チームはスペイン代表。この頃はまだバルセローナのグァルディオーラという極上のパサーが代表で幅を利かせていた時だった。このグァルディオーラ、とにかく肝心な時にはケガしていないということが多かったが、このときは珍しく顕在だった。それで今度こそはという思いが強かったのだが、フタを開けてみるとチームは機能せず、特に

「パスの受け手が最悪」

なのである。その受け手というのが、デポルティーボのフランとバレロンで、この2人はパサーとしては一流。しかし、受け手としては最悪だった。あのグァルティオーラがパスコースに迷っていた事が彼らの出来を象徴する事だろう。しかし、あれ程いつも

「グァルディオーラがいれば」

と言っていたのは一体何だったんだろう。おまえら、

「グァルディオーラがいてもダメじゃん」

遂には先程の両名はあまりの出来の悪さに前代未聞の代表追放を言い渡されてしまった。そのうち、フランは本当に召集される事がなくなってしまった。

この事からも、いくら優秀な起点となれる選手がいても、周りの動きが粗悪だとすべてがブチ壊しになってしまうのである。そしてやっぱりサッカーはチームスポーツだということを痛感させられてしまう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

テクニックは及第点でも・・・

素人レベルの球技において、球さばきを及第点以上に出来る奴は腐るほどいる。しかし、今流行りのオシム流ではないが、

「走る」

ということを付け加えると、ガクっと評価を落とす者は多いのではないだろうか。例えばパスの出し手がパスコースに困っているときでも、棒立ちの人って結構多かったりする。マークを外す動きがないのね。特に私のようなテクニックがない者がパスの出し手だと、もう致命的。

「動け。アホー。」

と言いたくなった事が何度あった事か・・・。結構こんな小さな事だけで、プロと素人って切り分け出来てしまうのではないだろうか・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 24, 2006

2006年グランパス、事実上終戦(後編)

あと補強面も触れておこう。まず使えるサイドバックを相次いで放出したのは致命的。開幕前に中谷,シーズン中には有村,角田を放出してしまった。これは全く理解に苦しむ。これで純粋なサイドバックはいなくなってしまったことになる。そう考えると、セフ監督がバカげた3バックに走ったのには多少同情しなくてはならないのか・・・。
次は外国人。ヨンセンは文句なし。元々必要なポストプレーヤーだっただけに、なぜ開幕前に獲得しなかったのか疑問が持たれる。しかし、来シーズンも残るのなら、マークは厳しくなるだろうし、年齢も気になる。来シーズン限りと割り切るのが吉か。金は故障による出遅れもあり、ノーインパクト。強いて言うなら荒い。これでは前シーズンに解雇したクライトンと変わらない。そして、こちらも出遅れたスピラール。この選手、周りが言うほどいいの?彼が復帰してから、ディフェンスが安定したとは到底思えない。開幕前から言っているように、私的には不要。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 23, 2006

2006年グランパス、事実上終戦(前編)

まだ勝ち点上、確定ではないが、よほどのない限りは残留が濃厚だろう。今回、終戦というのは別の意味で、「フェルフォーセン監督が限界」という意味だ。
開幕前はオランダ人監督という事で、かなり期待していた。しかし、フロントが補強でトチったため、苦戦はある程度予想でき、監督にも同情の余地はあった。だが、それまで。この監督はサイドアタックに固執し、明らかに適所でない中盤のアウトサイドに中村と本田を起用し続けた。システムが4-4-2でも3バックでもそれは変わることがない。ここまで来ると、オランダ流の美しいサッカーとは程遠い。イメージとして真っ先に思い付くのが、あのシステムオタのファン・ハールそのものだ。ちなみに今のグランパスのシステムは、昨シーズンFCポルトを率いたコ・アドリアーンセの無謀型3-5-2の粗悪版のようだが・・・。あと、先日の罰走なのかオシム流の影響なのか、謎の走り込みがもうとどめ。フロントの一貫性のなさも問題だが、このような柔軟性のない監督は必要ない。来シーズンの継続はありえない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

痛い目を見て覚える事もある

あれはダメ。これは危ないと言って過保護なのはどうなのだろうか?痛い目を見て覚える事もあると思う。事実、私はストーブの熱さとカミソリの鋭さは自分のヤンチャで思い知る事になったからねえ・・・。かといって露骨に子供を危険にさらすのもいかがなものかと思うが・・・。そして、これを少し大人の言い方をすると、「失敗から学ぶ」と言うんだな。そして私の周りには、失言から学んで欲しい人が結構いたりするんだな・・・。私はあまり人にガミガミ言うのは好きじゃないから、基本的に忠告は1度しかしない。それ以降は自らに降りかかる現象で思い知ってくれよと。最も1度で聞いてもらえればベストなのだが・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 22, 2006

「約束の場所」盗作問題 by 銀河鉄道999

槙原敬之が銀河鉄道999のフレーズを盗作したと作者の松本零士からクレームがついている問題である。問題となっているのが、

「夢は時間を裏切らない 時間も夢を決して裏切らない」(槙原)
              ↓
「時間は夢を裏切らない、夢も時間を裏切ってはならない」(松本)

の箇所らしい。しかし、私はあまり興味がない。ただ鼻についた点が1つ。それは松本が既出のフレーズは銀河鉄道のテーマであり、誰でも知っていると言った点。へ?銀河鉄道999は見たことあるけど、そんなフレーズは初耳でーす。その頃って歳が1ケタ台だったので、そんなことを言われても困る・・・。少なくとも言えるのは、私に取って、当時大好きだったゴールドライタンとロボット8ちゃんのオープニング,そしてガンダムのガルマの「謀ったなシャア!」のフレーズ以下だ。それでも誰でも知っていると言い張る?ちょっと自惚れやしていないかい?そんな事はドラえもんのジャイアンの、

「オマエの物はオレの物。オレの物はオレの物」

を超えてから言ってくれ・・・。
ちなみにこのフレーズ、あちこちのマンガで見たことがあるけど、藤子プロが訴えたという話は聞いたことがない。もうその辺で格の違いを見せ付けられているな・・・。このままだとアンタ・・・

「ポケモンのユンゲラーを訴えたユリゲラー」

と次元があまり変わらないよ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

私イチオシの店

なぜだろう、最近お気に入りの店は

「休日はやっていない」

この店もだ。たまの休みにフラフラと食事に行ったら、定休日の札にガックリ。浮気しちまうぞと思いきや、周りに食べ物屋がない。そこまで計算されているのか・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 21, 2006

こういう接待なら大歓迎

もう1つM氏ネタ。何やら接待でなぜかゲーセンにお付き合いした事があるらしい。ええっ?接待でゲーセンと思いがちだが、接待というのは人の心を掴むのが目的なので、型にこだわらないこういう接待もありだろう。高級料亭やキャバクラに招待するばかりが接待ではない。私もこういう接待を一度でもいいから受けてみたいものだ。M氏はというと、ゲーセンはよかった。しかし、やったゲームが家に置いていないビートマニアだったらしいので、少々困惑気味だったそうな・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

プロジェクトマネージャは45歳くらいじゃないとね

2週間前に社長との食事で同席したM氏によると、あるプロジェクトでこんな事を言われたんだそうな。はぁ?その45歳っていう根拠はどこから来るの?仕事がバリバリ出来るんなら文句はないけど、メタルスライムのように弱いくせにムダに経験だけ積み重ねているのはお断りだよ。はぁ、実力主義と言われるうちのプログラム業界でも、このような歪んだ年功序列主義が残っているのね。これにはガックリ・・・。結局は昨日の主任と一緒か・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 20, 2006

主任という肩書きは三十路祝いか?

前の派遣先でN社のM主任にこっぴどい目に合わされてか、「主任」という役職には偏見がある。その主任はまず技術がない。じゃあマネージメント能力があるのかと思えば、その能力も皆無。おまけに頭の毛も乏しかったが・・・。じゃあ、その「主任」って役職は何?ただのこけおどしか?ふと、このプロジェクトを思い返すと、私を含めてPGが2人しかおらず、あとの10人くらいは主任以上だ。はぁ?明らかにこの組み合わせはおかしいでしょ。こんな感じでムダに人を注ぎ込むからプロジェクトがおかしなことになる。このプロジェクトで意思の疎通が取れていなかったのは正にそれ。この会社ってそんなに簡単に昇進できるの?勤続年数かけてだいたい30くらいになったら、勝手に主任という役職が用意されているような・・・。私ならそんなこけおどしの役職なら、ハナっからお断り。そんなクソみたいな役職なら、まだヒラの方がマシ。この派遣先で同じくらいの年の人がこれまた偶然私が在籍中に昇進して主任になったとき、少しでもうらやましいと思った自分が恥ずかしい・・・。まあこんな調子だから、すぐ現実に戻れたけどね・・・。
そういえば、前の所属事務所のだめんず先輩も箱庭みたいな事務所のクセに、肩書きがそんなに欲しいのか、プロジェクトマネージャとか主任とか名乗っていたね。ああ、やっぱり主任ってダメ人間の象徴なんじゃ・・・。役職偏重主義ってあまりにも情けない・・・。
最後に最近読んだ本によると、管理職の技術不足はプロジェクトの質を低下させるような事が書いてあったけど、正にこの事だね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 19, 2006

オークションのアダルトビデオ出品

業者さんは別に構わないけど、個人レベルだとねえ・・・。あんまりいっぱい出品していると、

「アンタ自分でネット上に性癖暴露してますから」

ってことになるんだよねえ・・・。更にWinnyで個人情報が流出する事になったら、首をくくるしかない・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 18, 2006

ジュンク堂書店

名古屋に長く住んでいる割には意外と知ったのはごく最近で、友人に教えられてから、たまに行くようになった。厳密には店が名駅から少し離れているので、テルミナの三省堂書店で満足する本がなかったら足を運ぶというのが黄金パターンか。元来、プログラムの本を探しに来たのが第一目的だったが、店内を見渡すと、下手なその辺の書店よりサッカー選手の自伝とかも置いてあるので、本来の目的を忘れ、ついついソッチ方面の本を買って帰ってしまい、本末転倒という事もある。それだけ多ジャンルの本が揃っているとも言える。まあ本は買わずとも、なかなかいい暇つぶしスポットにもなるね。ちゃんと時間を選べば人もまばらなので、その隙を見計らって絵本を読みふけた事もあったな・・・。

「げーっ、はらぺこあおむしがまだある」
「おおきなかぶが復活している。なんか老人の差別問題とか廃刊になったと聞いていたのに」

とかいうノリだったかな。

サイトはこちら

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 17, 2006

これで500円とは・・・

先週末に本を買うために自宅から少し離れのヨシヅヤに行き、買い物が終わって少し小腹が空いたので、ピザ屋に入る事にした。そこでピザを注文するのだが、1番食べたかったミックスピザみたいな奴は品切れのようだったので、ツナがいっぱい乗っかった奴を頼む事にした。あっさりとピザは注文したものの、500円という金額が気になった。こういうものってどちらかというとファミレスで食べる事が多く、ファミレスでこのクラスなら、中ぐらいの皿にのって淵が大分余るぐらいのケチなピザの印象が強い。しかしだ、ピザが来てビックリ、

「でかー」

やばいな、最近食が細いので、これは苦戦するぞ・・・。食べ始めると、やはり残り4キレぐらいになるともう限界。それでも残すともったいないので、なんとか完食。でもってこの店をすっかり気に入ってしまった。
しかし、気になった事が1つ。このヨシヅヤ、映画館の方にもピザ屋がもう1件あるのだ。それってどうなんだろう・・・。この食べた店のドゥは薄目だったので、まだ行ってないから分からないけど、もう1つの店のドゥが厚目だったら、なかなかいいかも・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ドサクサに紛れてろくなもんじゃねえ

先日、名古屋祭りの山内一豊の行列を歩いていると、なんか生命力のなさそうな女性が。しかし最近は勘がいいのか、すぐに「キャッチ」だと分かった。その識別に要した時間0.5秒。ウザいので、さっさと左に振り切ることにし、振り切るとなぜか左拳でガッツポーズ。全くこんなときでも仕事熱心なことで・・・。ほんとキャッチってのはろくなもんじゃねえ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 16, 2006

堀川でゴンドラ船

徒歩で名古屋から栄へ移動中に堀川を眺める人が多数いた。それで何かと見てみると、堀川でゴンドラ船をテスト運行しているようなのだ。今だけかも知れないが、タダなんだとか。定着するのかな?何気に見ていたら、ちょっと乗ってみたいかな・・・。いや待て待て、所詮ドブ川だぞ。臭いぞ・・・。よくよく考えると、私あの手の船は全くダメ。即刻酔ってしまうのだ。今回は回避したけど、そのうち身内とかが来たら、乗りたいとか言い出して、無理矢理乗っけられたりするのかな・・・。定着しない事を祈るか・・・。もう1つ、地元の人はよく知っているけど、堀川の両サイドは今は大分撤去されたものの、かつては風俗街。そんな実情を知っていると、仮に乗ったとしてもテンションが下がる・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

犠打王、中日の川相ついに引退

バント、そして守備の達人、中日の川相がとうとう引退する事になった。野球ファンからすると、まだ巨人の川相という印象が強いかな。実働23年か、長いな・・・。気付けば、小さい頃から見てきた選手なんて大半が引退して来ているからね。でも守備オンリーなら、あぶさんをめざせたかも・・・。まあ23年お疲れ様でした。おっと、川相といえば、バント,守備は有名だったが、もう1つ。

「ジャンピングニー」

昔の珍プレー好プレーの乱闘編を見ていると、かなりの高確率で巨人の背番号0の姿があった。あれが見れなくなるのも寂しいな・・・。ん?なになに、昨日の中スポの引退記事を読み返すと、

「熱血漢で瞬間湯沸し器」

ああ、なるほど・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

もうちょっと地域の文化に協力的になったら?

本を買うために名古屋に来たはずがフラフラ歩いていて名古屋まつりとかち合い、ひょんな事から山内一豊の行列を少し見ることになった。そこで気になった事が2点。まず1点が某店が「ガンガン洋楽を流していた事」。これでは雰囲気がブチ壊しだ。もう1点がこんな日にも関わらず、「矢場町のガード下では性懲りもなく変なライブでジャカジャカと」。これは最低の極みだ。いくらなんでも空気読めなさ過ぎだろ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

俊輔トリプレッタ

阿部のハットトリックはともかく、俊輔のハットトリックはそんな大騒ぎするほどの事かな・・・。スコットランドリーグはセルティック,レンジャース,ハーツを除くとJ1リーグより下と言われている現状な訳で・・・。むしろスコットランドに来て、今まで流れの中で1点しか取れていなかったこと自体がどうかしている。厳しく言うと、

「これぐらいは当たり前」

中盤の得点源でもあったペトロフが抜けた今、これぐらいやってくれないようでは困る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 15, 2006

パスタのスプーン

マナーと言えば、思い出した。パスタを食べる時のスプーン。情けないことに、あのスプーンを使用するのが間違いという事に気付いたのはごく最近だ。と言っても、最近はイタメシにも行っていなかったし、行ってもパスタを頼んだ事はないし、極め付けはある時からスプーンを使うのは面倒になって使わなくなっていたのだが・・・。
さて、本題に戻ろう。パスタのスプーンなのだが、厳密にはスプーンを使う事自体は間違っていない。じゃあ何が問題なのか。それは

「パスタのスプーンはバンビーノの道具」

なのだ。そう、子供用という事。だからおかしいの。でも、スプーンを出す店も悪いね。出されると、どうしても使わなきゃおかしいみたいな雰囲気になってしまうし・・・。ふと思い出したが、私が小さい頃、ウチのオヤジが自慢げに「スパゲッティはフォークとスプーンで食べるもんなんだ」と吹いていたが、既出の事が本当に分かっていたかは全く怪しいな・・・。ちなみにウチのオヤジはコックの免許持ち。これでは免許の価値も半減以下だ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本人、フランスで醜態を晒す

週刊誌で少し読んだのだが、先日フランスで行われた凱旋門賞で日本人客がドンチャン騒ぎしてフランスのメディアから冷ややかな目で見られたんだとか。98W杯フランス大会でサポーターのマナーが誉められただけに、あまりにも情けない。でも凱旋門賞なんてここ数年で始まったものじゃないから、きっと毎年こんなもんなんだろうな・・・。こんな現状なら、日本のレースに外国の騎手が参戦する時なんて意外と「なんで下品な黄色豚の国に行かなきゃいけないんだ」とか思われていてもおかしくないかも知れない・・・。外国の競馬って何か高貴なイメージがあるけど、日本の競馬って庶民的だよね。その辺の温度差もあるのかな。それでも本場に行くのなら、ちゃんとマナーぐらいは覚えておくべきだろう。それは私が好きなサッカーだけではなく、全ての事に言えるだろう。下手すると無作法で命を落とし兼ねない。しかし、それはあまりにも情けない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 14, 2006

DOSアプリからWindowsアプリへの変換なら・・・

BasicではF-Basic For Windowsを紹介させてもらったけど、Cならば、Borland C++に付属するEasyWinと技術がある。あいにくVisual C++,遡ってMicrosoft C/C++ 7.0にも付属していない。残念。DOSの時代なら、MFC(Microsoft Fondation Class)やOWL(Object Window Library)に強く依存しないので、ハードウェアに依存したコードさえ記述していなければ、Basicよりも簡単に移植が可能だろう。こういう技術があるのは知っているけど、あまり突っ込んでは使用したことはないので、あまり大きな事は言えないが・・・。
Basicの移植性は少々難があるが、マニアックな英国人の事だ。DOS全盛時にパソコン通信でソフトを探せば、もしかすると、EasyWin For VisualBasic なんてシロモノがあったのかも・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 13, 2006

QuickBasicからVisualBasicへの移植(後編)

基本は前編で述べた通り。しかし、移植プログラムがゲームなら事はやっかいだ。ビューポートとキャラクタの問題である。
前者はVBでは対応メソッドがなかったはず?である。ここは元プログラムが駆使していない事を祈ろう。でなければ、プログラムを動かしながら座標を正しいものに置き換えなくてはならない。
後者は時代的にビットマップで持っていることは少なく、プログラム上で動的に作っているものが多いだろう。これを何とかビットマップに保存したいが、今時QuickBasic用の保存ツールを作ったり、探すのは厳しいだろう。よってキャラクタを動的に作り終わる所まで動かし、その状態でハードコピーを取って、それをペイント系ソフトで保存するのがベターか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

QuickBasicからVisualBasicへの移植(前編)

昨日のアクセス解析にこんなキーワードが入っていたので、取り上げてみる事にしよう。

このコンバートは、短絡的に実行ファイルを作りたいだけなら、

「F-Basic For Windowsの方が向いている」

これは間違いない。F-Basicはそれがウリなのだから。パッケージのドキュメントも充実しているしね。ただ難点なのは、現在は手に入りにくい上、所持者が物の価値が分かる方が多く、ネットオークションで見かけても、比較的高値で取引されている。このソフトが発売された時代を踏まえ、現在でも最低5000円くらいで取引されているのは、十分高いと思っている。
さてVBの方へ話を戻そう。VBでやるならば、ブランクのフォームに対してPrintメソッドや図形系の描画メソッドを駆使していく事になるかな。図形系メソッドは、ほぼそのまま使えるとして、文字出力はLocateコマンドをMoveメソッドに置き換えることになる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 12, 2006

井の中の蛙

私が以前所属していた事務所のモットーだが、

「少数精鋭の技術者集団」

へ?誰がそんな事言っているの?この事務所には6年程在籍していたが、外部の人間からはそのような事は一言も聞いたことがない。勘違いも甚だしい。正しく井の中の蛙だよ。もう少し現実を見て謙虚になろうよ。本当にプロフェッショナルな集団なら、仕事もバリバリあるはずだから、私の退職金くらいはチョチョイと捻出出来たはずだよね?それがビタ1文出てこないんだから・・・。最も私のオカンいわく、

「アンタが気に入らなかったから、出さなかったんじゃない」

ということだそうな。うん、それは一理あるだろうね。現実の見えない訳の分からない人達だったから、そういうことをやっても何ら不思議はなかっただろうね。ちなみに私が退職する頃は、社員の平均年齢が上がるばかりで若返りも出来ず、財政も随分苦しかったそうな・・・。その割には牌をシャッフルまでしてくれる麻雀台なんて明らかに場違いな物を購入していたから、また不思議なものだ。これでは貧乏のクセに核開発で金を食い潰す北朝鮮と変わらない。まあ、大きい会社もいろいろ大変だろうけど、このように小さな会社ならではの偏屈もあるということをイヤイヤ知る事にもなったな・・・。こんな事務所だったから、自分の人生が手遅れにならないうちに退職して本当によかった・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 11, 2006

江戸っ子職人は嫌いじゃない

そうそう、言い忘れたが、これは勘違いしないで欲しい。

「江戸っ子職人は嫌いじゃない」

ん?江戸っ子職人も先程の偏屈な技術屋も変わらないじゃないか。いやいや違うんだな。江戸っ子職人はハートがある。だけど偏屈な技術屋はハートがないただの技術自慢だ。先程、偏屈な技術屋はブルーカラーの世界では見たことないと言ったが、逆に江戸っ子な技術屋はホワイトカラーでは見たことがないな・・・。「勝手に人の商売道具のキーボードに触るんじゃねえ!」みたいな・・・。あ、でも私は少しそれ入っているかな・・・。前の会社で「環境変えたら後で元に戻せ」って偉そうに言った先輩が、私のハードディスクを使って物の見事に環境を元に戻さなかった事にキレた事はあるが・・・。少しケースは違うが・・・。ん?

「曲がった事が大嫌い」
「気難しい」
「だけど1度親身になった人にはとても優しい」

結構当てはまる。意外と私自身が会った事がないという、江戸っ子気質のプログラマーなのかも・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

うわっ!技術屋だ

技術系のサイトを見ていると、説明下手な投稿に対して、このような感じの文章がよくある。

「どこがどうなって、どこが悪いのか、そしてどうしたいのかが分からない。もっと理論的に説明して下さい。そしてまとめ直してからまた来て下さい」

うわっ!この人、絶対ホワイトカラー系の技術屋だ。言っている事は正しいのかも知れないけど、初対面でその高圧的な態度はないだろ。もう少し言葉気の利いた言葉を選べないのかな。こういうのは職場でたくさん。勘弁してくれ。以前載せた記事と少し被る部分もあるが、私も結構口頭で物事を説明するのが下手で、この手のタイプの人を苦手とする。そして、たいがいこのような頭固そうな人とはうまくいった試しがない。仕事は出来るんだけど、何か人間的問題を抱えている人という印象が強い。最も全員がそうだとは言わないが・・・。私的考えだが、この手の人の何がダメかというと、

「威圧的」
「自信過剰」
「人を見下げている」
「人の話を聞くのが下手」

いうところか。特に3,4。結局、自分の土俵でしか物事をやり取り出来ないのは大きな問題だ。
思えば、この手の事で大ゲンカになった事もあったな・・・。私が前の派遣先でちょっと口ベタな新人のSEとやり取りをしていた時の事だ。仕様のやり取りに内線で30分くらい掛かってしまっていたところに、内線を占有するなという頭の悪い技術屋のクレームが・・・。私的には、私が本人のところへ行って説明を聞くのは簡単だ。しかし、電話でやり取りする術を覚えさせるという理念があってあえて内線で説明させていたのだ。そんな所にバカげたクレームをつけた上、口頭でクレームをつけるならまだしも、クレームのメモを渡すという小学生以下の仕打ちにヒートアップ。職場で初めて人を怒鳴りつけた瞬間だった。私的には、やはり

「コテコテの技術屋にはロクな奴がいない」

これはなかなか覆るものではない。ちなみにブルーカラー時代には、この手の人物と会った事はなかった。ということは、このような人物はホワイトカラー特有なのだろうか・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 10, 2006

本当に嫌いなのは・・・

そうそう、先日「教えて君」に対して少し語弊があった。私が厳密に嫌うのは「丸投げ君」なのだ。この人ってのは、本当に何もせずにただ教えてとか、作ってとかいう類の人ね。この手の人は本当にダメ。その代わり、多少汚くても作りかけのソースを持ってくる人に対しては、親切に回答する余地はあるだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 09, 2006

オシムを千葉に招いた祖母井GM退団へ

オシムを千葉に招いた祖母井GMが来る1月の契約満了に付き退団し、先日まで日本代表大黒が在籍したフランス2部リーグのグルノーブルのGMに就任するとの事。

2部とはいえ、世界のクラブのフロントに入閣するのは初めてなのだろうか?

これは別の意味で日本のサッカーが発展した証拠ではないだろうか。

しかし、その反面、ジェフ千葉が心配だ。

先日は独裁者に監督を半ば強引に引き抜かれ、今度は近年の千葉を支えたGMがクラブを去る。

ここまで急激にクラブが変わってしまうと、元の残留争いクラブに戻ってしまうのではないかという思いがある。

既にいま1つ頼りない息子のアマル体制だけに、これが現実になるということもありえなくはない。

|

冷たい管理人

やっぱり冷たい管理人は引くね。先日、ある技術系サイトを覗いていた時の事だ。いろいろ投稿がある中で1週間ぐらい放置されているものがあった。それに対し、問題の管理人は別の投稿にはレスはつけたけど、この放置されている投稿に関しては全くノータッチだった。この投稿内容が冷やかしや荒らしなどの類なら、まだスルーするのは必然だと思うが、正当な投稿に対してスルーするのはどうかと思った。私としては、多少言葉が汚かったり、投稿内容のレベルが低いと思っても、そこは管理人ならフォローする義務があると思うのだが・・・。このような有様では、例え資格や連載をもっていても、私としての評価はガタ落ちとしか言わざるを得ない。そんなこともあってか、このサイトは普通のホームページとは別にWikiも持っていて、度々私が更新していたのだが、それもやめてしまった。確かにWikiはみんなで作り上げていくものだけど、結局は設置者のものな訳で・・・。そんな冷たい人に協力する必要はないんじゃないかと・・・。意外とこういうことで損しているサイトって結構あるのでは?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 08, 2006

どのカテゴリでも「教えて君」は変わらない

最近仕事の調べ物でよく技術系のサイトのBBSを覗くのだが、やっぱり技術系のサイトでも、

「初心者です。よろしくお願いします」
「検索しても分かりませんでした」
「過去ログみても分かりません」

というような事はよくあるようで、これにはガッカリ。私も質問に対するレスはつけたことはあるのだが、人に丸投げしておいてクレームをつけられた日にはたまったもんじゃない。これは私に対してではなく、他のレスだったが、

「これはダメです」

って何?もう少し言葉を選ぼうよ。BBSで教えてもらうのと、業者への受注,発注はまた違うのだから。あと、気になるのが「マルチポスト」。レスをつけて返事が来ないのは、多分そういう事なのだろう。技術系ではこういう事をやってしまいそうだが、バレたら、多分2度と相手にしてもらえなくだろう。最後にやはり文面。気持ちの問題で、この人は本当に教えてもらう気があるのかなと。以前は親切にレスをつけることはあったが、最近はその辺を踏まえてからかな。口頭で教えるのと一緒で、やる気のない人に教えるのはイヤなので・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 07, 2006

孫野菜?(後編)

このネバネバ群を食べていてふと気付いたけど、これってただの寄せ集めじゃなくて、本当にヘルシー?。以前少し話題に挙げたマゴワヤサシイに当てはめると、

マ(豆) → 納豆
ゴ(ゴマ) → 白ゴマ
ワ(ワカメまたはコンブ) → なし
ヤ(野菜) → オクラ
サ(魚) → タコ,カツオ節
シ(シイタケまたはキノコ) → なし
イ(イモ) → ヤマイモ

という感じで当てはまる。さて、ここでタイトルの謎解きをしよう。ここで当てはまったキーワードを並べると・・・。

マ・ゴ・ヤ・サ・イ

そう、孫野菜なのだ。くだらなかったかな。今回、そんなことは全然意識していなかったので、シイタケとワカメは欠けてしまったが、組み合わせ的には十分可能だろう。という訳で、完成版マゴワヤサシイのレシピを乗せる事にしよう。とりあえず2人分。

マゴワヤサシイ? 2人分
マ(豆) → その辺で売っているパックの納豆2つ。おつゆは一緒に入れる。
ゴ(ゴマ) → 白ゴマ適量。好みの問題なので、黒ゴマでも全然構わない。
ワ(ワカメ・コンブ) → のりが相性がよさそう。という訳できざみのり適量。
ヤ(野菜) → オクラ。ショップ99で売っている冷凍パック半分くらい。
サ(魚) → マグロの角切り。別に他の赤身魚,タコ,イカ合うものなら何でも可。
シ(シイタケまたはキノコ) → ネバネバ4兄弟に昇格という事で茹でたナメコ適量。
イ(イモ) → ヤマイモ。ショップ99で売っている2本分をおろし金で擦って、いわゆる、とろろいも状態にしてしまう。
納豆についているタレ
醤油適量

あとはこれをひたすらグリグリかき混ぜるだけ。ヤマイモを擦るのが面倒な以外はとってもお手軽。簡単だけど、自分の指の皮までおろし金でおろさないように注意。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

孫野菜?(前編)

ここ数週間どうも体調が悪く、電車の中で石のように眠り続けたり、食事を戻したりと最悪だ。これはイカンと思い、何か栄養の付くものを食べねばと考えた。という訳で、お約束のショップ99へと足を運ぶ。まずはベタだけど、豚汁。これは豚の細切れ,豚汁の素,里芋を買って見事に材料をコンプリート。ちなみにみそは家にあったので除外した。そして、今日の主役のネバネバ3兄弟、納豆,オクラ,ヤマイモを買った。無事に買い物を終えると、まずはゴハンと豚汁のしこみをし、その間に今日の主役の食べ方を考える。
確か前に読んだクッキングパパだったと思うけど、このネバネバ3兄弟は混ぜるとおいしいそうな。これだ。さっそくネバネバ3兄弟を混ぜてみる。次に確かヤマイモは魚とよく合うな・・・。魚はないので、解凍予定のタコで代用だ。という訳でタコを入れる。うーん、なんかまだ体にいいものないかなと棚を探していると、白ゴマとうどん用に買ったカツオ節を発見。この2つも混ぜる。そして、これらをひたすら混ぜて出来上がり。さっそくゴハンと一緒に食べると、予想以上においしーい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 06, 2006

個人で使うリンク集はどう作る

リンク集を作るとなると真っ先に思い浮かぶのはHTML。しかし個人で使うのにわざわざHTMLを記述するのは少し面倒だ。できればテキストファイルでやりたいな・・・。それが出来るんです。下の2行のテキストをエディタに貼り付けてみよう。

Microsoft
http://www.microsoft.com/japan/

どうなったかな。よほどポンコツのエディタでなければ、デフォルトでURLにハイパーリンクが貼られ、クリックする事によりブラウザが開き、リンク先へ遷移出来るはずだ。このように、最近の優れたエディタの機能のおかげで、ただのテキストファイルが見事にリンク集として機能してしまうのだ。もしかしてこれって結構常識なのかな。これを前の派遣先のH氏から教えられたときはちょっと感動してしまったものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 05, 2006

知られざるBorlandのフリーソフト

Borlandのフリーウェアといえば、やはり Borland C++ Compiler が有名だろう。その次は最近公開された Turbo シリーズか。それ以外だと、Vectorのリソースか。しかし、これ以外にもBDNページに行くと手に入るソフトがあるのだ。それはDOSベースの、

Turbo C version 2.01
Turbo C++ version 1.01
Turbo Pascal v1.0
Turbo Pascal v3.02
Turbo Pascal v5.5

だ。ココから手に入る。DOSアプリに興味がない人には無用の長物だが、私としては学生時代にお世話になった Turbo C が手に入るのは素直に嬉しかった。英語版だけど、元々Turboシリーズはメニューが英語だったので、その辺はあまり問題ない。興味のある人はぜひ試してみては?ただ、英語版なので、数日前に紹介した QBASIC 同様、英語モードに切り替えるのを忘れずに。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 04, 2006

アヤックスびいき?

オランダ代表のファン・バステン監督と2選手の間でゴタゴタが起こっているようだ。その2選手とは、PSVのOBである、レアルのファン・ニステルローイとバイエルンのファン・ボメルだ。元々この2選手は監督との確執は噂されていたが、この2人がPSV出身という事がまた事をややこしくしている。PSV出身の彼らを干す事により、オランダ代表はアヤックスびいきという声も上がっている。しかし、これには意義あり。現役のアヤックス所属選手や先日までアヤックス所属の選手を見る限りは露骨に力量不足という選手はあまり思い当たらない。ヘイティンガ,マドゥーロ,エマヌエルソン,スナイダー,バベル,フンテラール,そしてここ1,2年でクラブを離れたファン・デル・ファールト,デ・ヨングらがいるが、バベルを除けばみんな代表に相応しいだろう。PSVは近年はアヤックスより成績は上だ。しかし、近年、オランダ人の若手が常に中心だったといえるだろうか。どちらかというと、外国籍の若手の活躍でもっていたクラブだろう。よって、こんな論調が出てくる方がおかしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

給食費未払い問題

たまたまYahooで見かけて初めて知ったけど、ちょっと信じられない。これは「犯罪」でしょ。「無銭飲食」と何ら変わりはない。「食い逃げ」だ。
でもって記事を読んでみると、

「頼んだ覚えがない」
「義務教育だから払いたくない」

というような感じで、バカの極みとしか思えない。頼んだ覚えがない?じゃあなぜ食べるの?意味が分からない。「はい。そうですか」と没収してしまえばいいのだ。これはもう強攻策を取らなきゃダメでしょ。もし、これに公務員の不正への報復とかが1枚絡んでいるのなら、それは歪んだ報復だろう。あと、思ったけど、これがイジメの温床にもなるのではないか。そんな事でイジメられるのは哀しいでしょ。親は困らないけど、子供は昼食にありつけないばかりか、イジメという名のおやつを頂く訳で・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ツネ様の横の男

「なぜ宮本なんだ」

私としては、ここ数年の日本代表への疑問は常にこの話題で持ち切りだった。宮本じゃなくて、彼の横にもっと使える男がいるではないか。そう、先日代表入りを果たしたG大阪の山口智である。宮本の横というのは、所属クラブでスイーパー宮本の脇を固めているということからだ。宮本と比べても、ライン統率以外はすべて上だろう。特に前線へ正確なフィードを出せる数少ない日本人DFだ。本当になぜ山口が今まで代表入りしなかったのかが、不思議だっただけに、今回の初選出は裏しい。その反面、宮本のプライドはズタズタだろうな・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 03, 2006

記憶術

以前友人から記憶術について聞いたことがあるのだが、その友人いわく、

「記憶力を付けるのではなく、本を読むときの視野を広げる」

んだそうな。ん?それって推し進めると、少し前に「人間!これでいいのだ」でオンエアされた右脳の働きと一緒じゃん。本で物を記憶する時、普通の人が単語単位で覚えるのに対し、右脳が発達している人はページ単位で丸ごと覚えるっていう。ふーん、TVでオンエアされたから新鮮に思えたけど、実はそうでもないのね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 02, 2006

競合アプリサイトで意外なものをサルベージ

アセンブラについて調べていた流れで、なんとBorlandのFTPサイトからWin32APISDKを発掘した。場所はココ。中身は英語版だが、その辺に配布されているAPIビューワと組み合わせるとなかなか役に立つ事だろう。それにしても情けないのはMicrosoftのFTPサイトだ。フォルダ分けはされていても中身はスカスカ。アプリケーション群を見つけたと思ったら、ただ乱雑にファイルを放りこんでいるだけ。パッと見ただけではどんなアプリケーションがあるのかを特定するのはなかなか困難だ。おまけに1つのフォルダにファイルを放り込むものだから、スペックのいいマシンでもリストが出るのに時間が掛かる。私はよくFTPサイトを漁るのだが、このような粗悪なサイトは初めてだ。こんな現状で世界一のソフトウェア会社を語るのはあまりにも情けないね。話を戻すが、この役立たずのサイトには既出のSDKすらも置いていなかった。MSDN2005Expressがある?あれは重いでしょ。OSの開発元のサイトにあるべきものが、なんで競合アプリの会社にしか置いてない訳?本当に理解に苦しむ・・・。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 01, 2006

名古屋杉本ハットトリック

素直に嬉しいね。確か名古屋の日本人ストライカーでは、森山,岡山,呂比須に次いで4人目だったはず。これは貴重だ。これでいい意味で玉田の影が薄くなるね。やはりクラブの躍進は生え抜き選手の活躍なしにはありえない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

FTPソフトは何を使っていますか?

その辺のダウンロードサイトのランキングを見ていると、FTPソフトは「FFFTP」が1番人気だが、私は使っていない。私が使っているのは「FileZilla」である。使い始めの頃を話すと、速度では前者の方が圧倒している。じゃあ、なぜ速度の劣るFileZillaを使用するのか。それは私の使用環境の問題で、USBメモリにソフトを入れて持ち歩き、ネット喫茶でファイルをダウンロードしたりする。その時が問題なのだ。FFFTPは設定やFTPサイトのリストをすべてレジストリに書き込んでしまう。ということは、お帰りの際は設定まではお持ち帰りする事はできない。厳密にはレジストリをエクスポートすればお持ち帰りできるのだが、そういうことをするのは現実的ではないし、たまにシステムポリシーを整えてレジストリエディタの使用を禁止している店もあるので、やっぱりNGだ。じゃあブラウザからやり取りすればいいじゃん。それはあまり操作性がよろしくないからイヤだ。そこでFileZillaである。こちらは今風にXMLに設定を書き出すので、そういった心配をする必要はない。だからどこでも使える。ただFileZillaのXMLも万能という訳でもない。サイトの注釈に全角文字を使用していると、まれに文字化けを起こす事もあるようだ。
とまあこんな感じで2つのFTPクライアントを紹介させてもらった。まとめると、家でしかFTPサイトを見ない人はFFFTP、どこでもFTPサイトを見る人はFileZillaということになるかな。しつこいようだけど、FFFTPは設定をすべてレジストリに記憶する。だからハードディスクを真っさらにして環境移行するときは、レジストリキーを調べて設定をエクスポートしておかないと、今までのFTPサイトのブックマークが全部オシャカになるので要注意のこと。実は私これを1度やってしまって、ヘナヘナとなったことがある。それがきっかけで別のFTPクライアントを探す事になり、そこでお眼鏡に叶ったのがFileZillaで現在に至るという訳だ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« September 2006 | Main | November 2006 »