« プロパティオープンの解説(後編) | Main | 左利きは天才肌ねえ・・・ »

September 10, 2006

グラウンドがどうしたって?

先日のイエメン戦では、グラウンドがボコボコでギャーギャーわめいている人がいたようだが、それこそが世界との差じゃないだろうか。

もうこんな発言が出ること自体、三流の証拠だ。

ブラジルがグランドがボコボコだから負けたって言い訳しますか?

ブラジルはボールさえあればサッカーをする国。悪条件でさえ自分のものにする。

それが出来ないようでは、この先もたかが知れている。

まさかオシムからこんな弱音を吐かれるとは思っていただけにガッカリだ。

ボコボコだったらボコボコだったで、日本人にはこのようなグラウンドでボールをコントロールする技術はないから、ハイボール主体に切り換えるという選択肢もあったのではないだろうか。

あまりにも柔軟性がなさ過ぎる。

かつてフランスのサンドニでぬかるんだピッチという言い訳でフランス代表に惨敗したときとなんら変わっていない。

|

« プロパティオープンの解説(後編) | Main | 左利きは天才肌ねえ・・・ »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference グラウンドがどうしたって?:

« プロパティオープンの解説(後編) | Main | 左利きは天才肌ねえ・・・ »