« July 2006 | Main | September 2006 »

August 31, 2006

ホアキンのバレンシア移籍に意義あり

意外にも、元レアル・ベティスのホアキン・サンチェスの移籍先はバルサでもレアルでもなく、バレンシアに決定した。これはあまりにも意外だった。なぜバレンシア?悪いけど、バレンシアという中途半端な移籍をするぐらいだったら、まだべディスに残留して欲しかった。しかし、2強のお家事情もあるんだろうね。バルサの右サイドにはレフティーながら、アルゼンチンのホープ、メッシ-が君臨している。悪いが、ホアキンが移籍して来ても、彼の出る幕はないだろう。そしてレアル。こちらは獲得のチャンスは十分にあった。しかし、昨日も述べたように、ロートルに片足を突っ込みつつある選手に無駄遣いをし、みすみす獲得のチャンスを逃してしまった。本当に呆れるばかりだ。まあ決まってしまったものはしょうがない。アイマールが抜け、ビージャに次ぐアイドルとして頑張ってもらいたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 30, 2006

見るまでもなく、今期のレアルはつまらない

レアル・マドリー 0-0 ビジャレアル

リケルメを完封とか載っているけど、そりゃあホールを抑えるために、エメルソンとディアラというボランチならず守備的MFを2枚も置いているなら、抑えられない方がどうかしている。はぁ、それにしてもまさかとは思っていたが、このリーガ1つまらないダブルピボーテを採用するとは思わなかった。守備は鉄板だけど、展開力は凡庸でつまらないの一言。リーガでまでこんなつまらないものを見せられるのは本当に勘弁。せめてセリエだけにして欲しいものだ。
補強の方にしても、ペレス会長時代を思い起こさせるクソバカな補強の数々。ピークを超えそうな30歳越えの選手を3人も獲得するところなんてバカの極みとしか思えない。カンナバーロは来年34歳。いつ故障がちになるかも分からないベテランを獲得するのはあまりにもリスキーだ。そしてファン・ニステルローイとエメルソン。やはり2人とも30歳を超え、過去に大きな故障をしている点に大きな不安がある。
問題なのは獲得だけではない。放出の方にも問題がある。ロベカルの数少ないバックアップが勤まりそうなディオゴを放出し、更には獲得したばかりのシシーニョ,バックアッパーのエルゲラ,パボン,ウッドゲートまで放出しようとしているのだ。あなた方、レアルの大きな問題を分かってる?ディフェンスだよ。新しい選手を獲得するお金がある訳でもないのに、彼らを放出してどうする気?仮に彼らを2人も放出しようものなら、ただでさえ手薄なディフェンス陣は崩壊するだろう。
開幕して1試合だけど、既にフロント面では敗北決定。今年もバルサの年になるだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 29, 2006

ココログでHTMLソースを出力するには

昨日、念のため、投稿記事のHTMLソースをチェックしたら、ちょうどソースの部分が謎の空白になっている事に気づく。

ああ、ココログの記事はHTMLで出力されているのだから、当然特殊文字を変換してやらないといけないということか。

という訳で、不等号をそれぞれ<,>に変換してやると、見事に問題解決。

これからは気をつけるようにしよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 28, 2006

今更 JavaScript で window.onLoad

VBSでは window_onload と記述すれば、勝手にそれを認識してくれるが、JavaScriptではそうはいかない。Body タグにも onload イベントは存在するが、あれは似て異なる。じゃあ、どうやって onload を実現するのか。実現するには、イベントのオブジェクトに関連付けてしまうのだ。ロジック的には、下記のような感じになる。

<html>
<head>
<title>動的にイベントを関連付けるサンプル</title>

<script language="javascript">
<!--

// プロシージャを二重引用符で囲まない。そしてプロシージャの後ろのカッコは不要。
window.onload = window_onload;
window.onunload = window_onunload;

void function window_onload(){
window.alert("Hello!!");
}

void function window_onunload(){
window.alert("Good By!!");
}

-->
</script>
</head>
</html>

一応コントロール系(Inputタグetc・・・)のタグでも可能なようだが、あまりメリットはないだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 27, 2006

CLにフレッシュな顔ぶれが出揃う

今回のチャンピオンズリーグには、東欧のクラブが例年と比べてかなり多い。多分これが本来あるべき姿だとは思うのだが・・・。95年のボスマン裁定以降は資金のある西欧に選手が集中してしまい、東欧のクラブは選手を引き抜かれて弱体化するばかりだ。だから東欧のクラブがビッグイヤーを掲げる事はなかなか難しい。それでも2次リーグを廃止して以降は番狂わせも少なくない。ポルトやリバプールのように。そこに東欧のクラブが絡んでくると、チャンピオンズリーグも盛り上がるのではないかと思う。具体的にはCSKAモスクワ,シャフタール・ドネツクという、それなりに資金があり、なかなか実力派を揃えている、これらのクラブがチャンピオンズリーグをかき回してくるようだとおもしろい。

| | Comments (0)

August 26, 2006

海賊王に俺はなる

ハイハイ、危ないからやめてね。全くアニメの影響って奴は・・・。私の姉か友人のどちらか忘れたけど、その知り合いの子供が本気にそんな事をほざいてやがった。全くガッカリだよ。いるんだよ。最近は本当に海賊がいるんだよ。ちょっとは新聞なりニュースサイトでも見ておくれ。あ、そこは憧れる所じゃなくて、ビビるところだから。念のため・・・。

| | Comments (0)

横浜M岡田監督辞任

あの戦力であの成績ならば、辞任もしくは解任は当然だろう。私的に解せないのは、久保と心中した事だろう。昨シーズンの序盤に文句なしの成績で前線を引っ張った大島をネームバリューの差であっさりと切り捨てた功罪は小さくない。あの復帰から久保が入れたゴールって片手で数えられるほど。久保自身も万全じゃない中、岡田監督に無理に使い回された被害者といえるだろう。岡田監督と共にフィジカルコーチも退団したが、これも必然だろう。久保だけではなく、奥,山瀬,中澤,etc・・・と次々に故障で倒れる選手達の体調管理は皆無と言えるだろう。これらの観点から見ると、久保がW杯メンバーから落選したのは、無能なマリノスのスタッフのせいじゃないの?

| | Comments (0)

August 25, 2006

ゆうこりん熱愛発覚より・・・

ゆうこりん熱愛発覚。ふーん、そうなんだ・・・。本題より、私が気になったのは、イベントでプライベートな質問が出た場合は会見を中止すると固く言われたのに、空気読まずに禁断の質問をしちゃったバカ。別にこの会見に限った事ではないと思うけど、この手の事って自社が困るだけではなく、他社のマスコミにも多大な迷惑を掛ける事になるからね。こういった場合、どう落とし前を付けているんだろう。会見会場出入り禁止<=>海に沈む未満だとは思うが、非常に気になる・・・。

| | Comments (0)

避妊も生まれてすぐ殺すのも一緒?はぁ?

怒りの矛先は一応、直木賞作家の坂東眞砂子。何でも避妊も生まれてくる子猫をすぐ殺すのも一緒なんだと。何寝ぼけた言ってんだこのババア。正しいのは人間が猫に避妊処理を施す資格はないところだけだ。避妊も中絶も生まれた子供を殺すのは訳が違う。更にどうしようもないことに、この人、犬も殺しているんだとか。狂ってる。私はあまり文学について興味はないけど、こんなイカれた人に直木賞を与えっ放しでいいの?何かが間違っている。この蛮行を知り、ある1ファンはすべての本を焼き払ったんだとか。あいにく私には何もできることはないが、この人を糾弾する活動があるならば、私は1人のネコ好きとして快く参加させてもらうよ。

ソースはこちら

| | Comments (0)

August 24, 2006

あまりの暑さに送風機を買う

以前、里帰りした時に実家近くのスーパーを見ていると、値段が安いながら、なかなか涼しい風を出してくれる送風機があったので、帰ったら即買いだと思って電気屋に走ったのだが・・・。

「物足りない」

確かに2,980円からでもモノはあるのだが、どうも「そよ風」程度の風しか出ないのだ。今思い返せば、スーパーのエアコンがガンガン効いた中なら、ちょっとの風でもすごく涼しく感じただけなのかも知れない。という訳で、あちこちの電気屋を漁っていいモノを探す事にしたが・・・残念ながら、どこの店もそよ風は吹いても、強風を吹かせてくれるものは見つからなかった。しかし、意外にもいつもの果実酢の買出し先でお目当ての製品を見つけることが出来た。もちろん、その場所は

「ドンキホーテ」

私の希望する寒いぐらいの風が吹き付ける送風機があった。少々物が大きいので、後日友人の手を借りて無事に購入。暑い自宅で使うと風が少々ぬくいが、やはり威力は最高。しかし、音が大きめなのが難点といえば難点か。あと調子に乗り過ぎて、1時間後には腹が・・・。

| | Comments (0)

August 23, 2006

ナゴヤドーム応援問題

20日の中日スポーツに載っていた応援マナーの問題を取り上げる事にしよう。

内容としては、ある夫婦が外野席で座って観戦していたところ、前に座っているカップルが中日の攻撃になって立って応援するのが邪魔ということで口論になったというものだ。

確かにオフィシャルサイトにはホームチームの攻撃時は立って応援するのはやむなしということが載っているようだが、それでも、そこは臨機応変にできないものかと思うが・・・。

ふと思ったのだが、この夫婦はあまり名古屋ドームに足を運んだ事はないのかな。

外野席がこんなあんばいなら、わざわざ選ばないだろうし・・・。

それでも、チケット購入サイトすべてに「xxスタンドはxxですよ」なんて載っている訳じゃないから、難しい問題ではあるが・・・。

22日になって反論の記事が載っていたが、短絡的に座って見たけりゃ内野席へ行けって言っている奴・・・。

なんか自分の事しか考えていないよね。

それが分からなかったから、苦労しているんだろうが・・・。

後々思い出せば、別にこの手の問題は今に始まった訳ではないんだな。

前にも何度か見ているし・・・。

あと立ち応援以外にも、子供を突き飛ばしてでもボールを取ろうとする大人気ないオジサンっているよね。

あれは本当にやめて欲しい。

みっともないし、第一、危ない。

| | Comments (0)

August 22, 2006

50-70-100 って知ってる?

これは漫画「ファンタジスタ」を読んで初めて知った名言?だけど、球技をやっている人に取っては基本なんだよね?

多分・・・。

(ちなみにコミックは4巻)

一応説明すると、ピッチをアタックゾーン,ミドルゾーン,ディフェンスゾーンに分けた時のパスの成功率になる。

よって、ディフェンスゾーンにおけるパスミスは許されない事になる。

しかしながら、先日のW杯に出場した某国の某キャプテンは、この「100」のところのパス成功率が著しく低く・・・。

これを知ったときは素直に「なるほど」と思った。

私がかつてバスケットをやっていて、意表を突いたパスを出して失敗して怒られたのは、結局こういうことなんだろうなと妙に納得する。

あれ?でもパスミスをしたゾーンはミドルゾーンだったような・・・。

そこは人によってサジ加減が違うという事で納得せざるを得ないのか・・・。

経験者ってのは遊びでも自然にこういう事を考えているのだから、素人とやるときはさぞイライラしているんだろうな・・・。

あと何気に気づいたんだけど、これがゴルフなら、成功率は逆転するんだろうね。

ゴルフはピンが近づけば近づくほどショットの精度を上げなくてはならないので。さすがにパッドの成功率50%はマズいだろう。

| | Comments (0)

August 21, 2006

タトゥー、またドタキャン

これはもはや人間性の問題だよね。人気がどうこうじゃなくて。さすがに亀田兄弟もドタキャンはせんからね。集客が悪いのは自業自得としか言いようがない。そもそも生放送をドタキャンするようなナメた奴の歌を聴きたいとも思わない。どんなにうまくてもね。ドタキャン前日の中日スポーツには「私達改心しました」なんて載ってたけど、この1件でそれが「大嘘」だということを露呈してしまい、恥の上塗りをする事になった。ここまでやってしまうと、もう日本での仕事は事実上、閉ざされたも同然。これだけの事をしても、再度タトゥーを招くスポンサーがいるなら、それは物好きか頭が狂っているかのどちらかだろう。

| | Comments (0)

ガッカリして損した・・・

去る土曜日の話。

「ぴーかんばでぃ」が終わりヘコでんでいたら、今度の新番組は「人間!これでいいのだ」

見ていると、何かぴーかんばでぃと変わらない。

でもって「もえのイチオシ」まであった。

しかも、もえちゃん、スタジオにいるじゃん。これは見るべし。

ちなみの脳の癖はうさ脳だった。

私的にはささ脳タイプだと思っていただけに意外。

自分ではのほほんとしているが、負けたくないものに対してはこだわりがあるので、これはある意味当たっているのかも。

私の周りを見ていると、偏見的にうう脳タイプが多めかな。

あのタイプは単独で固まると調和が取れない。

あと検索していると、こんなのも見つけた。

こちらではベタにささ脳みたいな結果になったので、ある意味ベタというか、ガッカリ・・・。

| | Comments (0)

August 20, 2006

名古屋本田にド肝を抜かれる

この選手、入団当時から注目されてはいたけど、私的にはイマイチ評価は低かった。昨シーズンはルーキーにしては、まずまずの成績を残したけど、Jリーグのレギュラークラスの選手で終わってしまうんじゃないかと。しかし、今シーズンは確実に成長が見られる。昨日の2ゴールには驚いた。TVではレフティーモンスターだなんて言ってたけど、レフティーモンスター小倉というよりは小倉と同時期に活躍していた平野(現横浜)を思い出した。はぁー、今の日本人でもノリカル(鈴木規FC東京)以外でも、こんなシュートを打てる奴がいるんだなと。2点目の無回転FKは岩本テル以来なんじゃないかな。これは特に見事だった。本人いわく無回転の名手、ジュニーニョ・ペルナンプカーノ,ピルロを研究したんだとか。これがマグレとかではなく、Jリーグで度々お披露目できるようだと名古屋と日本の未来は明るいね。日本の無回転シュートの第一人者と呼ばれるようになれば、尚うれしい。さて、ここまでの攻撃力を見せ付けられてしまうと、今の左サイドバックというポジションが非常に気になる。このポジションで守備の勉強をさせようというのなら文句はないが、本気でこの足の遅い本田を定着させようというのなら、疑問符が付く。確かに世界的にも足の遅いサイドバックはいることはいるんだけど・・・。数シーズンまでトップリーグで活躍していたアイルランドのイアン・ハートとか。私的にはトシヤを外して本田を中盤に据えるべきだと思う。トシヤのパフォーマンスも悪くはないけど、やはり名古屋の未来のためにはならないと思う。しかし、本田をあんなポジションで起用するのを見ていると、意外と柏に放出した中谷が恨めしい・・・。

| | Comments (0)

遂にタバコ屋のネコ達とスキンシップを取る

1週間ほど前にたまたまネコのタバコ屋を通る機会があったので、久し振りにネコ達を除いてみる事にした。しかし、歩いていると店が暗くなっている事に気づき、「残念、閉店か」とガッカリしたその時、閉店こそしていたものの、そこには大ネコがいっぱい寝そべる姿が。ネコの数と大きさに圧倒されつつも、とりあえず、手前にいた2匹を撫でてあげることにした。さすがに店ネコなだけに人馴れしているのか、全然逃げる気配はない。1匹目はよかったのだが、2匹目は相当眠そうだったのか、ちょっとイヤそうだった。とりあえず、長年の目標は達成。タバコは買わないけど、閉店直後にまた来る事にしよう。

| | Comments (0)

August 18, 2006

ラジオ体操に人が集まらない

昨日Yahooを見ていると、今の子供はラジオ体操をあまりやらないというような記事があり、その記事を見ていると、こんな理由だった。

「眠いから」

はぁ?全然理由になっていないんですけど。そりゃ6時半起きだから眠いのは当たり前。眠くても行くものだと思っていた。あと私の時代は小学生は強制連行みたいなものだった。小学校前半は都会暮らしだったので、その時はあまりやった覚えはないが、地方に引っ越してからは夏休みは小学校を卒業するまでずっとやっていた覚えがある。この時ばかりは田舎って奴は・・・。小学校のときは黙ってやっていたが、中学生なったら、今度は学校の先生ではなく、水泳のコーチが茶々を入れてきたので、さすがにこれにはキレたが・・・。じゃあ次。

「家族が夜型だから」

なんじゃそりゃ?家族からして行く気ゼロかよ。夜型っていうか、家族してさっさと寝て下さい。よくよく考えると、確かにラジオ体操に行くのは子供だけど、そのラジオ体操を主催するのは子供の親。その親からしてやる気がないのだから困ったものだ。Yahooの記事によると、何か勝手にラジオ体操の期間を夏休みいっぱいから、1,2週間に短縮しているのだから呆れたものだ。確かにうちの地元でも毎日ではなく、週に1,2回のような・・・。私は勤務地の関係で家を早く出るから分かるのだ。そうやって見ると、全国的にラジオ体操って廃れているのね。

| | Comments (0)

August 17, 2006

実家のペット達には嫌われているけど・・・

おかしい・・・。ここ数年は毎年帰省して実家のペット達と時間を過ごしている訳だけど、奴ら、なかなかなつかない。だけど、昔、実家から里子に出したネコや近所のノラネコ君達からはすこぶる好評だ。うーん、何かがおかしい・・・。ちなみに最近お気に入りの柄はチャトラン色のトラネコ君。

| | Comments (0)

August 14, 2006

何かグランパスが好調だ

足りないピースがポストプレーヤーだというのは分かり切っていたが、まさかここまで化けるとは・・・。好調の原因はもちろん「ヨン様」ことヨンセン。彼の加入により、システムも監督がずっとやりたかったであろう4-3-3システムへ変更となった。そしてこちらも先日、日本代表に初選出されて好調な中村直志。数年前までは黄金のカルテット?がいるため、実力はあるけど代表はムリだと思っていたが、彼らにはない「走」という付加価値で代表入りした選手だ。彼の好調は素直に嬉しい。しかし不満がないわけでもない。それは「本田の起用方法」。今シーズンはトップからサイドバックまでやらされ、起用方法に一貫性がない。最近多いサイドバック的なポジションは走力があまりない彼には1番不向きなのではないだろうか。

| | Comments (0)

長く悩まされていたCDドライブ問題が解決

ノートPCの再インストールさえ考えていた長く悩まされた問題がようやく解決した。たまたま見かけたサイトにヒントらしきものが載っていたので、ダメ元で試してみたら、見事に解決した。内容としては、ある2つのレジストリキーを削除して再起動しただけ。動きを見ていると、一度認識したUSB機器のドライバインストール画面は表示されないはずなのに、再度表示してきたので、USB機器のドライバ情報をクリアしたと思っていいのかな?本当にあっけなく解決したのだが、レジストリキーの位置はそうそう分かるものではないだけに困り物だ。また何かがあったときに復旧スクリプトでも作ってみようかな。

参照サイト:
Adaptec Easy CD Creator をコンピュータから削除した後で、CD-ROM ドライブにアクセスできず、デバイス マネージャで "コード 31" エラー メッセージが表示される

| | Comments (0)

August 13, 2006

今すぐFormat関数がなくなっても問題なし

昨日ひどいめにあったRound関数だったが、頼みのFormat関数がもしなかったとしたら、どうやって数値の丸めを行えばいいのだろうか。別にたいした問題ではない。実は四捨五入や切り上げといった類の処理は数値でもできるのだ。小数第1位を対象にするなら、

四捨五入: Int(A + 0.5)
切り上げ: Int(A + 0.9)

で出来てしまう。Int関数は小数第1位で値を丸めてしまうので、小数第2位でやりたければ、一時的に10倍して既出の処理を行って、また10で割った値を使えばよい。四捨五入で示すとこんな感じだ。

例:7.57を小数第2位で丸める。

Int関数でうまく値が丸まるように、桁合わせするために、値を10倍する。
7.57 * 10 → 75.7

桁合わせした値に対して、既出の四捨五入処理を行う。
Int(75.7+0.5) → 76

元の値に戻すため、値を10で割って、最終値を算出する。
76 / 10 → 7.6

あまり使う機会はないが、この技術はどんな言語にでも応用できる点では便利だ。CでもPascalでもSQLでも、同等の関数を持っている言語なら問題ない。

| | Comments (1)

August 12, 2006

謎のRound関数

旧VB,VBA,VBS,VB.net のすべてに言える事だけど、この関数の不思議な挙動は何?マニュアルには、単純に値を丸めるということぐらいしか書いていなかったので、四捨五入程度の感覚でいたら、結果は謎の0.5は切り捨ての中途半端な四捨五入もどぎである。長らくRound関数なんて使ったことがなかったので、久しぶりに思い出した。というより、こんなダメ関数を使わずにおとなしくFormat関数を使うのがベストか。

| | Comments (1)

August 11, 2006

スクリプトファン必須の一冊

VBScript 逆引き大全500の極意

何冊かVBScript関連の本を目を通してきたが、最高の方ではないだろうか。Office関連のTipsもあるので、Scriptを用いたツールを作るには持ってこいだし、通常のVBプログラムにも役立つ2度おいしい本だろう。スクリプト愛好家なら、毎日コミュニケーションズ著のJScriptハンドブックと合わせて持っておきたい1冊だ。

| | Comments (0)

August 10, 2006

VB のクラスモジュールの普及率はなぜ低い?

プログラムの仕事を始めてだいぶ経ち、いろいろな人のプログラムを見てきたのだが、なぜか VB のクラスモジュールを水準並みに使いこなすという人はそうそう見たことがない。クラスに単純にプロシージャを貼り付ける人は何人か見て来たが、きちんとプロパティやメソッドを実装できるという人はほとんどいなかった。業務ではあまり ActiveX を作る必要がないという事情もあるのだが・・・。結局、VBのクラスモジュールはコンポーネントを作る材料でしかないのだろうか。
そういえば、過去にこういうことがあった。今のプログラマーの仕事を始めた当時に何度か業務でモジュールをクラスで提供しようとしたことがあったが、当時の会社の先輩にたいそう嫌がられたことがあり、今考えると、いろいろ納得いかないものがある。まず第一に

「コーディング標準が指定されていなかった上で言われた」

じゃあ関係ないよねという話だ。別にコーディング標準で指示されていないんであれば、自由だよね?この先輩の答えも論理的なものではなく、短絡的に、

「いや、クラスは使っちゃダメ」

の一点張り。なんだそりゃ?そうなると、私的には1つの疑惑が浮かび上がってきた。

「実はVBのクラスモジュールを使いこなせないんじゃないの?」

この先輩が何度か知ったかぶりをして物事をはぐらかすのを見たことがあるので、それでほぼ間違いないと確信している。別に知らなかったら、知らなかったでバカにするわけでもないし、逆にこういう態度を取られるとあまりいい気分はしない。結局は会社の先輩にあまりVBについて教わることがなかったので、後々我流ではあるが、VBのクラスのコーディングを覚えていくのだった・・・。

| | Comments (0)

August 09, 2006

VB.net の Shared キーワードに甘えるようでは、.net 開発の腕は上がらない

Shared キーワード

これは今の仕事場に来て覚えたのだが、このキーワードを付けたプロシージャは所属するクラスのインスタンスを生成することなく、パッケージのインポートだけでプロシージャが使用可能になるのだが、こればかり多用してしまうと、

「従来のVBとあまり大差はない」

幸いなのか、不幸なのか、一応従来のVBの関数も残っているので、こちらにも頼るようだと、いよいよ甘ったれだ。確かに .net 開発の経験がない人でも、既出のような方法を用いば、それなりの成果を得ることは出来るだろう。ただし、コーディングも重視する現場ならば、バッシングは避けられないだろう。本当に .net のコーディングがうまくなりたいなら、既出のような極端に VB に依存するコードの使用は避けた方が無難だろう。実は私も今の開発で作っているプログラムがあるのだが、質があまりよくないサンプルについつい釣られて、従来ロジックのようになってしまっている。確かに結果としてはキッチリ動くのだが、 .net の機能をそれなり引き出しているかと言われると、少々疑問符が付く。ここは少しカッコ付けて、ちゃんとしたクラスモジュールで組み直してみようかな。でも、プロパティが4つほどしか思いつかないのに、わざわざ作り直すのも少々気が引ける。困った・・・。

| | Comments (0)

August 08, 2006

私が作るゆでたまごは実はドヘタクソだった

最近、某料理マンがを何気に呼んでいて気づいたのだが、

「黄身が黒ずんだゆでたまごは火の通し過ぎとのこと」

げっ、私が作るゆでたまごは正にこの状態だ。長い間、それで来たものだから、家で作るゆでたまごはこんなものなんだと思い込んでいた。私のもう1つダメなところは、ゆでたまごを茹でる時に卵を割ってしまうことだ。これも小学生の頃に作り始めた頃は割るような事はなかったのだが、いつの間にか手順が悪くなり、割れるのが当たり前になってしまっていた。これは水の状態から卵を茹で上げたり、水が沸騰して卵を入れるときに差し水をすることで回避できるらしい。うーん、これはイカン。急ではないが、近いうちに人並みのゆでたまごを作れるように練習する事にしよう・・・。

| | Comments (0)

August 07, 2006

無回転シュート

先日のスーパーサッカーでも言っていたけど、やはり日本人では難しいのね。最も昔にJドリームで解説があったので、10年位前に知っていたけど・・・。そう思うと、アトラクションに参加したラーム,シュバインシュタイガー,ポドルスキが恨めしい。ということは、コンフェデ杯でシュンスケが披露したのは、やはりマグレ?日本人がアレを使いこなせれば、多少は決定力不足の足しにはなるんだろうけどなあ・・・。

| | Comments (0)

August 06, 2006

G大阪、A3杯で惨敗

蔚山現代 6-0 G大阪

これが日本の代表なのか。あまりにも情けない。しかも、よりによって、なべやかんにハットトリックを許すとは・・・。何を取っても最低だ。アジアレベルでこのような醜態を晒すのに、クラブW杯のフリー枠が欲しいだなんて百年早い。分かってますか?ジーコ焼きを欲しがる小三郎さん

| | Comments (0)

ドイツ人はリフティングがヘタ

昨日のスーパーサッカーを見ていて、これは私も思った。トラップがデカい。更には日本代表にも言われる始末。それでも、日本人って奴は少しプレッシャーを掛けるとミスしてくれるので、余興のトラップなんて当てにはならないと思うのだ。

| | Comments (0)

August 05, 2006

これだけは抑えておけ、VMWare Server

基本だけど、Ctrl + Alt でウィンドウズのデスクトップに復帰できる。これをド忘れして、間違ってリセットを掛けてしまい、Linux のインストールを1回オシャカにしてしまった。これだけは最低覚えておこう。もう1つは仮想PCのディスク容量確保。デフォルトで8GB上限になっている上、おまけにそのままバカ正直に8GBの容量を確保しようとするので、用途にもよるが、半分の4GB程度でも十分だろう。そして、まんまの容量を確保しないように、ディスク容量の下の1番めのチェックは外しておこう。もし設定を忘れたなら、マシンのスペックにもよるが、かなり容量確保に時間が掛かり、悲惨。しかもキャンセルが効かないからタチが悪い。大げさだけど、この2点を抑えたら、快適な仮想PCの世界に浸ることが出来るだろう。でも、ゲストOSになりそうな物を持っていない人はごめんなさい。まあ、そういう人こそ、フリーの Linux をやればいいのか・・・。

| | Comments (0)

August 04, 2006

VMWare Serverで遊ぶ → Linuxの導入(後編)

とりあえず、Redhat Linux は撃沈したので、今度は Vine Linux を試すことにした。こちらはたまたま日本語に対応しているようだったので、試すことにした。インストールの流れは Redhat Linux とほぼ同じ。Redhat Linux と比べると、パッケージがかなり減っているような気もするが、いかんせん私は UNIX の初心者で、すべての機能を使いこなせるとは言い難いので、その辺は目をつぶることにしよう。インストールはというと・・・今度はバッチリ成功。さっそく、自分のアカウントでログインできることを確認し、シャットダウンしようとしたら、出来ない。あれ?学校でやったときには出来たのに・・・。あ、シャットダウン権限がないのか。そういうことで、自分のアカウントを

$logout

し、今度はrootアカウントでログインし、

$shutdown -h now

と入力すると、無事にシャットダウンが出来た。しかも電源まで切ってくれるスグレモノだった。そういえば、コマンド入力をしているとき、上矢印キーを押すことによりコマンド履歴が表示される、MS-DOSでいうDOSKEYの機能があることに気づいた。これは学生のときに触った端末ではなかった覚えがあるが・・・。これはshellによって変わるのかも。

| | Comments (0)

August 03, 2006

VMWare Serverで遊ぶ → Linuxの導入(前編)

ダウンロードはココから。WMWareとは仮想マシンが作成できるソフトである。使い道はいろいろ。複数のバージョンの導入が出来ない Visual Basic を任意のバージョンをインストールして開発したり、インストーラが粗悪なソフトを試す際の人柱端末にしたり、完全なゲーム環境にしたりと人それぞれである。以前にWorkstationの方を使ったことがあり、少々使い方は知っていたので、さっそくOSを導入してみることにした。かつての Windows OS を導入してもよかったのだが、それは以前に Virtual PC でやっているので、前の休みに片っ端からダウンロードしてきた BSD や Linux などを試すことにした。私は Unix については学生時代に少し触ってことがある程度で、細かい環境設定については疎い部分もあるので、とりあえず、ISOイメージを読み込み、その中で日本語に対応しているOSを導入することにした。まず、試してみたのが、Redhat Linux。ISOイメージファイル名に「jp」が含まれていたので、すぐに日本語対応ということが分かったので、導入してみることにした。ISOイメージをブートし、インストーラが起動したら、基本はデフォルトのまま進めていき、無事にインストールが始まった。しばらくして、リブートを求められ、リブートしたら、CPUが100%になったまま、以降、何もできなくなった。ISOイメージを挿し替えてもダメ。ああ、恐ろしや。これが本物のPC端末だったら、どうなっていたことやら・・・。

| | Comments (0)

August 02, 2006

久々にさぶっ劇場!!でバカ受け

今週のサッカーダイジェストのさぶっ劇場!!のジーコ焼きは久々の大ヒットだった。

「高いばかりで中身はスカスカ」

内容は危険だけど、本屋で笑いをこらえることが出来なかった。さすがに、これは落ちるだろうと思う内容を採用してしまうのが、サッカーダイジェストの凄いところだ。それにしても、こちらはよくて、オシム語録の作者がジーコ批判で干されたのが、また日本サッカー界の七不思議だ。

| | Comments (0)

August 01, 2006

もう連チャンで油モノはムリ

以前、仕事場の付き合いで無理やり食堂のくどい食事を取っていたら、2ヶ月目にして血管が根を上げたが、先日、帰省した際、やはり油物を取っていたら、今度は1週間で血管が根を上げた。改めて思ったけど、やっぱり油モノはもうダメだね。体が受け付けない。やはり自分の体にあったものを食べるのが1番だと思った。さすがに付き合いでテメエの命を取られてはたまらない。

| | Comments (0)

« July 2006 | Main | September 2006 »