« Accessマクロのステップ実行を覚える | Main | なかなかいい試合を見せてもらった »

June 17, 2006

アルゼンチン快勝

アルセンチン6-0セルビア・モンテネグロ

まさかの圧勝劇だった。この日はネット喫茶で先制点が入り、ルーチョが負傷退場するところまでは見ていたのだが、自宅へ戻り、ダイジェストを見てビックリという結果だった。元々セルビアは守りに定評があっただけに意外だ。セルビアはキレなくなったと言われていたが、この試合では両面が出てしまったね。集中力の欠如とプッツン。まあ人種的性格はなかなか変わるものではないが・・・。特に後者のケジュマンにはガッカリだ。エースの自覚のカケラもない。ミヤトビッチから引き継いだ8番が泣いている。最もミヤトビッチは分裂してしまうモンテネグロ人なのだが・・・。彼の愚行はこれが初めてではない。遡る事、EURO2000でのデビュー試合でも、1分経たないうちに両足でタックルに行って退場を食らっているのである。これではEURO2000のときとあまり変わらないではないか。さて、アルゼンチンの話へ行こう。この試合は言うまでもなく、アタック陣の活躍が目立った。特に私イチオシのマキシ・ロドリゲスの2得点の活躍は嬉しい。そして外せない話題がテベス,メッシの両若手のゴールだろう。ここまでクルースとパラシオを覗くFW陣は全員得点を挙げている。これはこれからの戦いで嬉しい悩みとなるだろう。でも逆に言うと、クルースは戦術的にはチャンスがあるということで問題ないとして、パラシオは非ポスト系でタイプが被るライバルを前に、まず出番は全くなくなったと思っていいだろう。あああ、だからFWは多過ぎるって言ったのに・・・。さて、次節は予選リーグ突破が決まったとはいえ、最大のライバルであるオランダと首位通過を賭けて激突する。ここで私が再三指摘していたディフェンスの問題がはっきりするのではないか。スピードを重視したゾーンの3バックを採用して正しいか。それともサムエルとサネッティを加えた4バックが正しかったのか。このアルゼンチンも選手起用には小さくない不満があるが、この間、みっともない逆転負けを食らった、どこかの無秩序の国と比べると全然戦術は確立しているので、こちらの方は興味が尽きない。

|

« Accessマクロのステップ実行を覚える | Main | なかなかいい試合を見せてもらった »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Accessマクロのステップ実行を覚える | Main | なかなかいい試合を見せてもらった »