« やはり試合巧者は違う | Main | アルゼンチン、16年前のリベンジならず »

June 30, 2006

これからの日本代表

報道されているように、2010年はオシム体制でいくなら、次のような布陣になるのかな。

        大久保      高原
    (田中,佐藤寿,玉田)(巻,平山)

松井      阿部     稲本    石川(小林大,小笠原)
(本山,家長)(今野,鈴木)(佐藤勇,長谷部)

根本      中澤     茂庭    加地
(新井場)          (岩政,坪井)(駒野,徳永,内田)

            川口
            (楢崎)

システムはジーコの4-2-2-2ではなく、イングランド式の4-4-2のフラット。現在、世界的に主流の4バックと千葉のシステムとをミックスした結果である。、千葉がプレミアのクラブで採用しているような、両センターハーフ(千葉の場合だと、阿部,佐藤)が交互にアップダウンするシステムを考えると、トップ下は置かないと見た。実は千葉もサイドの人材確保問題から、3-5-2を使っているのかな?オシムのサッカーは走るサッカー。走れないファンタジスタは切り捨てられる。そしてボールをこねくり回す選手もいらない。だから中村,小野を外した。オシムなら平気でやるだろう。ヒデは適正はあるけど、クラブのパフォーマンスでは厳しいかな。まずボルトンで今風のセンターハーフはムリだということを露呈してしまった。そしてサイドはイヤ。これでは使えないだろう。欄外になったけど、川崎の中村,谷口,我那覇も候補になるだろう。個人的にはセンターハーフのフリーランニングを継承できる、もう1つのシステムとして、これが見たいかな。

      高原
      (平山)
  松井     大久保
  (玉田)

    阿部  稲本
         (長谷部)
      今野
      (鈴木)

根本 中澤 茂庭 加地

      川口

これからの日本はセンターハーフとムービングタイプのFWは揃っているので、現実的に見てもおもしろいシステムだと思う。

|

« やはり試合巧者は違う | Main | アルゼンチン、16年前のリベンジならず »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« やはり試合巧者は違う | Main | アルゼンチン、16年前のリベンジならず »