« March 2006 | Main | May 2006 »

April 30, 2006

増設メモリが見つからない

給料が入ったので、ノートパソコンのメモリを増設しようと思い、ソフマップ等の店に探しに行ったのだが、私の機種に合うメモリが見つからない。この時、ノートパソコンを購入した時に店員が口にしていた事を思い出した。

「このパソコンはメモリが少し特殊なんですよ」

ノートパソコンのハードに詳しい人はこんな事は既に承知かも知れないが、私のノートパソコンはその辺によくある200Pinのメモリではなく、144Pinのメモリだったのだ。通りでないはずだ。これは今後のノートパソコンの購入の判断材料にするにしよう。しょうがないので、デスクトップパソコンのメモリも少々心許なかったので、今回はこちらを購入する事にした。トホホ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 29, 2006

結局、いつものリンゴ酢とは決別できなかった

たまたま仕事を早く切り上げたので、ビデオレンタルの帰りにフラフラとドンキホーテに行き、地元ではなくなってしまった、いつものリンゴ酢を淡い期待を持ちながら探すと、ちゃんとあったので、これは嬉しかった。安いし、せっかく遠路から来たので、4本買ったら、重ーい。それでも、その重さ分の価値はあるものだ。もう1つの収穫は、いつも食べていた豆乳で作ったチョコケーキが100円コーナーにあったこと。これもしばらくご無沙汰だったので、多めに買っていった。重くて遠かったけど、充実な買い物でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 28, 2006

とうとう身近なところでWinnyの影響が・・・

Winnyの影響なのか、私の派遣先の協力会社でも元々USBメモリが禁止だったのに加えて、とうとう端末の持ち出しまで禁止されて、仕事にも大きな影響が出ているようだ。私の会社ではまだこのような措置は取られていないが、Winnyによる流出騒ぎが止まらないようなら、同じような措置が取られるだろう。うちのようなプログラムを作るような会社は困るが、元凶となっている警察はあまり関係ないだろう。別にあちらさんはアナログでも仕事が出来るわけだから。こちらはそうはいかない。営業妨害もいいところだ。警察の怠慢とネットワーク知識の無知に振り回されるのは非常に腹立たしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 27, 2006

ココログにもスパム防止機能を

どこのプロバイダか忘れたが、ブログのトラックバックなどで短時間に複数回投稿しようとすると、抑止機能が働くようにしたらしい。

ブログであまりそのようなことをやっているような事は聞いた事がなかったので、最初は驚きだったが、よくよく考えると、ブログも本質は掲示板と同じ。

対策が遅い。

このココログでも早いうちに導入して欲しいものだ。

もし自前サーバでブログをやっていたら、このような事は真っ先にやっていただろうな。

投稿ブロックでは飽き足らずに、ブラクラに落とし入れるとか。

まあ世間的に印象の悪い出会い系サイトだから、多少こっぴどいお仕置きをされても、文句は言えないわな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 26, 2006

はじめてブドウ酢を味わう

前の休みに買ったブドウ酢をいよいよ飲む事にした。飲んでみると、リンゴ酢と比べて酢の酸味が弱い。というよりも、ほとんどブドウ味と言ってもいいかも知れない。酢の酸味がイヤで、諸見酢もリンゴ酢も飲めない人にお勧めかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 25, 2006

いつものリンゴ酢が消える

先日の休みの事だ。ヨシヅヤにいつものリンゴ酢を購入しに行くと、ガーン、店頭からなくなっている・・・。これには大ショック。いつもあったから、逆にいうと、私以外に購入者があまりいなかったのかな・・・。同じ物が欲しいなら、少し遠いもう1つヨシヅヤかドンキホーテに行かなくてはならない。いつものペットボトルの奴はなくなってしまったが、その代わり、最近、ミツカンが紙パックの奴を出しているので、それに浮気しちゃおうかな・・・。さすがにミツカンの800円くらいのビンの奴は毎日飲むにはいささか値が張りすぎるので・・・。そして、もう1つの浮気相手が同じくミツカンが出しているブドウ酢。これは今回はじめて購入。まだ飲んでいないので、どんな味がするのか楽しみだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 24, 2006

またまたエビ動画を取りに行く

アネッサの新しいCMがオンエアされているので、アネッサのサイトでCM動画を漁る事にした。動画を見つかるには見つかったが、困った事にサイト自体がFlashコンテンツで出来ているので、動画のURLが採取できない。動画がMediaPlayerで開く直前に一瞬だけブラウザが開くのだが・・・。しかし、よくよく考えると、そんなもの「MediaPlayerのプロパティから見たらいいじゃん」。これであっさり解決してしまった。
このCM、「太陽系最強」というキャッチコピーはGood。「銀河系最強」だと某サッカークラブと被ってしまうからね。あそこは銀河系どころかスペイン最強すら怪しく、1ファンとして「ショぼい」というイメージは拭えない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 23, 2006

ヤバいぞ、グランパス(後編)

FW
豊田を除けばみんな似たようなタイプばかり。厳密に言えば、足元の方が得意な豊田も同じようなタイプなのだが・・・。そんな中で玉田を獲得したのは私的には愚行。玉田自身をあまり責める気はないけどね。私なら既存FWとの相性を考えるなら、浦和の黒部、もしくは大分の高松を狙っただろう。正に今グランパスに不足している真ん中でガッチリ体を張れるFWだ。幸い外国籍枠は1つ空いているし、別に日本人でも構わない。早急にこのような選手を獲得するべきだろう。これは最近の中スポの読者欄にも載っていたような事だ。こちらはビエリとクレスポという表現を使っていたが。ところで今期、グランパスは玉田を獲得しているのだが、巷では彼にどのような期待をしているのだろうか。だいたいの人は彼に得点を期待しているのだが、私は違う。私は玉田を純粋なストライカーではなく、どちらかというとセカンドストライカーとしてみている。だから彼にシーズン20点挙げろなんていうムチャな要求はしない。彼が故障上がりということを考えると、今期は5点ぐらい取れればいいのではないか。7,8点取ってくれたら、もう上出来だろう。繰り返すけど、これは玉田を過小評価をしているのではなく、彼のタイプとコンディションから判断した結果だ。それでも今のチーム状況を考えると、どうしても彼に得点を期待してしまうんだろうな・・・。さぞ辛いだろう・・・。

監督
だいたい彼のやりたい事は分かった。サイドを重視する,流行の3センターを敷くということから、やはりコテコテのオランダサッカーを目指しているのだろう。しかしだ、あいにく、それを体現できる選手は今のチームにはいないのかな。選手起用にかなり迷っている事からも伺える。FWのところでも述べたけど、長身FWがいないのは致命的。はっきり言って、戦術がどうこうというよりも、今の戦力に対して適切な監督でないのは間違いないだろう。チームに合っていない。残念ながら、あと2試合くらいがヤマかな。もう切られてもおかしくないとは思っているから、そこを我慢している私的にはダメフロントに対しては評価している。というよりも、またしても南米路線から欧州路線へ変更してしまったから、下手に監督を変えるとカッコがつかないのかなというのもアリアリだけど・・・。現状でセフ監督は初めてお茶会をやったという、かなりマイナーなネタだけを残して日本を去ることになりそうだ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヤバいぞ、グランパス(前編)

グランパスがヤバい。私がある程度予測していたように、守備はソコソコだけど、攻撃陣は決定力不足になっている。とりあえず、ポジション毎に見ていくことにしよう。

GK
川島の頑張りで楢崎離脱も思ったより影響がなかった。私的には合格点。

DF
昨シーズンの古賀&増川コンビはよくやっているのではないか。たまにポカはするが。そういえば、忘れ去られようとしているスピラールという人もいましたっけ?しかし、私はこの人には全く期待はしていなかった。というよりも、センターの補強はなくていいと思っていたので、はっきり言って「戦力外」。センターは合格点をあげられるが、サイドバックには大いに不満。特に左サイドバックは猫の目のように変わる。新戦力の有村も全くといっていいほど役に立っていない。監督に迷いがあるのか、ハーフの本田が起用されたりもした。彼はそんなにスピードはないので、はっきり言って不向きだろう。私には愚行としか思えなかった。右は守備専に近い角田よりも大森の方がいいと思うだが、どこか体調でも悪いのかな。今のグランパスの課題は後ろからの押し上げがないことだけに、優秀なMFを支えるサイドバックは必須だろう。

MF
2列目の豪華なメンツが生かせていないのは、あまりにも情けない。ここは監督の戦術が問題だろう。ナオシやトシヤというセンターに適正のある選手をサイドに張らせ、わざとホールの位置を開けてカットインしていくという戦術は全く機能していない。これはアーセナルのピレスのような動きになるのかな。あとボランチの展開力は大いに不満。多少守備力は落ちてしまうが、山口を重用してもいいのではないか。ユース時代に経験のある本田をコンバートしてみるのも選択肢ではないか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 22, 2006

ポップアップブロック

これも原理はWinnyと一緒ではないだろうか。本来有効に使えばとても便利な機能なのに、どこかのバカサイトがくだらない使い方をするものだから、

ポップアップ=有害

的な図式が出来上がってしまっている。その煽りを食うのは、私のようにWebでプログラムを開発している者達だ。Webの業務プログラムでは、よくカレンダーをポップアップとして開く事がある。しかし、短絡的にポップアップブロックしてしまうと、そういう有益な機能に対しても煽りが来てしまう。パソコンの経験者なら、「じゃあブロックしないリストに登録すればいいじゃん」で済んでしまうのだが、残念ながら、そこまで気が回るユーザさんはまだまだ少ない。更に私が現在携わっているシステムだと、ユーザごとにポップアップブロックをしているソフトが違うから、これがまたタチが悪い。確かGoogleツールバー,Yahooツールバーを使っていたかな。私の耳には入っていないけど、MSNツールバーを使っている人もいるだろうね。ちなみに私はClosePopupを愛用している。このような様々なポップアップブロックのソフトについてサポートするのは非常に手間だし、効率も悪い。実際にこういう問い合わせが数多く来るものだから、ヘルプデスクの方もさぞ大変だろうな。別の観点から見ると、こういうときにこそ、職場でのPC環境を統一させる大事さを思い知らされる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 21, 2006

やっぱり私はSEには不向きだ

最近、勤務時間中、眠くてしょうがない。睡眠不足?それは違う。実は最近仕様書ばかり書いてばかりで、コーディングをしたことがないのだ。とにかく、WordやExcelに向かって物を考えているのが苦痛でしょうがない。ああ、私って改めて思うけど、SEには向いていないな・・・。そして、また生涯プログラマを誓うのだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 20, 2006

Shell32.dllに甘えるな

以前、VBでShell32.dllのCOM機能を満載したプログラムをWindows2000上で作成し、それをWindows98で検証したところ、エラーを連発し、処理は総崩れだった。その理由はというと、Windows98とWindows2000のShell32.dllはバージョンが異なるどころか、COMとして参照する場合、実装されているメソッドが大きく異なるのだ。結果、移植は大失敗。しょうがないので、COMから使用していた処理をすべてWin32APIで記述する事になった。このように、本来、9x系のOSでも動作するはずなのに、コーディングで横着したばかりに移植性がなくなるというのはあまりにも惜しい。COMの機能はCreateObjectさえすれば簡単に使用できるが、さまざまな環境で動かそうと思った場合は少し使い方を考えよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 19, 2006

子供に見せたくないマンガは?

昔はまいっちんぐマチコ先生、今はクレヨンしんちゃんっていったところか。私的には今昔問わず、「ノンタン」かも。子供向けとは思えないあのワガママっぷりとイカれた独占欲はありえない。ホストクラブでオレを指名しない女の子はありえないなんてホザいているような野郎は、きっと小さい頃にノンタンの見過ぎだったんだろうな・・・。少し前にそんなキャラでおまけに自分を美化した自伝を出していたイカれたホストが逮捕されたっけ・・・。学生の頃、ウゴウゴルーガの中でやっていたノンタンの声優が千秋ということを知ったとき、ああ、ノンタンの声優はこの人しかいないと思った。ていうか、千秋って思いっきりノンタンの化身だと思った。さぞダンナのココリコの遠藤はさぞ苦労しているんだろうな・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 16, 2006

いざというときのツール開発言語

未だ手軽さからいうとVB6は外せない。VB6がない場合はVBScriptやJScriptでもいいのだが、スクリプトという性質上、あまり長いロジックを組む事はお勧めできない。.netは慣れていないというのもあるが、重いという印象が抜けない。今回はCSVファイルを読んで、Excel形式にキレイに整形して表示させようとしたのだが、ロジックが長くなりガックリ。更に追い討ちを掛けるように、最近はJavaによる開発がメインだったので、VBなんて全然インストールしていなかったことに更にガックリする。しょうがないから、JScript.netを本格的に覚える事にしますか。スクリプトのくせに標準でコンパイルできるから、従来のActiveScriptよりは速いだろう。厳密にいうと従来のActiveScriptもコンパイルできるんだけど・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 15, 2006

私もおかわり君から大盛君へ

少し前にスポーツ新聞で西武ライオンズのおかわり君が実際の食事では、おかわりはあまりしないとの事。なぜなら、おかわりに行くのが面倒なので、ハナっから大盛にしているらしい。私もこれにあやかってだ、宮本むなしで定食を食べる時はそうする事にした。そして手間以外にもう1つの効用に気づいた。それはバカみたいに何度もおかわりに行って恥ずかしい思いをせずに済むことだ。意外とこれは大きいかも・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 14, 2006

ゴタゴタの末に残留する事に

先日のゴタゴタで自社へ撤収する気マンマンだったが、結局はうちの営業になだめられて残留する事になったのだが、やっぱり納得いかない。Javaの技術要求の認識違いは認めたのだが、今度は仕事の進め方にクレームをつけてきたのだ。もう、ただただ呆れるばかりだ。明らかに自分の不手際をもみ消そうとする行為だ。今回、訳の分からないクレームをつけられ、確かに内容も腹立たしいのだが、結局何が1番気に食わないかというと、全部私に直接話せばいい事をわざわざ営業を話をしている事である。何でこんなまどろっこしいやり方をするのか。私に直接話せば5分で済む事だろう。今回はうちの営業の顔を立てなければならないのでしょうがないが、ここ2,3ヶ月見て、同じ事が起こるようならば、迷わず現場を撤収する事になるだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 13, 2006

ロナウド負傷

レアルとしては痛いが、ブラジル代表としては、劇的に戦力ダウンにならないところがまた凄い所だ。逆に若いアドリアーノやロビーニョに取ってはチャンス。それでも本音はロナウドがW杯の得点ランキングを更新するのを見てみたいのは事実だな・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 12, 2006

何かハメられたっぽい(後編)

今回、協力会社のこともあるが、もう1つ撤収したい理由がある。それは三行半を突きつけて来た受注先にも問題があるのだ。この某C社、とにかく少しの事で事を荒立てないと気が済まないらしいのだ。教育用のテキストが足りなかったとか、負荷テストの時間がズレたとかぐらいで、すぐキレる。私だけでなく、周りの人間は呆れ顔だ。私に実害はないのだが、やはり遠めに見ていても、人としては厳しい。やさしさとか配慮という点に著しく欠ける。どちらにせよ、このような状況ならば、この現場にいてプラスになるのは、まずありえない。そろそろうちの営業からリターンが返って頃だが、先は見えているので、自社に帰る荷造りでも始めますか・・・。adios!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 11, 2006

何かハメられたっぽい(中編)

今回のような訳の分からない物言いが出て、正直ちょっとショックだった。普段ズケズケ物を言う強気なマネージャが裏では、うちの営業にコソコソ物言いメールをしてきたのだから。ちょっとガッカリだね。まあ1時間後にはスッカリ切り替えていたけど。とりあえず、うちの営業がこの件に関して話をつけてくれるらしいけど、私的には、もう撤収でいいかな。このようなことが表沙汰になった事が人としてNGである。プロジェクトの存亡がヤバいということを差し引いてもだ。実はこの物言いが付く前日に、休日にも関わらず、バグ対応の緊急出勤をしたのだが、先のこの話を聞かされていたら、まず行かなかっただろうな・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

何かハメられたっぽい(前編)

昨日、仕事で協力会社のマネージャから急に物言いを付けられた。経験の割にはJavaの技術が低いと。これには意義あり。というのは、私が主にやっているのは、Javaではなく、JSPだ。確かにサーバ側の処理はJavaなのだが、たいした処理は書かない。本当にJavaのクラスを記述したのは、ほんの僅かだ。明らかに物言いがおかしい。確かに障害は私の担当プログラムがトップを行っている。しかしだ、この仕事先は仕様変更や要望までも障害扱いしているようなのだ。仕様変更の多い私の担当プログラムでこのような扱いをされてはたまらない。よって本来の障害も激減する。あと私の上のSE的人間が3~4人ぐらいいる上、その人らで知識の共有が出来ていないため、私の方で仕様漏れがあったことになっている。これも大きな問題だ。
実はこの背景には現行プロジェクトの存亡に強く依存しているのだ。度重なる失敗に客先から2度も三行半を突きつけられ、首の皮一枚残っているのが現状だ。客先からは今度ダメなら、メンバー総換えだとも言われている。今回の私への行為は親元の協力会社が生き残りを掛けるため、私をスケープゴートにしようとしているようにしか思えない。悪いが、私1人の首を撥ねたところで、何ら状況は変わらないだろう。行く先は共倒れが濃厚だろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 09, 2006

トロリとしたカレーを作る

カレーにトロみを付けるためによく片栗粉を入れたりするようだが、私的にはあれはなんか邪道で好きくない。オカンいわく、タマネギをイッパイ入れる事で解決できると教わった事があるが、それでも満足できない事がある。そこである日思いついた。どうってことない事なのだが、

「ルーを多めに入れる」

昔、学校で作ったときの悪しき癖で本来、1箱まるまる使うべきのものを数年前までは丁寧に2回に分けて使っていたのだ。だから多めに入れるのではなく、正しい使い方を覚えたという方が正しいのかも知れない。カレーをスープカレーにしてしまう人は水を入れ過ぎる事以外にも、これが原因となっているのかも知れない。あとルーを入れる前に、ルーrの量だけではカバーし切れないと思った時は、迷わずお湯は減らしてしまおう。次の日まで残す時は吸収分を考えて、お湯を減らし過ぎない事。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 08, 2006

次の日のためのカレーを作る(後編)

この一晩カレーのおかげで、食材を煮込む大事さが分かったような気がする。それでも、よほど余裕のあるとき以外は、すぐに食べてしまうのだろうが・・・。カレーは確かに一晩置いた方がおいしいということを実感した。しかし、豚汁とかの汁物系は好みの問題もあるが、全く逆だ。あれはあまり汁を吸っていない方がおいしい。この一晩カレーに限らないが、つまみ食いが好きな人はなかなかこのような時間がかかる料理はできないだろうな。カレーならまだいいとして、ハムとかソーセージとは絶対にムリか・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 07, 2006

次の日のためのカレーを作る(前編)

「カレーは一晩置いた方がおいしい」

そんなことは昔から知っていたが、せっかく作った食事に対して、なんで今食べられないんだというジレンマが邪魔して、今まで次の日のためのカレーを作る事はなかったが、この度、初めて狙って作ってみた。いつもなら、カレーを作った次の日の朝に味の染みたカレーを食べていたのだが、最初から味の染みたおいしい味が食べられるのは大きい。最近は横着して最初に炒めるという事をしなくなってしまい、いきなり鍋に食材を放り込んでいる状態だが、それでも、それなりの味は出てしまう。今回、野菜はショップ99の水煮を使ったが、少し煮込んで食べようとすると、水煮っぽさが残るという問題も一晩置く事で解決される。味以外でも、やってしまいがちな水を入れ過ぎてスープカレーにしてしまう問題も、食材がルーを吸う事により、多少は解決してしまう。しかし、この味を覚えてしまうと、小学校の頃にキャンプで作ったカレーがおいしいと言った事が失言に思えてしょうがない。。1泊のキャンプでは、間違ってもこの味を味わう事はできないな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 06, 2006

ゴリゴール炸裂

先日の 名古屋グランパス VS FC岐阜戦で名古屋が1-3で惨敗した。この試合で大活躍したのは、元名古屋の森山。2点を奪う活躍だった。おまけに残りの1点もこれまた元名古屋の片桐が挙げており、名古屋に取っては、とんだ恩返しになった。現在、名古屋は純粋なCFがいない。それだけに森山の活躍がうらめしい。レンタルで名古屋に戻って来ませんか?冗談抜きで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 05, 2006

派遣ってそんなものなの?

前の派遣先にいたときの話だが、仕事がイヤだから派遣先を替えて欲しいという同僚があまりにも多くいた事に驚いた。私もここでの話ではないが、仕事がイヤでも派遣先を替えてもらおうということは一度も思わなかったので、これは大きな驚きだった。そもそも派遣てそんなものなの?何か違うと思う。私からすると、ただのワガママとして捕らえられなかった。別に自分で派遣先を探してきて、それでイヤというのなら構わないが、そうじゃないでしょ。大半は営業の人間が探してくる仕事先でしょ。それに対して簡単にイヤだとかということが理解できない。あと忍耐力が足りないとも思った。技術が低い?人とうまくいかない?そんなもの100%満たされる派遣先なんてそうそうないよ。考えが甘い、甘い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 04, 2006

上川さんがW杯主審に

本当にいいの?W杯で惨敗して、この人のジャッジまでずさんだったら目も当てられない。個人的には大反対。私は上川さんの良さが全く理解できない1人だ。イメージとしては、とにかくイエローを乱発し、試合を冷静にコントロールするという能力に関しては著しく劣る。私に言わせれば、ヘボ審判の1人だ。悪いがこの人を選出するぐらいだったら、三井ゆりを推薦するよ。とりあえずは拍手で送り出しますか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 03, 2006

エル・クラシコ

結果からいうと1-1のドロー。前回チンチンにされたセルヒオ・ラモスは何とか面目を保ちました。しかし、もっといい試合になったはず。ロベカルの退場はアウェーとはいえ、あまりにも厳しすぎる判定。あれは審判が冷静さを失い、権威を振りかざした最低の一例だ。バルサはラーションのブレーキが響いた。いつもの彼なら難なく決めているはず。彼が1本でも決めていたら、バルサが勝っていたはずだ。クラシコという事で気負っていたのかな。1シーンを除いて、いい試合を見させてもらいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

戦術的理由は説明しているのか?

WBA稲本がリバプール戦直前にベンチ入りメンバーからも外された。ここ最近はずっと出場が続いていただけにビックリ。私が見たサイトでは理由は特に載っていなかったが、ロブソンまたかという感じである。この監督、以前からこういう事ばかりしているからね。選手をスタメンから外す場合、やはり何らかの説明をするのは当たり前のことだろう。このような事をせず、選手との確執が発生したならば、これは監督の全責任だろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 02, 2006

清水、矢島がシジクレイを圧倒

J屈指のディフェンダー、そしてフィジカルを併せ持つシジクレイを吹っ飛ばしてのゴール。ヒデがペルージャ時代にウディネーゼ戦で挙げたゴールを思い出した。あの時、吹っ飛ばされていたのは、カローリだったかソッティルだったかはよく分からないが・・・。また抜きもそうだが、吹っ飛ばされて地に這わされるのも、ディフェンダーの屈辱の1つだろう。前節、ワシントンに転がされた松田・・・。あれもだな・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 01, 2006

Winny起動監視プログラム

最近いくつかのメーカーからこのようなソフトがリリースされているようだが、はっきり言って「バカげている」の一言。以前にも記したが、悪いのは「ソフトではなく、ユーザ」なのである。このソフトってただのプロセス監視ソフトなわけでしょ。だったら、既存のプロセス監視ソフトをカスタマイズして、Winnyのプロセスを見つけたら、プロセスを殺すような設定をしたらいいだけではないのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2006 | Main | May 2006 »